初めて見るもの、食べるもの、北海道生活は驚きの連続です→札幌生活も6年になりました。北海道の花に魅せられて花追人に変身中。
by fafaccio-Hokkaido
タグ
(290)
(280)
(179)
(135)
(105)
(85)
(81)
(80)
(77)
(62)
(36)
(24)
(24)
(21)
(17)
(16)
(7)
(6)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
★札幌市内
 ├近所&自宅での出来事
 ├琴似発寒川
 ├大通・札幌駅・すすきの
 ├円山・藻岩山・大倉山
 ├公園&花の名所
 ├美術館
 ├定山渓・豊平峡
札幌近郊圏(北広島・恵庭)
小樽&仁木&積丹
石狩
千歳・支笏湖・苫小牧・白老
室蘭・登別・洞爺湖
ニセコエリア
空知エリア
富良野&美瑛&旭川&大雪山
増毛・留萌エリア
日高エリア
十勝エリア
道東エリア(釧路・阿寒)
オホーツクエリア
知床エリア
道北(宗谷)エリア
道南
2006フランス
2007チェコ
2009イタリア
2009ニューヨーク
2011ソウル
2011京都
帰省編
*自己紹介


北海道ガーデン
を旅する


札幌・近郊
ぶらりhanaめぐり


北海道生活


鉄道で旅する北海道


*以前のブログ

*海外旅行編

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ




以前の記事
2013年 05月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 10月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 07月 ( 65 )   > この月の画像一覧
唯我独尊のカレー@富良野(7/31 その10)
美瑛に着いてすぐそのまま引き返したおかげで、予定より2時間早く富良野に着く。
最初の予定では、17時55分の富良野発に乗る予定だったけれど
2時間も早く駅に着けたのだから、もうちょっと早く札幌に帰れる便があるだろうと思っていたのは大間違いで
結局、当初の17時55分の富良野発の滝川行きしかなかった。

2時間も富良野で時間を潰さなくてはいけない。
朝、すでに1時間この町で時間を潰していたので、さらに何をしようか困った。
観光案内所でもらった町の地図を広げたところ、「唯我独尊」というお店がある事に気づいた。
確かカレーで有名なお店で、雑誌かガイドブックに載っていたと思う。

d0117900_14211533.jpg
駅から歩いていける範囲だったし、そういえば行きの電車の中でおにぎりを2つ食べたきりで
何も食べていない事に気づいたら、急にお腹が空いてきたのでお店に向かう。
お休みだったらどーしよう、と思っていたので営業中でほっとする。
d0117900_14222529.jpg
d0117900_14243926.jpg
2階に通されてお好きなところにどうぞ、と言われたので誰もいないテラス席に座る。
d0117900_142602.jpg
d0117900_14262081.jpg
手作りソーセージ入りのカレーを頼んだ。
カレールーはやや辛め。(私にしては)


1時間ちょっと過ごした後、朝に町を歩いた時にホクレンショップ(スーパー)があったのを思い出し、お店に向かう。
売られている野菜の多くは、さすがに富良野産のものばかりだった。
主婦魂がまたうずいたけれど、さすがにスーパーの買い物袋を下げつつ電車の長旅は嫌だなと思って諦めた。
JAふらのタマネギドレッシングが美味しそうだったのでひとつ買って帰った。

d0117900_14362568.jpg
d0117900_14365060.jpg
今日いちにち盛りだくさんだったなぁ。


札幌についたのは21時47分。
車窓からテレビ塔が見えた時に、帰ってきた!とほっとした気分になった。
この頃、道内各地から帰ってきて、札幌の街が見えた時に、帰ってきたなぁ、とほっとする自分がいる。


blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2007-07-31 00:11 | 富良野&美瑛&旭川&大雪山
車内限定発売チョロQ・富良野・美瑛ノロッコ号(7/31 その9)
d0117900_94862.jpg
ノロッコ号車内限定発売のチョロQ。1000円。
夫へのおみやげに購入。
結構リアルに出来ていて可愛い。
多分、私が男なら集めてしまう部類に入ると思う。


blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2007-07-31 00:09 | 富良野&美瑛&旭川&大雪山
ノロッコ号で美瑛に向かう(7/31 その8)
14時33分の上富良野発・美瑛行きのノロッコ号に乗る。
ソフトクリームを舐めながら 駅の待ち合い室で待っていたところ、ゾロゾロとツアー団体客が到着した。
どうやら団体さんも自由席らしく私たちより早く改札を済ませて、もう駅のホームに並び始めている。
私も自由席のつもりだったけれど、多分もう座れないだろうと思い
慌てて駅員さんに指定席の空きを確認したところ
残り一つだったので、指定席代の300円を払って指定席を確保した。
ついでにJRの乗客専用の観光ポイントを巡るツインクルバス(事前予約制で駅の窓口でも予約可能)で
美瑛の丘のポイントも回るのもいいなあと思って空きを確認したけど、残念ながら満席だった。

d0117900_8321278.jpg
本日2回目のノロッコ号。
d0117900_8382581.jpg
指定席は1号車のみ。左側にある窓側を向いた席は指定席車両のみ。
私の席はどこ?とウロウロしたところ、3人掛け席の通路側だった・・・。
これなら、自由席のほうが良かったなぁ・・・。
d0117900_84211.jpg
目の前はこれが。今の季節はもちろん使っていない。
ノロッコ号は富良野以外にも冬に知床斜里ー網走間をオホーツク海の流氷を眺めながら走る所がある。
d0117900_8501919.jpg
車内にはノロッコレディがいて、ポイントが見えると「皆さま、右に見えますのは・・」と説明してくれる。
上富良野から美瑛に向かう時は、右側のほうが見どころがあるので進行方向、右に座るべし。
見どころポイントはスピードも落としてくれる。
私の席からは、美馬牛小学校のとんがり屋根は立ち上がって振り返ったけど、見えなかった。
窓側の隣の夫婦も「うちらからの席じゃ見えないよなー」と言ってた。
美瑛に着くまで、一度も顔を上げずにかじりつくようにしてゲームの攻略本を読んでいる小学生がいた。
何しに来たんだ?!


景色を楽しんでいるうちに15時03分、美瑛に着く。
一度駅の改札に向かったものの、サイクリングする気にもなれず
新しい景色をあれこれと自分一人で求めるよりも、
一ヶ所くらいは、先週に夫と来た景色の記憶のままで残しておくのもいいかなぁと思い
ホームに戻りかけたところ、ノロッコ号の発車のアナウンスが流れているので慌てて乗り込む。
15時08分発、5分の停車時間で富良野へ引き返すらしく、乗り損なうところだった。

また景色ポイント側の席(今度は進行方向、左)は既に満席で座れなかった。
仕方ないので、右側の窓側に座る。


d0117900_9154219.jpg
ノロッコレディのアナウンス「車内限定発売のビールもございます・・・」を耳ざとくキャッチ。
d0117900_919151.jpg
窓から入ってくる風は気持ち良いし、こんな景色を眺めながら飲むビールは最高♪
d0117900_9231118.jpg
車窓からファーム富田の丘も見える。また来るからね。


blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2007-07-31 00:08 | 富良野&美瑛&旭川&大雪山
ラベンダーと噴煙あげる十勝岳@日の出山公園・上富良野(7/31 その7)
陽射しが強烈でじりじりと暑い。
とは言っても、あくまで陽射しのせいで暑いだけで、木陰に入ればすうっと涼しいし、屋内は冷房はいらない。
北海道に来てから暑くてこれほど汗をかいたのは今日が初めてで、今までほとんど暑いと思った事もなかった。
7/25に真夏日を記録したらしいけど、その日は大通を歩いていて、
ちょっと陽が暑いなぁ、カーディガンを脱ぐかとノースリーブを楽しんだ程度だった。
おまけに夕方はさっさと涼しくなってしまったし。
7月、8月になっても信じられない事に夜は窓を閉めないと寒いし、
おまけに長袖のパジャマで平気だし、更に上にかける物がないとスースーする。
クーラーのタイマーをかけて寝たけど、明け方は蒸し暑さに目が覚めるという寝苦しい夜はこっちには無縁。

私とは逆で、北海道出身の人が東京とかに行ったら、夏の暑さに耐えられないんじゃないかな。
なんて事を汗ダラダラかきながら駅から歩くこと15分程度で日の出山公園に辿り着く。
d0117900_1613515.jpg
小高い丘の上にあって、周囲360℃見渡す事が出来る。
上まで徒歩で登っていくんだけど、ずっと歩きっぱなし&汗ダクダクで疲れた。
ここ上富良野町は日本で初めてラベンダーが植えられた町らしい。
d0117900_16542913.jpg
右に写っている鐘は「愛の鐘」らしい。
名前に相応しく若いカップルが一緒に鳴らしていた。
ひゅーひゅーと心の中で祝福してあげた。

d0117900_1721087.jpg
ラベンダーの丘の後ろ側、こんな近くに十勝岳連峰がせまっている。
その中の十勝岳は活火山で、今でも噴煙をあげている。
d0117900_1792436.jpg
ほら、あれが噴火口だよ、と教えてくれる人もいないし
確信がもてないんだけど、多分すり鉢状の所から2カ所噴煙が上がっていると思う。
フラノという地名はアイヌ語のフラ・ヌ・イ(臭いのするところ・或いは臭い川)で、
「フラhura」は「臭い」という意味らしい。
この十勝岳連峰からの流れてくる硫黄臭のする川を指しているらしいとの事。
絶景の温泉があるらしいので、今度行ってみようと思う。

d0117900_17224617.jpg
次の電車まで1時間あるけど、ゆっくり駅に向かう事にする。
下に黄色の四角い一帯が見えて気になったので、そこを目がけて降りてみる事にする。
d0117900_17481346.jpg
ひまわりだった!
札があったので見てみると、何と、H20年度の秋小麦の為の緑肥で8/30がすき込み予定日、となっていた。
観賞のためのひまわりじゃないんだねぇ。

d0117900_18281463.jpg

歩いてきた道を振替えると・・・。

blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2007-07-31 00:07 | 富良野&美瑛&旭川&大雪山
ラベンダー駅からノロッコ号に乗って(7/31 その6)
12時14分発のノロッコ号に乗る為にラベンダー駅に向かう。
ファーム富田から歩いて7分の所に作られた期間限定の駅でノロッコ号しか停まらない。
d0117900_15294434.jpg
線路は続くよ、どこまでも♪
d0117900_15302384.jpg
反対側も負けずにまっすぐ。
d0117900_1530546.jpg
駅のホームから見える十勝岳連峰。山が見えるのが嬉しくて何度も撮ってしまう。

d0117900_15311620.jpg
d0117900_15312810.jpg
ノロッコ号が到着。自由席なら一日散歩きっぷで乗れる。
ここは自由席。
d0117900_15322058.jpg
わずか一駅乗っただけで、次の目的地の上富良野駅で降りる。
どこに行こうか迷ったけど
歩いていける範囲という事と行った事がない所、という事で日の出公園に行く事にする。


blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2007-07-31 00:06 | 富良野&美瑛&旭川&大雪山
ラベンダー畑から十勝岳連峰を眺める@ファーム富田(7/31 その5)
d0117900_22274674.jpg
d0117900_2228827.jpg
地上に虹が広がってます。

d0117900_95467.jpg
来た甲斐があった。


blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2007-07-31 00:05 | 富良野&美瑛&旭川&大雪山
10日ぶりのファーム富田(7/31 その4)
7/21に訪れたファーム富田を再訪問。
まさにこの青空を求めていた。
彩りの畑は一番左側のピンクの花が満開になっていたけれど、色褪せ始めている花もあった。
ラベンダーも大部分がくすんだ色合いになってきていた。
d0117900_20181795.jpg
ラベンダーもこの写真に入っているところまでは植えてあったけれど、そこから先の大部分は刈り取られた後だった。
d0117900_20222455.jpg
d0117900_2026096.jpg
10日前のほうが黄色い花はきれいだった。
d0117900_2027497.jpg
右のラベンダーのように刈り取られてしまっている。
d0117900_20314361.jpg
ここも花びらがしおれつつあった。
d0117900_20385018.jpg
残念ながら、あの美しかった姫金魚草はほとんど終わっていた。
永遠ではないからこそ、美しいのか。
d0117900_2041677.jpg
7/21に行った時のファーム富田の様子はこちらをどうぞ。


blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2007-07-31 00:04 | 富良野&美瑛&旭川&大雪山
太陽の花@中富良野(7/31 その3)
d0117900_200062.jpg
やっぱり向日葵は、青空が似合う。


blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2007-07-31 00:03 | 富良野&美瑛&旭川&大雪山
リフトに乗ってラベンダーの丘のてっぺんへ。@中富良野町営ラベンダー園(7/31 その2)
中富良野駅から歩いて15分程度で町営ラベンダー園に着く。
d0117900_1916405.jpg
冬はスキー場、夏はラベンダー園になるこの場所はてっぺんまでリフトに乗っていく。
d0117900_19205046.jpg
ファーム富田の彩りの畑にも負けない鮮やかさ。
d0117900_19244745.jpg
てっぺんからの眺め。やっほほっほっほー!(やっほーの最上級形)
d0117900_19285880.jpg
皆さま、あちらに見えますのは十勝岳連峰でございます。
d0117900_19302796.jpg
d0117900_19465028.jpg
お馴染の蜂に加えて、トンボもたくさん飛んでいた。
まさに説明書ひっぱりだして、悪戦苦闘しながら撮った。
d0117900_19523370.jpg
行きはヨイヨイ、帰りはこわい、じゃなくて、帰りはもっと良い。



blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2007-07-31 00:02 | 富良野&美瑛&旭川&大雪山
一日散歩きっぷで出かける富良野&美瑛(7/31その1)
普通は土日祝しか発売されない一日散歩きっぷが、
7月半ばから8/12までの平日も発売される、という事をおととい知った。
じゃあ早速、富良野と美瑛にもう一度行こう!と思い立ったはものの
平日なので当然夫は仕事で、自分一人で遊んでばかりで申し訳ないしー、
一人で色々見て回ってもつまらないかもーという思いがあったけど
朝5時に起きてみると、雲ひとつない青空。
今の時期見ておかないと、また一年待たないといけないしね、と一人納得し、とっとと出発。
ゲンキンな妻だった。ごめんよ、夫。行ってきまーす!


6時02分札幌発旭川行きで出発した後、7時58分滝川に着き、根室本線快速 富良野行きに乗り込む。
しかし「根室」本線という名前にびびる。
根室って確か一番東のほうにあるんだったよね?どういう路線図なのか・・・。
d0117900_18135838.jpg
9時08分、無事、富良野に着く。
初めての一眼レフ(CANONのEOSを父から格安で買い取ったものの放置してた。)
を首から下げ、ひとり黙々と電車を撮る私。新しい自分に乾杯。
しかしカメラの操作方法が全く判らず(シャッターボタンさえ判らなかった)説明書片手に悪戦苦闘。
しかも説明書を読み飛ばしていたので
『ピントがあうと、AFフレーム内の<・>が一瞬赤く光り、ピピッと電子音が鳴り、
ファインダー内右下に合焦マークが点灯します』
という一節に気づいたのは帰りの電車の中だった。
そんな点灯&音は記憶にない・・・。猛烈に嫌な予感がした。
d0117900_18355090.jpg
へそ人形がお出迎え。知らなかったけど富良野は北海道の中心(ヘソ)という意味らしい。


最初の目的地である中富良野行きは10時02分発。
一時間程、郵便局に行ったり観光案内所を覗いたりして時間を潰す。
駅近くには「北の国から資料館」もあったけど有料だったので、やめた。ドラマも余り知らないし。。。

d0117900_18434554.jpg
やってきた電車、富良野本線旭川行きに乗ってまもなくこの展望。
このうえなく期待が高まる。

d0117900_18452242.jpg
乗ってきた電車を見送る。あぁもう気分は「世界の車窓から」。
d0117900_1849945.jpg
さて駅を後にして、歩いて行ける町営ラベンダー園へ。


blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2007-07-31 00:00 | 富良野&美瑛&旭川&大雪山