初めて見るもの、食べるもの、北海道生活は驚きの連続です→札幌生活も6年になりました。北海道の花に魅せられて花追人に変身中。
by fafaccio-Hokkaido
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
タグ
(290)
(280)
(179)
(135)
(105)
(85)
(81)
(80)
(77)
(62)
(36)
(24)
(24)
(21)
(17)
(16)
(7)
(6)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
★札幌市内
 ├近所&自宅での出来事
 ├琴似発寒川
 ├大通・札幌駅・すすきの
 ├円山・藻岩山・大倉山
 ├公園&花の名所
 ├美術館
 ├定山渓・豊平峡
札幌近郊圏(北広島・恵庭)
小樽&仁木&積丹
石狩
千歳・支笏湖・苫小牧・白老
室蘭・登別・洞爺湖
ニセコエリア
空知エリア
富良野&美瑛&旭川&大雪山
増毛・留萌エリア
日高エリア
十勝エリア
道東エリア(釧路・阿寒)
オホーツクエリア
知床エリア
道北(宗谷)エリア
道南
2006フランス
2007チェコ
2009イタリア
2009ニューヨーク
2011ソウル
2011京都
帰省編
*自己紹介


北海道ガーデン
を旅する


札幌・近郊
ぶらりhanaめぐり


北海道生活


鉄道で旅する北海道


*以前のブログ

*海外旅行編

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ




以前の記事
2013年 05月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 10月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ: ├円山・藻岩山・大倉山( 27 )
円山動物園に行きました

双子のホッキョクグマの赤ちゃんを見に円山動物園へ!
d0117900_1243240.jpg
d0117900_12431325.jpg
d0117900_1243352.jpg
d0117900_12432350.jpg
一匹は好奇心旺盛でやんちゃ。ボールに夢中。
もう一匹は基本的にママの側を離れず。
d0117900_12434731.jpg
d0117900_12435889.jpg
昨日プールデビューをした二匹。
やんちゃな方はママに構わずどんどん泳ぎます。
d0117900_1244820.jpg
d0117900_12461547.jpg
d0117900_12462941.jpg
d0117900_1247289.jpg
d0117900_12471358.jpg
d0117900_12473141.jpg
d0117900_12474824.jpg
d0117900_1248289.jpg
d0117900_12485551.jpg
ママが水際に降りてきました。甘えん坊のほうは、ママに従って水から上がります。
d0117900_12503051.jpg
でももう一匹はママにお構いなし!
d0117900_12511434.jpg
ジャーンプ!
d0117900_12511681.jpg
d0117900_12513333.jpg
しばらくしてようやく水から上がるも・・・
d0117900_12522760.jpg
またまた一人でザブーン!!
よっぽど泳ぐのが楽しいんだね。
d0117900_12523452.jpg
またまたジャーンプ!
d0117900_1253112.jpg
それっ!
d0117900_1253394.jpg
「ママ〜 まだ泳いでるよ〜。」
d0117900_12544082.jpg
「あら 本当ね。」
d0117900_12582847.jpg
「そのうちあがってくるから ほおっておきましょう。」
d0117900_1255530.jpg
「楽しいな〜♪」
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2013-04-21 12:41 |  ├円山・藻岩山・大倉山
大倉山展望台 北海道の旬めぐり三日間−9
d0117900_1173472.jpg
d0117900_1161243.jpg





d0117900_1175129.jpg






人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2011-09-25 00:09 |  ├円山・藻岩山・大倉山
K点から滑ろう!@ウィンターフェスタin大倉山
d0117900_18181725.jpg
まず こちらの写真を。
どこから滑っているのでしょう?
その答えは。
d0117900_18193520.jpg
大倉山ジャンプ競技場、又の名を、大倉山シャンツェです。
2月12日と13日の両日、大倉山にてウィンターフェスタが催されており、
何とラージヒルのジャンプ場として名高い大倉山の斜面をタイヤチューブで滑る事が出来るのだ!
しかも無料で・・・!!

2.3年前にこのイベントを知っていたが、ようやく今年参加出来た。
d0117900_1823050.jpg

下はスノボーのパンツを履いてきた。やる気満々。
それじゃ行きますよ〜。

えっちらおっちらとタイヤを抱えて上る私。結構タイヤが重くて、息が切れた・・・。
d0117900_1842125.jpg
タイヤチューブに座ると、はい、行きますよ〜と係の人から押し出され、嫌でも斜面へ・・・・。
d0117900_18492082.jpg

眺めが良いです。到着点があんな遠くに・・・。

とうとう私の番となり・・・。
スピード&ジェットコースター系が苦手な私にとっては、かなりのスピードに感じて
思わず、ひぃぃ〜〜!!!!と声が漏れる。
d0117900_18562834.jpg
滑り降りた人&タイヤを受け止めるクッションを押さえる人々。
重ければ重いほど、その勢いはスゴイ訳で、うちの夫はさぞかし凄い勢いでぶつかるだろうと思ったら、
私よりもフンワリとぶつかっただけだった。
何故かと言うと、タイヤチューブに座った際に途中でお尻が着いてしまい
お尻でブレーキがかかってしまいスピードが落ちたらしい。おかげでお尻が真っ白だった。

二度目に滑る際、お尻は浮かさないと駄目だよ、と忠告したので、お尻を浮かせたまま滑り降りてきたら・・・
夫の滑り降りてくる勢いを見て「やばい、やばい・・・!来る来る・・・!!!」と言い合っていた係の人々。

予想通り、すんごい勢いでクッションにぶつかった挙句、
クッションを押さえていた係の女の子は振動&衝撃で文字通り吹っ飛ばされていた。。。。すまないです。

団体客なのか人が沢山来て、長い列となってしまったのと
体力のない我々は二回滑って満足してしまったので、タイヤチューブ滑りはお終いにして
リフトに乗って展望台へ行く事にした。
d0117900_19322416.jpg

d0117900_19331260.jpg
リフトに乗って、脇を見れば・・・お〜滑ってる滑ってる!
d0117900_19343876.jpg

夫は初めての大倉山展望台。私は四回目(内一人で3回も来てる・・・)だけど冬は初めて。
d0117900_19394267.jpg

大通公園の大雪像も見えました!
あのトンガリ屋根は大雪像「祈年殿」に違いない!
d0117900_19434620.jpg
左横方面は、我が街 西区方面。
手前の三角山に琴似の街並みに農試公園のポプラ並木。
その遥か彼方には増毛連山も見える。
d0117900_19454759.jpg
石狩湾も望め、札幌は海には面していないけれど、こんなに海が近い事を思い知る。


人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2011-02-12 00:00 |  ├円山・藻岩山・大倉山
札幌案内
今日は義母と一緒に札幌観光。
夕方からはカープの交流戦を観に札幌ドームへ行く予定だ。

どこを案内しようかと考えた末、まずは大倉山シャンツェへ向かう。
山が近くて、町も整然としていて、札幌の良さがひとめで判る場所。
d0117900_13234583.jpg
私はこれで三回目だけど、やっぱりワクワクしました。


そしてウィンタースポーツミュージアムに入り、各アトラクションへ挑戦!
個人的にはフィギュアスケートの回転を体験しようというのが恐かった・・・。
とてつもなくクルクル早く回っている気分で、文字通り目が回り
おまけに自分で止められなくなり、お義母さん!止めてください〜!!!と義母に止めてもらう始末。
どんなに私、華麗な高速スピンだったのかしら?と思ったら、すっごくゆっくりだったみたい。

その後はぶらりサッポロ観光バスで札幌駅に向かい、福住まで行きました。
d0117900_13325379.jpg
そして来たのは羊が丘。
d0117900_13334647.jpg
この一本道をテクテク行けば、札幌ドームへ直行できる、
歩いちゃ駄目なのかしら?と二人で検討したけど、残念ながら部外者は立ち入り禁止みたい・・。
d0117900_13341860.jpg
今年の春は寒かったので、全体的に花の開花が二週間程度遅れている。
ライラックも今頃見頃を迎えており、おかげで義母にも初ライラックを楽しんでもらう事が出来て良かった。
d0117900_13373111.jpg
八重桜さえ満開です。
d0117900_13375336.jpg
突然、けたたましい音が響き渡る。まさか蝉かと思ったら、そのまさかだった。



[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2010-06-01 00:18 |  ├円山・藻岩山・大倉山
空に近いバラ園@ちざきバラ園
こちらは7月22日の写真。
幌見峠へラベンダーを見に行った後に向かったちざきバラ園。
藻岩山の中腹にあってこちらも負けずに眺めが良いです。
d0117900_2117314.jpg
なんだか過去二年に比べて薔薇が寂しいような気もするなぁ・・。
バラ園の方が言うには「雨が多いのでどうしても花弁が傷ついてしまって・・。」との事。
でもこの眺めはどこにもかえられません。
d0117900_21213816.jpg
d0117900_2127785.jpg
昨年は自転車で向かったのだけど、
余りの急な坂道具合に麓に自転車を停めて徒歩で登ったのだった。
でもこの坂がと〜ってもきつくてきつくて・・・。
この道を20分延々と登山するのは死にます。

お給料日前だったので「お財布に優しく」が本日のテーマだったのだけど
ちざきバラ園へ向かう道に限っては「自分に優しく」にチェンジ!
タクシーで向かったのだった。


人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2009-07-26 00:01 |  ├円山・藻岩山・大倉山
宝石箱へ翔びこみたい!@大倉山ジャンプ場 sanpo
今日7月17日は良い天気だった。
でもこういう日に限って朝から仕事だった。
窓から見える青空が恨めしい。
行きたい所がいっぱいあるのに、仕事なんかしてる場合じゃないよ!くぅぅー。
(仕事を舐めきった発言ですね。)

夕方、帰宅後に見たニュースで今日の札幌はカルチャーナイトというイベント日だという事を知った。
カルチャーナイトは札幌市内の文化施設や公共施設が夜間開放されているらしく
夜間の動物園に入れたり、普段入れない場所が開放されていたりと様々だ。

その中で大倉山があった。早とちりな私は
「大倉山は一年で今日だけ夜間のリフトが運行されており夜景を見る事が出来る。
しかもリフト料金も今夜に限り半額」 と思い込み
今夜行かないでどうする!昼間のうっぷんをここで取り戻せ!とばかりに、
慌てて家を飛び出し大倉山へと向かったのだった。

しかし、私の認識は間違っており正しくは「6月から9月までの金・土曜日は夜間21時まで営業」であり
「カルチャーナイト特典として浴衣を着てる人は半額」だった。
このことに気づいたのは帰宅後だったので、何だか慌てて独りで行く必要もなかったな・・とガックリきた。

だって周りはカップル&家族連れ&グループばかりで一人もんは私だけだったんだもん・・・。

しかし夜間営業は今日のみと信じきってた私ときたら
外国人観光客を見ては「ほー、よくこのイベントを知ったなぁ。」と感心しきっていたし
大倉山のジャンプ台からの夜景を見ては
「ほーありがたいもんを見せて頂いただ。ありがたや、ありがたや〜」
とご本尊のご開帳にあやかった人みたいに喜んでいたのだ。



地下鉄・円山公園駅に着いた頃は、日は既に沈んでいて千切れた雲の欠片が赤く染まっていた。
どうせなら刻々と変化していく様子を大倉山の上から眺めたいと思ったので
ジャンプ場へのアクセスはバスという手段もあるけれど出発したばかりらしく
次の便は30分以上も待たなくてはいけないのでタクシーで向かう事にした。

d0117900_23571886.jpg
着いて早速リフトへ乗って頂上へ向かう。
リフトに乗っている際、背後から花火の音がしきりに聞こえるので振り返ると
遥か遠くの町から沸き上がる花火が見えた。

てっぺんから我が西区の方向を眺めたところ。
もちろん我が家なんて見えるわけもないんだけど、ついつい目を凝らしてしまう。
手前の黒い斜線部分は西区の三角山の斜面だ。
案外近くには日本海も見える。
札幌は海に面していないというのが信じられない位、近くにある。
d0117900_0211884.jpg
大倉山シャンツェのてっぺんからの眺め。
真下に見えるスキージャンプ台の助走路は全長101m、最大斜度35度。
そこから生身の人間が時速90kmものスピードで滑って飛ぶんですよ!
天空から糸で支えられた操り人形ならいざしらず頼りになるのは己の技術だけだなんて凄すぎる。

ちなみに出発点と着地点の高低差は133mもあるそうだ。
133mの高さから飛び降りるなんて考えただけでも・・・!!
d0117900_031663.jpg
ジャンプ台のほぼ延長線上に大通公園がありテレビ塔も見える。
飛ぶ瞬間はきっと札幌の街中に翔びこむような気分になるんだろうなぁ。
それともそんな景色を楽しむ精神状態にはないのかな?

ジャンプ台の脇の斜面にあるリフトに乗って地上へ戻ったのだけど
安全バーをして、ゆっくり降りるリフトでさえ何だか心もとない気分になる。
ジャンプ台の助走路は真横から見ても余りにも急で、更に突然、ぷっつりと途切れた場所があるので
そこがジャンプの踏み切り台だと判っていても何だか見ていて怖くなる。
d0117900_045822.jpg
これが往復のリフトです。帰りは散策路もあるので日中なら散策路で地上へ戻る事も可能。
着地点だって、下から見上げると急な斜面なので飛んだ後であんな斜面に降りたてる、という事もすごい。

今回夜景を初めて見たけれど、日中の景色ももちろん最高ですよ!
こちらは昨年の秋、10/8に訪れた時のブログです。「大倉山展望台から秋色に染まった札幌を眺める」

考えてみたらこんな街中にジャンプ台がある都市は、なかなかないのではないかしら。
私も札幌に来るまでジャンプ台を実際に見た事がなかったし。
札幌を訪れたら是非、ここからの景色をお楽しみください。
運が良ければ、練習中の選手のジャンプを見る事も出来ます!



人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2009-07-17 00:00 |  ├円山・藻岩山・大倉山
見晴らし抜群・旭山記念公園
あ〜やっちゃった・・・と溜息をついた。
旭山記念公園の方向を示す道路標識は真っすぐ坂の上を指している。
そして坂の辿りつくところは山のてっぺんのようだ。

「今日は空気が澄んでいるから高いところから札幌市内を眺めたら綺麗だろうな」と
空の青さにおびき出されるようにして、自転車で旭山記念公園へ向かう事を思いついたけど
考えてみりゃ高いところに行くには坂を登る必要があるって事を忘れてた。

同じような標高にあるちざきバラ園(ちざきバラ園のブログ記事はこちら→「札幌の街を一望できるバラ園@ちざきバラ園」にだって
昨年、何も考えずに自転車で向かったは良いが、余りの坂道ぶりに自転車を投げ捨て
泣き言垂れながら歩いて登った末に「次回はタクシーで来よう」と反省したのに、何もその教訓は生かされていないのだった。

まぁ仕方ない、気合い入れて登るぞ!とダンシングで挑む。
立ち漕ぎとは言わずにダンシングというあたりで脳内はロードレーサー。ただしママチャリ。
そして気合いはほんの30秒程度で突きたのだった。坂は半分にも至ってない。
もう〜無理〜と肩で息をつきながら、ふと右に目をやるとそこは青々とした芝生が広がった明るい空間だった。
何ここ?災害時などの緊急避難場所かなぁと思い中に入ると看板があったので見ると「旭山記念公園」の文字が。
うわー良かったぁ。このまま気づかずに坂道を登っちゃったら大変な事だった。

案内図によると芝生は「ちびっこ広場」という場所らしく、なるほど広場と言えなくもないけど、かなりの急斜面。
こんな斜面でちびっこが何をして遊ぶんだろう?と思うくらいだ。
冬はスキーが出来るかもしれないがそれでもちびっこスキーヤーには厳しい斜面だ。

d0117900_21212287.jpg
ちびっこ広場からも眺めがなかなか良い。
d0117900_21273531.jpg
ちびっこ広場を登り切ったら噴水があった。でもここで終わりじゃなくて、更に長い階段が・・・。
階段の上に展望台があるようなのでトボトボと上る事にする。
d0117900_21291712.jpg
藻岩山が隣にあった。旭山記念公園は円山と藻岩山の間にあるようだ。
藻岩山ロープウェイの白い支柱が見える。小さく動く物体はロープウェイのようだ。
d0117900_2133790.jpg
標高137.5mの展望台からの眺め。
d0117900_2137496.jpg
展望台の裏側は鋪装された散策ルートが張り巡らされている。
そんな中、こんな標識があったので進んでみることにした。
d0117900_21471525.jpg
ここのルートは鋪装されておらずどうやら藻岩山まで至る登山道らしい。
もちろん藻岩山に登山する気は全くないので途中で二つに別れた分岐点で右手に進む事にした。
このままぐるっと外側を回って再び旭山記念公園に戻るのかと思っていたのだが、
進むにつれ円山球場のアナウンス音が近くで聞こえてくるようになった。
もしかしたら戻らずに円山に至ってしまうかもしれない。
ちびっこ広場の麓に自転車を停めたままなので、円山に出てしまうと帰りがやっかいだ。
仕方ないので来た道を戻る事にした。

さてこの記事を書きながら、この標識の「小林峠」「馬の背」やそもそも藻岩山まで辿り着くコースなのか調べてみたところ
藻岩山には幾つかの登山ルートがあってこの旭山公園からのルートも立派な登山ルートだという事がわかった。

藻岩山にはヒグマはいない、と思っていたのだけど何と、何と藻岩山にもヒグマの目撃情報があった。
しかもどこでだと思う?「旭山記念公園入口から約500m付近」
これ見た時は思わずぶっと吹いた。情報源は札幌市のHPヒグマ目撃情報だ。
今年ではなく昨年の5月18日の目撃情報だけど、こんな近くで本当にヒグマ出没したの?
何かと見間違えたんじゃなくて??と信じ難い思いでいっぱいだけど・・・。
d0117900_22345995.jpg
さて帰りはすっかり体が冷えてしまったので暖かいお茶でも飲んで帰ろうかと櫻月(サクラムーン)に立ち寄った。
桜の時期という事で期間限定の桜入りのチーズケーキを注文ししばしのんびり。楽しい一日だった。



blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2009-05-15 00:01 |  ├円山・藻岩山・大倉山
静けさが戻った円山公園
春だからか晴れていても何だか薄い皮がかぶっているようなぼんやりとした青空が多かったのだが
今日は久しぶりにくっきりとした青空が広がった。
その空の青さが嬉しくて、今日は高いところから眺めたらきっと遠くまで見えるだろうと思い、
最近リニューアルオープンされたという旭山記念公園へ自転車で向かう事にした。

途中で円山公園に立ち寄る。
先日の日曜日はジンギスカンを行うグループだらけで色んな匂いと煙が立ち込めていたけれど
火気使用可能な期間は終わったらしく、いつもの静かな公園に戻っていた。
d0117900_0313468.jpg

d0117900_0314772.jpg

d0117900_0323162.jpg

d0117900_032488.jpg
先日見た時は桜餅みたいな濃い色合いだったのに、イチゴミルクのような優しい色合いに変化したのは何故だろう?
d0117900_0341974.jpg

だんだん八重桜も好きになってきたよ。


blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2009-05-15 00:00 |  ├円山・藻岩山・大倉山
花はなくともジンギスカン
円山の八重桜がそろそろ見頃だろうと思い、晴れた日曜日の午後出かけてみた。
d0117900_18265663.jpg
予想通り満開だ。
八重桜はエゾヤマザクラやソメイヨシノよりも開花が遅いので札幌は二度桜を楽しむ事が出来る。
d0117900_18275831.jpg
枝の先にたわわに咲くので風が吹くたびにポヨンポヨンと揺れる。
d0117900_183130100.jpg
白樺の新緑が眩しい5月。

そうだ、今時期は円山公園内のチューリップも見頃のはず、と思い公園へ向かう。
ところが近づくにつれ、風下のせいか焼き肉屋のような煙臭さが時々漂う。
近いとはいえ歩いて数分かかる場所だというのに。
d0117900_18364931.jpg
チューリップは綺麗でございました。が、しかし・・・
d0117900_18374441.jpg
すんごい人・・・。しかも各グループからもうもうと煙が立ち昇っちゃって園内は白く霞んでる。
肉の焼ける匂いと烏賊の焼ける匂いと煙が混じって充満してる。

チューリップの周りも酔客から保護する為に不粋な黄色と黒のロープでぐるりと囲まれちゃってるし。
d0117900_184127100.jpg
あのー、桜は全て散っちゃって見当たらないのですが・・・何でここに集まってるんでしょう?
バーベキューなら市内どこでも出来そうなものだけど・・。
d0117900_18424467.jpg
若い学生グループばかりかと思ったら、いやいや、中高年グループもたくさんいました。
しかし、ほんと煙いったらありゃしない。
これなら琴似発寒川沿いで他の煙を浴びる事なくせいせいとバーベキューやった方がいいな、解放感もあるし、
というわけで、我が琴似発寒川の株は更に上がったのだった。
d0117900_18464762.jpg
せっかくきれいに咲いているのに誰も見向きもしないチューリップ。




blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2009-05-10 00:05 |  ├円山・藻岩山・大倉山
双子の白クマの赤ちゃん@円山動物園
12月9日に生まれたシロクマの赤ちゃんが先週公開されたので円山動物園に行ってきた。

くぅ〜、くわーっ、と言葉にならない思いのままカメラを手にした私達は400枚近い写真を撮ってきてしまった。

だって可愛かったったんだもん。
d0117900_14322440.jpg
やんちゃな二匹は元気いっぱい。
d0117900_14331025.jpg

d0117900_14334566.jpg
しきりにお母さん熊のララのおっぱいを欲しがるけど、ララはスルー。
d0117900_14342829.jpg
とうとう授乳を始めました。
大喜びのお客さん達。夫は一足早く授乳の様子が見えるほうへと移動してた。
d0117900_14353566.jpg
d0117900_14361796.jpg
ララは過去、ツヨシとピリカを出産し育てあげたベテラン母さんです。
d0117900_14394579.jpg
おっぱいを飲んで満足したのか寝ちゃった二匹。
まんまる具合が可愛いぞー。
d0117900_14404138.jpg
しばらくしてララが動くと、びくびくっと目覚め慌てて後を追う二匹。
d0117900_1441112.jpg

d0117900_1441446.jpg
二人で仲良く遊び始めるも・・・
d0117900_14411630.jpg
またララに駆け寄りおっぱい。
耳が、耳がぁ〜、つまみたい位可愛い〜と悶絶する私。
d0117900_14413584.jpg
長期戦になると覚悟したのか足を投げ出したララ。おかーさんは大変だぁ〜。
d0117900_14421614.jpg
そんな頃、父親のデナリは別室でグーグー。
ホッキョクグマのオスは子供に危害を加えるため、妊娠から出産、子育ての期間はララと子供たちとは別だそう。

双子とララにばかり注目されて、見向きもされないデナリの名誉の為に説明文にはこうありました。
「他の施設のホッキョクグマの中には、メスと仲が悪かったり、メスに拒絶されて交尾に至れないオスもいるそうです。
出産・育児の実績のあるララばかりが賞賛される傾向がありますが、
ララと仲睦まじくできて子供を作ることが出来るデナリもまた偉大なのです。 」

なるほどねー。人間の男なら最低だけど、ホッキョクグマのオスならこれで良いんだね。
d0117900_14474686.jpg
ある程度のところで立ち上がったララ。
d0117900_14483744.jpg
その後は仲良くレスリングする二匹。
足の裏かわいいー。
d0117900_14491868.jpg

d0117900_14493145.jpg
毛のかたまり。

いくら見てても見飽きるって事がない。
悶絶ってこういう事を指すんだなと身をもって知った一日だった。


blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2009-03-29 00:00 |  ├円山・藻岩山・大倉山