初めて見るもの、食べるもの、北海道生活は驚きの連続です→札幌生活も6年になりました。北海道の花に魅せられて花追人に変身中。
by fafaccio-Hokkaido
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ
(290)
(280)
(179)
(135)
(105)
(85)
(81)
(80)
(77)
(62)
(36)
(24)
(24)
(21)
(17)
(16)
(7)
(6)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
★札幌市内
 ├近所&自宅での出来事
 ├琴似発寒川
 ├大通・札幌駅・すすきの
 ├円山・藻岩山・大倉山
 ├公園&花の名所
 ├美術館
 ├定山渓・豊平峡
札幌近郊圏(北広島・恵庭)
小樽&仁木&積丹
石狩
千歳・支笏湖・苫小牧・白老
室蘭・登別・洞爺湖
ニセコエリア
空知エリア
富良野&美瑛&旭川&大雪山
増毛・留萌エリア
日高エリア
十勝エリア
道東エリア(釧路・阿寒)
オホーツクエリア
知床エリア
道北(宗谷)エリア
道南
2006フランス
2007チェコ
2009イタリア
2009ニューヨーク
2011ソウル
2011京都
帰省編
*自己紹介


北海道ガーデン
を旅する


札幌・近郊
ぶらりhanaめぐり


北海道生活


鉄道で旅する北海道


*以前のブログ

*海外旅行編

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ




以前の記事
2013年 05月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 10月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ: ├近所&自宅での出来事( 235 )
男の子のママになりました

d0117900_22413253.jpg

5月28日に2696gの男の子を産みました。

今年の夏は殆ど家にこもって、出かける事もなく
秋になり、ようやく抱っこ紐で抱っこをしながら
近所の紅葉を楽しむ事が出来ました。

ボチボチブログは再開したいと思いつつ
なかなか難しそうです・・・。
(11/21現在)




人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2013-05-28 22:36 |  ├近所&自宅での出来事
今年は雪が例年の4倍!!

今年の12月は、記録的に雪が降って、降って
毎日呆れる程降って、例年の4倍近い量だそうだ。

d0117900_1364443.jpg

12月とは思えない路肩の雪の量。

d0117900_138143.jpg
歩行者用の信号機の高さへ到達。

d0117900_132182.jpg

この勢いで1月 2月と降ったら、街はどうなっちゃうんだろう・・・。


人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-12-20 13:05 |  ├近所&自宅での出来事
母 来たる!

ライラックを初めとする北海道の花々を見に、母がやってきた。

当初は夕方の待ち合わせまで、大通公園などを散策して過ごしてもらう予定だったが
百合が原公園のムスカリの路が、まだ見頃だと公園のHPに載っていたので、
仕事の合間に、母へ百合が原公園行きを勧めるメールを送っておいた。
以前から、実際に見てみたいと言っていたからだ。

公園までのアクセスは簡単だけど、大きな荷物を札幌駅改札内のロッカーに預ける必要がある。
百合が原公園は無人駅でロッカーなどはないからだ。
その荷物が預けられたか、そして公園に辿り着けたか心配になり電話をしてみると
「今、リリートレインに乗ってるの〜!とーっても綺麗ねぇ!」と明るい声。
まさかもう着いて、しっかりリリートレインに乗っているとは思ってもいなかったので思わず笑ってしまった。

その他、きっと見た事がないと思われるヒースガーデンと
世界のガーデンで開花中である黒百合を見落とさないように伝えておいた。

夕方になり大通公園で待ち合わせる。
ライラックフェスティバルが開催されていたので、7丁目のワイン会場へと向かいワインで乾杯。
一杯だけ飲んだ後は、予約を入れていたハチキョウへと向かった。
夫もすぐに合流し、三人で楽しいひとときを過ごす。
その後、札幌駅へと向かい、トーティラフラットでワインを飲む。
初日からはしご。






人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-05-24 21:10 |  ├近所&自宅での出来事
家の財布を忘れたので焼き鳥を食べにいった。
家の財布を忘れたので焼き鳥を食べにいった。

なんのことやら。

事の起こりはこうだ。
仕事帰り、地元駅のスーパーで夕食の買い物をし、レジで会計の時、財布を忘れた事に気づいた。
財布を忘れたといっても家計用の財布を忘れただけで、自分の財布はちゃんとあったから
レジで慌てる事もなく、澄ました顔をして自分のお財布で会計を済ませる事が出来た。

しかし、それよりも重大な事に気づいた。
家の鍵がない・・・。いつも家計用の財布に自宅の鍵を入れて持ち歩いているから
家の財布を忘れたという事は、鍵がないので家に入れないという事だ。

夫に電話をすると、あと仕事が終わるまで一時間はかかるとの事。
手には、山のような食料品。生姜焼き用の豚肉、人参、小松菜、味噌etc etc。
この荷物を抱えてどうしようかと途方に暮れる。
自宅の駐輪所にある私の自転車のカゴへ、これら置きに戻ろうかと思ったが
多分、肉などが凍ってしまうと思われたので、やめた。
発寒南には、時間を潰せるファミレスも、ファーストフードの店も、カフェもないので
(正確に言えばある事はあるが。)
地下鉄に再び乗り、隣の琴似駅へ向かい、モスバーガーでポテトを食べて時間を潰す。
図書館で借りてきたばかりの本を道連れに。

しばらくすると、夫から仕事を切り上げたという連絡が入り合流する。
このまま帰ってご飯を作っても良かったが、正直面倒になってしまったので
買い物袋を夫に押し付けて、二人で串鳥に焼き鳥を食べに行った。
残念な事に、私の胃はポテトとクラムチャウダーで満たされてしまっていたので
意気込んで注文した割には、食べる事ができず、幾つか夫に食べてもらう。

食べ終わって外に出ると、切れるような寒さだった。
タクシーに乗る?と夫は言ったが、
急に節約、節約!と思い、ケチって歩いて帰る事にしたのが間違いだった。
夫の剥き出しの耳は千切れそうに痛くなるわ、
足のつま先も感覚がなくなってくるわ、で後悔した。

発寒琴似川の橋のうえを通ったが、川は凍って一面の雪の原っぱになっていた。
上から覗き込むと、雪原の一角から暗い穴がぽっかり空いていて
眠っていると思っていた川がどうどうと音を立てながら蠢いているのが見えた。
ちょっと怖かった。





















人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-01-10 23:41 |  ├近所&自宅での出来事
カラオケでオペラを歌った

夫の会社の子が歌うというゴスペルのコンサートへ行った。
ゴスペルのコンサートを聴くのは初めてだ。

札幌に来た当初、ゴスペルでもやってみようかと思った事はある。面白そうだなと。
ずっとクラシック一筋で歌ってきたが、引っ越しを機会に新しい世界にチャレンジしようかと思っていた。
しかし、何だか気が乗らないまま何も歌わず約5年が過ぎてしまった。

さて初めて聴いたゴスペルだが、正直「いつこの曲は終わるんだろう?」と思う事が多く戸惑った。
終わったかな??と思ったら、また歌が始まりまだ続いていた・・・という事が何度かあった。
あと、聴いている我々よりも確実に歌っている人達のほうが楽しそうに思え、ちょっと羨ましかった。
まぁ、これはヘンデルのメサイアと同じだ。
歌っている私のほうが、チケットを渡されて聴きにきた両親よりも楽しかったはずだ。

ゴスペルは信仰心の発露そのものであるという事を強烈に感じた。
歌がうまいに超した事はないけれど
歌をうまく歌うというのが目的ではないという事だ。
歌がうまくてもそこに神(日本人的な八百万の神ではなく)への絶対的な信仰がなければ
ただのパフォーマンスにすぎない。
神様は信じているけれど キリスト教のいう神を信じていない私はやはりゴスペルは歌えないと思った。

じゃあ、かつてクラシックの宗教曲、ミサ曲(レクイエムなど)をさんざん歌ってきたけど
それはゴスペルを歌うのと何が違うのさ?と自分でも思ったが、よく判らなかった。
ただうまく言えないけど、例えばフォーレのレクイエムやモーツァルトのミサ曲などは
歌詞の代わりにヴォカリーズ(母音で、例えばあ〜♪だけで)で歌ったとしても音楽の美しさは残るが
ゴスペルは歌詞(というんだろうか?祈りの言葉、フレーズ)を歌わないという事はあり得ない気がする。

ステージが終わり、夫と大通近くの「Wine 晴 bistro」で夕食をとる。
私も夫も初めてのお店だが、なかなか雰囲気が良く頼んだ牡蠣のオイル漬けが美味しかった。
そこで終わるかと思ったが「焼き肉が食べたい!!」と夫が言い出したので
そのまま焼き肉やへ行って、今度はジョッキ片手にモクモク肉を焼いて食べる。

私も久しぶりに歌いたい気分がムクムクしていたので
なんと夫と一緒にカラオケに行った!!カラオケ嫌いの二人なのに!!
もちろん夫と行くのは初めてだ。

いまどきの歌手、歌に非常に疎い二人なので、古い歌やら
ドライブの時にさんざん聞いて耳コピで覚えたQueenの歌など適当に歌う。
適当に歌っていた割には、二時間があっという間に過ぎて
もうそろそろおしまいだね、という時に突然、シューベルトのアヴェマリアが始まった。
夫が見つけて適当に入れたものらしい。
ドイツ語の歌詞で歌った事はないけど、気分良く歌う。
アヴェマリアが終わったら、次はオペラ 蝶々夫人の「ある晴れた日に」が始まった。
これも気分良く歌う。
しばらく歌っていないので、もう私の体は声の出し方を忘れてしまったのではないかと思う事があるが、歌えた。
次は何だろ?と思ったら、モーツァルトのフィガロの結婚の「恋とはどんなものかしら」だった。

これなら任せて!!

かつて試験で歌って さんざん先生にしぼられた曲だから全部歌詞も覚えている。
私はすっかりご機嫌になって、恋する青年ケルビーノになりきって歌っていたが
本当に時間が終了して、途中で夫に打ち切られた。
独断リサイタル状態を途中で打ち切られたもんだから、最後までせめて歌いたかった!!
もうちょっと延長しようよ!と訴えたが「もう二時過ぎてるよ・・・」との事。
仕方ないので、涙をのんで帰宅した。
カラオケにまさかオペラがあるとは知らなかったな〜。

























人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2011-12-17 01:32 |  ├近所&自宅での出来事
くま出没注意
d0117900_0255095.jpg

こんなのがマンション内の掲示板に・・・

なんてーこった!!







人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2011-11-05 23:23 |  ├近所&自宅での出来事
空澄んで紅に染まる



d0117900_15221576.jpg












人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2011-09-11 15:21 |  ├近所&自宅での出来事
夫は室蘭、 私は富良野へ
土曜日は珍しく私が出社だった。
朝 いつも通りの時間に会社へ行く。

夫は土曜日の15時頃、家を出て室蘭へ会社の釣り仲間と釣りに行き
翌朝9時ごろに戻ってくる予定との事。
どうぞ、どうぞ。私は日曜日 朝から富良野へ行くからね。

大人しく夫の帰りを待つ妻ではないのだった。

翌朝、7時36分の電車に乗るべく駅へ向かっている途中、夫に連絡をしたら
「7時35分位に駅に着くと思うから、寄って会えたら顔を見るよ。」との事。
駅の階段前でギリギリまで待ったが、もう切符を買ったりしないと間に合わないので
仕方ないと思い、改札口を通りホームへ。
ホームには目隠し用の板が貼ってあり、一般道からホームの様子は見えない。
その時、夫から「今近くのセイコーマートまで来たけど(間に合わないから)
もう帰るね、行ってらっしゃい。」と着信があった。
ちょっと がっかりしたけど、まぁ年中顔を見ているわけだしいいか、と思う。

さて電車が来て乗ろうとしたところ、また夫から着信。
「今、ホームが終わる所にいるから、進行方向右手を見てね。右だよ!」
との事で見ていたら、大きな男が両手をぶんぶん振っていた。
私も電車の中から手を振ったけど、判らなかったらしい。

さて富良野を満喫して夜帰ってきたが、
(ファーム富田でラベンダーの生切り花を買って
それをリュックサックに挿して持ち帰ってきたのだが
札幌駅で乗り換えの電車を待っている時に
おばさま二人組がラベンダーに吸い寄せたのか
ふと気づいたらクンクンかなり間近に近寄って嗅いでいたのには驚いた。)
その日の夕食は魚づくしだった。
d0117900_13133984.jpg

カレイとソイの刺し身、ソイのムニエル、ソイとガヤの煮つけに アラ汁。
どれも美味しかった。料理長・夫。

私は富良野で張りきりすぎて本当に疲れてしまい、
夜9時位から眠さの余り言葉少なくなる始末で10時には夢の国へ・・・・
夫はその後、食器まで洗ってくれていた。
感謝、感謝でございます。

d0117900_13124253.jpg

夫の釣り成果
これ以降は余り釣っても食べきれないのでリリースしたらしい。
d0117900_13149100.jpg
d0117900_13142355.jpg


ちなみに私の日程表
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2011-07-24 00:01 |  ├近所&自宅での出来事
笹竹あれこれ

先日、同僚に笹竹が好きだ。という話をしたところ
「小樽の実家では毎年、笹竹を採りに行く」と言うではないか。
わぁ、いいなぁ、私も採ってみたいけど、素人だから見当もつかなくてねぇと言うと、
なら、今度、一緒に実家に行って採りにいこうよ、その代わり、長靴を履いてハードだよ、と言う。
長靴なんて雪のシーズンは毎日履いているんだもの、
行きたい、是非お父さんに話をしてみて とお願いをしておいた。

でも熊に会わない?と聞いたら 小樽に熊なんかいないよ!と言う。
札幌の西区にだって熊は出るんだよ、西区のHPにだって出没情報があるんだからと言うと
小樽で出たって話なんか聞いた事ないよ との事。
帰宅して小樽のHPを見たら、確かに熊出没情報コーナーは無かったが
私個人の見解としてはイチイチ載せていたらキリがないんじゃないだろうか?
だから載せないんじゃないだろうか?と思ったのだがどうだろう。
帰宅した夫に「私 今度、笹竹採りに連れていってもらうんだ♪」と報告したら
案の定「熊に会うんじゃないの・・・・?大丈夫なの・・・??」と顔が曇っていた。

その後数週間が経ち、そう言えばあの話はどうなった?と聞いてみたところ
平日仕事をしている私達と、平日朝早くから山に入るお父さんと全く予定が合わないのだと言う。
そりゃそうだねぇ、と納得をした。仕方ない。


その後 琴似の共栄市場で一山480円の笹竹を買った。
アルミホイルに包んで、ガス台の魚を焼くところに突っ込んで焼いて皮を剥いて食べた。
数は数えていないけれど、20本以上はあったと思う。
だから一人10本以上、美味しい美味しいと食べた。

しかしその夜遅く、何だか微妙に胸が焼けるというか気分が悪くなった。
夫は全く平然としているが 私一人、何だかホンワリと気持ち悪い。
仕方ないので平常通りに床についたが、翌朝になるとこれまた微妙にお腹の左側がしっくりこない。
出勤をして笹竹採りのお父さんがいる例の同僚に、笹竹って食べ過ぎると良くないのかなぁと聞いた。
何本食べた?と聞かれたので 10本以上と言うと、ちょっと驚いていたが 同僚もはっきりした事は判らなかった。
その晩、同僚からメールが届いた。
「うちのお母さんに聞いてみたら、そりゃー食べ過ぎだわ!!って驚いてたよ。
アクがあるから食べ過ぎは良くないし 一人数本で充分! って言ってた。」との事。

その同僚曰く、笹竹はお味噌汁にするのが一番好きだ と言うので
数日後、共栄市場で懲りずにまた笹竹を買ってきて、お味噌汁にしてみた。
皮を剥いてゆがいて、薄くスライスしてお味噌汁に放してみたら確かに美味しかった。
ついでに 何本もの笹竹が残ったので、炊込みご飯も作ってみた。
昆布と醤油と味醂と砂糖と水に 生のまま薄くスライスした笹竹を大量に乗せて
余っていた椎茸も薄くスライスして炊き込みご飯にしてみたら 絶品だった。
これは我が家の春のレパートリーに加える事にしよう。

さて、今日はその同僚からメールが来た。
「実家にて笹竹てんこもり。叔父が持ってきて、これから皮むきです。
100本はあると思う…。」

同僚の実家Y家では、私は「笹竹を食べ過ぎた子」と呼ばれているらしく
「笹竹を食べ過ぎた子」で話が通じるらしい。
お会いした事はないが、実際お会いした際には、自己紹介しなくてもすみそうだ。
きっと 今日で叔父さんとも話が通じる事になったに違いない。
d0117900_22514543.jpg

添付されてきた写真。
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2011-06-10 22:57 |  ├近所&自宅での出来事
雪が・・・
d0117900_22423359.jpg
雪がこんな事になりました・・・!!
でも今年の冬は晴れて青空が広がっている印象が強いです。
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2011-01-21 00:02 |  ├近所&自宅での出来事