初めて見るもの、食べるもの、北海道生活は驚きの連続です→札幌生活も6年になりました。北海道の花に魅せられて花追人に変身中。
by fafaccio-Hokkaido
タグ
(290)
(280)
(179)
(135)
(105)
(85)
(81)
(80)
(77)
(62)
(36)
(24)
(24)
(21)
(17)
(16)
(7)
(6)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
★札幌市内
 ├近所&自宅での出来事
 ├琴似発寒川
 ├大通・札幌駅・すすきの
 ├円山・藻岩山・大倉山
 ├公園&花の名所
 ├美術館
 ├定山渓・豊平峡
札幌近郊圏(北広島・恵庭)
小樽&仁木&積丹
石狩
千歳・支笏湖・苫小牧・白老
室蘭・登別・洞爺湖
ニセコエリア
空知エリア
富良野&美瑛&旭川&大雪山
増毛・留萌エリア
日高エリア
十勝エリア
道東エリア(釧路・阿寒)
オホーツクエリア
知床エリア
道北(宗谷)エリア
道南
2006フランス
2007チェコ
2009イタリア
2009ニューヨーク
2011ソウル
2011京都
帰省編
*自己紹介


北海道ガーデン
を旅する


札幌・近郊
ぶらりhanaめぐり


北海道生活


鉄道で旅する北海道


*以前のブログ

*海外旅行編

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ




以前の記事
2013年 05月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 10月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧
夏よ、さようなら
d0117900_194653.jpg
今日で8月もいよいよ終わり。
小学生の頃の私は、今ごろ泣く泣く夏休みの宿題をやっているはずだ。
(たいてい、何かのポスター制作を前日にやる羽目になった。毎年懲りずに。)

朝晩の空気もひんやりと涼しくなって、もう、夏の浮かれたざわめきはどこにもない。
夏よ、さようなら。そして、ありがとう。
また、来年会いましょう。


blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2007-08-31 00:00 |  ├近所&自宅での出来事
時計台の鐘の音
d0117900_0584226.jpg
札幌に住んでから、数え切れない程、時計台の前を通ったけど、
一度も写真を撮っていない事に気づいた。
もちろん、以前に観光客として札幌に来た時は、あの台の上に登って下から見上げるように写真を撮ってもらった。
事前に、三大ガッカリの一つなんて言われているのを知っていたので、
初めて見た時も、感激もガッカリもせずに、ふーんこれがそうか、という程度で眺めていた。

札幌に引越してきてまもなく、どこに貼ってあったか忘れたけど札幌市民憲章というのを読んだ。
そこには「わたしたちは、時計台の鐘がなる札幌の市民です」という最初の一文があった。
今まで住んでいたところの憲章なんて知らなかったけど、
札幌のそれは、短く簡潔で「時計台の鐘がなる」なんて情緒があって良いなぁと好感を持った。
その「市民」の中に私たち夫婦も入ったばっかりだなぁとも感じていた。

札幌に来てから、2.3ヶ月勤務した場所は、時計台から割と近く、毎時、時計台の鐘の音が聞こえてきた。
とっても暇な部署だったので、鐘の音が聞こえてくると目を瞑って、今、何時なのか確かめるように数を数えた。
その鐘の音は、まるでイタリアの鐘の音のように思えた。(何でもかんでもイタリア。。。)
目を閉じて聞くと、塔の向いにあるホテルの窓から眺めたヴェローナの真夜中の風景を思い出し、
練習の合間に鐘が聞こえてきたレニャーノを思い出し
夕焼け色に染まるフィレンツェの街並みと鐘の音を思い出し
ひたすらせっせと、私の想像力と記憶をフル回転させて、ウットリとした。
鐘が鳴り終わって、目を開けると、窓の外には呆れるほどの雪がひっきりなしに降っているのが見える。
この頃の札幌生活の中で一番心安らぐ時は、鐘の音を聞いている時だったかもしれない。


鐘の音はここのサイトで聞けます。

blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2007-08-30 00:00 |  ├大通・札幌駅・すすきの
皆既月食@札幌・我が家のベランダから
朝、父から「今日は皆既月食だよ。三脚とか知識がちょっとないと難しいけど撮ってみれば。」とメールが来た。
父に電話でどうすれば撮れるのか聞いたら「シャッタースピードがどうこう」言われたけど理解できず。
まぁいいや、と夕方、川原に行き17-85mmの一眼レフと70-300mmのレンズで
少しずつ望遠にして、画角の違いを試して遊んだ後、
そのまま、ちょっと遠いジャスコへ買い物に行く。
雑誌を立ち読みしたり、買い物をしたりして、ふと気づくと、外が暗くなりはじめている。
慌てて外に出ると、もう既に月がほそーく赤みを帯びて浮かんでいる。
このままどっかで撮ろうかと思ったけど、買い物袋には冷凍と刺し身が・・・。
必死になって、自転車を漕いでいる間にも月はどんどん痩せていく。

ようやく家に着き、冷蔵庫と冷凍庫にそれぞれぶち込み、我が家のベランダに直行。
三脚がないのでベランダの桟にどっしりとしたビーズクッションを載せて撮った。
周りを洗濯物に囲まれ、家の電気を消し、息を潜めて撮る様はゴルゴ気分。
d0117900_1950931.jpg
19:14
d0117900_23153113.jpg
19:21
d0117900_2323370.jpg
19:38
d0117900_23235390.jpg
19:43
d0117900_23275250.jpg
20:01
d0117900_233258.jpg
20:17
d0117900_2333936.jpg
20:19
d0117900_2335868.jpg
20:22

d0117900_23432852.jpg
20:28

d0117900_2344981.jpg
20:32

父は中、高と部活が天文気象部で(私から見ればオタクだなぁと思った)
私もそんな父に連れられて、伊豆にハレー彗星を見に行ったり、
獅子座流星群だの何かと見に行った。
大抵、夜の22時頃に家を出て、赤城山の麓などまで車を走らせる。
その間、私たち子供は後ろで横になって(シートを倒して平面にして布団を敷いて)ぐぅぐぅ寝ている。
他の車も来ないような暗い場所に着くと、車を停めて、父はご自慢の天体望遠鏡をセットする。
ほら、着いたぞ、の声で起こされて、眠い目をこすりつつ望遠鏡を覗いたもんだ。
そんな懐かしい思い出に浸っていたけど、ご飯も研いでいない事に気づき現実に返った。


色・明るさに関しては無修正。
札幌の街灯はオレンジ色が多いせいか、雲もオレンジ色ぎみだった。

blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2007-08-28 19:48 |  ├近所&自宅での出来事
豚に真珠・猫に小判
実家の父から荷物が届いた。
開けてみると、そこにはKiss N とレンズが2本と
リコー(caplio GX)のデジカメとそれにくっつけるレンズ(ワイドコンバージョンレンズ)が入ってた。
パパ、ありがとう!

そして、先日はお義父さんからもCanonのEF100-300mmのレンズを頂いた。
という事で、突如カメラとレンズだらけになった。

何があるのかすら把握していないので書き出してみる。

ソニーCyber-shot(今まで使っていたヤツ)
リコー(caplio GX)+ワイドコンバージョンレンズ。
EOS KissとKiss Nが各1台。これからはNを私が使おうっと。
・Canon EFS18-55mm
・SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG
・SIGMA 18-125mm F3.5-5.6 DC
・Canon EFS 17-85mm
・Canon EF100-300mm


明日、どっか行って撮ってみようと思ったけど、どのレンズを持っていけば良いのか・・・。
・・・・。これらレンズの役割・機能すらわからん私。
ヘルプッ!!

 Canonのサイトを見てみよう。

なるほど、数字が小さい方が広角で、大きい方が望遠なのね。
その前にレンズの交換の仕方から勉強しなくては・・・・・。
それと保管場所、どこにしよう・・・。

[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2007-08-27 00:00 |  ├近所&自宅での出来事
秋桜と赤とんぼ @百合が原公園
d0117900_2012980.jpg

d0117900_20132178.jpg
秋桜はちょっとした風でも、すぐなびいてしまうので撮るのが難しかった。

blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2007-08-26 00:00 |  ├公園&花の名所
色とりどりの絨毯@百合が原公園
d0117900_21351243.jpg
ヒースも見頃を迎えていた。
d0117900_2136128.jpg
d0117900_2139386.jpg
しゃがんでじーっと見つめていると、海の底で咲いているサンゴのように見えた。


blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2007-08-25 00:00 |  ├公園&花の名所
ダリアが満開です。@百合が原公園
今まで使っていたデジカメの画面に油染みのようなボンヤリした影が写るようになった。
とは、言っても実は数ヶ月前から気づいていたのだけど、まぁいいかと見て見ぬフリをしていた。
先日、修理にどのくらいかかるか聞いたところ、15000円から27000円程度すると言われた。
新しいデジカメが一台買えてしまう。何てこった!
それなら、せっかくあるデジカメ一眼レフを使おうと思い立った。とは言っても全自動モードで。
ところが、花など撮ろうかとクローズアップモードを選択すると、暗い場合、否応なしにフラッシュが焚いてしまう。

フラッシュなしで接写したい!

説明書を見る。「絞り数値を決めて撮る。」 絞り?!何を絞るの?露出ってナニ?
  もう説明書の言葉自体が判らない。何の設定が必要かすら見当もつかない。
パタ、閉じる。ダメだ。 サヨナラ。

1週間放置したまま過ぎたけど、これじゃいかん!と思い本屋に行って、入門書を買ってきた。
ぱらぱらめくったけど全く頭に入っていかない。
やっぱり撮ってナンボだ、どこで撮ろうかと考えた結果、百合が原公園に行ってきた。
新しく買ったリュックを背負って。(中学校の遠足以来のリュックだと思う。)

百合が原に着いてから説明書&入門書と首っ引きで格闘。 時々、途方に暮れる。
思ったような操作が出来ず(私が説明を読み取れてなかっただけだった)
「このカメラおかしいんじゃないの?!」と一人で悪態をつきまくる。
1時間程度で帰ろうと思っていたけど、気づいたら3時間が経過していた・・・・。 そして半袖焼けもしっかり。

d0117900_0205455.jpg
ただの一重の花びらではなくて、何て凝ったつくり!風車みたい。
d0117900_023659.jpg
裏側まで美しいとは。
d0117900_024751.jpg
d0117900_0244831.jpg
菊のようだと思ったら、ダリアは菊科の植物だった。
d0117900_0253767.jpg
d0117900_026995.jpg
コスモスみたい。
d0117900_0263398.jpg
かと思えば、こんな真ん丸のぽんぽん系も。精巧すぎて人工物のように見えてしまう。
d0117900_0272921.jpg
お馴染のリリートレイン。もう百合は全体に終わっていて、2.3種類の百合しか咲いていなかった。


blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2007-08-24 00:00 |  ├公園&花の名所
アリとキリギリス
d0117900_19331320.jpg
この春から夏は自分でも色々な所に出掛けたりして、良く遊んだと思う。
こんなにお気楽に遊んだのは幼稚園以来だ。 (冗談じゃなくて。)
それに比べて去年の夏はどこにも遊びに行けず、仕事の行き帰りの焼けつくような暑さだけが記憶に残っている。
去年は6月下旬に結婚&新居に引越、平日は仕事に残業、休みの日に荷物を紐解いて
ようやく落ち着いた、と思った矢先に札幌転勤の話が持ち上がり、
せっかく片付けた荷物を泣く泣く再度、段ボールに詰め直すという日々だった。

札幌に来た時は秋の真っ只中だったけど、周りを楽しむ余裕は全くなく
何とか引越し荷物も片付いたと思った時には、もう秋は終わり冬が始まっていた。
そこからが、本当に長かった事!!
歩く事もままならぬ日々。心も雪に閉じこめられながら、雪と札幌を呪った。

あの灰色のながーいながーい冬、というイメージが強すぎるせいか
外で遊べるうちに遊んでもう充分!と思う位、楽しまないと、あの長い冬は乗り切れない!という思いから
キリギリスのように遊び呆け、アリのようにせっせと勤勉に働いて 遊んで冬に備えている。
これが私のアリとキリギリスのお話。教訓:特になし。

でも、今年の秋と冬は色々楽しもうと思う。まずは来月に紅葉を見に行こうと計画中。


7/17 百合が原公園にて撮影

blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2007-08-23 00:00 |  ├近所&自宅での出来事
街中の憩いの場@中島公園
9月に催されるソプラノリサイタルのチケットを買う為、kitaraに初めて行ってきた。
場所を調べたところ、すすきのの先にある中島公園内にある事がわかった。
すすきのからも歩ける距離だと思うけど、初めて行く場所なので最寄り駅の中島公園駅まで地下鉄で行った。
d0117900_20322045.jpg
向こうに見える山は藻岩山。
その手間にあるドーム状の建物がkitara

d0117900_20381143.jpg
これがコンサートホールのkitara。
d0117900_2042478.jpg
お盆過ぎたら朝晩寒くなる、と聞いていたけどそんな事はない。
今日の日中は27℃くらいで、ノースリーブで過ごす事が出来、快適だった。
でも既に秋の気配が・・・・。

d0117900_20472948.jpg
やたら鴨に囲まれているなぁと思ったら、餌を撒いているからだった。
今度、私もやってみたい。
d0117900_20485322.jpg
公園の出口の所から風景。
すすきの一帯があって、右側に三越が見える。
という事は、あの辺りが大通りで、突き当たりは札幌駅。
ここからてくてく歩くと、中島公園→すすきの→ 大通公園→札幌駅まで一直線で辿り着く。地図を見たけど約2.5km。
まっすぐな道はさすが札幌だと思った。

あと、今日初めて気づいたのだけど信号機が縦型なのだ。どこを見ても。
恐らく雪が積もりづらいからだと思う。運転しないから気づかなかった。


blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2007-08-21 00:00 |  ├公園&花の名所
深夜に自家製・ブルーベリー酒を仕込む
ブルーベリー摘みに行った日の夜は、疲れてすぐ寝てしまったので
翌日中にブルーベリー酒作りに取りかからなくてはいけない。
夕食を食べ終わった後、ようやく重い腰をあげた。

d0117900_1433147.jpg
ザルに入れて水に浸し、何度か水を取り換えた後、水切りをする。

その後がかなり面倒かつ地味な作業。
果実に傷があったり、水気が残ったままだと腐ったり濁ったりする原因になるので
一つ一つチェックをして、拭いていく、という作業なんだけど
1kg分のブルーベリーは結構数が多くて、ご丁寧に一つ一つ拭いていたら夜が明けてしまう。
でも乱暴に扱うとすぐ皮が破れてしまって使い物にならなくなっちゃう。
試行錯誤した結果、数枚の布巾を広げてそこに実を転がし乾かした後
2.3粒ずつ手に取り優しく拭いていく、というのが一番良いという事になった。


数年前、夫と付き合いだした年にひょんな事から梅酒を作ったところ、美味しく出来上がった事に味をしめ
(二人とも凝り性なもので)本を2.3冊買い込み
せっせと杏酒、キウイ酒、アメリカンチェリー酒など数々を作ったり、
梅酒でもホワイトリカーだけでなく、泡盛やブランデーなどで作ってみたり、
氷砂糖じゃなくて、黒砂糖で作ってみたり、と
自分達でも何を作ったか把握できない程の数を作ってしまった。

引越しの際は酒の瓶がやたら多い&割れ物&形が不揃いで段ボールに入れても重ねられない上にかなり重くて
引越し屋さん、ホントすみません・・・という思いでいっぱいになった。


やっとの思いで拭き終わった後は、氷砂糖、ブルーベリーをそれぞれ測ってビンに入れておしまい。

d0117900_1451138.jpg
一晩あけた瓶の様子。
ブルーベリーからきれいな色が滲み出ている!
赤い蓋の瓶はホワイトリカーで作って、隣の瓶はホワイトラムで作ってみました。

4ヶ月たったら、実を取り除いて出来上がり! 年末頃には飲めるんだな。楽しみ♪
我が家に遊びに来たら、是非ブルーベリー酒をどうぞ。
写真には写っていないけど、プルーン酒も二瓶仕込んで、そちらは半年後、楽しめます。
遊びに来てね!


blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2007-08-19 00:00 |  ├近所&自宅での出来事