初めて見るもの、食べるもの、北海道生活は驚きの連続です→札幌生活も6年になりました。北海道の花に魅せられて花追人に変身中。
by fafaccio-Hokkaido
タグ
(290)
(280)
(179)
(135)
(105)
(85)
(81)
(80)
(77)
(62)
(36)
(24)
(24)
(21)
(17)
(16)
(7)
(6)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
★札幌市内
 ├近所&自宅での出来事
 ├琴似発寒川
 ├大通・札幌駅・すすきの
 ├円山・藻岩山・大倉山
 ├公園&花の名所
 ├美術館
 ├定山渓・豊平峡
札幌近郊圏(北広島・恵庭)
小樽&仁木&積丹
石狩
千歳・支笏湖・苫小牧・白老
室蘭・登別・洞爺湖
ニセコエリア
空知エリア
富良野&美瑛&旭川&大雪山
増毛・留萌エリア
日高エリア
十勝エリア
道東エリア(釧路・阿寒)
オホーツクエリア
知床エリア
道北(宗谷)エリア
道南
2006フランス
2007チェコ
2009イタリア
2009ニューヨーク
2011ソウル
2011京都
帰省編
*自己紹介


北海道ガーデン
を旅する


札幌・近郊
ぶらりhanaめぐり


北海道生活


鉄道で旅する北海道


*以前のブログ

*海外旅行編

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ




以前の記事
2013年 05月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 10月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧
雪の下から福寿草
d0117900_2245243.jpg
春の訪れを感じる花・福寿草。

昨年発見した時は、まるで宝石を見つけたかのような気分になったっけ。

d0117900_22465220.jpg
頭の中には高らかに「春の勝利」という言葉が響き渡る。
明日の天気予報はまたしても雪マークが表示されているけれど、もう大丈夫。
季節は確実に前進してくれている事がわかったから。
blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2009-03-29 00:00 |  ├近所&自宅での出来事
双子の白クマの赤ちゃん@円山動物園
12月9日に生まれたシロクマの赤ちゃんが先週公開されたので円山動物園に行ってきた。

くぅ〜、くわーっ、と言葉にならない思いのままカメラを手にした私達は400枚近い写真を撮ってきてしまった。

だって可愛かったったんだもん。
d0117900_14322440.jpg
やんちゃな二匹は元気いっぱい。
d0117900_14331025.jpg

d0117900_14334566.jpg
しきりにお母さん熊のララのおっぱいを欲しがるけど、ララはスルー。
d0117900_14342829.jpg
とうとう授乳を始めました。
大喜びのお客さん達。夫は一足早く授乳の様子が見えるほうへと移動してた。
d0117900_14353566.jpg
d0117900_14361796.jpg
ララは過去、ツヨシとピリカを出産し育てあげたベテラン母さんです。
d0117900_14394579.jpg
おっぱいを飲んで満足したのか寝ちゃった二匹。
まんまる具合が可愛いぞー。
d0117900_14404138.jpg
しばらくしてララが動くと、びくびくっと目覚め慌てて後を追う二匹。
d0117900_1441112.jpg

d0117900_1441446.jpg
二人で仲良く遊び始めるも・・・
d0117900_14411630.jpg
またララに駆け寄りおっぱい。
耳が、耳がぁ〜、つまみたい位可愛い〜と悶絶する私。
d0117900_14413584.jpg
長期戦になると覚悟したのか足を投げ出したララ。おかーさんは大変だぁ〜。
d0117900_14421614.jpg
そんな頃、父親のデナリは別室でグーグー。
ホッキョクグマのオスは子供に危害を加えるため、妊娠から出産、子育ての期間はララと子供たちとは別だそう。

双子とララにばかり注目されて、見向きもされないデナリの名誉の為に説明文にはこうありました。
「他の施設のホッキョクグマの中には、メスと仲が悪かったり、メスに拒絶されて交尾に至れないオスもいるそうです。
出産・育児の実績のあるララばかりが賞賛される傾向がありますが、
ララと仲睦まじくできて子供を作ることが出来るデナリもまた偉大なのです。 」

なるほどねー。人間の男なら最低だけど、ホッキョクグマのオスならこれで良いんだね。
d0117900_14474686.jpg
ある程度のところで立ち上がったララ。
d0117900_14483744.jpg
その後は仲良くレスリングする二匹。
足の裏かわいいー。
d0117900_14491868.jpg

d0117900_14493145.jpg
毛のかたまり。

いくら見てても見飽きるって事がない。
悶絶ってこういう事を指すんだなと身をもって知った一日だった。


blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2009-03-29 00:00 |  ├円山・藻岩山・大倉山
咲いた、咲いたよ〜!

d0117900_22254843.jpg
見て見て〜!ついに・・・ついに咲いたよぉ〜!
24日の時点では雪がうっすら積もっちゃってガックリ来てたのに、今日通りかかったら見事このとおり。
この感動はきっと雪国の人しか解らないと思う。
d0117900_22312310.jpg
これは今月8日の時点。
まだまだこんなに雪があったけれどそれでも僅かに覗かせた新芽を発見して小躍りしていた頃。
d0117900_22323845.jpg
雪にも負けず・・・・(3/8)
d0117900_22331134.jpg
今年も咲いてくれた。
d0117900_22344388.jpg
d0117900_22355914.jpg
春が来るのがこんなにも嬉しいものだとは、札幌に住むまで知らなかった。


blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2009-03-28 00:00 |  ├近所&自宅での出来事
吹雪でもスプリングコート
以前から気になる事があったので会社の先輩に聞いてみた。

「4月になったら何でダウンとかウールのコートを皆着ないんですか?」

すると、笑いながら「着ないさぁ〜。4月になってダウンとか着てたら恥ずかしいって感じ。」と言うではないか。
そして「でもさぁ、本州から来た人ってやたら着込んでるよねぇ。」と笑う。

えぇっ?!恥ずかしい、とまで言う?
記録的な暖かい日が続いた昨年でさえ、4月1日は寒かった。
昨年の4月1日のブログを読み返すと
「最高気温だって4℃までしか上がらず、最低気温なんて1℃という寒さなのに、
ウールのコートを着ている人は誰もいません!!! 」と書いてある。

そんなに寒いのにダウンを着て何が恥ずかしいのか、その感覚が全く判らなかったので
「去年、四月でも雪が降ってましたけど、それでもダウン着ないんですか?」としつこく聞いてみたら
「ちょっと寒いけど、我慢できるっしょ〜。」との事だった。何で我慢する必要があるんだ?

そうなのだ、近所のクリーニング屋もダウンのクリーニングが半額で出来るのは3月31日までなのだ。
その広告を見た時、えぇ?じゃ4月はもうダウン着るなって事?と思ったけど道産子からすれば4月にダウンは邪道なんだろう。

また暇な時に別の人を掴まえて同じ質問をしてみた。
すると第一声は「え?東京は4月になってもダウン着るの?」
えぇ?ここは東京じゃなくて、札幌ですよね?と内心びっくり仰天。
思わずあたふたしながら「もちろん着ないというか、日中20℃位になるからさすがにダウンは暑くて着れないですよ。」
と返す。20℃っていったら札幌じゃ夏でしょうが・・・。
「それにこっちの4月は東京からすると冬の寒さと同じ位なんですけど
○○さん(最初に聞いた人)は4月にダウンなんて恥ずかしい、って笑うし・・・。」と言ったところ
「確かに4月でもダウン着てる人をとき〜どき見かけるけど、あれは東京から来た人なのねぇ〜、そっか〜。」と一人で妙に感心していた。

その人は40代後半なので、オシャレの為に痩せ我慢なんかしないかもしれないと失礼ながら推測し、あえて聞いたにも関わらずこの答えだ。

やっぱり4月になれば雪が降ろうと薄っぺらいコットンのコートで過ごすのが道産子の心意気ってもんらしい。

でもなんで???道産子のお洒落心はわからないな。
4月1日の天気予報を見ると最低気温は氷点下1℃なのに・・・最高気温も7℃しかないのに
冬物着てる私は「恥ずかしい人」として見られちゃうのかしら・・・。
なんだか憂鬱だなー。


blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2009-03-26 00:00 |  ├近所&自宅での出来事
雪の花
今日は久々に雪が降ったので至るところで雪の花が咲いた。
d0117900_22293257.jpg
d0117900_22295924.jpg
垣根にもふんわりと。
d0117900_22303633.jpg
昨年は3月25日の時点で咲いていたクロッカスだけど、今年はまだまだ蕾すら見えない。
昨年が異常に早かっただけで、例年こんなものだよね。
d0117900_22321072.jpg
何だか冬の始めの頃の景色と全く変わらなくなってしまった。

もう今じゃ、北海道の三月、四月なんてこんなもんだ、と思えるようになったけど
初めての年はこの三月や四月の雪に泣けたもんだ。
なんで三月も終わりだっていうのに、雪が降るのぉ〜?
もう東京は桜咲いてるってのに、何でここは雪なのぉ〜? って・・・。


さて、明日は最低気温がマイナス6度にまで下がるみたい・・・。


blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2009-03-24 00:00 |  ├近所&自宅での出来事
まだまだスキーが楽しめるよ
雪まつりに続いて、再び妹夫婦がやってきた。
今度の目的はスノボーだ。


近場でニセコかキロロか迷ったが、一番早くゲレンデに着く事が出来るキロロへ行く事にした。

d0117900_119253.jpg
麓の雪は湿って重い状態だったけど、それでも都内から日帰りで行けるスキー場の雪質とは比べ物にならない。

素晴らしい青空が広がりゴーグルなしでは眩しくて目も開けていられない程だった。
d0117900_1222481.jpg
ゴンドラに乗って山頂まで行ったら海が見えたよ。
d0117900_1231387.jpg

d0117900_1232528.jpg
1月末はどこもかしこもむせ返ってしまうほどのパウダースノーだったけど
さすがに平地じゃ雨が降ってるようなこの時期、贅沢は言っていられない。
でも、 さすがに山頂はふわふわのパウダースノーだった。
d0117900_1255382.jpg
1月末に夫と二人で来た時も楽しかったけど、今回は更に楽しかったなぁ。
朝から四時近くまでほとんど休まず滑りっぱなしだった。



blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2009-03-21 00:00 | 小樽&仁木&積丹
ここ掘れワンワン
d0117900_12294274.jpg
写真は約10日前の3月8日。

随分と雪山の高さも低くなってきたなぁと思いながら買い物に琴似へ出かけたところ
地下鉄入り口前の雪山から何やらのぞくものが・・・。
d0117900_12312198.jpg
更に進むとどうやら駅前という事もあって自転車が並んでいる場所みたい。
もっと雪が積もっていた時は、中に何が埋もれているかなんてわからなかったなぁ。
d0117900_12325082.jpg
そしてこれが3月17日の様子。あれだけあった雪もほとんど溶けてしまいました。
一枚目、二枚目の状態でもその時は「随分雪も溶けたなぁ。」って思ってた位なんだけど
今振り返ってみると、だいぶ雪の量にたいする許容範囲が麻痺していたみたい。


blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2009-03-19 00:00 |  ├近所&自宅での出来事
雪ゆるむ百合が原公園
温室で花を堪能した後は、せっかくなので百合が原公園内を歩く事にした。
とは言っても、まだまだ雪が残っている園内なので歩ける歩道はごく一部だった。
d0117900_2218219.jpg
ウォーキングに励むおじさんが多かった。
d0117900_22184998.jpg
おなじみのサイロ。
サイロの麓には5月中旬から下旬にかけて一面ムスカリとチューリップが咲く。
d0117900_22191450.jpg
垣根のようになった雪山の一角に踏み固められた道があったのでそこを登って歩いていった。
ふと横を見ると、リリートレインの駅が見え、線路上を横切っている事に気づいた。
d0117900_22244951.jpg
人が通って踏み固められた雪道の僅か15cm程を横に外れただけで、くるぶし近くまで埋もれてしまったので
手持ちの傘(午後から一時雨が降っていた)を雪に突き刺したところご覧の通り。
d0117900_22292696.jpg
木の杭があるからここが花壇だとわかるものの、まだまだ辺り一面真っ白だった。
d0117900_22305595.jpg
この季節が待ち遠しいなぁ。
まだ二ヶ月も先かぁ・・・。

写真を見る限りでは園内はまだまだ雪ばかりで冬と変わらないように見えるけど
ジャリジャリと粒の荒い水分をたっぷり含んだ重い雪に変化していて春が近いと感じたよ。
d0117900_22334887.jpg
百合が原公園の近くに六花亭の喫茶室がある事を知ったので、そこへ向かう事に。
公園の正門前の道はまだまだぬかるんだ場所が多かったけれど、こんな状態の道はもう少ない。
d0117900_22362039.jpg
六花亭の喫茶室。百合が原店はなんとコーヒー無料・お代わり無料!
私はコーヒーが飲めないのでほうじ茶と雪こんチーズの引き換え券を提示し、雪こんチーズを頂いた。
もちろんそれだけではなく、新キャベツのピザも注文。

d0117900_22392253.jpg
雪こんチーズは新発売になったばかりみたい。
夫に買って帰ろうかと思ったんだけど二時間限定らしいのでやめておいた。

そして、今日も雪こんチーズを食べよう♪と札幌駅地下の六花亭に行ったら売ってなかった・・・。
喫茶室のあるお店しか売ってないんだって・・・。
仕方ないのでマルセイバターサンド一個(110円)と「どこかで春が」という苺味のクランチチョコを一枚(70円)買ったら
また雪こんチーズの無料引き換え券を一枚貰っちゃった。たった180円しか買っていないのにいいのかしら。

そして以前は全くといって良い程、甘いものを口にする事が無かったんだけど
この頃何かしら毎日甘いものを食べないと気が済まないようになってしまった・・・。
今まで興味なかったから大してお菓子もチェックしていなかったんだけど、
ふと気づくと札幌というか北海道はスイーツ(笑)の宝庫なんだねぇ。
そして数年ぶりにマルセイバターサンドを食べたんだけど
以前食べた時は甘過ぎて全部食べ切れなかったのに今日はペロリとたいらげる始末。
自分が恐ろしい。成長期なんだろうか?(そんなわけない)

blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2009-03-18 00:00 |  ├公園&花の名所
百合が原公園の温室でひとあしお先に花を補給
南の方から桜の便りが聞こえてくるけれど、ここ札幌では桜どころか花そのものが見当たらない。
せっせと家の中を花屋で買った花で飾っているけれど、花に飢えている心はそれでは満たされない。

花の季節はもうちょい先か・・・と溜息をついていたところ、このブログに時々コメントをお寄せ頂いているうさんぽさんから
「百合が原公園に行って来ましたけど温室は春満開でしたよ。」とコメントを頂いた。

目から鱗とはこのことだった。そうか!百合が原公園は確かに温室があったっけ!!
そこに行けば、花が見れる!

百合が原公園は5月のチューリップとムスカリ、7月の百合などが実に美しく、何度もこのブログにも登場している公園だ。
温室は有料という事もあり、又、外に咲いている花だけでもかなり見応えがあるので一度も温室内に入った事がない。

月曜日は休園日だったので待ち切れない思いで過ごし、早速今日行ってきた。
入場料はたったの130円。安いねぇ。

d0117900_23511100.jpg
温室に入って圧倒されたのはギンヨウアカシアの花。
この時期、花屋の店頭でミモザとして売っている。
先日私も買い求め、見よう見まねでへなちょこリースをこさえたばかりだ。
d0117900_2365372.jpg
ぽやぽやとしていて可愛い。
d0117900_2372798.jpg
目に突き刺さるような鮮やかな黄色。
d0117900_2393363.jpg
まさに温室のシンボルツリーであり、室内に入った人全てを引き寄せていた。
d0117900_23134377.jpg
思わず「名瀑」という言葉が浮かんでしまった程だった。
d0117900_23162178.jpg
ツツジかと思ったら「アザレア」だった。
アザレアって何?と調べてみたら「西洋ツツジ」との事。
日本や中国のツツジがヨーロッパに渡って品種改良されたものらしい。
うちの近所でも5月下旬頃に咲いてる花に似てるけどあれもアザレアなのかな?
d0117900_23233629.jpg
香りの元を辿ってみたら沈丁花が咲いていた。
実家の近所に沈丁花がたくさん咲いていて、丁度今の時期咲いているはずだ。
この香りが漂ってくると春が来たと感じたものだ。
d0117900_2340265.jpg
残念ながら沈丁花は北海道では見る事ができないので 三年ぶりに嗅いだ懐かしい香りだった。
d0117900_23411854.jpg
そして沈丁花とともに北海道で見かけない花・椿。
椿は特に好きでもなく、咲いていても格別注意を払った事もないけど無いとやはり寂しい。
d0117900_23472721.jpg
「一足早く春を感じる事が出来ます。」 ってところに違和感を感じた。
私にとって椿は完全に冬のイメージで、春を感じた事はないんだけど、
木偏に春で椿だし恐らく椿は春の季語なんだろう。
d0117900_23552828.jpg
ハーデンベルギアヴィオラセア。
別名「コマチフジ」
d0117900_23565091.jpg

d0117900_2357217.jpg

d0117900_2357195.jpg
アセビ。可愛い顔して有毒植物だそう。
d0117900_2359014.jpg
俯いた表情が可愛いクリスマスローズ。
d0117900_23594016.jpg
その名は「ミッキーマウス」
なんで?どこが?と思ったら、実が黒くてミッキーマウスみたいだからだそう。
実を見てみたいものだ。
d0117900_014948.jpg
何だかもじゃもじゃ詰まっていてグロテスクだなぁと思ったら、洋種の椿だそう。
d0117900_023513.jpg
開いたところ。なるほど、こういう仕組みだったのかと感心した。
名前が「ウェディングケーキ」という椿だった。
d0117900_0114665.jpg
久しぶりに沈丁花も見れたし、何より切り花でない生の(?)花を見れて生き返った心地になれた。

blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2009-03-17 00:00 |  ├公園&花の名所
蝿にときめく
昨年ほどではないけど、三月にしては最高気温が高めの日が多いらしく路肩の雪も日に日に嵩が減っている。
大通や札幌中心部は雪がほぼ消えてしまったけれど、
我が家の周りの細い道はぬかるんだ道もあり、歩く度に湿った音を響かせる。

朝のゴミ出しの際、上着を羽織らずセーター一枚で外に出た。
少し前までなら僅か30秒程外にいただけでも、刺すような外気が無防備にさらした首筋や手先を通じてどんどんと体温を奪っていった。
今朝も身を縮めてあたふたとゴミを出しに行ったのだけど、ふとセーター一枚でも寒さを感じていない事に気づいた。

今日はいよいよ10℃超えかな?と自宅に戻って気温をチェックしたら、まだ6℃程度だった。
6℃しか、とこれを読んでる母などは思うかもしれないけど、6℃は氷点下に比べると当然だけどかなり暖かい。
体も雪と同じようにふわーっと溶けていくような気分になる。

そして窓を全開にして掃除機をかけたのだけど、こんな事にも春を感じる。
本当は通年窓をガバッと開けて空気を入れ替えたいのだけど
冬の間は、全開にすると部屋にいられない程寒くなってしまうので申し訳程度に開けてお茶を濁していた。

掃除も終わり、窓を閉めようと近寄ると網戸に何かゴミがついている。
何、これ?と近づいてみると大きな蝿だった。
あぁ蝿も生存する事が出来る季節になったんだ!と、胸躍らす北国の春。


blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2009-03-16 00:00 |  ├近所&自宅での出来事