初めて見るもの、食べるもの、北海道生活は驚きの連続です→札幌生活も6年になりました。北海道の花に魅せられて花追人に変身中。
by fafaccio-Hokkaido
タグ
(290)
(280)
(179)
(135)
(105)
(85)
(81)
(80)
(77)
(62)
(36)
(24)
(24)
(21)
(17)
(16)
(7)
(6)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
★札幌市内
 ├近所&自宅での出来事
 ├琴似発寒川
 ├大通・札幌駅・すすきの
 ├円山・藻岩山・大倉山
 ├公園&花の名所
 ├美術館
 ├定山渓・豊平峡
札幌近郊圏(北広島・恵庭)
小樽&仁木&積丹
石狩
千歳・支笏湖・苫小牧・白老
室蘭・登別・洞爺湖
ニセコエリア
空知エリア
富良野&美瑛&旭川&大雪山
増毛・留萌エリア
日高エリア
十勝エリア
道東エリア(釧路・阿寒)
オホーツクエリア
知床エリア
道北(宗谷)エリア
道南
2006フランス
2007チェコ
2009イタリア
2009ニューヨーク
2011ソウル
2011京都
帰省編
*自己紹介


北海道ガーデン
を旅する


札幌・近郊
ぶらりhanaめぐり


北海道生活


鉄道で旅する北海道


*以前のブログ

*海外旅行編

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ




以前の記事
2013年 05月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 10月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 06月 ( 27 )   > この月の画像一覧
ふわふわな地面
d0117900_1951418.jpg
空気中をほわほわと白いものが飛んでいるのを良く見かける。最初はタンポポの綿毛?と思ってたけど、それにしては固まりが大きい。空中に飛んでいるのを指先で摘めるほど。地面には綿毛が積もって、まるで雪のようになっているところもある。何の綿毛か不思議に思っていたところ、ポプラの綿毛だとある人が教えてくれた。

d0117900_19112169.jpgブルガリアのソフィアに行った時、ホテルの窓からおびただしい量の白い物体が飛んでいて、最初は虫かと思った。あまりにもびっしりと飛んでいて、アレルギー性鼻炎持ちの私は、見ているだけで鼻がむずむず、ぐずぐずになってしまいそうな程だった。ずっと何の木の綿毛かわからなかったけど、あれもポプラだったのかもしれない。
これはソフィアの街角で見かけた綿毛。
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2007-06-28 00:00 |  ├近所&自宅での出来事
ただの雑草だけど
d0117900_165190.jpg
いたるところ勝手にわあわあと生えているので雑草だと思うけど、東京では見たことがない。
でもこういった類いの花は山に行くと生えていたような気がする。
すがすがしい白が精巧なレース編みのようで、雑草とは思えない。

[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2007-06-27 00:00 |  ├近所&自宅での出来事
いまだに桜
d0117900_0494096.jpg
唖然とした。
桜というのは盛大にぱあっと花を咲かし潔く散る、散り方もあくまで美しく、という点が、
人々の心を捕らえ日本人の美学の一つのようにもなっているはずなのに、
6月も終わるという時点で、まだ桜が咲いている。
どうなってるんだろうか。これは札幌だからの現象なのか、ソメイヨシノではないから起こる現象なのか。

d0117900_050386.jpg

[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2007-06-26 00:00 |  ├近所&自宅での出来事
雲丹の楽園ー積丹ー
今の時期の積丹は、神威岬の風景もさる事ながら、もう一つの大きな楽しみがある。
それはウニ。
シャコタンブルーの海は美しいだけでなく、せっせとウニを育ててくれているのだ。 
神威岬で海を眺めながら、せっせと育つんだよ~!とウニに(心の中で)呼びかけてしまった。

私の友人もそうだったけど、ウニがあまり好きではない、という人が意外と多い。
(私も小さい頃もそうで、何となくエグミのある食べ物という印象があった。)
夫の同僚が何人か、この時期に北海道に来たけれど、皆、ウニですか・・・うーんあんまり・・・と言葉少なになってしまう。
「騙されたと思って、積丹でウニを食べてきなよ!!」
と夫の勧め通り、食べに行った人は、今までは食べれなかった人も美味しい!といって完食してしまったらしい。
(その後、東京に戻って再度チャレンジしたけどダメだった、という報告がきた。)

本日の友人の名言「磯くさいのと磯の香りは違う」
d0117900_1914092.jpg

積丹のウニは紫ウニが主流。右上の殻はそれぞれバフンウニと紫ウニで、まだ動いている。。
中はなかなかグロテスクで、よくもまぁこんな形のものを割ってみて、更にこんな中身のものを食べようと思ったよな、と思う。

[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2007-06-25 19:04 | 小樽&仁木&積丹
この世の楽園ーエゾカンゾウ・神威岬ー

はるばる東京から友達夫婦が遊びにきてくれたので、一緒に積丹までドライブに行った。
訪れた神威岬では、ちょうどエゾカンゾウが咲いていて、急斜面を黄色く染めていた。
d0117900_17441386.jpg

海の青さといったら、これぞシャコタンブルーという色で、見ていて鳥肌がたつ程だった。
友人と無言で海を見つめ、お互い思わず言った言葉が「バスクリンみたい・・・。」
(なんて俗っぽい私たち!)

でも本当に何故こんな色になるのだろう?ずっと見つめていると、目も染まってしまいそうなほどに思えた。
 
d0117900_2461213.jpg
d0117900_250720.jpg
 
前回5/20に続いて神威岬を訪れるのはこれで3回目だけど、 
今回が花も見頃で一番きれいだったと思う。
何度来ても海の青さには感動してしまう。


blogランキングへ
 

[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2007-06-25 00:00 | 小樽&仁木&積丹
私にとっての「この道」
d0117900_0324516.jpg
また見慣れない木がこんもりと花を咲かせている。

名前を調べたところ、ニセアカシアとの事。
何故わざわざ「ニセ」がつくのか不思議に思ったけど、
理由は、明治に日本に輸入された頃、このニセアカシア(マメ科ハリエンジュ属)をアカシアと呼んでいたらしく、
その後、本来のアカシア(ネムノキ科アカシア属)の仲間が日本に輸入されるようになってから
区別するためにニセアカシアと呼ぶようになったとの事。
d0117900_0331763.jpg

ところで北原白秋作詞・山田耕筰作曲で知られる「この道」の中で


この道はいつか来た道

ああ そうだよ

あかしやの花が咲いてる


と歌われているアカシヤは、ニセアカシアの事だというのを初めて知った。

素敵な事に、この花はとても良い香りがする。
さわさわと風に揺れながら、辺り一面に惜しげもなく芳香を漂わせてくれている。
そう考えると、今までは詩の中の「ああ そうだよ」という一節は、
あくまでも、花を見た事による感嘆かと思っていた。
でもこれだけ良い香りのする花なら、どこかから漂ってくる香りを
目を、瞑って、嗅覚を、頼りに、
懐かしい記憶を呼び覚ました上での感嘆というのも有り得るだろう。
かつてこの歌を歌った際に、あくまでも花を見たかのように
「ああ そうだよ」と歌ったけれども、もし今後歌うとすれば、
私は目を瞑って香りを嗅いだ上での「ああ そうだよ」のほうが、
私にとってのニセアカシアの記憶としっくり来ると思う。

(6/16撮影)
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2007-06-24 00:00 |  ├近所&自宅での出来事
I fiori Capricciosi 気の赴くまま
d0117900_17363496.jpg
中央分離帯に咲く花たち。
良く見られるような「きちんと並べて植えてます」といった感じのマリーゴールドなどではなく、
色々な花々が勝手きままに,好き勝手に咲いている様子が良い。

いつも見ると、イタリア映画に出てきたフィレンツェ郊外の野山の斜面に花が咲き乱れる様や
ボッティチェルリの「春 ラ・プリマヴェーラ」の女神達の足元に描かれた花々を思い出して、
イタリアに行きたくなってしまう。

[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2007-06-23 00:00 |  ├近所&自宅での出来事
バラ
d0117900_17161195.jpg
d0117900_17162432.jpg
芍薬に代わって今度はバラが花盛り。
ちょっと歩いたところにあるお宅は
大きな道路に面した庭に向かって、様々なバラが咲いていて。
道行く人に鮮やかな色彩と香りのお裾分けをしてくれている。
d0117900_119244.jpg

[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2007-06-22 00:00 |  ├近所&自宅での出来事
バラ
d0117900_18502268.jpg
d0117900_18565353.jpg

[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2007-06-21 00:00 |  ├近所&自宅での出来事
まるで絵のよう
d0117900_18424266.jpg

[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2007-06-20 00:00 |  ├近所&自宅での出来事