初めて見るもの、食べるもの、北海道生活は驚きの連続です→札幌生活も6年になりました。北海道の花に魅せられて花追人に変身中。
by fafaccio-Hokkaido
タグ
(290)
(280)
(179)
(135)
(105)
(85)
(81)
(80)
(77)
(62)
(36)
(24)
(24)
(21)
(17)
(16)
(7)
(6)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
★札幌市内
 ├近所&自宅での出来事
 ├琴似発寒川
 ├大通・札幌駅・すすきの
 ├円山・藻岩山・大倉山
 ├公園&花の名所
 ├美術館
 ├定山渓・豊平峡
札幌近郊圏(北広島・恵庭)
小樽&仁木&積丹
石狩
千歳・支笏湖・苫小牧・白老
室蘭・登別・洞爺湖
ニセコエリア
空知エリア
富良野&美瑛&旭川&大雪山
増毛・留萌エリア
日高エリア
十勝エリア
道東エリア(釧路・阿寒)
オホーツクエリア
知床エリア
道北(宗谷)エリア
道南
2006フランス
2007チェコ
2009イタリア
2009ニューヨーク
2011ソウル
2011京都
帰省編
*自己紹介


北海道ガーデン
を旅する


札幌・近郊
ぶらりhanaめぐり


北海道生活


鉄道で旅する北海道


*以前のブログ

*海外旅行編

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ




以前の記事
2013年 05月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 10月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧
もう雪虫〜!?
買い物から帰ってきたら、雪虫がもう飛んでいた!

雪虫、ゆきむしって言うのはコバエくらいの小さい虫なんだけど、体が白い綿で包まれているので
飛んでいるというか、風に漂っている姿はまるで雪みたいなんだよ。
そして雪虫が飛び始めると、そろそろ雪が降るのも近いという事で、冬の到来を実感させられちゃうんだ・・・。
ちょっといくら何でも早くないかい?!
(〜ないかい?って北海道弁なので真似てみたんだけど、正しい使い方なんだろうか?)


blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2008-09-30 00:00 |  ├近所&自宅での出来事
鮭のつかみ捕りに挑戦@増毛町秋味まつり
日帰りバスツアーで増毛町の秋味まつりに行ってきた。
バスツアーは
昨年の遠軽コスモス畑&能取湖サンゴ草ツアー以来の二回目だ。
朝7時半に札幌駅北口を出発し、増毛町に向かう。
ツアー客の中では私達夫婦が一番若かった。

お祭り会場には三時間滞在するらしい。
海産物の即売や屋台が並ぶメイン会場とは別に鮭のつかみ捕り会場もあるらしい。
希望者だけ鮭のつかみ捕り会場まで送ってくれるというので
つかみ捕りに挑戦するかは別にしても見るだけでも面白いかも、と行く事にした。
d0117900_0272596.jpg
d0117900_0275753.jpg
どの程度鮭がいるの?と覗き込んでみると結構いる。
d0117900_0284493.jpg
おおー、捕獲してるよ。
せっかく掴んでも、鮭も身を激しくよじらせて抵抗するので、その動きに負けて逃げちゃうパターンが多かった。
特に女の人はじっとしていても鮭そのものが重いから苦戦している人が多い中
やすやすと捕まえたおばあちゃんがいたのにはびっくりした。
d0117900_0435769.jpg
結構次から次へとトラックに乗せられた水槽から生け簀へと鮭が投入されている。

鮭の掴み捕りは一人一回500円。見ているだけじゃ飽き足らず私達も挑戦する事にしたんだけど
結局、私は挑戦せず私の分も夫に捕ってもらう事にした。
捕まえてビニール袋+厚手の紙袋(米袋?)に入れたにも関わらず、激しく袋の中で抵抗するもんだから袋が破れて草の上で鮭がばたばたする始末。
d0117900_0543468.jpg
メイン会場へと移動。
d0117900_056394.jpg
増毛は三國シェフの出身という事で出店されていた「増毛ブイヤベースミクニ風」
海老を丸ごとすりつぶして・・・と宣伝してた気がする。
d0117900_0593761.jpg
炭火と網が用意されていて、そこで鮭まるまる一匹(もちろん捌いた後の)でちゃんちゃん焼きを作っているおじちゃん達がいた。
秋味祭りというわりにはイクラ丼はあったけど鮭を見かけなかった気がするので、
よくイベントで見かける1000人鍋に匹敵するような、例えば大ちゃんちゃん焼きがあればいいのになー。
みんなで巨大な鉄板を囲むとか楽しそう。(でも見知らぬ人と鮭をつつきあうのはちょっと嫌だね。)
d0117900_181098.jpg
一枚100円のクジ。夫はいつのまに3枚購入していた。
鮭のオス一匹(20本)とかメス一匹(10本)、リンゴ、とか結構な数の景品があるけどどうせ当たらないよ、と思っていたら鮭トバが当たった。

その後は国稀酒造のあたりで一時間、自由時間を過ごし、17時前には札幌駅に到着。
d0117900_1114143.jpg
これが夫が捕ってきた鮭。上の鮭は明らかに雄で70センチちかくある。
我が家の狭い台所ではシンクで洗う事も出来ず、お手上げ状態。仕方ないから風呂場でさばく事にした。
d0117900_114312.jpg
二匹目にとりかかった夫が「わー!ちょっと見てー。」と風呂場で叫んでいるので何事か行ってみると・・・
何と二匹目は(下の銀色の方)はメスだった!!
やったー!!筋子ゲットー!

夫曰く、メスがいいなーと思って捕まえたんだけど、回りの人からこれはオスだね、と言われたので期待していなかったとの事。
でかした夫!
d0117900_117192.jpg
ホクホクしながら測ってみたら、なんと35センチもあった。
粒は普通の大きさだけど、こんなにたっぷりと長い筋子はスーパーでも見かけた事がない。
そして、一腹かと思っていたら二腹入っていた。すごいよ、こんな量をお腹に秘めていたんだね。
d0117900_1192580.jpg
イクラ網(どこのスーパーでも売ってる)の上で転がすと、面白いほどほぐれて筋だけが残る。
最初は潰れないかおっかなびっくりだったんだけど、潰れないんだな、これが。
我が家ではイクラ係は基本的に夫の役目。
d0117900_1213898.jpg
500mlの缶ビールと並べてみたけど、結構な量でしょう。(漬ける前)
測ってみたら600gあった。100g298円としたら、これだけでも1800円ちかくする。
もちろん身も二匹分あるから、せっせと切り身にしたらかなりの量となった。
二匹でたったの1000円だなんて、何てお得なのー、家計も大助かりだわーと嬉しさいっぱい。

早速、今夜は石狩鍋にしました。
スモークしたり、味噌山椒漬けにしたり、ホイル焼き、炊込みご飯、ムニエル、そしてイクラ、と
鮭、鮭、鮭の毎日になりそうで、まさに鮭って秋味だなぁと実感できた一日だった。

いやー、北海道楽しいなぁ。


blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2008-09-28 00:00 | 増毛・留萌エリア
北海道は気前がいいど〜
d0117900_22152414.jpg
ニセコ産の新じゃがの山。これら全部でいくらでしょう?


答えはコチラ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2008-09-27 00:00 |  ├近所&自宅での出来事
続々と雪の便りが届いてます
9月24日には旭岳、黒岳、そして羊蹄山で初冠雪が記録されたそう。
今年の9月はいつになく暖かい日が続いていて、これは雪も遅いかなぁと思っていたんだけど、ちゃんと例年と同じくらいに雪は降るんだね。

これに連動するかのように、札幌も急に寒くなっちゃった。
最高気温が14℃しかないもんだから、ブラウス+ウールのカーディガンじゃ寒い。
上着がないと特に夜は厳しい。だって10℃切っちゃうんだから・・・・。

東京から元上司が出張に来たので飲みに行ったんだけど、予想以上の寒さに震えて
「何?この寒さ!もう冬?」と言うので「冬なら雪ですよ。これでもまだ秋の途中。」と答えたら驚いていた。


今日(9/27)、広島市民球場(市民球場での試合は残り二試合となった)での試合をテレビで見ていたら観客席が映し出された。
応援している人が皆、半袖だったので、思わず夫に「やだ、みんな半袖だよ!!元気だねぇ。」と言ったら、
そりゃ広島だもん、まだまだ半袖でしょ、と返された。そうだよね・・・。
こっちは室内でさえ靴下必須&フリースを羽織らないと寒いのになぁ・・・。


blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2008-09-24 00:00 |  ├近所&自宅での出来事
室蘭港で釣りをしたよ 9/20&21その7
室蘭二日目。晴れていたら洞爺湖や有珠山のロープウェイに乗りたいなと思っていたけれど、どんよりと曇っている。
天気が悪かったら釣りでもしようかと釣り道具を持参していたので室蘭港で釣りをする事にした。
前夜コンビニで購入した釣り新聞によると、5〜6cmのチカが釣れるらしい。
d0117900_2393230.jpg
釣具屋さんで撒餌を購入し、釣りスポットを探してウロウロ。
9時半の時点で結構釣っている人がいた。
d0117900_23181365.jpg
海を覗き込むと結構な数の小さい魚が泳いでいるのが見える。
その割には釣れない・・・。もちろん釣れるのだけど、あれだけ泳いでいるのにうまく引っ掛かってくれる魚が少ない。
二人とも黙々と釣り続け気づいたら二時半。始めてから四時間が経過していた
d0117900_232485.jpg
地元のおじいさんによると、ソイとカジカだとの事。
余りにも小さ過ぎるのでこの四匹は海へ返した。


d0117900_23323733.jpg
白鳥湾展望台からの眺め。
d0117900_2334798.jpg
未だに咲いているシックな色合いの紫陽花。
d0117900_23354788.jpg
帰りは伊達紋別を通り洞爺湖・壮瞥・王滝・支笏湖を経由して帰る事にした。
遠くに昭和新山が見えてきたよ。
d0117900_23384577.jpg
昭和新山って個人の所有物だって知ってた?
d0117900_23392147.jpg
王滝のきのこ王国に立ち寄ってお土産を購入。
d0117900_23405251.jpg
これが本日の成果。3.40匹くらいかなぁと思っていたけど数えてみたら70匹だった。
腸を取り除くのも小さいし、数は多いしで結構うんざり・・・。
夕方に遅い昼食として伊達の道の駅内にあった牧家(ボッカ、と読む)でパスタにピザだのやたら食べてしまったので
夜になっても余り食欲も沸かなかったけれど、せっかくなので粉をつけて揚げてみた。
食べ切れなかったら、南蛮漬けにでもしようと言ってたはずなのに、美味しくて70匹ペロリと完食。
ごちそうさまでした。


blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2008-09-21 00:00 | 室蘭・登別・洞爺湖
室蘭焼き鳥・鳥辰&居酒屋・味喜屋 9/20&21その6
夕食までにちょっと時間があったので室蘭駅前に車を停めて(駅前だと言うのに無料駐車場だった)、室蘭焼き鳥の鳥辰へ行った。
d0117900_21101148.jpg
d0117900_211228.jpg
室蘭焼き鳥は鳥と葱じゃなくて、豚と玉葱という組み合わせ。
そしてタレで辛子をつけて食べる。おいしー。これまたビールと合うんだ。
もちろん夫は運転するので、ビールじゃなくてウーロン茶を泣く泣く選択したけど、ものすごく悔しがってた。
美味しかったのでもっともっと食べたかったんだけど、
今、沢山食べちゃうと夜が食べれなくなっちゃうよ、と夫が言うので数串でやめておいた。残念。

お店自体はアーケードの取り壊し中の真っ只中にあって、その一帯が立ち入り禁止か?と思ってしまうような場所にあったけれど、
一歩お店に入ると次から次へと串を並べて焼いても間に合わないくらい、店内からも持ち帰り用の注文も続々と入って活気があった。


その後、宿泊するホテルへチェックインし、電車に乗って崎守駅から数分程度の味喜屋へ行った。
七時の時点で店内は満席に近くてお客さんでいっぱい。予約を入れておいて良かった。

ここはHO(道内の情報誌)の「旨い魚が喰いたい」という特集に載っていたお店で、かねてから夫が行きたい、行きたい、と言っていたお店。

私はしょっちゅう「今週末は○○に行くからね。」とか「今度○○に行きたい。」と言っているけど、
夫から○○に行きたいと言う事は余りないだけに、よっぽど行きたいんだなぁと思っていたけど、日帰りは無理そうなのでなかなか実現しなかった。
d0117900_734973.jpg
見よ!このうまそーな刺身盛り合わせ。ツブ貝も大きくて甘い。
北海道は魚が美味しいのはもちろんだけど、貝類も美味しさもずば抜けていると思う。
d0117900_7342635.jpg
登別産の毛蟹。登別・虎杖浜の毛蟹って夏のごく短い期間だけが蟹漁の解禁のはずなので、
恐らく冷凍ものだと思うけど、身入りが凄くて味噌もたくさん入ってて美味しかったー。
d0117900_7344954.jpg
カウンターの向こうで焼いてくれる焼き物。隣の人が海老を食べてて美味しそうだったので、つられて注文。
味噌もぎゅっと詰まっているうえに香ばしくて、旨い。丸ごと食べれちゃう。
一皿二串で500円と安い。
d0117900_735511.jpg
この他にはウニ丼(塩水ウニだろうけど、たっぷりウニが乗ってて1000円は安い!)を夫が食べたいというので注文。
お会計は漠然と12000円くらいかなぁと思っていたら、8000円だったのでびっくり。
夫もやっぱり12000円くらいだと思っていたらしく、8000円には驚いていた。


札幌からもっと近かったらなぁ、絶対友達が来た時に連れていくのに。
札幌市内でこういうお店、ないかなぁ?どなたかお勧めがあったら教えてください!

[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2008-09-20 00:06 | 室蘭・登別・洞爺湖
室蘭・地球岬&白鳥大橋 9/20&21その5
d0117900_15225295.jpg
白老から登別、室蘭へ至るまでの海岸沿いではアキアジ釣りの竿が一定の間隔で並んでいた。
釣れるのかなぁ?釣り人は皆、暇そうにしていたけど。
d0117900_15323554.jpg
すごいよねー。ちょっと笑っちゃった。

ほっけ干し
[白老]
ほっけ干し
by fafaccio-Hokkaido
そう、コレコレ。干物よ、まわれ〜。

d0117900_15395280.jpg
地球岬。海の向こうに駒ヶ岳が臨めた。
d0117900_15513377.jpg
反対側は室蘭の町と遠くに有珠山が見える。
室蘭の町って起伏に富んだ地形なんだなぁ。
空にはたくさんのウミツバメが飛んでいた。写真にもばっちり写ってるでしょ。
d0117900_16102140.jpg
祝津展望台に行った。小高い丘の上にあるから眺めもばっちり。
d0117900_1611257.jpg
白鳥大橋って名前がぴったりの美しい橋。
d0117900_16122364.jpg
d0117900_16125877.jpg
白鳥大橋を渡ってみたよ。



blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2008-09-20 00:05 | 室蘭・登別・洞爺湖
鮭でひしめきあうウヨロ川 9/20&21その4
d0117900_22312384.jpg
これがウヨロ川。さて鮭を発見できるのか?
d0117900_2233446.jpg
ほら、すぐ下にホッチャレが!と夫の声に足元を覗くと確かにホッチャレと呼ぶ鮭の死骸があった。
d0117900_22345423.jpg
先を歩く夫が「あ!鮭がいた!!」と声をあげる。
私も早くそこに行きたいのだけど、ちょっと足場が悪く足元を確認しながら歩くのに精いっぱい。
d0117900_22372359.jpg
くそー、私だって早く鮭を見たいよ、と思っていたら、すーっと傍に一匹の鮭がやってきた。
もうボロボロの鮭・・・。
そして何てきれいな水なんだ。
d0117900_22385959.jpg
夫の目の前にはこんなに鮭が泳いでいた。

更にサケ達の跳ねる水飛沫があがっている場所が遠くに見えたのでそこまで行ってみる事にした。
d0117900_22431626.jpg
え?何これ?!
d0117900_22444329.jpg
すごい、すごい、すごい!!!
d0117900_2246186.jpg
辺り一面、魚臭いこと!
d0117900_2247219.jpg
d0117900_22474031.jpg
d0117900_22475987.jpg
もう夫と私は無言で食い入るように見つめる。
d0117900_22482579.jpg
d0117900_22484728.jpg
よくもこんな姿で生きているなぁと驚く鮭ばかり。それでも上へ上へとひたすら目指している。次の生命を残す、ただそれだけの為に。
d0117900_22531692.jpg
役目を終えたサケたちの姿。
それとも密猟者によって筋子だけを抜き取られてしまった後の残骸なのか?

悲しいかな、密猟者はいるようで、筋子が粒が草の上に散らばったりしていた・・・。
川に入った鮭の卵は固くて美味しくないと聞いたんだけど、そんなイクラでも食べたいのか?

あとフットパス入り口の牧場の方の話によると、
頻繁に警官が見回ってるそうで密漁防止(河川での鮭釣りは数ヶ所の川を覗いて禁止されている)に努めているそう。
d0117900_225586.jpg
それにしても川の水のきれいな事といったら・・・。
d0117900_22555860.jpg
鮭達の影が水底に映る。
d0117900_2257422.jpg
このままいつまでもこの川がサケ達のふるさとであり続けますように。


ウヨロ川・鮭の遡上
[白老]
ウヨロ川・鮭の遡上
by fafaccio-Hokkaido


ウヨロ川・鮭の遡上
[白老]
ウヨロ川・鮭の遡上
by fafaccio-Hokkaido


ウヨロ川・鮭の遡上
[白老]
ウヨロ川・鮭の遡上
by fafaccio-Hokkaido



blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2008-09-20 00:04 | 千歳・支笏湖・苫小牧・白老
白老・ウヨロ川フットパスで秋を探そう  9/20&21その3
お次に向かったのは白老のウヨロ川フットパス。
フットパスって何?と私も馴染がなかったのだけど、イギリスで発祥したウォーキングが楽しめる道の事らしい。
特にウォーキングが好きってわけでもないけど、(それにしては公共機関で移動する事が多いせいか、ニセコで7km歩いたりしてるが)
何故ここを歩きたいと思ったかというと、このフットパスでは鮭の遡上が見れるらしいからだ。
ただどの程度の鮭がどこで見れるのか、いまいちハッキリしないけど、歩けば何とかなるだろう。
d0117900_19283361.jpg
牧場がスタート地点となっていて、牧場の回りの道を馬を見ながら歩き始める。
(入り口には「ウヨロ川フットパス」という案内表示がある。)
d0117900_19476100.jpg
遠くにいた馬が私達の姿を見かけて近くに来てくれた。
新冠のサラブレッド銀座に行った時もそうだったけれど、馬から寄ってきてくれるととっても嬉しいんだけど
むやみに撫でたりして良いのか判らなくて戸惑ってしまう。本当は撫でたいんだけどな。
d0117900_2061931.jpg
ノルディックウォーキングのポールを持参で歩く夫。
うちの近所じゃ奇異な目で見られる事が多いノルディックウォーキングの為のポールだけど、ここではまさにお誂え向き。

行った事ないけどイギリスのフットパスもきっとこんな感じじゃないかなぁと思ったりする。
d0117900_2011321.jpg
静かでとても気持ちのよいところ。
d0117900_20134438.jpg
何で地面が赤いの?まるで昨年見に行った能取湖のサンゴ草みたい、と思ったら・・・
d0117900_20173100.jpg
草が真っ赤に紅葉していた。何て事のない草なのに見事だなぁ。
d0117900_20183383.jpg
d0117900_20185344.jpg


鮭との遭遇は次の記事へ。

ウヨロ川フットパスについてはこちら。



blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2008-09-20 00:03 | 千歳・支笏湖・苫小牧・白老
ポロト湖畔にて 9/20&21その2
白老のポロト湖畔で白老チェプ祭りがあるとのことだったので、立ち寄った。
でも誰もいなかった・・・。誰もいないところか設営途中という感じだった。
おかしいなぁ、色々なイベント情報サイトに9/20と21日とあったんだけどなぁ。
d0117900_0395869.jpg
静かなポロト湖のほとりに佇む茅葺屋根の建物はアイヌ民族博物館(しらおいポロトコタン) のチセ(アイヌ語で家)。
ポロト湖の「ポロト」はアイヌ語で大きな沼という意味らしく、周囲4kmという大きさから言っても湖というより沼といったほうが良いかも。
d0117900_0403580.jpg
とても静かな湖面はまるで鏡のように空の青さをそのまま写し取っていた。
スーッと流れるようにカヌーが通りすぎていくのが遠くに見えた。
d0117900_0405759.jpg

d0117900_046531.jpg




blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2008-09-20 00:02 | 千歳・支笏湖・苫小牧・白老