初めて見るもの、食べるもの、北海道生活は驚きの連続です→札幌生活も6年になりました。北海道の花に魅せられて花追人に変身中。
by fafaccio-Hokkaido
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
タグ
(290)
(280)
(179)
(135)
(105)
(85)
(81)
(80)
(77)
(62)
(36)
(24)
(24)
(21)
(17)
(16)
(7)
(6)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
★札幌市内
 ├近所&自宅での出来事
 ├琴似発寒川
 ├大通・札幌駅・すすきの
 ├円山・藻岩山・大倉山
 ├公園&花の名所
 ├美術館
 ├定山渓・豊平峡
札幌近郊圏(北広島・恵庭)
小樽&仁木&積丹
石狩
千歳・支笏湖・苫小牧・白老
室蘭・登別・洞爺湖
ニセコエリア
空知エリア
富良野&美瑛&旭川&大雪山
増毛・留萌エリア
日高エリア
十勝エリア
道東エリア(釧路・阿寒)
オホーツクエリア
知床エリア
道北(宗谷)エリア
道南
2006フランス
2007チェコ
2009イタリア
2009ニューヨーク
2011ソウル
2011京都
帰省編
*自己紹介


北海道ガーデン
を旅する


札幌・近郊
ぶらりhanaめぐり


北海道生活


鉄道で旅する北海道


*以前のブログ

*海外旅行編

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ




以前の記事
2013年 05月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 10月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:富良野&美瑛&旭川&大雪山( 113 )
ツインクルバス美瑛 拓真館コースに乗って

美瑛ではJRが運行していているツインクルバス美瑛号に乗って、美瑛の観光ポイント巡りをする。
d0117900_124231100.jpg


d0117900_12424483.jpg
新栄の丘。
ここは下車せず車窓から。

d0117900_12452589.jpg

d0117900_1245253.jpg
拓真館で下車観光をする。
d0117900_1247010.jpg
d0117900_12473576.jpg
拓真館では20分程度時間が与えられた。

d0117900_12483141.jpg
再びバスに乗り、次は四季彩の丘を目指す。
d0117900_12492531.jpg
四季彩の丘。
JRのHPでは 約15分滞在と記載されており
15分じゃせわしなくて、満足に見れないなぁと思っていたのだが
実際は40分近く滞在時間があった。
d0117900_1251034.jpg
ここで母に最大の悲劇が訪れる。

ルピナス、ルピナス言っていた母。
例年、北海道では6月に咲くので、90%ルピナスは見れないと思っていた。
(過去、四季彩の丘のルピナスが満開だった時も6月だった。→2008/6/23

しかし!!
どういう事だろうか?7月下旬だというのにルピナスが満開ではないか!!

母は、この出会いに狂喜乱舞し、カメラを構え写真を撮り始めようとしたのだが、
運悪く、母の相棒は息絶えてしまった・・・・
なんとこのタイミングで電池切れとなる。


d0117900_12595881.jpg
仕方ないので、私が母のカメラ代わりになってルピナスを撮る事にした。
d0117900_1305855.jpg

d0117900_1314415.jpg
d0117900_1324932.jpg
d0117900_13263767.jpg
d0117900_1331249.jpg
d0117900_1332792.jpg


再びツインクルバス号に乗り込んだ後は、終点の美瑛駅まで戻る。
その後は旭川行きのノロッコ号→札幌行きの特急スーパーカムイに乗り 札幌へ帰った。


人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-07-20 12:36 | 富良野&美瑛&旭川&大雪山
ノロッコ号に乗って

ファーム富田を後にし、ラベンダー畑駅へと向かう。
駅に向かう道の両側にはメロン栽培用のビニールハウスが立ち並び
子供の頭ほどの大きさのメロンが収穫の時を待っている。


d0117900_22424921.jpg


d0117900_2243141.jpg
d0117900_224341100.jpg
d0117900_22435695.jpg



人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-07-20 00:01 | 富良野&美瑛&旭川&大雪山
ラベンダー日和@町営ラベンダー園&中富良野町営ラベンダー園

一泊二日のガーデン街道ツアーから戻った翌日は、富良野へ行った。

かなり勢力的に行動している私達。
曇り空だとラベンダーはくすんで見えるので、何よりも晴れている日を選びたい、
土日の恐ろしい混雑を避けたい、と考えると今日しかなかった。

札幌駅を7時55分に出発する特急フラノラベンダーエクスプレス1号に乗り、富良野へ。
乗客はそのまま向かいにあるローカル線へとぞろぞろ乗り換え、私達を含め中富良野で降りる。

d0117900_1603365.jpg

今日は湿気がないせいか、二日前に富良野を通った時よりも空が濃い。

d0117900_161251.jpg
中富良野町営ラベンダー園に着き、リフトに乗る。
d0117900_23355916.jpg

d0117900_23314084.jpg

てっぺんからの眺め。
毎年ここに来ないと夏を迎えた気がしない。
時間を気にせず、心ゆくまで肺の奥底までラベンダーの香りを詰め込む。
d0117900_1665189.jpg
d0117900_1610727.jpg

d0117900_16104474.jpg
d0117900_16105831.jpg

一時間程 町営ラベンダー園で過ごした後、歩いてファーム富田へと向かう。
さすがに平日なので、駐車場待ちの長蛇の列はない。

(同僚の話によると土日のバスツアーに参加したら、
18時半に札幌着の予定が22時半になったらしい。
また普通なら10分で着くはずが一時間経っても動かないので
道の途中でお客様を下して、ファーム富田まで歩いてもらったとか・・・。)


d0117900_1611408.jpg
ファーム富田へ到着。
d0117900_16175646.jpg
彩りの畑。



一番端の撮影スポットに
「ここは記念撮影用の場所です。三脚での立ち入りを禁止します。」といった柵が出来ていた。

いいと思う。
ただでさえ観光客で混み合う時期。誰だってせっかく来たのだから
綺麗なここの場所から記念写真を撮りたいと思っていても
何人もの三脚組がずーっと陣取っていて、普通の観光客は強心臓でないとここの場所から写真を撮りづらかった。

中には花の咲いているエリアに三脚の足を突っ込ませ、花を倒そうがお構いなしという人さえいて、苦々しく感じていた。

という訳で、皆、写真を撮れるようになりメデタシ、メデタシ。

d0117900_16324882.jpg
ぽつんと昨年の名残だろうか、ピンクの花が咲いていた。

d0117900_16335813.jpg

d0117900_16352142.jpg
d0117900_16355686.jpg
d0117900_16362786.jpg
d0117900_16364643.jpg
d0117900_1639515.jpg
d0117900_16373392.jpg
d0117900_16375359.jpg
お昼を食べた後、トラディショナルラベンダー畑と上る。

d0117900_16382888.jpg
d0117900_16384283.jpg
d0117900_16402066.jpg
やっぱりビールでしょ。

人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-07-20 00:00 | 富良野&美瑛&旭川&大雪山
盛夏・上野ファーム@ゆったりのんびり北海道ガーデン街道2日間

母が7月17日からやってきた。
早速、その晩、夫を含め三人で札幌駅近くの居酒屋で杯をかわす。
20時半過ぎにお店に着いて飲み始めたのだけど、気付いたら終電がない!!
既に24時を回っていた・・・。初日からこの様だ。

翌日は札幌駅北口、鐘の広場へ集合する。
今日からクラブツーリズムの「ゆったりのんびり北海道ガーデン街道2日間」に参加するのだ。
夫は仕事なので札幌で留守番だ。

江別ICから高速に乗り、砂川でトイレ休憩を取りそのままバスは旭川へ。
最初の目的地である上野ファームへと到着する。
ここでは70分間の滞在時間がある。

外の気温はぐんぐんあがって30℃近くあり暑い。
前回7月1日に来た時も30℃近くあって閉口したが、
その時は風があったので木陰に入ればとても涼しかったのだけど
今日は風もないので日陰に入ってもなかなか汗がひかない。

皆、陽射しの元へ出てカメラを撮ってはすぐ木陰へ非難してしまう。
私達も頑張ってはみるものの、ついつい木陰へ足が向かってしまう。


母なんて 北海道=涼しいとばかりに思ってきたから、この暑さがこたえるようだ。
もともと暑さを覚悟していたら「あら、思ったより暑くないわね、木陰は涼しいし。」と思えたに違いないが
涼しいとばかり思ってきたのに、この暑さは裏切られたとばかり盛大に汗を流す。


d0117900_20571551.jpg


d0117900_2053636.jpg

d0117900_20535116.jpg
d0117900_20541418.jpg
d0117900_2054261.jpg

d0117900_20551124.jpg
d0117900_20553640.jpg
d0117900_20561452.jpg


d0117900_20572736.jpg

d0117900_20574389.jpg

d0117900_2058339.jpg
d0117900_2143241.jpg
d0117900_2121547.jpg
d0117900_2059031.jpg
木陰で生き返る〜。

d0117900_2164198.jpg
d0117900_2152789.jpg
d0117900_2173397.jpg
d0117900_217518.jpg
d0117900_218533.jpg


ソフトクリームも口にし始めた直後から、私達の汗の如く雫となって滴り落ちる始末。

母は売店で上野さんの本を買い、更にご本人にサインを頂く事が出来てとても喜んでいた。


バスはそのまま花人街道を通って、富良野の風のガーデンへと向かう。
行く途中にぜるぶの丘の花畑が、やがてかんのファームのラベンダー畑の脇をバスは走り、その度、車内から歓声があがる。

d0117900_21184455.jpg
ファーム富田を遠くにのぞむ。



人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-07-18 00:01 | 富良野&美瑛&旭川&大雪山
富良野・風のガーデン@6/30&7/1東神楽キャンプー7
d0117900_23213983.jpg

d0117900_23164326.jpg
d0117900_23163070.jpg
d0117900_2316175.jpg
d0117900_2316717.jpg
d0117900_23155627.jpg
d0117900_2315447.jpg
d0117900_23174510.jpg
d0117900_23173014.jpg
d0117900_2318187.jpg
d0117900_23182785.jpg
d0117900_23184211.jpg
d0117900_23185665.jpg

d0117900_23191368.jpg
d0117900_23192818.jpg
d0117900_23194532.jpg
d0117900_23195626.jpg
d0117900_23201368.jpg



人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-07-01 00:14 | 富良野&美瑛&旭川&大雪山
ミラーボーダーガーデン&マザーズガーデン@6/30&7/1東神楽キャンプー6

d0117900_22425591.jpg
ミラーボーダーガーデン

d0117900_22365550.jpg

d0117900_2247869.jpg

花がのびのびと咲き誇るマザーズガーデン。

d0117900_22472374.jpg

d0117900_22485920.jpg
涼しげなエゾクガイソウ
d0117900_22534875.jpg
d0117900_2374618.jpg
d0117900_22543026.jpg

d0117900_225236.jpg
d0117900_2333810.jpg
d0117900_22552931.jpg
d0117900_22554154.jpg
d0117900_22592998.jpg


人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-07-01 00:06 | 富良野&美瑛&旭川&大雪山
上野ファーム サークルボーダー@6/30&7/1東神楽キャンプー5
今年も上野ファームへ行ってきた。
10時半を回った時点で既に暑い。今日の旭川も30℃を超えるだろう。

そんな中、私はやや厚手の長袖Tシャツを着ている。
日焼け防止の為ではない。
二日目の洋服として半袖Tシャツを持ってくる予定だったのに、間違えて長袖を持ってきてしまったのだ。
この長袖Tシャツ、肌寒い時にはそのモフモフとした厚みが外気との空気を遮断してくれて着心地が良いが
今日はモフモフどころかモワモワして全身から湯気が出てるんじゃなかろうか。
まぁ、その厚みのお陰で滝のように流れる汗を存分に吸い取ってくれるとポジティブに考える事も出来る。


しかし、陽射しが容赦なく照りつける中、母へメールを送る。
「暑いわ・・・薔薇が満開で綺麗だよ。」脈絡もあったもんじゃない。

母から返事が来る。「たくさん写真撮っておいて。」
という訳で、一眼レンズの液晶画面を顔判子の如く汗で溶けたファンデで汚しながら撮ってきた。

d0117900_21115857.jpg
パープルウォークからサークルボーダーへ。

d0117900_21124341.jpg

d0117900_2113335.jpg
d0117900_21132525.jpg
サークルボーダーの青〜紫部分。
デルフィニウムを見て「ラベンダーだ!」と言っている人がいた。
デルフィニウムにとっても、ラベンダーにとっても、気の毒な間違いだったので
「違いますよ。」とその人に伝えたかったのだけど、勿論言えなかった。


デルフィニウムはどうしてこんなに綺麗な色なんだろう。
私が庭を作ったら濃淡さまざまなデルフィニウムの林を作りたい。
芸がないと言われてもいい。
びっしりデルフィニウムが生えている所が見たい。
椀子蕎麦の如く、もういいと言う程。

d0117900_21165190.jpg


d0117900_2117207.jpg
d0117900_21173974.jpg

d0117900_21221857.jpg
d0117900_2122303.jpg

d0117900_21232085.jpg
d0117900_21232934.jpg

陽射しはものすごく強いけど、日陰に入るとすーっと汗がひく。
パープルウォークの入り口の木陰は風の通り道らしく、涼しく心地良い。
リラックスチェアが幾つかあって、そこでくつろぐ人、うとうとする人 様々だ。

暑いのは陽射しの届く範囲だけで、
そこから逃れると天国かと思う程、爽やかな北国の夏はここでも健在だった。


人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-07-01 00:05 | 富良野&美瑛&旭川&大雪山
ひがしかぐらキャンプ場&忠別川@6/30&7/1東神楽キャンプー4

旭岳の駐車場から麓へ降りる途中にある旭岳源水へ立ち寄り 
車に積んでおいたポリタンクに水を満たした。


そしてそのまま、ひがしかぐらキャンプ場へと向かい受け付けをすませた。
ひとり200円。
歩いてすぐ近くの所にある「森のゆ 花神楽」のチケットを二枚購入。二人で1000円。

キャンプ場回りには店が何もないので、東川の中心部にあるスーパーへ向かう。
セイコーマートでスパークリングワインを買い
ホクレンスーパーで骨付きソーセージだの、カルビ肉だのあれこれ買う。
ビールは旭岳の売店で買った旭岳麦酒があるので買わなかった。
d0117900_2151694.jpg


今日はとりわけ日中暑かったせいか、17時過ぎても肌寒くならなかった。
17時過ぎても半袖で過ごせるなんて!

d0117900_2151173.jpg

私達の移動式別荘@東神楽町

20時半頃、温泉へと向かう。
さすがに日が暮れると半袖では肌寒い。


d0117900_21513491.jpg

せせらぎ公園
d0117900_21514611.jpg

パークゴルフ場とキャンプ場を分けて流れる忠別川。
昨夜、雨音に聞こえたのはこのせせらぎの音だった。

d0117900_2152011.jpg
お手洗いも綺麗だし、温泉も歩いてすぐの所にあって快適なキャンプ場だった。

d0117900_21523427.jpg


d0117900_21525028.jpg
8時にキャンプ場を後にし、車で10分位の所にある忠別川へと向かう。
ウェダーに身を包んだ釣り人が既に竿を降っている。
夫もウェダーに着替え、釣りをする。
私は車に残って、持って来た小説を読んで過ごす。

一時間くらいして夫が戻って来た。
何も釣れなかった様子だ。
「俺の長靴が後ろにあるから それを履くと川に入れるよ。」との事。
巨大長靴なので、私はスニーカーを履いてそのまま長靴を履いてちょうど良い位だった。

5cm程度と極めて浅い所だが、傾斜を流れ落ちてすぐのせいか水の勢いは強く、
足元を取られそうになるのには驚いた。
たった5cm程度の水深なのに。

d0117900_2214926.jpg
キガラシ畑。

d0117900_2221328.jpg

とある人家の庭先にて。

d0117900_2224586.jpg

なんだか美味しそうな看板だったので立ち寄って、お味噌と塩麹と浅漬けの素を買った。

d0117900_2233665.jpg
東川の道の駅で買った寄せ豆腐が美味しかったので、お店に立ち寄り、再び豆腐を購入。

d0117900_2235160.jpg


d0117900_2251557.jpg
なんでシロクマなんだろーか?
旭山動物園が近いからだろーか?
確かに白いけど。



人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-07-01 00:01 | 富良野&美瑛&旭川&大雪山
旭岳の花畑を歩く@6/30&7/1東神楽キャンプー3
d0117900_021527.jpg


d0117900_022741.jpg

d0117900_0222040.jpg
姿見の池はまだ雪が残っていた。

d0117900_023148.jpg
姿見の池。

d0117900_0233544.jpg
d0117900_0235429.jpg
d0117900_024474.jpg
メアカンキンバイ
d0117900_0241867.jpg
エゾイソツツジ
d0117900_025743.jpg

d0117900_026276.jpg
d0117900_0254821.jpg
d0117900_026163.jpg
d0117900_0281476.jpg
d0117900_027689.jpg
d0117900_0272389.jpg
d0117900_0273983.jpg
d0117900_0275433.jpg
d0117900_0285895.jpg
d0117900_0293657.jpg


人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-06-30 00:03 | 富良野&美瑛&旭川&大雪山
天空の花畑@6/30&7/1東神楽キャンプー2

d0117900_22112055.jpg
d0117900_2211798.jpg

d0117900_22113134.jpg
d0117900_22112750.jpg
d0117900_22111823.jpg

d0117900_22114397.jpg
d0117900_2212508.jpg
d0117900_22135039.jpg


d0117900_2214041.jpg
d0117900_22134620.jpg
d0117900_22135981.jpg
d0117900_22141330.jpg
d0117900_22142327.jpg
d0117900_22143480.jpg
d0117900_22144681.jpg
d0117900_22145762.jpg


人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-06-30 00:02 | 富良野&美瑛&旭川&大雪山