初めて見るもの、食べるもの、北海道生活は驚きの連続です→札幌生活も6年になりました。北海道の花に魅せられて花追人に変身中。
by fafaccio-Hokkaido
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
タグ
(290)
(280)
(179)
(135)
(105)
(85)
(81)
(80)
(77)
(62)
(36)
(24)
(24)
(21)
(17)
(16)
(7)
(6)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
★札幌市内
 ├近所&自宅での出来事
 ├琴似発寒川
 ├大通・札幌駅・すすきの
 ├円山・藻岩山・大倉山
 ├公園&花の名所
 ├美術館
 ├定山渓・豊平峡
札幌近郊圏(北広島・恵庭)
小樽&仁木&積丹
石狩
千歳・支笏湖・苫小牧・白老
室蘭・登別・洞爺湖
ニセコエリア
空知エリア
富良野&美瑛&旭川&大雪山
増毛・留萌エリア
日高エリア
十勝エリア
道東エリア(釧路・阿寒)
オホーツクエリア
知床エリア
道北(宗谷)エリア
道南
2006フランス
2007チェコ
2009イタリア
2009ニューヨーク
2011ソウル
2011京都
帰省編
*自己紹介


北海道ガーデン
を旅する


札幌・近郊
ぶらりhanaめぐり


北海道生活


鉄道で旅する北海道


*以前のブログ

*海外旅行編

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ




以前の記事
2013年 05月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 10月
検索
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:十勝エリア( 40 )
百花繚乱 紫竹ガーデン@ゆったりのんびり北海道ガーデン街道2日間
真鍋庭園の次はバスで40分程離れた紫竹ガーデンを目指す。
d0117900_1353491.jpg

トウモロコシ、秋蒔き小麦、家畜飼料用のトウモロコシ、
ビート、名産である長芋、じゃがいもの白い花・・・
所々色を変えながら絨毯のように畑が広がる。


d0117900_151634.jpg
紫竹ガーデンへ到着。
ここでもガイドさん付きで案内してくれるとの事だが、先ほどの真鍋庭園とは異なりマイクは使わないとの事。
45人にものグループについていく事は大変だし、写真を自由に撮りたいし
マイクなしではガイドさんの声も満足に聞こえないだろうと判断し、ここでは自由行動にする。

誰もいないボーダーガーデンへ真っすぐ向かう。
前回訪れたのは今年の5月19日と 5月25日。
その頃はチューリップ一色で、ここボーダーガーデンも咲いている花はわずかだった。
(5/19の記事)


d0117900_1574810.jpg
d0117900_15879.jpg

d0117900_1582214.jpg
d0117900_1583213.jpg
d0117900_1584394.jpg
d0117900_244092.jpg
d0117900_1594160.jpg
d0117900_1595079.jpg
d0117900_20178.jpg
母大忙し!

d0117900_213478.jpg
母は 以前からルピナス、ルピナスと言っていて
「ルピナスは北海道だと6月だから、まず見られないと思うよ。」とは言っておいたのだが
辛うじて完全に豆化していないルピナスが残っていた。
d0117900_234716.jpg
d0117900_24281.jpg

d0117900_252375.jpg
d0117900_252714.jpg
d0117900_254130.jpg
d0117900_255511.jpg
d0117900_26566.jpg
d0117900_261773.jpg
d0117900_282518.jpg
d0117900_283661.jpg
d0117900_285165.jpg
d0117900_29275.jpg

d0117900_291954.jpg
d0117900_293356.jpg
d0117900_294581.jpg
d0117900_210018.jpg
d0117900_2101980.jpg
d0117900_2104235.jpg
d0117900_210286.jpg
d0117900_2104092.jpg
d0117900_2105762.jpg


ガーデン巡りをしてつくづく感じるのが「一回行っただけで終わりではない。」という事だ。

春、夏といったシーズンごとで、全く違う趣を見せてくれるガーデン。
シーズンどころか、毎日何かの花が咲き変わり少しずつ景色を変えているのだ。
こういう庭を毎日、散策出来たらいいなぁと思う。
毎日、何らかの喜びを見つける事が出来るだろう。


d0117900_2172740.jpg

このガーデンを作り上げた紫竹おばあちゃんこと紫竹昭葉さん。
バスの集合時間まであと10分という時にお会いする事が出来た。

写真をお願いしたら、あっちへ行きましょう、あっちが綺麗だからと奥へと進んで行く。
本当にチャーミングでお花のような方だ。
まるで花の妖精みたい。

d0117900_221636.jpg

「あなたたちも撮ってあげるから、ほらあそこに立つと綺麗だから、あっちへ。」と言われカメラを手渡し説明する母。

d0117900_2211728.jpg


d0117900_2214141.jpg
撮って頂いた写真。

「親子さん?いい娘さんねぇ、あなた幾つ?
え?じゃぁもうお嫁いってるわね?なんだつまらない。」
と言いながら、これ持っていきなさいと生えていた草を手折って差し出してくれた。
「ほら、いい香りがするでしょう。」

本当はもっとゆっくりお話していたかったけど、
いよいよバスの時間が差し迫っていたので、後ろ髪を引かれるような思いで後にした。

バスの中で頂いた草の一枚を揉んでみると、何とも言えない爽やかな香りが漂った。



人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-07-19 01:33 | 十勝エリア
真鍋庭園@ゆったりのんびり北海道ガーデン街道2日間
翌朝はバスで20分ほどの真鍋庭園へ。

d0117900_1933430.jpg
ガイドさんの解説付きでぞろぞろ歩く。
最初はふんふん熱心に聞いていたものの、ついつい写真を撮ったりしていると、歩調が遅れがちに・・・。
d0117900_19334932.jpg
d0117900_19344217.jpg

d0117900_19353451.jpg
d0117900_19355142.jpg
d0117900_2004117.jpg
d0117900_1936147.jpg
d0117900_1936182.jpg
d0117900_19364912.jpg
d0117900_193721.jpg
d0117900_19371520.jpg
人の頭ほどある巨大なアナベル
倒れないよう茎の部分が強いとか、品種改良した・・とか言ってた気がする。

d0117900_19385193.jpg
d0117900_19394144.jpg
d0117900_19394112.jpg
d0117900_19433330.jpg
d0117900_1943456.jpg
d0117900_19475931.jpg
えりもしゃくなげ

石楠花は近所でも6月くらいになると沢山咲いているので
特別何の感慨も抱かず、どこにでも咲く花だと思っていたのだが
母が「石楠花〜!」と嬉しそうに言うので「石楠花ならどこでも咲いてるよ。」と言ったところ
どうやらそれは冷涼な札幌だからだそうで、関東の地では、なかなか栽培が難しいのだそうだ。
関東では涼しい山に行かないと見られないと言うが、本当だろうか?
d0117900_19545948.jpg

d0117900_19534119.jpg
d0117900_19551526.jpg



d0117900_19562831.jpg
約一時間で園内を一周し終わった。
出発までかなり時間があるので
ゆっくりお土産を買ったり、ぶらぶらしたりする。

エントランス付近の可愛いオブジェ。
d0117900_19564267.jpg
d0117900_1956564.jpg

d0117900_1957467.jpg
エゾリス。
園内を散策途中「エゾリス見られるかと思ったのに、どこにもいないわね〜・・・。」と言っていた母は大喜び。
d0117900_19575438.jpg
d0117900_1958324.jpg
d0117900_19591986.jpg
d0117900_19593716.jpg
d0117900_1959486.jpg



人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-07-19 00:00 | 十勝エリア
十勝千年の森
d0117900_2205726.jpg

アースガーデンとその向こうは展望台を兼ねた丘。
天気が良かったら、さぞかし眺めが良いだろう・・・。
あの丘の上に上るべきか。
しかし、雨の中、丘どころかアースガーデンを歩いている人は誰もいない。

d0117900_2225610.jpg
カムイのサークル。

d0117900_2231827.jpg
私は覚悟を決めた。
あと三時間どうにかして時間を過ごさなくてはいけないのだ。

歩き始めたはいいけど 斜面から滝のように流れてくる雨水。
そしてミミズが至る所に這い出てきているので、それを避けながら歩く。
大きなミミズばかりが目についたので、それを避ければいいと思っていたが
よーく見ると、芝生くらいの細さの細ミミズがいるじゃないか!
どうなってるんだ!
そんな細い糸のようなミミズも避けるべく、ゆーっくりゆっくりチビチビと歩く。

d0117900_22263224.jpg

てっぺんへ到着。

何とポケットで携帯が鳴っている。
驚いて取り出すと発信元は夫だった
ガーデン内はずっと圏外だったが、ここは恐らく電波をキャッチできるのだろう。

夫はもう然別湖を後にして、帯広へ向かっているらしい。
然別湖は合羽も役立たない程の酷い雨でずぶ濡れになり、寒さの余り引き上げたとの事。

これから、二時間どうやって過ごそうかと悩んでいた私にとって、夫からの電話は天の声だった。
ガーデン内にとどまっていたら携帯(ウィルコムなので正確にはPHS)は繋がらず、夫と連絡はつかなかった。
たまたまこの時間、このてっぺんにいたから夫と連絡が取れたのだ。
夫には迎えにきてもらう事にした。

d0117900_22421643.jpg

d0117900_22423031.jpg


人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-06-17 22:00 | 十勝エリア
メドウガーデン 十勝千年の森@一泊二日・十勝釣りと花の旅5
あと4時間ここで過ごすと決めたはいいけれど、
どうやったら4時間も時間を過ごせるのか。
晴れていれば芝生でのんびりもいいけど、屋外に佇むのもためらわれるほどの雨なのだ。
d0117900_0215682.jpg

d0117900_0646.jpg

とりあえずメドウガーデンへ向かう事にした。
d0117900_0221282.jpg
メドウガーデンまでの道ぞい。
d0117900_064788.jpg

メドウガーデン
d0117900_064550.jpg
d0117900_072768.jpg
d0117900_0193195.jpg
d0117900_0194483.jpg

d0117900_081340.jpg
ガーデンカフェ ラウラウへ入る。
d0117900_092073.jpg
過去、十勝千年の森が取り上げられた雑誌、本を自由に読めるスペース。
ここでじっくり40分ほど時間を過ごす。

ここで読んだ中で心に残った文章があった。
「ダン・ピアソン(十勝千年の森のガーデンの設計者)は、
ここにイングリッシュガーデンをつくるのではなく、
その土地が持つ固有の力を活かしていく庭としたのである。」


d0117900_015365.jpg
さて本も読み終わったし、カフェスペースに移動しお茶でもしようかなと思ったら
けたたましい女性四人組が「ここでお茶でもする〜??」と先にお茶を初めてしまったので仕方なく退散する。

d0117900_0163440.jpg
チーズ工房ノチユ

二階にあがっていくつかのチーズを試食する事ができる。
もちろん試食した末に十勝シェーブル炭と ヤギ乳20% 牛乳80%のトゥレプを購入する。

d0117900_0195816.jpg

d0117900_0201065.jpg


人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-06-17 00:05 | 十勝エリア
北海道ガーデンショー・招待作家の庭 十勝千年の森@一泊二日・十勝釣りと花の旅3

二日目の今日こそが、お互いに外せない目的があった。

ミヤベイワナが今時期、解禁されるのだ。
世界で然別湖にしか生息しないというミヤベイワナを釣りに
夫は朝の4時に起きて然別湖へ車で向かった。

いってらっしゃーいと4時半頃、ベッドの中から夫を見送り、再びムニャムニャと眠りに入る。
私は7時半頃に目を覚まし朝食を食べ、チェックアウトをすませ、十勝バスのターミナルへと向かう。

片道500円のシャトルバスに乗り、一時間かけ清水町にある十勝千年の森へ行った。
ここで今年は北海道ガーデニングショーが開催されているのだ。

こともあろうに、酷い雨だ。
朝、起きた時から酷い雨で、行くのはやめて温泉にでも入ろうかと思ったが
何とか奮い立たせて、十勝千年の森まで来た。

傘をさしながら見学スタート!
d0117900_21161816.jpg



石の記憶・中谷耿一郎

d0117900_2015723.jpg
d0117900_20275722.jpg

石畳に沿うように流れる川。
d0117900_2026288.jpg

ここで早くも挫折する。
パンフレットの「雨天の時には傘、長靴をお貸しします。」という一文を思い出したので
受け付けへ戻り、長靴を貸してもらった。
(これが後々、非常に助かる事になる。長靴がなかったら20分で退散しただろう。)


d0117900_203232100.jpg
川のほとりで咲くニリンソウ。
d0117900_20332299.jpg
d0117900_20333495.jpg


d0117900_20334670.jpg
あなたに会いたくて ー楡の木の木陰の庭で・白井温紀

馬を飼う家族を題材とした庭らしい。
今日は何も見えないけれど、晴れていれば借景として日高山脈が望めるらしい。
d0117900_20432283.jpg

d0117900_2041504.jpg
一般的な庭園・ガーデンを想像していると、
え?これがガーデン?と思うかもしれないが
私は、これは十勝でしか作れない庭だと思った。
d0117900_2039253.jpg
d0117900_20401688.jpg
どこまで作られたものか、元々あったものなのか 判らないが、ここの景色が気に入った。


d0117900_20493393.jpg
なんだろう?傘を閉じて先へ進む。
d0117900_2050103.jpg
身土不二 2012 夏 北海道/竹谷仁志

d0117900_20521338.jpg


d0117900_20531291.jpg



d0117900_20575015.jpg
The Crossing/ダン・ピアソン
d0117900_20585723.jpg


d0117900_2105448.jpg

d0117900_2123842.jpg

カメラを出すのも躊躇う程の雨だったが
そのうち、雨も悪くないなと思い始めた。

なんて緑が鮮やかなんだろう。



人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-06-17 00:03 | 十勝エリア
十勝ヒルズ@一泊二日・十勝釣りと花の旅2
自宅から出発する際、ナビに十勝ヒルズを目的地と定めた。
どこ?それ?と言いながら車を走らせる夫だが導かれるまま到着する。



ここは何?庭園なの?それじゃどこか釣りに行ってきていい?と夫。
どーぞ、どーぞ、じゃあ一時間半後に迎えにきてねと伝え、夫はどこかへ去っていった。
d0117900_2032486.jpg

園内入り口はルピナスとマーガレットでいっぱいだった。
d0117900_20134138.jpg
d0117900_206082.jpg

d0117900_21325159.jpg
d0117900_2157427.jpg

この建物はお手洗い。
d0117900_20551361.jpg
d0117900_21273531.jpg


なんと素敵なお召し物!
d0117900_2129331.jpg
d0117900_2135564.jpg
d0117900_21543678.jpg

d0117900_21435768.jpg
d0117900_21482729.jpg
d0117900_2151671.jpg
d0117900_21511949.jpg




人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-06-16 00:02 | 十勝エリア
北海道ハイウェイガーデン @一泊二日・十勝釣りと花の旅1

一泊二日で十勝へ行ってきた。

5月19&20日に一泊二日、5月25日に日帰りで旅行したが
それに続いて三回目の今回、この一ヶ月の間で三回も行くとは私も驚きだ。

十勝いいところだ。緑が綺麗で、川が綺麗で、空が広い。
非常に言葉で説明するのは難しいのだけど、空気(?)が明るい気がする。
老後住むなら、札幌もいいけど 十勝もいいなと思う程になった。

さて今回も道東道に乗って十勝へ一直線!
ほんとに道東道サマサマだ。

さてその途中、開通に伴ってまだ新しい占冠PAでお手洗い休憩に寄った。

お手洗いの清潔さもさることなら、気に入ったのがこのエリア
d0117900_23392293.jpg

見晴らしの良い展望台のようなスポットの手前がミニガーデン。
d0117900_23395858.jpg

d0117900_23405915.jpg
帯広の紫竹ガーデンがデザインしているらしい。

札幌を中心とした道央圏と十勝圏を繋いだ新しい道東道、
これを盛り上げようという心意気を感じて嬉しくなった。

よし、また来月も十勝行っちゃうぞ!

d0117900_19284371.jpg
オリエンタルポピーも優雅に咲いていた。


人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-06-16 00:00 | 十勝エリア
母と二人で十勝の花旅

母・二日目。
今日は特急に乗って帯広まで行った。
目的は紫竹ガーデンのチューリップだ。

d0117900_2343925.jpg
風景が色鮮やかに見えるような特殊なガラスなのか?と何度も目を擦ったほどだ。
d0117900_23215656.jpg
十勝平野へようこそ!

d0117900_23225121.jpg
紫竹ガーデン。
d0117900_23234940.jpg
d0117900_2324414.jpg
d0117900_23242196.jpg
d0117900_2325517.jpg
d0117900_23255113.jpg
d0117900_2325093.jpg
d0117900_23261499.jpg
d0117900_23263912.jpg
d0117900_23263882.jpg
d0117900_2326508.jpg
d0117900_23273569.jpg


タクシーで六花の森へ向かう。
d0117900_2332776.jpg
オオバナノエンレイソウはまだ見頃を保っていた。

d0117900_23365390.jpg
d0117900_23371169.jpg
レストハウス三番川にてお昼を食べた。
d0117900_23384794.jpg
黒百合って思っていたよりも、ずっと小さいのね。
6日前には咲いていなかった。
d0117900_23384112.jpg


d0117900_23404862.jpg
d0117900_2341345.jpg
エゾノリュウキンカは とうとう終わりに近づいていた。
d0117900_23424695.jpg


d0117900_2342189.jpg
d0117900_2345474.jpg
エゾノハナシノブ
清楚で風に揺れる様が可憐だった。

これも6日前の時には咲いていなかったので、
この時期は数日毎に景色が変わっていくんだなぁと思わされる。

d0117900_23423892.jpg


d0117900_23475920.jpg

シウリザクラだと思うのだけど。
d0117900_2350140.jpg

オオバナノエンレイソウ。
まだまだ咲いているけれど、
他の草木がたった6日間の間にぐんと育ったせいで
やや陰に隠れてしまっている。

たった6日間、されど6日間なんだな〜とここでも思った。
d0117900_23513442.jpg
d0117900_23514815.jpg
オダマキ
d0117900_23561388.jpg
エゾオオザクラソウもぎりぎり見頃を保っていた。
d0117900_23565034.jpg


六花の森でタクシーを呼んで、10分程度の中札内美術村へ向かった。
以前から母は
「前、テレビで見たんだけど、大きなガラス窓の向こうが森で
まるで窓ガラスを通してみると絵のような場所ってどこかしら。」
と言っていて、それがどこの事なのか調べても長い間判らなかったのだが
中札内美術村のこの景色の事だと判ったのは、つい二週間前の事だ。

d0117900_024330.jpg
d0117900_025968.jpg
d0117900_02558.jpg
d0117900_03116.jpg


d0117900_035350.jpg

d0117900_04870.jpg



中札内美術村の前にあるバス停で路線バスに乗って帯広駅へ。
バスには一時間程乗った。

帰りの特急まで二時間程あるので、帯広観光案内所でパンフレットを見たり
駅ビルでしんむら牧場のソフトクリームを食べたり、ミルクジャムを買ってみたり
夫のために豚丼をお持ち帰りにしたり、はげ天でビールと一口かきあげを食べてみたり。

十勝らしい風景と素晴らしい花景色を楽しめた一日だった。




人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-05-25 23:03 | 十勝エリア
母と二人で十勝・花の旅へ トラブル編
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-05-25 00:00 | 十勝エリア
更別すももの里@十勝・春の花旅 No.6

太四郎の森を見学させて頂いた後は、夫の釣りタイム。
十勝港へと向かう。

港へ入ったところ、ちょうど何かを釣り上げたらしい男の人が目に入った。
「何が釣れたんですか?」と聞くと「アメマス(だったはず)」との事。
「さっきも50cmオーバーのが釣れたんですよ。」との事だった。

車の中から様子を眺めていると、先ほどの男の人はとても親切な方らしく
夫にあれこれ教えてくれており、夫も男の人に指示された方向に従って釣り始めた。
私はお昼寝タイムに入る。
一時間ほど経過したのだろうか。
夫が「寒くて寒くてもう限界!」と言いながら引き上げてきた。
確かに指先が驚く程冷たくなっていた。
そして残念ながら何も釣れなかったらしい。

このまま日高経由で帰るか、再び帯広方面に戻るか迷ったが
昨日釣れた札内川でもう一度釣りをしたいとの事なので来た道を戻る事にした。

d0117900_19512651.jpg
d0117900_19513998.jpg
d0117900_19514947.jpg
朝通った時に気になっていた牧場。
小さなポニーがいっぱいいる。

d0117900_19521657.jpg
なんで交互なんだろうか?
d0117900_195394.jpg
額のウェーブがすばらしくキュート♪

d0117900_19532583.jpg
更別すももの里。
d0117900_19545520.jpg
d0117900_1955724.jpg
d0117900_19552265.jpg
d0117900_19554075.jpg
d0117900_1955552.jpg
d0117900_1956621.jpg
幸福駅も通りがかったので立ち寄った。
人々の名刺だの写真だの、願いが書かれた紙が壁と天井を埋め尽くしており、ちょっと不気味に感じた。
d0117900_19574118.jpg


人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-05-20 00:06 | 十勝エリア