初めて見るもの、食べるもの、北海道生活は驚きの連続です→札幌生活も6年になりました。北海道の花に魅せられて花追人に変身中。
by fafaccio-Hokkaido
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
タグ
(290)
(280)
(179)
(135)
(105)
(85)
(81)
(80)
(77)
(62)
(36)
(24)
(24)
(21)
(17)
(16)
(7)
(6)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
★札幌市内
 ├近所&自宅での出来事
 ├琴似発寒川
 ├大通・札幌駅・すすきの
 ├円山・藻岩山・大倉山
 ├公園&花の名所
 ├美術館
 ├定山渓・豊平峡
札幌近郊圏(北広島・恵庭)
小樽&仁木&積丹
石狩
千歳・支笏湖・苫小牧・白老
室蘭・登別・洞爺湖
ニセコエリア
空知エリア
富良野&美瑛&旭川&大雪山
増毛・留萌エリア
日高エリア
十勝エリア
道東エリア(釧路・阿寒)
オホーツクエリア
知床エリア
道北(宗谷)エリア
道南
2006フランス
2007チェコ
2009イタリア
2009ニューヨーク
2011ソウル
2011京都
帰省編
*自己紹介


北海道ガーデン
を旅する


札幌・近郊
ぶらりhanaめぐり


北海道生活


鉄道で旅する北海道


*以前のブログ

*海外旅行編

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ




以前の記事
2013年 05月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 10月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ: ├琴似発寒川( 27 )
鮭ウォッチング@琴似発寒川
東大雪の紅葉の記事はまだまだあるけど、いつになるか判らないので、今が旬の琴似発寒川の鮭ネタをアップします。

先日、ハッ!鮭!!と思い出し、買い物のついでに寒月橋まで見に行ってきました。
d0117900_12484045.jpg
琴似発寒川。
鮭いるかな〜と見ていると先客の鮭ウォッチング中のおじさんが「ほら、あそこにいるよ。」と教えてくれた。
d0117900_12504175.jpg
よ〜く見ると確かに数匹いる!
とりあえず写真を撮ってみたけど、ほとんど判らないね・・・
左に「J 」ちょっと右下に「し」で二匹うーっすら写っているのだけど・・・。
d0117900_12534227.jpg
最初、水草?と思ったけど、時々体をくねらせて前後するので鮭だと判った。

先客の鮭ウォッチングのおじさんとあれこれ話をしたところによると
・先日の雨が降った日は水嵩が増えたので、ここにも鮭がうようよいた。
・今日は少ない。
・ここ雨が降っていないので川の水も少なく、下流には砂利が剥き出しになった所もある。
・もっと雨が降れば上ってこれるのに・・・。
・水嵩が増せば、西野(山の方)まで遡上する(→ほんと?!)
・ポプラの生えている辺りには、ホッチャレ(鮭の死骸)があった。
・橋のたもとの看板には11月頃まで見ることが出来るとあるが、雪が降る頃も遡上して来る。
・今年は今日を含めて見にきた回数は4回目。

この時期、趣味は「鮭ウォッチング」となる人も多いと思われる。
このおじさんも鮭を見ながら、支流であるこの川にちゃんと戻って来れるとはねぇ〜とロマンを感じているようだった。

橋の上からでは、余り良く見えないので、土手を降りてみることにする。
「さっき俺も降りたけど、反射して見えないんだわ。」と鮭おじさん。(と命名)

d0117900_1394398.jpg
死骸ではなく、生きています。
上ってきてしばらく経っているんだろうか。白っぽくなっている。
d0117900_13102363.jpg
こんな感じで皆、立ち止まっては鮭を眺めている。

10mばかり下流のほうに時々 水飛沫があがるのでそっちへ行ってみた。
d0117900_13123650.jpg
いた! 婚姻色が出ていますね。
d0117900_13124738.jpg
d0117900_13125529.jpg
d0117900_1313358.jpg


今、調べて判ったのだけど、一匹のメス鮭が産む卵、約3,000個のうち、川に戻ってこれるのは何とたったの二匹だそう・・。
この鮭達は精鋭中の精鋭って訳か〜。

豊平川さけ科学館のブログによると、10/23昨日、鮭観察会があったみたい。記事はこちら。
楽しそうだな〜。

人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2010-10-19 13:25 |  ├琴似発寒川
6月最後の日曜日
週末にかけて夫は東京へ帰省していたので、私は独りで週末を過ごす事になった。
心ゆくまで洋裁に取り組み、ふと気づくと16時を過ぎていた。
冷蔵庫をあけると何も無い事に気づき、仕方なく近所のスーパーへ買い物に行った。

独りの時はお酒はほとんど飲まないのだが、夫は楽しく地元仲間と飲み会か・・・と思うと
何も飲まないでいるのもつまらない気がしてきたので、私も飲む事に決めた。

ふと今日は6月最後の日曜日である事に気づいた。

一年間を通して一番昼間が長い、この素敵な6月の週末が今日で最後かと思うと
家に真っすぐ帰るのは何だか惜しい気がしてきたので
スパークリングワインと紙コップとチーズとパンを買って
LLBeanのトートにそれらを忍ばせて、近くの琴似発寒川へと向かう。

予想通り、琴似発寒川の河畔では至るところでバーベキューを楽しむ人達でいっぱいだった。
ベンチもほぼ埋まっている。

それらの人達とは対照的にポツンとひとりでいるのが、何だか寂しく思えたのだけど
川のせせらぎの音やら、そろそろ傾き始めた陽射しの中、気ままに漂う無数のポプラの綿毛やらがとても綺麗で
ウットリ眺めていたい気分の方が強かったので、川原に降りる階段のてっぺんに座って、
トートバッグの中でこっそりワインの栓を抜き、私が飲んでいるのは水ですよ、という顔をしながら
紙コップでスパークリングワインを飲んだ。

d0117900_205001.jpg



人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2010-06-27 20:31 |  ├琴似発寒川
農試公園の八重桜
我が家の近所にある農試公園は八重桜が綺麗なところなのでカメラ片手に散歩に出かけた。
d0117900_0141696.jpg
桜の下でピクニックをしているおばさま三人組の会話が耳に入ってきた。
「北海道来る前は、桜なんて期待出来ないって思ってたのよ〜。本州に比べるとねぇ。でもこんなに綺麗だとは思わなかったわぁ。」

確かに札幌ってソメイヨシノは少ないけど八重桜はいっぱいあるよね。
そしてこの八重桜って「桜=儚い」っていうイメージからは遠いんだけど、また違った良さがある。
d0117900_0165910.jpg
花の重みでしなる枝々。かなりのボリュームがある。
d0117900_0183455.jpg
d0117900_019629.jpg
ここは農試公園の脇にある団地内の八重桜。ここの桜も綺麗です。
d0117900_0204214.jpg
ここのタンポポは密集していてなかなか見応えがある。
d0117900_0221994.jpg
ポプラ並木が美しい農試公園脇の土手と発寒琴似川。
橋の下の辺りは、秋になると鮭ウォッチングができるポイントでもある。


blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2009-05-13 00:00 |  ├琴似発寒川
発寒河畔公園の桜
連日の暖かさで5月1日に開花した桜もあれよあれよという間に満開になった。

北海道の桜は散るのが早いような気がするのは私だけだろうか?
それにエゾヤマザクラは花と同時に葉も開くので数日経っただけで葉っぱが目立つようになってしまい
ぼんやりしているとあっという間に見頃を逃してしまう。

今年はじっくりと桜を見る間もなく数日が経ってしまった。
今日から一泊で十勝に行く為、発寒河畔公園の桜を見るなら早朝しかない!と思い6時に起きて見に行った。

d0117900_23531633.jpg
発寒琴似川の川沿いの道にはムスカリやチューリップ、水仙に梅や桜と春の花が一斉に咲いている。
川音が耳に心地よいお散歩道。
d0117900_23551320.jpg
そしてそろそろ旬を迎える発寒産アスパラ。
なかにはアスパラには見えないほど成長してしまったものもある・・。
d0117900_0343631.jpg
雪解け水で勢いを増す琴似発寒川とまだ雪の残る山々。
札幌の水道水は雪解け水が多くなる5月と6月が一番美味しいそうです。

私はここから眺める景色が大好き。景色もそうだけど琴似発寒川そのものが好き、というより愛してる。
春は氷が溶ける事から始まり、夏は水遊びや川辺でバーベキュー、秋は鮭ウォッチングと川が季節を教えてくれる。
d0117900_0354431.jpg

d0117900_036712.jpg
発寒河畔公園には桜だけでなく梅やスモモなども並んで咲いている。
d0117900_0364122.jpg
これはスモモ。甘酸っぱい香りがした。
d0117900_03778.jpg

d0117900_0371887.jpg

d0117900_0373554.jpg
更に少し上流の方へと歩いた所。
ここは一体どこの観光地?!と思ってしまった程だ。我が街、西区万歳!
約一ヶ月前の4/9の時の様子と比べると何と惚れ惚れするような景色になった事だろう!!!

でもその時だって確かに春を感じていたんだけどなぁ。

d0117900_0391763.jpg
blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2009-05-05 00:00 |  ├琴似発寒川
琴似発寒川沿いをお散歩
15℃という今年初めて達した春の陽気に誘われるまま、カメラを持って外に出た。

15℃って暖かいなぁ。
自転車に乗っていても手袋がいらないし、耳も痛くならないなぁ。
だいたい自転車に乗れる、って事自体が春だよなぁ、とウキウキしながらペタルを漕ぐ。

いつも琴似へ買い物に行く時に渡る長栄橋から琴似発寒川沿いを上流に向かって進む事にした。
琴似発寒川の流れはいつもより雪解け水のおかげで勢いを増している。
d0117900_14492731.jpg
発寒河畔公園。夏になるとバーベキューをする場所だ。
手稲山の頂きにはまだまだ雪が残るけれど、それでも雪の占める割合が小さくなった。
d0117900_16433597.jpg
ここは梅と桜とスモモが植えてあって5月になるとお花見が楽しめるんだけど、まだまだ蕾は小さいなぁ。
d0117900_1646876.jpg
更に上流へと進む。実はここから先へは行った事がない。
更に上流、と言ったって先程の場所から500m近くしか進んでいない。
それなのにこの山奥って感じの道路は凄くないか?
(この崖は我が家からも見える三角山や盤溪スキー場、藻岩山などに繋がっている。)

この崖とその際を通るこの道路を、引越して来た年に初めて見た時、
我が家からそれほど離れていない所なのに、まるで山奥を走る高速道路といった雰囲気に何ナノ?札幌って・・・と衝撃を受けてしまった。
そしてこの辺りは西野っていう地名なんだけど、札幌市西区役所HPのヒグマ目撃情報には「西野」って地名がしょっちゅう出てたもんだから、
(西野っていっても範囲は広いのだけど)それだけでびっくりしちゃってそれ以来、踏み込んではいないのだった。
d0117900_17105637.jpg
ちょっと進んだところ。
カップルや背広を着たサラリーマンなんかがカモメと共にのんびりしていた。
草むらが所々黒くなったバーベキュー跡もあって、いつも私達がバーベキューをする所よりもピクニック気分が高まる場所だなぁ。
後ろは緑地があってすぐ住宅地が迫っているんだけどね。
d0117900_17183634.jpg
自転車に漕ぎ疲れたので芝の上で休憩。久しぶりの芝の感触が心地よい。
雪じゃ座るわけにもいかないもんねー、芝生最高!と全てが春の喜びに繋がる。
d0117900_1721456.jpg
「雪押厳禁」という看板を見かけたんだけど雪押って何?
d0117900_17234781.jpg
ヤドリギ発見。
d0117900_17241539.jpg
遠目でもう新芽が出ている木があるよ、と思い、良く見てみたらネコヤナギだった。
d0117900_17341111.jpg
どうしてもその銀白色の毛並みを触ってみたくて堪らなかったんだけど、手の届く範囲にはなかった。
d0117900_17345683.jpg



d0117900_17425671.jpg
ネコヤナギの映えていた川岸沿いの近くに「西野緑道」という小道への入り口があった。
どうせなら帰り道は違う道を通ってみようかと進んですぐ、この残雪。
ここだけ春もなかなか届いていないのかぁと来た道を元に戻ろうとして気づいたんだけど、両側の木は桜だった。
って言うことはここは桜並木になるのねぇ、と思わぬ発見に喜ぶ。
そして桜の木に下がった標識を見てびっくり!なんと「ソメイヨシノ」の文字があるではないか!
札幌の桜は山桜なのかな、桜の開花と同時に葉っぱも出てくるタイプが多くて、
綺麗といえばそりゃ綺麗なんだけど、あのソメイヨシノに慣れた目にとっては物足りないのも確か。
それがこんな近場で見れるなんて〜!と今から物凄く楽しみだー。
おまけに八重桜も隣にあるし、ソメイヨシノと八重桜のアーチだなんて楽しみだなぁ。
350本の桜があるらしい。

夜、帰宅した夫へ本日のトップニュースとして報告し、咲いたら見に行く事にしたよ。
d0117900_1752307.jpg
雪がこれだけ残っている場所にあるせいか、蕾は他の場所に比べても小さい。
「西野緑道」で調べてみたら、やや日当たりのよくない場所にあるせいかここの桜の見頃は5月下旬との事。
随分先なのねー。。。。

ソメイヨシノは寒さに弱いらしく、札幌が北限らしいんだけど、頑張って欲しい!

[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2009-04-09 00:00 |  ├琴似発寒川
小さな冒険
冬、いつもは橋の上から眺めるだけの琴似発寒川。

川沿いの道もこの季節は歩いた事がない。
春は梅や桜が咲いていたり、タンポポが咲き乱れていたり
はてまた半野生化したアスパラガスが生えていたりと歩いていて楽しい道なんだけど
冬は雪しかない気がしてわざわざ歩く必要もないか、と避けていたのだった。

d0117900_14132347.jpg
でも今年の私は違う!歩くぞーと歩いてみた。

河原には犬と遊ぶ飼い主の人達しかいつもはみかけないんだけど、何と杖をつきながら歩くおじいさんを発見!
日頃から、犬もいないのに一人河原に降りてもなぁと思っていたんだけど、
杖ついたおじいさんが歩いているんだから、私も歩いてみるかとつられて降りる事にした。
d0117900_14272970.jpg
そんな私を待ちかまえていたのは手強い階段。
階段に雪が段差と同じ位積もってしまったせいでほぼ斜面状になっちゃってる。
下に滑り落ちないように柵にガッシとしがみついて降りる。
あのおじいさん、杖を持ちながらどうやってこの斜面を降りたのか未だに謎だ。
d0117900_14305748.jpg
15時を回ったところだけど、傾きかけたお日様の光に淡く染まっていた。
d0117900_14394853.jpg
両岸から凍ってだいぶ川幅も狭くなっちゃったね。



そして先程の杖をついたおじいさん、こんな河原を歩いてどこに行くの?と思ったら橋桁にいた。
まさか釣りでもするつもり?と驚いて、ちょっと近寄ってみたら 風に乗って聞こえてきたのは歌!
何と橋のふもとで演歌(?)を歌っていたのでした。

こっちにきて三年、住んでいるマンションでの声出しは禁止だから、と一度も歌っていない私。
本当に歌いたい人間は何とでもするんだなぁと我が身を省みた。


blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2009-01-08 00:01 |  ├琴似発寒川
今日は一日良いお天気でした
d0117900_14104332.jpg
今日は久しぶりに一日中、雪とは無縁の良い天気だった。嬉しいなぁ。

冬も三度目ともなると心の余裕が出来てきたせいか、今年はそれ程辛くない。
もう嫌だ!札幌なんて嫌いだ!と思ったのは、12月末の猛吹雪の翌日、夕方に買い物に行った時、
晴れているのに風が強い余りに、前日たんまりと積もった雪が風にあおられて
目も開けられないほどの地吹雪となって全身真っ白になった時のたった一回だ。
初年度の冬はほぼ毎日のように嫌だ!札幌なんて嫌いだ!と思っていた。
もっとも初年度は近所も把握出来ていないまま冬に突入してしまった心細さもあったし
何よりもこんなに雪が降るというのが信じられなかった。
四月になっても五月になっても続く真冬並み(関東からすれば)の寒さにもまいった。

今年は「札幌の冬ってもんはとにかくやたら雪が降るもんだ。」と肝をすえた(観念したとも言う)おかげか
ちょっとやそっとで、へこたれなくなった気がする。

心にちょっぴし余裕が出来たお陰で、雪が生み出す美しさに時々はっとする事も多くなった。
三年目の冬にして初めて、夕暮れ時に薄紫色に染まる雪の美しさを知った。
冬は夕暮れ時が一番好きかもしれない。


blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2009-01-08 00:00 |  ├琴似発寒川
川面も凍ったよ
琴似に買い物に行く途中の橋の上から川を覗いたら、ほぼ全面凍ってた。
d0117900_1342446.jpg
池が凍るのはわかるけど、絶えず流れて動いている川さえ凍るっていうのが未だに凄いと思っちゃう。
d0117900_1353040.jpg
これは下流側。魚道や段差があって小さな滝のようになっている部分はさすがに凍ってないみたい。
d0117900_1371652.jpg
と、思ったら何と滝の部分もほとんど凍っているみたい。
すごいなぁ。
この氷の下では鮭の稚魚が泳いでるんだろうなぁ。
d0117900_138096.jpg
上の写真を撮りたいが為に、雪にずぼずぼ埋もれてみた。
d0117900_139854.jpg
雪道のお散歩は大変そうだなぁ。
d0117900_139512.jpg
d0117900_141103.jpg
また雪に埋もれながら上の写真を撮ってみた。
橋桁の近くは除雪していないんだもん・・。
わざわざ除雪していないところに足を突っ込んでまで、あの人何撮ってるんだろう?
って不審に思われてるんだろうなぁ・・って思った。
d0117900_1444355.jpg
足跡。膝下の半分強が埋まったよ。

[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2008-12-29 00:01 |  ├琴似発寒川
鮭ウォッチャー@琴似発寒川
d0117900_23292123.jpg
今日は夫と近所の琴似発寒川まで鮭を見に行った。
10月2日に来た時 は、前夜の雨の為に水が濁っていたが、橋の上からでも泳いでいる姿が見えた。
今日は前回に比べ水は澄んでいるけど、魚がいる気配もないので下流まで下る事にした。
d0117900_23353776.jpg
ホッチャレ発見。側にはサクラマスのホッチャレもあった。
d0117900_23372558.jpg
ばちゃん、ばちゃん、と水飛沫を上げる鮭らしき姿を発見。
d0117900_23383362.jpg
岸辺から遠いのでその背びれしか見えない。
何だか全体的に数も少ないようで、余り収穫もないので帰る事にした。
d0117900_23402924.jpg
農試公園内で真っ赤な実をつけた木を見かけた。
d0117900_23413819.jpg
何だ?と近づいてみると、可愛い姫リンゴがたくさんなっていた。
夫が試しに一つ齧ってみたんだけど「もんのすごく酸っぱい!!」と顏をしかめていた。


blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2008-10-12 00:00 |  ├琴似発寒川
秋晴れに映える紅葉
今日は朝から良い天気。でも天気が良いのは今日だけらしい。
せっかくなので近所の琴似発寒川河畔公園へ行ってみた。
d0117900_17555597.jpg
燃えるように真っ赤な桜の葉っぱ。
d0117900_188402.jpg
d0117900_1894696.jpg
ずっと真上を見上げていたので首がつりそうだった。



blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2008-10-08 00:00 |  ├琴似発寒川