初めて見るもの、食べるもの、北海道生活は驚きの連続です→札幌生活も6年になりました。北海道の花に魅せられて花追人に変身中。
by fafaccio-Hokkaido
タグ
(290)
(280)
(179)
(135)
(105)
(85)
(81)
(80)
(77)
(62)
(36)
(24)
(24)
(21)
(17)
(16)
(7)
(6)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
★札幌市内
 ├近所&自宅での出来事
 ├琴似発寒川
 ├大通・札幌駅・すすきの
 ├円山・藻岩山・大倉山
 ├公園&花の名所
 ├美術館
 ├定山渓・豊平峡
札幌近郊圏(北広島・恵庭)
小樽&仁木&積丹
石狩
千歳・支笏湖・苫小牧・白老
室蘭・登別・洞爺湖
ニセコエリア
空知エリア
富良野&美瑛&旭川&大雪山
増毛・留萌エリア
日高エリア
十勝エリア
道東エリア(釧路・阿寒)
オホーツクエリア
知床エリア
道北(宗谷)エリア
道南
2006フランス
2007チェコ
2009イタリア
2009ニューヨーク
2011ソウル
2011京都
帰省編
*自己紹介


北海道ガーデン
を旅する


札幌・近郊
ぶらりhanaめぐり


北海道生活


鉄道で旅する北海道


*以前のブログ

*海外旅行編

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ




以前の記事
2013年 05月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 10月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧
さいた、さいた、さくらのはなが
d0117900_1221582.jpg
大通公園内で、何だか遠目に見えてもうっすら全体が赤みがかった木があったので近寄ってみたら咲いてたよ〜!サクラの花がとうとう咲いたよ〜。
d0117900_1284235.jpg
可愛いなぁ。
d0117900_133173.jpg
桜の木の更に高い位置ではコブシの花が咲いている。
d0117900_1343787.jpg
そして桜の木の足元ではレンギョウの花も咲いている。
レンギョウって春の陽射しの塊みたいで眩しい。
d0117900_1365797.jpg
これは何の蕾かわかるかな?多分、道外の人はまず見た事がないはず。

私も最初に見た時は、枝の先に芽なのかアスパラの穂先みたいなのがついているんだろう?って不思議に思って近寄ってしげしげと観察。
あ!これはライラックの蕾だ!と気づいて何だか嬉しくなっちゃった。
まだ小指の先位の大きさなんだけど、粒々が揃ってて可愛いね。
大通公園のライラックの写真はこちら。


blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2009-04-30 01:21 |  ├大通・札幌駅・すすきの
大通公園にトウキビワゴンがお目見え
いよいよ大通公園にトウキビワゴンが登場した。
d0117900_0345819.jpg
トウモロコシの旬は夏なので、まだまだ冷凍物だけどそれでも美味しそう。
ベンチに座って焼きトウモロコシを美味しそうに齧る人達につられてなのか、皆ついつい買ってしまう。

d0117900_0413340.jpg
お客さん待ちのベロタクシーも見かけるようになった。
d0117900_042438.jpg
あんまりじっくり見た事もなかったので遠目で観察。
d0117900_0452166.jpg
そしてとうとう噴水が始まった。何と半年ぶり!
もう噴水の水も凍る心配がない季節になったのねぇ。

でもこの日はまだまだ寒くて10℃にも達しない一日だった。ぶるぶる。風も強かったしね、寒かった〜。

色とりどりのパンジーで彩られた花壇にベンチ、芝生の上でくつろぐ人達、そしてトウキビワゴンに噴水、テレビ塔の周りに停まっているたくさんの観光バス。
いよいよ北海道も観光シーズンの幕開けだ!


d0117900_0572032.jpg
大通公園9丁目のプレイスロープ。
ここと8丁目にあるイサムノグチ作のすべり台「ブラック・スライドマントラ」いつか滑ってやろうとチャンスを狙ってるんだけど
当然ながら子供たちに大人気の遊具なので、子供たちがいつもいる。
さすがに子供に混じって一人遊ぶのはキツイので出来ないでいるんだけど・・。


blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2009-04-28 00:00 |  ├大通・札幌駅・すすきの
豊平公園のカタクリとエゾエンゴサクの群生
豊平公園でカタクリとエゾエンゴサクの群生が見られるというので行ってきた。

豊平公園って遠くてバスでしか行けないのかと勝手に思っていたら、大通駅から地下鉄でたったの三駅、しかも豊平公園駅で降りてすぐだった。
<
普段、東豊線に乗らないせいもあるけど、東豊線の駅で知ってるのは豊水すすきのと福住くらいだなぁ。
d0117900_0442483.jpg
だだっ広い公園という訳でもなく(北海道にしては、という事)手頃な広さの公園だった。

公園に白樺があるところが北海道らしい。
今では何とも思わなくなったけれど、こっちに来た当初は、白樺は高地に生えているもの、という観念しかなかったので
平地の公園や街路樹や庭先にあるのがどうしても違和感を覚えて仕方なかったっけ。

園内をてくてく歩きつつ周りにそれらしき所がないが注意を払っていたが見つからず、園内中央にある緑のセンターで地図を貰う。
野草園という所にあるらしい。
d0117900_0552959.jpg
野草園の看板を見つけると同時に遠くにうっすら紫がかった場所を発見。

カタクリとエゾエンゴサクがかなりの密度で咲いていて見事だ。
d0117900_0593852.jpg
先日はカタクリのおひたしに挑戦して見事夫婦揃って腹を壊したのに、それでも憎めない存在。
これがそこらの草なら、「くぅ〜!お前のせいで・・・!」と憎しみを抱くんだろうけど
この花相手だと「恐れ多くも食べた罰があたりました。悪ぅございました。」という気分になる。

まぁこれらの花を見て、お!美味しそうなカタクリじゃない!と色めきたってしまうようにならなかっただけ良かったかな。
d0117900_1104884.jpg
それにしても見事な群生でございます。
d0117900_1144872.jpg
カタクリとえぞえんごさく、どちらも20cmに満たない程度の花なので撮るのはなかなか大変。

d0117900_118421.jpg
みんな地面にへばりつくようにして撮っている。
d0117900_1185948.jpg
しかもカタクリはひっそりと俯いて咲くもんだから、いっその事、横になって花と同じ目線になりたいくらい。
d0117900_119987.jpg
エゾエンゴサクはカタクリの引き立て役なのかエゾエンゴサクがカタクリの引き立て役なのか判断つかない位、絶妙な色だ。
d0117900_1194548.jpg
こういう色の洋服が似合う人は絶対に美人さんだ。

d0117900_1195599.jpg
一言で青、とか何色、とは言えない。
もうこれはエゾエンゴサク色、とでも呼ぶしかない美しい色合い。
実はカタクリよりエゾエンゴサクの方が好きだなぁ。
個体によってもグラデーションの様子や色合いが微妙に違って、どれを見てもはっとする美しさがある。
d0117900_1201012.jpg
野草園内にある群生地の大きさはこんなもん。別に広いわけじゃない。
でも山地の群生地だと斜面だったりしてなかなか厳しいものがあるけれど、ここはお散歩ついでに見れます。
d0117900_1305023.jpg
同じ野草園の別の枠内に咲いていた花。
まったく、雪が何メートル積もろうが、春になれば花開くっていうのは凄い事だ。
d0117900_1425237.jpg
園内にあった「ムスカリの小径」
チューリップはまだまだ何色が咲くかもわからないほど固く小さな蕾だったけれど、ムスカリは少しずつ咲いていた。

有名な百合が原公園のムスカリの小径に比べると小規模だけど、きっと咲いたら綺麗なんだろうな。
咲く頃に覚えていたらまた来ようかな。
d0117900_1461955.jpg
何と園内の一本の梅の木のこの一つだけ花が咲いていた。
早いなぁ。

北海道では不思議な事に桜よりも後に梅が開花する。(何でだろう)
二月末に帰省した時、関東は梅が満開だったけど、その開花前線も未だ到着していないのかと思うと
改めて私って北に、それも随分遠くにいるんだなぁって思う。


blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2009-04-24 00:00 |  ├公園&花の名所
続々と山菜が・・・
八百屋さんの店頭には色々な山菜が並ぶようになった。
八百屋さんだけでなく、道端でもほっかむりをして日に焼けたおばあさんが、恐らく山で採ってきたと思われる山菜をカゴに盛って売っている。

昨日、初挑戦したカタクリのおひたしはお腹を壊し撃沈したけど、それはそれで良い経験になった。

今日は北海道では超メジャーな山菜を買ってきた。
d0117900_19171021.jpg
ヒトビロ、アイヌネギ、行者ニンニクなどと呼ばれている。
一束100円。


春の山菜として恐らく道民から一番愛されているのではないか?と思う。
周りの人に食べ方を聞いてみると、それぞれ皆、熱く語ってくれる。
卵とじで食べるのが好き、という人。家族総出で山で一年分採ってきて冷凍保存しジンギスカンの時に一緒に食べるという人、
シンプルにおひたし、バター炒めがいい、天麩羅最高、いやいやミジン切りにして醤油漬けにして冷ややっこにかけると美味しいよ
と、とにかく各家庭こだわりがあるようだ。
山に行者ニンニク採りにいった人が熊に遭遇して殺された、などというニュースが流れるのもこの時期か。

味は葱とニラとニンニクの合いの子みたいな感じかな。 まぁ強烈な匂いである事は間違いなし。

栽培ものが多く出回っているけど、やっぱり山で採ってきたものにはきっと味も香りもかなわないんだと思う。

山菜、次は何食べようかな。



blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2009-04-22 00:00 |  ├近所&自宅での出来事
春の妖精の救出劇
d0117900_20142536.jpg
綺麗でしょう〜。
花屋じゃなくて八百屋で買った片栗の花。

昨日、八百屋のおばさんに勧められるまま勇気を出して買ったカタクリ。
買ってみたものの、その晩はおひたしよりもサラダがあう献立だった。
普通の葉物、ほうれん草や水菜などに比べて葉がしおれていく速度が早いようだ。
濡れた新聞紙などに包んでビニール袋に入れて冷蔵庫に仕舞うのは面倒だったので、とりあえず水を入れたコップに突っ込んでおいた。

夜も更けて、明日のお弁当の為にお米を研ごうと台所に立った私の目に入ったのは・・・可憐に咲く一輪の花。
全て萎れているとばかり思っていたのに・・・。

そして翌朝、一輪どころか蕾まで甦ってピンと垂直にその存在を主張してるではないか。

もう駄目だぁ〜、とてもじゃないけど萎れた花ならいざしらず、咲いているこれらの花、
そしてこれからまさに咲こうとしているものは食べる気にはなれないや、と固まりの中から選り分けた。

という事で、これらは観賞用にする事にしました。
だって蕾から花開くところなんて見た事ないもんね。


blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2009-04-21 00:00 |  ├近所&自宅での出来事
春の妖精を喰らう
さて問題です。
この野菜は何でしょう?
d0117900_20324312.jpg


答えはコチラ↓
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2009-04-20 00:00 |  ├近所&自宅での出来事
大通公園の衣替え
d0117900_132553.jpg
今日大通公園を通ったところ、すっかり春夏仕様に切り替わっていた。
具体的に言うと、ベンチが設置され(秋も終わる頃には全てのベンチが撤去される)花壇にはパンジーが植えられていた。
噴水はまだだったけれどね。


雪まつりが終わると、大通公園は元は雪像だったその大量の雪とぬかるんだ泥水が大半を占める鼠色の空間になってしまう。
もっとも3月の雪解け時期は大通公園に限らず地上には至るところコーヒー牛乳のような水溜まりだらけだし、
路肩の雪もその飛沫のせいで日に日に薄汚れていく。

そして雪の下からはたくさんのゴミや落ち葉がお出ましになるのだ。これには毎年ガックリだ。
ゴミ置き場周辺は特にひどい。カラスが散らかしたゴミの上に雪が積もる→あら何も無かったかのように真っ白
→またカラスのせいでゴミが散乱→またその上に雪が積もる。
そして雪解け時期になると何層も堆積したゴミのかけらが一挙に出てくるというわけ。


だからもし3月の大通公園を見て「大した事ないところだな。」と思ってしまったとしたら、それは大通公園が可哀想ってもんです。

寝起きでスッピン、目やにまで付いちゃっておまけに髪もボサボサみたいな不本意な姿なので
私は雪まつり後から今日に至るまで大通公園に対して知らんふりをきめてました。

なので今日の鮮やかな変身ぶりには痺れたし、本当に冬が去ったんだなぁと実感出来たよ。
今日の大通公園には私と同じように待ち望んでいた市民でいっぱいだった。
皆、早速ベンチに座って日向ぼっこをしたり芝生の上で遊んだりと思い思いに過ごしているのを見て
やっぱりこうじゃなくちゃね!と一人嬉しくなった。



blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2009-04-18 00:00 |  ├大通・札幌駅・すすきの
星置緑地の水芭蕉
昨年も行った星置緑地の水芭蕉が見頃になったようなので、今年も行ってきました。

今年はもっとズームで撮りたいと思ったので、300mmの望遠レンズを持ち三脚も持っていったんだけど・・・
今まで三脚なんて買ったは良いもののほとんど使った事もなく
夫に持ち運んでもらい、夫に調節してもらっていたので、
三脚の基本的な使い方さえマスターしていない事に現地で気づき愕然。

前後左右に動かす事さえままならず悪戦苦闘する羽目になった。


そして操作方法を理解していない私が悪いのに、思うように動かないと
「この三脚、ちょっとおかしいんじゃないの?!」とすぐモノのせいにする私なのだった。
2007年の 初めて一眼レフを持って富良野に行った時や、
一眼レフに慣れる為カメラと説明書と入門書を持って百合が原公園へいった時と全く成長がないというか、
相変わらず人間が出来ていない事を再確認。
d0117900_22233498.jpg

d0117900_22241197.jpg
恥ずかしながら、札幌に来るまでは水芭蕉が早春の花だとは知らなかった。
だってほら、水芭蕉と言えば有名なあの歌、
「夏がくーれば思い出す〜♪」の「夏の思い出」では夏の尾瀬に咲いているって言うじゃない。
それに水芭蕉なんてこっちに来るまで見た事なかったしね。
<
d0117900_2228492.jpg
でも実は「水芭蕉が尾瀬沼で咲くのは実際には5月末ごろで、尾瀬の春先にあたる・byWikipedia」らしい。
d0117900_22311653.jpg
星置緑地はJRの線路脇にある小さな湿地帯で周りは住宅地。

d0117900_2332992.jpg
先程の尾瀬じゃないけど、わざわざ遠出しなくても札幌市内で見れるってスゴイなぁと改めて思う。
装備も必要ないし、入山届もいらない。


d0117900_2341575.jpg
四角いコンクリートで囲まれた一角から湧き水がこんこんと湧いていて、
その湧き水の元へとやってきて水を飲んでいた。違いの解るカラスらしい。
d0117900_23413559.jpg
水芭蕉と並んでエゾリュウキンカも咲いていた。
d0117900_2342747.jpg
この花は二年前のGWにエゾエンゴサクという花を見に、わざわざ浦臼まで行った時
山裾部分の雪解け水が溜まった窪地にたくさん咲いているのが車窓から見えたっけなぁ。
あの時は初めて見たもんだから名前も知らなかったし、もっと近くで見てみたい!と食い入るように見ていたっけ。
学園都市線という都会的な名前のくせに超ローカル線なんだけど、
その路線沿いには、水芭蕉とこのエゾリュウキンカが延々と咲いていた事を思い出す。
d0117900_23422793.jpg
エゾリュウキンカ、他にもどこかで見た記憶があるなぁと思い、
帰宅してからゴソゴソ六花亭の包み紙を探したところ、ほら!この通り。
d0117900_23424220.jpg
可憐なキクザキイチゲ。青いものもありました。
d0117900_2344632.jpg
今日は陽射しはあったけれど、風は思いのほか冷たくて手がかじかんでしまった程だった。
帰り道は念の為に持ってきた毛糸の手袋にお世話になってしまったのだけど、それでも確実に春です。


blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2009-04-16 00:00 |  ├公園&花の名所
今年初めてのタンポポ!
d0117900_2352517.jpg

タンポポが咲いた事でさえ自分の中のニュースになってしまう。
タンポポをわざわざ撮るなんてなぁ、と自分でも可笑しくなってしまったけれど
それでも今年初めて見たタンポポは愛おしい存在だ。

こっちに来てから、私は自分の中で「春のスタンプラリー」というべきものを心の中に持っていて
それは雪が溶け始めた!という事から始まって、琴似発寒川の氷が溶けた、とか
長靴から普通の靴(裏がツルツルの)でもOKになった、 自転車に乗れるようになった、
緑の雑草を見かけた、フキノトウが現れた、 雪じゃなくて雨が降るようになった、
クロッカスが咲いた、福寿草が咲いた、とチェック項目がいっぱいの帳面を片手に必死になって春を追っているんだと思う。

それは春というものの身震いしてしまう程の冷たい空気にさらされる度に
あっという間に白い世界に連れ戻されしまうような心もとない気分にさせられるからかもしれない。
d0117900_052532.jpg
近くではエゾエンゴサクも咲いていた。


blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2009-04-16 00:00 |  ├近所&自宅での出来事
桜や梅よりも先に・・・
クロッカスや福寿草に続いて開花パレードに加わったのは・・・
d0117900_21281247.jpg
ツツジです。

エゾムラサキツツジっていう名前がついている位なんだから、本州じゃ咲いてないんじゃないのかな?
しかしまぁ、ツツジって本州だとGW頃咲く初夏のイメージがあるんだけど、
この花ときたら桜よりも早く、梅よりも早く咲いてしまうんだから何だか調子狂ってしまう。
こっちじゃこのエゾムラサキツツジはきっと春を告げる花なんだろう。

もちろん本州でも馴染深いサツキやツツジは5月下旬から6月にかけて咲いていた記憶があります。


blogランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2009-04-14 00:00 |  ├近所&自宅での出来事