初めて見るもの、食べるもの、北海道生活は驚きの連続です→札幌生活も6年になりました。北海道の花に魅せられて花追人に変身中。
by fafaccio-Hokkaido
タグ
(290)
(280)
(179)
(135)
(105)
(85)
(81)
(80)
(77)
(62)
(36)
(24)
(24)
(21)
(17)
(16)
(7)
(6)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
★札幌市内
 ├近所&自宅での出来事
 ├琴似発寒川
 ├大通・札幌駅・すすきの
 ├円山・藻岩山・大倉山
 ├公園&花の名所
 ├美術館
 ├定山渓・豊平峡
札幌近郊圏(北広島・恵庭)
小樽&仁木&積丹
石狩
千歳・支笏湖・苫小牧・白老
室蘭・登別・洞爺湖
ニセコエリア
空知エリア
富良野&美瑛&旭川&大雪山
増毛・留萌エリア
日高エリア
十勝エリア
道東エリア(釧路・阿寒)
オホーツクエリア
知床エリア
道北(宗谷)エリア
道南
2006フランス
2007チェコ
2009イタリア
2009ニューヨーク
2011ソウル
2011京都
帰省編
*自己紹介


北海道ガーデン
を旅する


札幌・近郊
ぶらりhanaめぐり


北海道生活


鉄道で旅する北海道


*以前のブログ

*海外旅行編

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ




以前の記事
2013年 05月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 10月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧
散歩道の花 あれこれ
これだけの花が自宅から歩いて10分以内の範囲に一斉に咲いているんだから凄いでしょう!
ここには載せてないけど、まだまだチューリップも咲いているしライラックも色褪せ始めてきたけれどまだ咲いている。
雪しかなかった冬の景色が幻に思えるほど、色鮮やかだ。
最初、引越してきた時にはあまりお店もないし、もっと中心部に住めば良かったかなぁと思ったんだけど今はここに住んで良かったと思っている。
d0117900_22535914.jpg
d0117900_22543691.jpg
d0117900_22545717.jpg
クレマチスも咲き始めた。
d0117900_22564425.jpg
d0117900_22565924.jpg
d0117900_22573573.jpg
ここのお宅は道路に面したスペースに花が溢れていた。
d0117900_22583116.jpg
あやめも咲き始めた。
d0117900_22591963.jpg
紫の花びらをさわってみたら、ひんやりたるたるしていて何だかおばあさんの二の腕を思い出した・・・。
d0117900_2301624.jpg
ルピナス
d0117900_2311362.jpg
d0117900_2313759.jpg
藤も見頃。
d0117900_232829.jpg
この花は何?
d0117900_2325350.jpg
d0117900_2331843.jpg
子供の顔くらいの大きさもある芍薬の花
d0117900_2335864.jpg
d0117900_234162.jpg
d0117900_2343645.jpg
d0117900_2345324.jpg
d0117900_2354893.jpg




blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2008-05-30 00:00 |  ├近所&自宅での出来事
白い恋人パークへソフトクリームを食べに行こう
近所の花を撮っているうちに何か冷たいものを食べたくなってきた。
そうだ!このまま白い恋人パークに行ってソフトクリームを食べよう♪とそのまま散歩がてら向かった。

d0117900_21395675.jpg
ここは夏、バラがきれいだったけど今の季節はパンジーとチューリップでいっぱいだった。
d0117900_21411973.jpg
山が近い!
d0117900_21413850.jpg
d0117900_2142173.jpg
お目当てのソフトクリームにありつく。
バニラのソフトクリームが好きなのに、注文する直前で
「白い恋人っていったらチョコだよなぁ。」と思い込み、人生で1.2回しか食べた事がないミックスを選択。
美味しかったけど、途中でチョコ味に飽きてしまい・・・。
(私がチョコレート自体余り好きでない為、そう感じてしまっただけで美味しいソフトクリームです。)
夕張メロンソフトも美味しそうだったし、今度は基本に戻ってバニラソフトを食べに来ようっと。
d0117900_21494453.jpg
ベンチに座ってソフトを堪能している間に毎正時行われるからくり人形のショーが始まった。
d0117900_2153869.jpg
ワンコも音楽にあわせて・・・・
d0117900_21534950.jpg
このとおり、ワンワン♪
ちなみに後ろの子豚君たちも、ピョコピョコ頭を覗かせて可愛い。
d0117900_21552893.jpg
園内にはこんな可愛らしいおうちが10軒くらい建っている。
d0117900_21561152.jpg
各おうちのドアの高さはちょうど幼稚園生くらいの身長の子供が入れるくらいになっていて、実際中に入る事もできる。
お母さんと遊びに来ていた女の子が一軒、一軒、楽しそうにドアを開けて入っていた。
いいなぁ、わたしも小さい頃、近所にこんなところがあったら喜んで遊んだだろうに。
d0117900_21595450.jpg
トイレに行くため建物の中に入ったらこんな作りになっていた。
d0117900_2211198.jpg
お土産コーナーもあるよ。
白いロールケーキが気になったけど、既にソフトクリームで甘いものはもういいやという気分になってしまっていたので買わなかった。

d0117900_0424192.jpg



blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2008-05-29 00:00 |  ├近所&自宅での出来事
散歩道の花・ツツジ・サツキ編
今日は朝から文句無しの青空。
昨日から今日にかけて洋裁に取りかかっていて、今日もその続きをするはずだったけど、どこかにお出かけしたい!とウズウズしてきた。
滝野すずらん公園のチューリップが見頃らしいけど、ちょっと遠過ぎる。億劫だ。
目的はないけれど、とりあえずカメラと財布を持って近所をブラブラする事にした。

近所の花、といっても馬鹿にしてはいけない。犬も歩けば、じゃないけれど一歩進むごとに色鮮やかな花に出会う。
とりあえずカメラに納めようと撮っているうちにかなりの枚数を費やした。

d0117900_1818495.jpg
ツツジがサツキなのかわからないけど、色のバリエーションがこんなに豊富だ。
d0117900_18241383.jpg
一番左が淡い黄色で、オレンジが混ざったり、上の花弁だけ模様があったり・・・。
d0117900_1832784.jpg
右側の花は葉っぱだけ見るとツツジとは思えないんだけど、花を見るとツツジだと思う。
そもそもツツジとサツキの違いって何だ??
d0117900_18364334.jpg
個人的には左側のツツジが一番好き。
d0117900_18404182.jpg
右側は目がチカチカするくらいの鮮やかな赤。イメージとしてはカルメン。
左側はまるでねぎ坊主みたいな咲き方。


まだまだ他の花もあるけど、ひとまず終わり。

blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2008-05-28 00:00 |  ├近所&自宅での出来事
ウールのセーターが手放せない
ここ数日天気もはっきりせず、とにかく寒い。風も強いので一層寒く感じる。
自宅にいる時は厚手のババシャツ(衣替えはしたけど、心もとなくてババシャツは仕舞わなかった)に
目のつまったウールのセーター。(これも一枚だけ残しておいた)
冬と全く同じ格好をしている。
こんな格好をしていても何だかスースーと寒いので、耐えられなくて夕方から暖房をつけた。
お使いに出た時は、その上からキルティングのライナー付の上着を羽織る。
ライナーを未だに外せなくて、先日それを見た職場の人に「まだこんな暖かそうなライナーを付けているの?」と笑われた。。
(でもこの人は3月の時点でライナー無しの薄い一枚仕立のコットンジャケットだけで通勤してきた強者なのでレベルが違う。)

そういえばお使いに出た時見かけた、女の子の格好にはびっくり。
こっちはババシャツ+セーター+ライナー付の上着なのに、うすーいコットンの七部袖のブラウス一枚!
一日中風も強くて、ぐずついた天気だったのに・・・・。
でもこっちの人は寒さには強いけど暑さには弱いのは本当だ。
22℃とか23℃で「今日はぽかぽか暖かいなぁ」と思っていると、同僚達は皆「暑い〜、暑い〜。」と騒いでいる。

夜、ニュースの冒頭で「今日は暑かったですねぇ 。」と言っているのを聞いて、もう五月も終わりなのかー、と我に返った。
体の感覚だけだと、まだ三月頃(東京の)を過ごしているような気になってしまう。

[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2008-05-27 00:00 |  ├近所&自宅での出来事
新緑
d0117900_8292390.jpg
遠くから見た時、まだらで何か咲いているのかと思って近寄ってみたら新緑だった。

触ってみたら、 古くからの葉はチクチクと筋張っていて硬いのに新緑はサラダにできそうなくらい柔らかだった。

d0117900_8303240.jpg

先っぽについている茶色の皮に包まれていたらしい。
簡単に外れるかと思ったら意外としぶとくくっついていて外れなかった。


blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2008-05-22 00:00 |  ├近所&自宅での出来事
雨のおかげで・・・・。
朝の9時を回った頃からひどい雨だった。
おまけに風もすごくて家の中にいてもビュービューと音が聞こえるし、目の前のアパートのアンテナが激しく揺れている。
雨が小ぶりになったのを見計らって買い物に行こうと思い、午前中から外を伺っていたけど、全く止む事がない。

夕方になっても雨は止む事がなさそうなので、仕方なしに冬以来の長靴を履いて、両手の自由が効くようにリュックを背負う、
という決死のスタイルでスーパーに行った。

スーパーに着くと普段なら夕飯の買い出しで人が混みあっている時間なのに、ガラガラだ。
魚のコーナーに行って驚いた。ほとんど全品が半額なのだ!
おかげで選択の幅がありすぎて魚売り場の前で、あーでもない、こーでもないと迷いに迷ってかなりの時間を費やしてしまった。

結局甘エビを山ほど食べたい、という心の声に従い2パック買った。(1パック100円程度)

帰宅して甘エビの殻を剥く為にザルにあけたら山盛りだった。
半分ほど剥いたところで、ちまちまと殻を剥く事にウンザリしてしまい、殻ごと食べようと素揚げする事にした。
殻を剥く手間が省けるという魂胆で揚げ始めたのに、水分をしっかりと取らなかったせいではねる事、はねる事!
ガス台の回りは大惨事になってしまい後片づけに苦労するはめに・・・。
でも素揚げも刺し身も美味しかったので良いこととしよう。


blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2008-05-21 00:00 |  ├近所&自宅での出来事
ナポレオンの鼻の穴ー札幌芸術の森
札幌芸術の森で行われている「イタリア美術とナポレオン展」が25日までなので、行ってきた。
札幌芸術の森は地下鉄真駒内駅から更にバスに乗ったところにあって、我が家からはやや遠いので行くのが億劫だけど、
えいっと気合いを入れて出かけてみれば、まさに森の中にある素敵なところだ。
d0117900_8183347.jpg
何だか北欧にいるような気分だ。(行ったことないけど)
広大な敷地内には美術館だけではなく工芸館や複数の工房、更に長期滞在可能なアトリエまである!
今回は立ち寄らなかったけれど野外美術館もあって緑の中で彫刻観賞もできる。(野外美術館は舗装されていない道も多いのでスニーカーなどの方が良いです。)
これは昨年行った時の野外美術館の様子。
d0117900_8212887.jpg
工芸館の二階には織り機と糸がずらりと並んでいた。
d0117900_8223598.jpg
d0117900_8225763.jpg
札幌中心部よりも標高が高いせいか、回りの新緑もまだ初々しい。
d0117900_8234577.jpg
これが美術館。最終日が近いので混んでいるかと思ったけど、ガラガラだった。
おかげでゆっくり作品をみる事が出来た。
「イタリア美術とナポレオン展」。なんでナポレオンかというと、ナポレオンの生地、コルシカ島にあるフェッシュ美術館のコレクションだからだ。
母方の叔父であるジョゼフ・フェッシュ枢機卿が収集したらしく、彼によって建てられた美術館との事。
コルシカ島なんてまず行かないだろうし、更に札幌でルネサンス&バロックの作品が見れるというのはありがたい。
d0117900_8251514.jpg
これが今回の目玉作品。ボッティチェッリの「聖母子と天使」20歳頃の作品と言われている。
最初にこの展覧会のチラシに載っているこの絵を見た時は、キリストの顏の鼻が上を向いていて、一瞬フィリッポ・リッピ の作品かと思った。
d0117900_84058.jpg

もう一つの準目玉がこれ、ジョヴァンニ・ベッリーニ(Giovanni Bellini)の聖母子。
専門用語はわからないけど金を背景に光輪が点々で打たれているジョヴァンニ・ベッリーニの作品は珍しいと思う。
この作品はとっても頂けないというか納得がいかなかった。
ジョヴァンニ・ベッリーニの描くマリアとしては、余りにも顔つきが貧相すぎると思う。
このちんまりとした目元と鼻が特にいただけない。

私はジョヴァンニ・ベッリーニが特に好きで、彼の作品を追って旅が出来たらいいなと夢見た事がある。
下に並べる作品を見ると、いかにこのマリアの顏がしょぼいかわかる。

d0117900_8502561.jpg
初めて見た作品がコレ。
薄暗い教会内で見ると、本当に聖母子が浮き上がっているかのように見える。
足元にいる愛らしい天使部分のポストカードを買った記憶がある。
d0117900_905454.jpg
d0117900_913466.jpg
d0117900_92929.jpg
この作品が一番好き。読めもしないのにイタリア語で書かれたELECTA社の画集を土産に買ったんだけど、この絵が表紙。
5000円近くもする画集で、しかも重いんだけど日本じゃ手に入らないからと抱えて帰ったっけ。
ベルガモのアカデミアカッラーラに展示されているので、いつか見たい、見たいと思っていたら三年前念願かなって見る事が出来て本当に嬉しかった。
ベルガモの旅はこちらにあります。
d0117900_9104331.jpg

これも同じアカデミアカッラーラにありました。
どーです、この表情、この美しさ、絶品でしょう?惚れるぜ!


というわけで、帰宅して余りにも納得いかなかったので、重い画集を引っ張りだして今回の作品が載っていないかと調べてみたところ
「Dipinti attrbuiti」という項目の中に小さくありました。

Dipinti attrbuiti、ジョヴァンニベッリーニ作品じゃなくて他の作者によるものとされている絵、といったところだろうか。
ELECTA社によるとこの作品は「Pier Maria Pennacchi」によるもの、とされていました。
惚れた女に会いに行ったら、女中が代りに出てきたという気分だったので良かったです。


後は自分の覚書だけど気に入った作品はルカ・ジョルダーノの聖ペテロの殉教(刷毛の筋まで見えた)と
ピエール・ユベール・シュブレイラスのピエトロ・フランチェスコ・コルナッツァーノ(長い!)の肖像画。まとっている雰囲気が良かった。

あ、あとナポレオン一世のデスマスクもあったんだけど、口元が死んだ為かゆるく開いていて前歯が覗いているのがリアルだった。
そして鼻梁が高いせいか、鼻の穴の長い事!!!!
余りにもびっくりしちゃって、まじまじとデスマスクを横やら前から眺めて鼻の穴の大きさを目視してみたところによると2.5センチ強はあった。
はて、自分の鼻の穴の大きさっていったいどの位なんだろうか?と今まで気にも止めなかった疑問が湧き出てきたので、
帰宅してから鏡の前で鼻の下に定規をあてがって(間抜けだ!)測定してみると、私のにんにく状の鼻に附属する穴の直径は1センチ。
鼻の頭をピンチで摘んだように持ち上げてみると1.5センチになった。なるほど!これが決め手か!
私は鼻が低いから、鼻に関する仕組みに気づかなかったけど、鼻が高い=鼻の穴も縦にびよーんと長いわけだ。
いやー勉強になったなぁ。今回の作品展で一番心に残ったのはコレかもしれない。

[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2008-05-21 00:00 |  ├美術館
北海道で筍といえば・・・

d0117900_17255326.jpg
私が買いに行く市場の八百屋さんで筍といえば、これです。
ネマガリダケという名前だそうだけど、ただ「タケノコ」と書いてありました。
昨年、恐る恐る買って食べてみたら、物凄く美味しかったので今年食べる事をとても楽しみにしてました。昨年の様子はコチラ。
でも去年は、6月に入ってからだったのに、早いなぁ。
市場のおばさんも「今年は何でも出回るのが早いよ。山菜もあっという間に出回ってもう出てこないもの。」と言ってた。
ギョウジャニンニク(道産子が愛する山菜)もあっという間に見かけなくなっちゃった。

これが「筍」なら本州でお馴染の太いあの筍は何という名前で売られているかというと「孟宗竹」「モウソウダケ」「モウソウチク」です。
ネマガリダケが出てくる二週間ほど前に「モウソウチク」と書かれて売ってました。
「筍」じゃなくてわざわざ「モウソウチク」と書くあたりが八百屋さんの道産子としてのコダワリなんだろか?
(ちなみに北海道では孟宗竹は取れない。)
d0117900_17383689.jpg
というわけで、今夜食べます。ホイルに包んでガス台の魚を焼くところに入れて焼いて食べる予定。
これは昨年教えてもらった食べ方です。


blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2008-05-18 00:00 |  ├近所&自宅での出来事
大通公園のライラック
大通公園内の両脇に植えられたライラックが見頃です。
歩いていると風に揺られたライラックから良い香りが漂ってきます。
d0117900_1959199.jpg
濃い色の蕾から開いた花弁までのグラデーションがきれい。
d0117900_205323.jpg
d0117900_207166.jpg
札幌に来るまでライラックを見た事がなかったので、どのように花が咲くのか、どの位の高さの木なのかさっぱり検討がつかなかったっけ。
d0117900_2075453.jpg
まるでぶどうのように見える。
でも全てのライラックが房状に花をつけるわけじゃなくて上向きに咲くものも多い。
d0117900_2085677.jpg
d0117900_2092381.jpg
d0117900_2093711.jpg
白いライラックも可憐できれい。
d0117900_20101121.jpg


blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2008-05-16 00:00 |  ├大通・札幌駅・すすきの
大通公園・春の花壇
今の時期の大通公園はライラックはもちろんだけど、花壇もパンジーやらチューリップやらびっしりと植えられてきれい。
d0117900_2121025.jpg

西四丁目の噴水付近。
d0117900_2122911.jpg
d0117900_2124615.jpg
西五丁目から西四丁目を眺める。
d0117900_2135100.jpg
d0117900_2132219.jpg
西六丁目の野外ステージ。
d0117900_2164934.jpg
西六丁目の大通公園は大きな木の枝々のおかげで空が見えないくらい。
なんだか街中とは思えないほどで私はここが好きだ。
ここを通る度に何故だかヨーロッパの公園にいるような気分になれる。
d0117900_21145225.jpg
見て!この太い幹。


札幌から大通公園が無くなってしまったら、どれだけ味気ない事だろうなぁ。


blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2008-05-16 00:00 |  ├大通・札幌駅・すすきの