初めて見るもの、食べるもの、北海道生活は驚きの連続です→札幌生活も6年になりました。北海道の花に魅せられて花追人に変身中。
by fafaccio-Hokkaido
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
タグ
(290)
(280)
(179)
(135)
(105)
(85)
(81)
(80)
(77)
(62)
(36)
(24)
(24)
(21)
(17)
(16)
(7)
(6)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
★札幌市内
 ├近所&自宅での出来事
 ├琴似発寒川
 ├大通・札幌駅・すすきの
 ├円山・藻岩山・大倉山
 ├公園&花の名所
 ├美術館
 ├定山渓・豊平峡
札幌近郊圏(北広島・恵庭)
小樽&仁木&積丹
石狩
千歳・支笏湖・苫小牧・白老
室蘭・登別・洞爺湖
ニセコエリア
空知エリア
富良野&美瑛&旭川&大雪山
増毛・留萌エリア
日高エリア
十勝エリア
道東エリア(釧路・阿寒)
オホーツクエリア
知床エリア
道北(宗谷)エリア
道南
2006フランス
2007チェコ
2009イタリア
2009ニューヨーク
2011ソウル
2011京都
帰省編
*自己紹介


北海道ガーデン
を旅する


札幌・近郊
ぶらりhanaめぐり


北海道生活


鉄道で旅する北海道


*以前のブログ

*海外旅行編

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ




以前の記事
2013年 05月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 10月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
阿寒湖でキャンプデビュー!道東二泊三日 1000kmの旅その2
池田町よ、さらば!と通り過ぎ、道東自動車道の終点、足寄(あしょろ)ICで降りた。
何にも食材も用意せず(冷えたシャンパンだけ家から持ってきた)来たので、
とりあえず何か食べるものを買わないと、と足寄の町で調達する事にした。

「千春の町」という看板があちこちあるので、誰よ、千春って、どこの女なの?と思っていたら、松山千春だった。
(でも私は物凄く芸能関係に疎いので、歌を知らないし顔もぼんやりとしか思い出せない位・・・。)

道の駅で地元産のカマンベールチーズを買う。
しかしそれだけでは今晩を乗りきれないので、近くのスーパーに入り、肉だの木炭だの、クレンジングだの、野菜だの色々買い込む。
札幌市内にもあるような極めて普通のスーパーで、品揃えも値段も札幌と大差なく、かえって面食った。

とりあえず今夜の食べるものは確保したので、お次は寝る場所探しだ。先程の道の駅で、オンネトーが近い事を知った。
湖面の色合いが刻々と変わり、秋は紅葉の名所としてバスツアーのパンフレットで幾度となく目にしたあのオンネトー、君はここにいたのか。
湖畔にキャンプ場もあるし今夜はここでも良いな。

しかし、オンネトーは立ち寄る事も出来なかった。
ちょうどオンネトーに至る分かれ道の前を通りがかった時、信じ難いものが運び出されてきた。

それは天井がぺっちゃんこに潰れた観光バスだった。

どう見ても事故、それも大事故で恐らくバスは横転どころか仰向けになったとしか思えない状態だった。
道には警察だのTV報道カメラだのがいっぱいで、とてもそこを掻き分けて通れる状態ではなかった。
(無残な車体の様子から死者が出たのでは、と胸が痛んだが、43人の怪我人という事を次の日のニュースで知った。)

d0117900_22492855.jpg

オンネトー付近で名前は判らないけど、ただ者じゃない風格を漂わせた山が見えた。
d0117900_22504593.jpg

調べてみると、雌阿寒岳だった。(めあかんだけ)
これが雌阿寒岳か!活火山で数年前に小噴火を起こし登山禁止となった時期があった気がする。

d0117900_22552593.jpg
すいすいと快適なドライブの末に阿寒湖へ到着!
d0117900_2256974.jpg
予約不要、料金も無料というのが嬉しい。
(これは翌朝、撮った写真)
d0117900_072658.jpg
生まれて初めて設営したテント。
(この後、下に敷いたマットはテントからはみださないようにとあったので、ちょっと直した)
おー、これが我が家の別荘@阿寒湖か!小さいながらもなかなか良いでないか!
と嬉しくなって、色んな角度から眺める。

テントの説明書には、「キャンプ場に行く前に、川原や公園などで練習してください。」みたいな注意書きがあったけど
とてもそんな暇はなく、ぶっつけ本番で挑んだが、思っていたよりもはるかに簡単だった。
d0117900_0113888.jpg
設営できたし、湖畔でも散歩するかと、道路を渡ってすぐのところにあるアイヌ民俗村・おみやげ街へと行く。
d0117900_013153.jpg
アイヌ工芸品が集まったお土産屋さん街。
d0117900_0165278.jpg

d0117900_0171163.jpg

d0117900_0174154.jpg
とうとう来たぜ、阿寒湖。
d0117900_0232041.jpg
d0117900_0184371.jpg

せっかくなので阿寒湖温泉街にあるホテルで日帰り温泉でもと思ったが、
残念ながらどこも受付時間を過ぎており、公衆浴場まで歩くのも面倒だったので今夜は諦める事にした。
まぁ、一日位、お風呂に入らなくたって死にやしないだろう。

キャンプ場から温泉街、阿寒湖畔などが歩いて数分のところにあり、コンビニもあるので
ビールだの、お菓子だの、油だの、塩こしょうだの(すっかり忘れていた)を買い込む。
さすが温泉街にあるコンビニだけあって、お酒類とおつまみの類いが充実していた。

d0117900_0275145.jpg
そうそう、キャンプ場内には温泉の足湯もあるのだ。
しかし、ふぅ〜癒される〜と足を降ろした瞬間、ぎゃ!アチ!
罰ゲームか?っていう位、熱い事、熱い事。
のんびり浸かりながらビールでも飲もうと思っていたけど、あてが外れてしまった。

夜はバーベキュー。

今回のキャンプにあたり、1980円で寝袋もあるよ、とアドバイスしてくれた同僚に従って
ランタンは買わずにきた。「ランタンわざわざ買わなくたって懐中電灯があれば充分だよ。」
その言葉をそのまま信じ、懐中電灯を一つだけ買ってやってきた。

周りの手慣れたキャンパー達はそれぞれランタンを灯し良い感じ。
暖かな灯火がポツポツと見え隠れする。

その頃、夫は懐中電灯片手に肉だの野菜だのを照らして、焼き加減を確認するのに余念がない。
北国の夏は日が長いとは言え、さすがに20時頃になるとだんだん手元が見えなくなってくる。
ムーディーとは程遠く、何かの検査か?って感じだ。

d0117900_0305122.jpg

そしてついに・・・・。
d0117900_0415213.jpg

懐中電灯で片手が塞がってしまうのが不便だと言って、夜釣りの時に使用するヘッドライトが登場。
光は夫の御心のままに・・・。

もー可笑しくって可笑しくって、ゲラゲラ笑っていたら、背後からカサカサ音がした。
夫が振り返ると、一瞬光の中に狐の姿が見え、やがて光の届かない薮の中へと消えていった。


d0117900_0522652.jpg
マリモやーい!


人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2010-07-17 00:12 | 道東エリア(釧路・阿寒)
<< 霧じゃない摩周湖へ 1000k... 旅の幕開け・道東二泊三日 10... >>