初めて見るもの、食べるもの、北海道生活は驚きの連続です→札幌生活も6年になりました。北海道の花に魅せられて花追人に変身中。
by fafaccio-Hokkaido
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
タグ
(290)
(280)
(179)
(135)
(105)
(85)
(81)
(80)
(77)
(62)
(36)
(24)
(24)
(21)
(17)
(16)
(7)
(6)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
★札幌市内
 ├近所&自宅での出来事
 ├琴似発寒川
 ├大通・札幌駅・すすきの
 ├円山・藻岩山・大倉山
 ├公園&花の名所
 ├美術館
 ├定山渓・豊平峡
札幌近郊圏(北広島・恵庭)
小樽&仁木&積丹
石狩
千歳・支笏湖・苫小牧・白老
室蘭・登別・洞爺湖
ニセコエリア
空知エリア
富良野&美瑛&旭川&大雪山
増毛・留萌エリア
日高エリア
十勝エリア
道東エリア(釧路・阿寒)
オホーツクエリア
知床エリア
道北(宗谷)エリア
道南
2006フランス
2007チェコ
2009イタリア
2009ニューヨーク
2011ソウル
2011京都
帰省編
*自己紹介


北海道ガーデン
を旅する


札幌・近郊
ぶらりhanaめぐり


北海道生活


鉄道で旅する北海道


*以前のブログ

*海外旅行編

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ




以前の記事
2013年 05月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 10月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
日帰りはきつかった・・・トムラウシ温泉東大雪荘@新得満喫その5
今日新得に来た理由は、新蕎麦ともう一つ、トムラウシ温泉東大雪荘への日帰り入浴だ。
本当は日帰りじゃなくて一泊したかった・・・。

一泊する事を思い立ち空室を確認したのは、なんと前日。
紅葉シーズンで99%空室なんかないだろうと思いつつも電話してみたら、一室空きがあると言う。
夫に確認もせず、事後報告で「明日は温泉に一泊ね。」というのもどうかと思い
また電話します!と電話を切り、夫からもOKの返事を貰い、再度宿へ電話したら・・・
「もう満室になっちゃいました・・・。」の答えが・・・
ガーン!!(死語?)

というわけで、日帰りで行ってきましたよ。
でも遠かった・・・・。場所はこちらです。

d0117900_0555880.jpg
新得町駅が吹きだしのA地点で温泉はぐぐーっと北へ移動した黄色の吹きだし地点。
その距離、約58km。一応同じ新得町内だけど、58kmで町内というのもすごい。
d0117900_047346.jpg
事前に地図を見たけど、いったいこの道はどこまで続いているの??と不安になったその先に目的地があった。
(新得町内から発して、上へ上へと辿っていくと 途中で心細くなりません??)
「○○さんが、ちょっと遠いけどその価値はあるって言ってたよ!」とか何とかプラス情報を吹き込んで
夫が「こんな遠いところ嫌だよ。」と言いださないように心を砕く。
(普段は妻として心細やかな心配りはしないくせに、こういう時だけ心を砕くのであった)
d0117900_19153547.jpg
十勝ダム。
d0117900_1919377.jpg
随分来た気がするけれど、半分も来てない・・・
d0117900_19212181.jpg
北海道の中心、大雪山系のほうへ進んでいるのだから、当然周りは山、山、山。
d0117900_19232093.jpg
あの山はなんでしょう?何だかただ者じゃない風格を感じたのだけど。
d0117900_19303435.jpg

何と十勝川!
支流の聞きなれない川ではなく、本家の十勝川らしい。
これが流れに流れて十勝大橋を通り太平洋と繋がるのか・・と思うとちょっと感動。

渓流に沿って道が作られており、渓流釣りのポイントなのだろうか、何組かの釣りグループと擦れ違う。
俺も一時間位釣りをしたい、と言うのでどーぞどーぞと待つ事にしたが、
この頃日が暮れるのも早くなってきており、まだ遠い温泉地の事を考えると
ここでゆっくりはしていられないと思ったらしく、釣りを諦める。
(またヒグマ生息地でもあり、熊避け鈴もなく単独行動というのは危険という事もあった)
d0117900_19443544.jpg
d0117900_1945987.jpg
d0117900_19453878.jpg
最後の数キロは砂利道。
ガタガタ揺れる中進んだ末に、到着!山奥の秘湯にしては立派な施設です。
d0117900_19464195.jpg
国民宿舎なのにこんなに綺麗!
d0117900_1948554.jpg
ユウトムラウシ川の流れと露天風呂。
露天風呂の様子です。宿のHPより。

渓流のせせらぎを聞きながら浸かる露天風呂は最高だった。
夫の中でも北海道の温泉の三本の指に入るものになったらしく、わざわざ来た甲斐があったもんだ。

d0117900_202535.jpg
来る途中に「あと二時間後にはまたこの道か〜」と夫がぼやいた未舗装の道を再びガタガタ走る。
ここはエゾジカの大生息地らしく、とにかく鹿が多い!!
事故ると車も大破する(らしい)ので、突然ひょこっと現れる鹿達にヒヤヒヤしながらの運転で夫に気の毒だった。
そして後部座席のクーラーボックスには、買い求めた鹿肉があるわけで、何だか気分は複雑だった。

夕食は、札幌市内まではお腹がもたないので、十勝清水のごはん屋ゆめあとむで食べる。
なんとなく美味しそうな物を食べることが出来そうだ、という勘で入ったけど、正解だった。
地域の食材を使ったごはん屋さんという感じで、私は十勝ステーキ定食、夫はハンバーグ定食を選んで半分こ。
ボリュームもあり、付け合わせも美味しくて満足、満足。

さてようやく札幌に着いたのだけど、一日の走行距離は500kmを超えたらしい。
日帰りの距離じゃないよ・・・と夫がぼやいていた。
お疲れさまでした!

今度は真冬のトムラウシ温泉に行きたいな、と言ってもあの道を真冬の運転は無理!
新得町駅から片道一時間半もの距離を無料送迎バスが宿泊者に限り利用できるらしいので、それで行く予定です。

人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2010-10-02 00:47 | 十勝エリア
<< 層雲峡へ紅葉詣でに @東大雪横... 共働学舎新得農場@新得満喫その5 >>