初めて見るもの、食べるもの、北海道生活は驚きの連続です→札幌生活も6年になりました。北海道の花に魅せられて花追人に変身中。
by fafaccio-Hokkaido
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
タグ
(290)
(280)
(179)
(135)
(105)
(85)
(81)
(80)
(77)
(62)
(36)
(24)
(24)
(21)
(17)
(16)
(7)
(6)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
★札幌市内
 ├近所&自宅での出来事
 ├琴似発寒川
 ├大通・札幌駅・すすきの
 ├円山・藻岩山・大倉山
 ├公園&花の名所
 ├美術館
 ├定山渓・豊平峡
札幌近郊圏(北広島・恵庭)
小樽&仁木&積丹
石狩
千歳・支笏湖・苫小牧・白老
室蘭・登別・洞爺湖
ニセコエリア
空知エリア
富良野&美瑛&旭川&大雪山
増毛・留萌エリア
日高エリア
十勝エリア
道東エリア(釧路・阿寒)
オホーツクエリア
知床エリア
道北(宗谷)エリア
道南
2006フランス
2007チェコ
2009イタリア
2009ニューヨーク
2011ソウル
2011京都
帰省編
*自己紹介


北海道ガーデン
を旅する


札幌・近郊
ぶらりhanaめぐり


北海道生活


鉄道で旅する北海道


*以前のブログ

*海外旅行編

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ




以前の記事
2013年 05月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 10月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:空知エリア( 20 )
ローズガーデン&ホワイトガーデン@ゆにガーデン
d0117900_19122754.jpg
エントランスの建物からガーデン側に出た所。
d0117900_19113758.jpg

d0117900_1912654.jpg
独特の色合いが美しい。

d0117900_19131692.jpg

ノットガーデン。
d0117900_19201363.jpg
スペシャルガーデンのデルフィニウム

d0117900_19203347.jpg
d0117900_19204632.jpg

ホワイトガーデン。

d0117900_19212214.jpg
d0117900_1921326.jpg
d0117900_1921436.jpg
d0117900_19215748.jpg

d0117900_1922108.jpg
d0117900_1923940.jpg
d0117900_1922478.jpg

d0117900_19241099.jpg
ローズガーデン
d0117900_1924362.jpg
d0117900_19244833.jpg
d0117900_19252268.jpg
d0117900_19253966.jpg
d0117900_19255054.jpg
d0117900_1926883.jpg
芍薬。



人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-07-08 19:10 | 空知エリア
深川 丸山公園のカタクリ @春の3大お花めぐりウォークその1
砂川ハイウェイオアシスでトイレ休憩をすませた後、立ち寄ったのは深川市にある丸山公園だ。
カタクリの名所らしい。

d0117900_9474496.jpg

同じくカタクリの名所である旭川の男山自然公園に比べて規模が小さいのと
咲いているカタクリの花の丈そのものも小さくて
なんだか見劣りがするな〜というのが正直なところ。

ただ地元の人と思われるおじさんが、同じツアー客であるおじさんに
「どこから来たの?へぇ、札幌から!んでも、カタクリはまだまだ早いね〜。」
と話しかけているのが聞こえたので、これからなのかもしれない。
確かにまだまだ固い蕾のカタクリや、蕾すらつけていないカタクリもあった。

d0117900_951403.jpg

日当りの悪い斜面にはまだまだ雪が残っている。

d0117900_953389.jpg
d0117900_9545033.jpg
カタクリ色に染まっているエゾエンゴサク。
この色は比較的珍しいと思う。
d0117900_9551841.jpg

d0117900_1032613.jpg

d0117900_95657.jpg

標高154mの小さな山全体が霊場になっていて
なんの霊場?と思ったら北海道三十三観音の十四番霊場らしい。
北海道に霊場がある事すら知らなかった。

バスを降りると目の前がお墓になっていて、山のてっぺんの辺りから
大音量でお経(?)が聞こえるというシチュエーション。
何も知らなかったので、てっきりてっぺんにお寺でもあって、
今日は信者さん達が総出でお経でも唱えているんだろか?と
こんな大きい音で聞こえるんだから何十人も集まっているんだろうか?と思ったら
なんの事はない、延々とスピーカーで大音量で流しているだけだった。




人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-05-03 00:01 | 空知エリア
そこかしこも春@滝川の菜の花畑 5/30その1
今日は富良野&美瑛へ向かう事にした。

途中、岩見沢のPAで休憩し、屋外テーブルで朝ご飯を頂く事にした。
d0117900_2346567.jpg
朝ご飯は、夫特製のホワイトアスパラと帆立のケークサレ。
どちらも旬・そして道産品というのがポイントらしい。

(夫はこの頃、ケークサレ作りにはまっているのだ。これも夜中に作っていた。)
ケークサレは普通はパウンドケーキの型で作るけど、これは食べやすいように一個一個にしたそうな。やるな、おぬし。

たんぽぽが黄色い帯となってあちこちの田畑を区切っているのを見ていたら
滝川の菜の花もそろそろシーズンである事を思い出した。

せっかくなので立ち寄ってみる事にする。

d0117900_23531240.jpg
嬉しい事に予想は当たり、あちこちに目にも鮮やかな菜の花畑が点在している。
d0117900_23555945.jpg
丸加高原展望台からの眺め。
d0117900_23583552.jpg
全てのものが芽吹きはじめたばかり。奇跡のような美しさ。
d0117900_01147.jpg
春という春が立ち昇ってきたような気がしました。
d0117900_022656.jpg
林檎の花も満開でした。
d0117900_043627.jpg
d0117900_061235.jpg
d0117900_064457.jpg
平野では春真っ盛りだけれど、山のてっぺんはまだまだ春が遠そうです。

人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2010-05-30 00:01 | 空知エリア
北竜のひまわり
※これは8月9日の出来事です。



d0117900_11241497.jpg

北竜のひまわりへ行ってきた。
毎年、行きたいなぁと思っていたけれど車がないとなかなか難しい場所で
バスだのを乗り継げば行けるのだけど、そこまで行くのも面倒・・・という感じで見送っていたのだ。
「北竜ひまわりIC」で降りて向かったけれど、北竜ひまわりICで降りるよりも一つ手前の沼田ICで降りた方が近かった・・・。

道路脇のひまわりが見頃だった。ひまわりの里よりもここが一番きれいだったな。
d0117900_113253.jpg
駐車場から一番手前の展望台のあたりはまだまだ・・・。
ここが見頃を迎えたら綺麗だろうなぁ。
d0117900_11325946.jpg
その奥にある展望台からの眺め。

d0117900_11341283.jpg
何故かダチョウがいました。

全体的に見頃と見頃の狭間の時期に来てしまったようで圧巻!とまではいかずに残念だった。
d0117900_11352182.jpg
帰りに通った沼田町で見つけた「明日萌駅」
そんな駅ないよ!?と地図上を探したけどそれもそのはず、NHK朝の連続テレビ小説「すずらん」 で使われた架空の駅だそう。
元々はJR留萌本線の恵比島駅という駅だったらしい。
この駅が選ばれた理由の一つとして「昭和初期にあっては困るような現代的なものが駅周辺にはないこと」らしいけど納得。何もありません。
d0117900_1139875.jpg
近くにある中村旅館。これもロケで使われたようです。



一ヶ月以上もこの北竜をアップしなくちゃ、しなくちゃ・・と思いつつも放置してました。
お出かけ熱が洋裁熱に変わり、暇さえあればミシンに向かう日々でした。
今は洋裁熱も冷め、(早!)10月に両親と行くイタリアの個人旅行の下調べでいっぱいいっぱい。
万遍なく何事もこなすという事が出来ないタチだなぁと改めて自覚してます。
9月の連休は久しぶりにどこかに行く予定だけど、何も決めてないし・・。

人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2009-08-09 10:56 | 空知エリア
美唄地鶏蕎麦こはれで元祖塩そばを食べてきました

本当は晴れたらニセコへドライブがてらアスパラガスを買いに行く予定だった。
しかしまぁ6月に入ってからの札幌はなんと冴えない天気が続いていることよ。
北海道の6月は梅雨がないはずじゃないの?!と毒づきたくなるような日々だ。
今日も例に漏れずどんより曇り空で傘が手放せない天気ときている。

今日は仕方ないので、夕方近くになってから美唄(ビバイ)に出かける事にした。
美唄は過去、美唄焼き鳥を食べたり、アルテピアッツァ美唄に行ったりした事がある。
(それぞれの記事はこちら→ 2007/5/4「美唄で焼き鳥に舌鼓(後編)」
2008/10/13「アルテピアッツァ美唄 前編」
「アルテピアッツァ美唄 後編」

しかしまぁ余談だけど、この過去の「美唄で焼き鳥に舌鼓」を読み返すとまぁ自分の馬鹿さ加減に涙が滲む思いだけど、
もっと泣けるのがそれからちっとも変わってないという事だ・・・。

道外まで知れ渡っているのか判らないけど、道内では美唄は室蘭と並んで焼き鳥で有名な所として知られている。
美唄焼き鳥というのはレバーやハツ、砂肝、内卵や皮など鶏の各部位を一串に刺した焼き鳥だ。
だからといって美唄は地鶏の産地ではない。いや、正確に言えば「産地ではなかった。」と言うのが正しい。

なんでも地元、建設会社の社長さんが美唄は焼き鳥・鳥めしで有名なのに地元の鶏を使っていない、
せっかくだから美唄の鶏を使いたいという思いから養鶏を初め、それを使ったお店を作り上げてしまったらしい。
そしてそのお店が「美唄地鶏蕎麦 こはれ」だ。なんで蕎麦?と思う人もいるでしょう。
私もこっちに来るまで知らなかったけど北海道って蕎麦の生産ナンバーワンなんだって。
蕎麦といえば信州、くらいしか思っていなかったので意外でした。


d0117900_2391559.jpg
お店の周りには何もないというか、何でこんな所にこんなお店があるの?!と驚いた。
店内に入ると更にびっくり。思っていた以上に落ち着いた内装なの。
d0117900_23154627.jpg
私のお目当てはコレ。元祖塩そば。
塩そばって何?と思ってたけど、塩ラーメンが存在するように蕎麦だって鰹&醤油ダシじゃなくたっていいよねと思うような美味しさ!
ただのさっぱり塩じゃなくて、鶏の旨味が存分に出た塩スープなのだ。
ただ蕎麦を食べ終わった後、スープとして飲み干すにはちょびっとだけしょっぱい気もする。
でも美味しいスープには間違いなし!これで雑炊にしても美味しそうだぁ〜。
お持ち帰り用お土産もあって、千歳空港でも売ってるみたい。
d0117900_232932.jpg

地鶏の刺し身も注文してみました。
モモ、ムネ、砂肝、ササミ。砂肝の焼き鳥って余り好きではないんだけど、刺し身は美味しかったよ。



こはれー美唄地鶏蕎麦
北海道美唄市東5条
北11丁目3番地
HP


さて満腹になった後は、近くにあるぴぱの湯ゆ〜りん館の温泉に入って札幌へ帰りました。
沿道のほぼ野生化したルピナスが見頃を迎えて綺麗だったなぁ。


人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2009-06-13 00:00 | 空知エリア
夏仕様のひつじたち@滝川・羊の館 5/30&31その3
展望台から再びタクシー乗り場である伝習館のある辺りに戻ってきた。
朝は誰もいなかったのに、家族連れやグループ連れが随分と増えていた。
d0117900_2359336.jpg
左の建物はひつじの館。
d0117900_031874.jpg
山羊?と思ったけど、ひつじの館なんだから羊なんだね。
d0117900_034678.jpg
皆、とにかく草を食むのに夢中で顔なんか上げやしない。
ときーどき、チラリと顔を上げるんだけど、何あんた?!って目でチラリと見て再び草の中。
d0117900_045888.jpg
羊達はみな、毛を刈り取られてすっきりとしちゃってた。
今頃、誰かのセーターになってるんだろうか?


blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2009-05-30 00:03 | 空知エリア
丸加高原の牧場と菜の花畑を俯瞰する@滝川 5/30&31その2 sanpo
乗合タクシーの運転手さんは色々な話をしてくれる。

菜の花は例年7月下旬頃に菜種を刈り取るのだが、刈り取り時期が遅くなってしまうと
こぼれた菜種のせいで、翌年に別の作物を育てても菜の花が育ってしまう事
この緩やかな起伏が続く一帯は江部乙(えべおつ)と言い、昔はリンゴ農家が多かったがかなり減ってしまった事、
そして上の方は丸加高原と呼ばれ、牛などの放牧地になっている事

その中でも私の心を惹いたのは丸加高原のてっぺんに展望台があるという事だった。

展望台までは丸加高原の麓にある伝習館から歩いて40分ほどかかるらしいが
当初から一旦、タクシーを降りて伝習館でお昼でも食べようかと思っていたので 二時間程時間がある。

それじゃせっかくだから展望台に行ってみようかなぁと言うと、運転手さんは勘違いして申し訳なさそうに言った。
「展望台まではこの運行ルート外なんです。」
「いえいえ、私、歩いていきます!」と言うと、まさか私が本当に行くとは思っていなかったらしくやたら驚かれたのだった。
d0117900_23324772.jpg
タクシーを降りて辺りを散策するとさすが高原、高い場所にあるだけあって眺めが良い。
伝習館の近くにある「ひつじの館」の裏から牧場の真ん中を突っ切る道筋が見えた気がしたので、
あれが展望台への道なのかと思い作業しているおじさんに確認したところ違ったみたい。
どうやら鋪装された車道がそれらしい。

そしてここでもおじさんに、まさか歩いていくんかい?!と何度も聞かれたのだった。
そんなに遠いのか不安になったので確認したら、歩いて一時間はかからない、40分程度かなぁとの事だった。
そんなら大丈夫だ、とてくてく歩き始める私。
d0117900_0131432.jpg
さて歩き続けてしばらくしたところ、道のすぐ脇に肉牛達がいたのには驚いた。
d0117900_0162737.jpg
牛飼いのような人が夕方になると小屋へ連れて帰るのかと思ってたら、秋まで完全放牧らしい。
これもタクシーの運転手さんの話。
d0117900_0164670.jpg
確かに歩いている人は皆無。皆、展望台へは車へ向かうらしい。


d0117900_1255069.jpg
しばらく行くとサイロが見えてきた。
ははぁ、これがさっきひつじの館でおじさんが言ってたサイロだな。
おじさんによると「サイロがあるけど、そこは展望台じゃないから、展望台はもちょっと先だからね。」
d0117900_1275050.jpg
でもここも展望台と勘違いしてしまう程、見晴らしが良い。
ピンネシリという山。標高1100m・アイヌ語で男山という意味なんだって。

車の轍が牧草地の中を一本道のように牛達への元へ続いているが入っていけないような気がして遠くから眺めていた。
やがて彼方からトラックがやってきて運転手のおじさんが笑いながら先へ行っては駄目だよ、と手で×印を作る。

「今、受精していたところだからねぇ。」とおじさん。人工受精をまさか屋外で行うとは思っていなかったのでビックリ。

そのおじさんによるとこの牧場には肉牛だけではなく乳牛、馬なども放牧されているらしい。
親切なおじさんで、この牧場についてあれこれ教えてくれた。
d0117900_1335254.jpg
広すぎて望遠で拡大しても牛が豆粒にしかなりません。
d0117900_1345242.jpg

d0117900_1413437.jpg
鳥になって上から眺めてみたい。

[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2009-05-30 00:02 | 空知エリア
日本一の菜の花畑@滝川ー5/30&31その1 sanpo
d0117900_20373652.jpg
今日は滝川の菜の花畑を見に行った。
滝川の菜の花畑は二年前に一度見た事があるけど、
その時は滝上の芝桜や上湧別のチューリップを見る旅の途中に立ち寄っただけなので、
再度じっくりと見たいと思っていた。

一日散歩きっぷで滝川まで行って、駅の隣にある滝川ターミナルから中央バスに乗って滝川の道の駅まで向かった。
そこからは1日11便運行している期間限定の乗合ジャンボタクシーに乗るのだ。
何でも「最高の見どころを地元タクシーがご案内します。」との事。

ライトバンのタクシーの乗客は私ひとり。朝一番の便のせいかな。
d0117900_20475939.jpg
菜の花は連作が出来ない為に、毎年咲く場所が変わるそうだ。
滝川の菜の花畑は日本一の作付面積を誇る。
1周45分程度で途中、数箇所で車を停めて撮影タイムもある。
運転手さんも「途中で止めて欲しい場所があったら言って下さいね。」と言ってくれた。
d0117900_20581413.jpg
滝川駅に着いた時は分厚い雲が垂れ込めて、あぁ晴れそうにもないなと思っていたのに
バスに乗っている途中、いつの間にか晴れに変わっていた。

d0117900_21123031.jpg
増毛連山・暑寒別(しょかんべつ)岳が見えて嬉しかった。

続く


blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2009-05-30 00:00 | 空知エリア
いい湯だな♪ながぬま温泉
三連休の最後、夫とふたりで温泉に行ってきた。

東西線の大谷地駅からバスで一時間のところにあるながぬま温泉だ。
一時間もバスに乗るのかぁ、とバスを待つ間停留所を数えたら何と48個もあった。
ながぬま温泉セット割引きっぷ というのをバス車内で購入した。
これはバスの往復券と入浴料あわせて1500円というお得な切符だ。

d0117900_218563.jpg
雪は見飽きたとはいえ、我が家の周りではこういう広大な雪景色は見られない。
未だにこういうただひたすら広い土地の雪景色は珍しくて、夫と二人「何だかスゴイね!」を連発。
d0117900_221472.jpg
屋根から雪がばさばさ落ちてきてるのは何でだろう??と視線の先を辿ってみると雪下ろしの最中だった。
雪下ろしは生まれて初めて見たよ。
家の周りの人達は雪下ろしなんてやってるのかなぁ?一度も見た事がないけど・・・。
それにしても屋根の頂きの危うい所に良く立って作業が出来るものだ。
d0117900_2261934.jpg
温泉に到着。
まずは早速お風呂へ直行!ここのお湯は塩素も加えていない掛け流しなんだって。
茶色の湯の花がたくさん浮いていたよ。
お湯がちょっと口に入っちゃったんだけしょっぱかった。
そのせいか湯冷めがしにくいお湯でいつまでもポッカポカしていた。
とても良いお湯だったなぁ。
d0117900_2303611.jpg
広々とした無料休憩所で休んでウトウトお昼寝後、外を散策してみたよ。
お風呂からあがって一時間以上も経つのに、足先が未だにポカポカしていた。
いつもならこんな雪の中をズボズボ歩くとすぐに冷たくなっちゃうのに、温泉効果はすごいなぁ。
d0117900_233895.jpg
敷地内にある物産館にジンギスカンを食べに出向いた。
d0117900_233592.jpg
ここでは三店舗のジンギスカンを食べる事が出来る。
それぞれマトンとロースがあって、かねひろジンギスカンは生姜味。
ながぬまジンギスカンはニンニク、佐藤ジンギスカンはフルーツだそう。
それぞれ250gずつという事でそれほどお腹が空いていなかったので今回はかねひろとながぬまの二種類を注文。
どちらも甘じょっぱい味付けで、余り味の違いがなかったような・・・。
佐藤のフルーツ味はもっと甘いのかなぁ?

ジンギスカンといっても結構色々あって、ここのみたいにタレに漬け込んであるやつ、
あとは真ん丸で薄くスライスされたハムのような冷凍タイプ(これは食べた事がない)
それと、生肉を焼いてから各自タレにつけて食べるタイプなどある。

ジンギスカンの後は再び温泉へドボン。

d0117900_2515746.jpg
周りに街灯がないせいか辺り一面が深い群青色に染まっていた。
空をそっくり写し取ったかのように地上が同じ色合いで染まっているのには驚いた。
札幌は街灯(しかもオレンジ色)が多いので、こういう色にはなかなか出会えない。



[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2009-01-13 00:00 | 空知エリア
美唄からの帰り道
d0117900_20565976.jpg
美唄駅前の紅葉。
d0117900_20571592.jpg
西日を浴びて本当に黄金みたいだな。
d0117900_20573079.jpg
ホームからも見える紅葉。
d0117900_20584871.jpg
ちょうど一週間前、十勝岳へ行く為に同じ道を通った時、 沿道のすすきは銀狐の尻尾のようにしなやかに風に揺れていたのに、
一週間経った今は、使い古されたモップのようになってしまった。
d0117900_205977.jpg
窓の外に広がる景色は緑の占める割合がどんどん減っている。
あと一ヶ月もすれば、白が全てを覆い尽くすだろう。


d0117900_20592681.jpg
日の落ちる時間もどんどん短くなっていて何だか寂しいな。

blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2008-10-13 00:03 | 空知エリア