初めて見るもの、食べるもの、北海道生活は驚きの連続です→札幌生活も6年になりました。北海道の花に魅せられて花追人に変身中。
by fafaccio-Hokkaido
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
タグ
(290)
(280)
(179)
(135)
(105)
(85)
(81)
(80)
(77)
(62)
(36)
(24)
(24)
(21)
(17)
(16)
(7)
(6)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
★札幌市内
 ├近所&自宅での出来事
 ├琴似発寒川
 ├大通・札幌駅・すすきの
 ├円山・藻岩山・大倉山
 ├公園&花の名所
 ├美術館
 ├定山渓・豊平峡
札幌近郊圏(北広島・恵庭)
小樽&仁木&積丹
石狩
千歳・支笏湖・苫小牧・白老
室蘭・登別・洞爺湖
ニセコエリア
空知エリア
富良野&美瑛&旭川&大雪山
増毛・留萌エリア
日高エリア
十勝エリア
道東エリア(釧路・阿寒)
オホーツクエリア
知床エリア
道北(宗谷)エリア
道南
2006フランス
2007チェコ
2009イタリア
2009ニューヨーク
2011ソウル
2011京都
帰省編
*自己紹介


北海道ガーデン
を旅する


札幌・近郊
ぶらりhanaめぐり


北海道生活


鉄道で旅する北海道


*以前のブログ

*海外旅行編

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ




以前の記事
2013年 05月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 10月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧
ミミに会いに
そういえば、四日ほど実家に帰省してたんだ。
20年生きたネコのミミがとうとう7月12日に老衰の為死んでしまい、
その納骨が8月22日だというのでそれに合わせて帰ったのだった。

父からメールで連絡が来たのだけど、亡骸も見てないので全く実感がなくて
帰ったらミミがいるような気がしていたけれど、やっぱりいなくて小さな骨壷があるだけだった。

納骨する前にミミを見せてもらったけれど、骨になってもミミはミミでどこまでも可愛らしく
チャギチャギとした小っちゃな前歯と
くっくしてきた頭骨のカーブがまさしくミミだった。
(頭を私達の体に押し付けながら擦り寄せる事を我が家ではくっくと言っていた)

三毛猫だったので、骨になる前に母が一部切り取った三色の毛と、焼いた後に残った真っ白な爪が私の手元に残った。
(係の人が骨は駄目だけど爪はいいと言ったそうだ)

20歳なので大往生だし、苦しまずに逝ったそうだ。
ここ一、二年寝たきりで両親がかかりっきりで介護(まさしく介護そのもの)していた。

亡骸の周りをお花でいっぱいに飾った写真を見ると本当に眠っているようで
お花に囲まれたミミがまた可愛くて可愛くて、札幌ではそれを飾っている。

2008年の2月にミミが危ないというので帰省してからもう一年半も経つ。
良く生きてくれたもんだ。
生まれた時からさほど丈夫でもなく、これまで二回程危篤状態になった猫なので、こんなに長生きしてくれるとは思ってもいなかった。

札幌に来てから帰省し、再び札幌に戻る度に、生きているミミに会えるのもこれが最後と思って戻ってきていた。
でも今回戻る時、もうそんな思いもしなくていい事に気づいた。

[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2009-08-22 00:00 | 帰省編
北竜のひまわり
※これは8月9日の出来事です。



d0117900_11241497.jpg

北竜のひまわりへ行ってきた。
毎年、行きたいなぁと思っていたけれど車がないとなかなか難しい場所で
バスだのを乗り継げば行けるのだけど、そこまで行くのも面倒・・・という感じで見送っていたのだ。
「北竜ひまわりIC」で降りて向かったけれど、北竜ひまわりICで降りるよりも一つ手前の沼田ICで降りた方が近かった・・・。

道路脇のひまわりが見頃だった。ひまわりの里よりもここが一番きれいだったな。
d0117900_113253.jpg
駐車場から一番手前の展望台のあたりはまだまだ・・・。
ここが見頃を迎えたら綺麗だろうなぁ。
d0117900_11325946.jpg
その奥にある展望台からの眺め。

d0117900_11341283.jpg
何故かダチョウがいました。

全体的に見頃と見頃の狭間の時期に来てしまったようで圧巻!とまではいかずに残念だった。
d0117900_11352182.jpg
帰りに通った沼田町で見つけた「明日萌駅」
そんな駅ないよ!?と地図上を探したけどそれもそのはず、NHK朝の連続テレビ小説「すずらん」 で使われた架空の駅だそう。
元々はJR留萌本線の恵比島駅という駅だったらしい。
この駅が選ばれた理由の一つとして「昭和初期にあっては困るような現代的なものが駅周辺にはないこと」らしいけど納得。何もありません。
d0117900_1139875.jpg
近くにある中村旅館。これもロケで使われたようです。



一ヶ月以上もこの北竜をアップしなくちゃ、しなくちゃ・・と思いつつも放置してました。
お出かけ熱が洋裁熱に変わり、暇さえあればミシンに向かう日々でした。
今は洋裁熱も冷め、(早!)10月に両親と行くイタリアの個人旅行の下調べでいっぱいいっぱい。
万遍なく何事もこなすという事が出来ないタチだなぁと改めて自覚してます。
9月の連休は久しぶりにどこかに行く予定だけど、何も決めてないし・・。

人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2009-08-09 10:56 | 空知エリア
支笏湖畔でのんびりと
札幌から一時間程度のところにある支笏湖に行ってきた。
車で向かう途中、バーベキューしようよ!と夫が言うので適当なスーパーに入り、肉やら箸やらを調達。
バーベキューコンロなどは車にあらかじめ積んであるらしい。

夫の予定では私を美笛キャンプ場へ降ろし、私はそこでのんびりビール飲みながらでも読書をしている間
自分は釣りざおを持って、支笏湖畔のあちこちで釣りをするはずだったけれど
美笛キャンプ場は着いた時には満車&満員で入場さえ出来ない始末だった。

d0117900_8102728.jpg
仕方ないのでモーラップキャンプ場へと移動した。
夫はあちこちで釣り、を諦めたようだ。
d0117900_8115511.jpg
ボートに乗りたいと私が言ったので、貸しボートに乗った。
私達の前にボートに乗り込んだご夫婦が、釣りざお片手に乗り込んだのを見て
夫も釣りざおを取りに車へ戻り、釣りざお持参でボートに乗った。
ボート屋のおじさんによると、ブイの辺りから急に深くなるのでその断崖部分を魚が回遊しているらしい。
d0117900_8132438.jpg
何だか外国の湖畔のようじゃない?スイスとか。
湖畔の建物がいい感じ。
d0117900_81350100.jpg
キャンプ場にはびっちりとテントが張られていた。
湖畔で泳いだり遊ぶ子供たちがいっぱいだ。
水は決してぬるい訳でもなく、ボートの上から手を浸しているとひんやりと冷たくて気持ち良かった。

泳いでいる様子を見ると、どうやら遠浅なわけでもなく湖畔から1m程度で大人の胸位の深さに達するようだ。

支笏湖は最大水深は、360.1mで田沢湖についで全国二位らしい。
透明度もかなり高いらしく、確かにボートの上から湖底の砂の一粒、水草の一本一本までくっきりと見える。
でも湖畔から近いところでもいくら覗いても何も見えなくなる所があって、落ちたらどうしよう、と怖くなった。
d0117900_8141936.jpg
一時間半ほどボートに乗っていたけれど、釣りの成果はなし。
まー、こんなもんでしょ、と思っていたので特にガッカリしなかった。
d0117900_8151262.jpg

d0117900_8152410.jpg

d0117900_8161995.jpg
テントだらけの湖畔で空いているスペースを探しバーベキューをする。
私はビールで乾杯、夫は気分だけでもと
キリンのアルコール0%のニセビール飲料を飲んだけどすっごいマズイ!!と顔をしかめる夫だった。
どれどれと私も一口飲んだけど、確かにビールからは程遠く、甘苦い微妙な飲み物って感じだった。

キャンプもしないでバーベキューをしているのは私達だけだった。
キャンプいいなぁ。やってみたいぁ。

ヘキャンプ場もいっぱいあるし、やってみたい気分になるのは夫も一緒のようだ。
「来年も北海道にいたらキャンプセット買フ早いのね〜。

d0117900_8163178.jpg
カメラを撮り出し構えているうちにみるみると雲に沈んでいってしまった。

d0117900_8164460.jpg
帰り道、湖畔に面したクネクネ道を走っていると、
テトラポットの上に立って釣りをしている人達を何人か見かけた。
確かに湖面には魚がいるらしく、たくさんの輪っかが浮かんでは消え、浮かんでは消えるのが見える。

空いているスペースに車を止め、再び釣りをする夫。
私も覗いて見ると確かに体長15cm程度の魚が何匹も見えた。゚る。
気づいた寝ていたらしい。

Rの赤い水玉模様が出来ていた。
あんな水辺で無防備に晒した脚は、蚊にとって格好のご馳走だったに違いない。


人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2009-08-08 00:01 | 千歳・支笏湖・苫小牧・白老
カープvsジャイアンツ@旭川・スタルヒン球場
今日は旭川まで行ってきました。
旭川スタルヒン球場で読売ジャイアンツ対広島東洋カープの試合があるのだ。
13時半試合開始なのでせめて二時間前には着いていようと、朝8時過ぎには家を出た。

平日なのでETC割引もないから、下で行くつもりだったけれど、
理解不可能な運転をする車が多すぎて、夫が心底ウンザリしてしまい三笠から高速に乗った。
旭川ー札幌間は毎回高速に乗らないと決めているにも関わらず
ウィンカーを出さずに割り込んでくる車がいたり、突然止まったかと思うと曲ったり、
制限時速を大幅に下回るスピードで延々と一本道を走ったり(譲る気配なし)
と余りにもマイペースな車が多すぎて、耐えきれず三笠や奈井江辺りで高速に乗る羽目になる。
夫は運転する度に、北海道流の運転マナーに呪いの言葉を吐いている・・・。
しかしどうにかならんのか?!運転免許を持っていない私でさえ、唖然とする事が多い。


旭川へは11時頃に着く事が出来たので、カープ選手の試合前の練習をたっぷりと見る事が出来た。
d0117900_0132420.jpg
久しぶりの屋外球場。神宮球場以来だ。
やっぱり野球は屋外だよねーと夫と言いあう。

今日は北海道らしい暑さで陽射しはきつく汗が吹き出る。
おかげでビールの美味い事!
でも日陰に入ったりお日様が雲に隠れたりすると、先程の暑さが嘘のように爽やかな空気が流れる。
でもまともに陽射しを浴びていると いくら飲んでも汗となって出てしまうので何杯でも飲めてしまう。
どんどん積み重なっていく紙コップの山。
夏よ、ばんざーい!


いつもは私がカメラ小僧なんだけど、今日は夫がカメラ小僧となって沢山の写真を撮っていた。
という訳で、カープファン以外にとっては何これ?という写真ばかりです。
d0117900_10232972.jpg
カープ投手陣。

スクイズを想定した練習らしく、ボールを取り損ねた横山が、コーチからどやされたところ
「こんなボール、スクイズ違うし・・!!」とかなんとかぼやいていたのが笑えた。
個人的には今年のルーキー・小松が好きです。右から三番目。
d0117900_10274688.jpg
本日の試合のキーマンとなった永川・・・。
カープの守護神でございます。
マウンド場では意図的に怖い顔をしているらしい永川も練習時には笑顔。
八重歯?が意外とチャーミング。
左は男前の長谷川。一軍に戻ってきたんだね。
d0117900_1030211.jpg
我らが四番・栗原。
ゴツイねー。
d0117900_10305844.jpg
9番・緒方。
d0117900_1032694.jpg
今年は残念ながら活躍していない55番・嶋。
2004年の首位打者でもあります。
d0117900_10343088.jpg
64番・会澤。キャッチャーです。
正捕手・石原がいるけれど、先日の試合でプロ入り初スタメンでマスクを被りました。
じっくり顔を見た事がなかったけれど、精悍な顔してますね〜。
d0117900_10371298.jpg
25番・石井琢朗。
d0117900_10374049.jpg
12番・小窪。もっともっと活躍して欲しい選手です。
d0117900_10381679.jpg
すんごい笑顔の東出。
ピンチを切り抜けた後だったか。
d0117900_10385569.jpg
ルイス。
ルイスは今日、良く頑張りました。
d0117900_10394540.jpg
ルイスーシュルツに続いて9回抑えに出てきた永川。
二点差で勝っていたけど、試合が終わるまでハラハラドキドキだ。
このまま勝って終わる!と永川を見つめるカープファンと諦めムードのジャイアンツファン。
しかし・・・!亀井に同点となるツーランを打たれ・・・試合は延長戦へ突入。
d0117900_1042138.jpg
スゴスゴ・・・。カープファンは呆然&やっぱり。(やっぱりと思ってしまうところが哀しい)
d0117900_1043247.jpg
最終的には横山がまたしても亀井に二打席連続HRを打たれ負けました。
横山は責められまい。

しかし、このしなり具合・・。真似しろと言われてもムリ。

今日は勝ったなと思ってただけに悔しさ倍増で、試合が終わった後、どっと疲れが込み上げてきたよ。


でもね、今日ものすごく間近で見て思ったんだけど、プロってスゴイなぁって思った。
延長戦に入ってネクストバッターズサークルで黙々と素振りをして集中している栗原(四番)を見て
球場にいるファンはもちろんの事、ここには来れなかったファンの期待や
敵からの野次も含めて全ての視線が集まる中、自分の仕事をするのは並大抵の精神力ではないと思った。
普段のTVや豆粒サイズでの観戦は、どこか遠い絵空事のように思えるけれど
汗の粒まで見えるような目の前で見ると同じ人間としての違いを感じた。
それをはねのけて、更に結果を出すからこそプロだ、と言われたら確かにそうなんだけど、並大抵の事じゃないよね。


8/5は札幌ドームに行ったけど、先制しては追いつかれの繰り返しで延長戦に突入し、引き分けに終わった。
マエケンは好投していたのにな〜・・・。
勝利の女神は裾を翻し去ってしまった二日間だった。




人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2009-08-04 00:01 | 富良野&美瑛&旭川&大雪山
ニセコ・雪秩父と尻別川
一昨日、昨日と晴れたので一安心していたのに、またどんより空となった札幌。

今日は富良野の麓郷に行ってかなやま湖を抜けて新得へ行こうと思ってたのに
こんな天気の中、行っても仕方ないと諦めた。

そういえば、メイマルシェという野菜市場が日曜日開催だったっけと思い、夫に連れていってもらう。
メイマルシェはマーカス・ボスさんというドイツ人シェフがやっているお店だ。
ところが、10時半頃着いた時には完売状態。そして近隣の道路の両脇はずらりと路中だらけ、レジ前には長蛇の列。
10時開店なのだけど、完全に出遅れたらしい。
何だか凄まじい様子にすっかり恐れをなしてしまった。

もういいよ、どっか温泉に行こうよ、という事になりそのままニセコに向かう事にした。
ところがニセコは霧に包まれていて、景色どころじゃなかった。
五色沼温泉の辺りから雨が降り出す始末。
でも雨に打たれたって温泉は楽しめるさ、と雪秩父へ向かう。

雪秩父は国民宿舎、それも古いタイプの宿舎なので、「何だか怪しいよ。」と建物を前にびびる夫。
でも温泉は素晴らしかった。硫黄泉と鉄鉱泉の二つが楽しめる。
硫黄泉の立派な露天風呂に誰も入ってなかったので「独り占めできるぞ。」と思い入ろうとしたら、もんのすごく熱かった。
思わず「あっつーぃ!!」と叫んでしまった程で片足首を入れただけで断念した。
硫黄泉の泥風呂もあったので入ったけれど、あまり気持ちのよいものでもない。
泥風呂から出たら、体が灰色になってしまった。

d0117900_23224534.jpg
雪秩父のすぐ近くにある大沼湯。露天風呂からも見える。
雪秩父はこの大沼湯を源泉としている。

雪秩父のHP
温泉を出た後は尻別川沿いを走る。
蘭越を通った時に街の茶屋という綺麗な建物があったので立ち寄った。
農産物の直売や蘭越の特産品でもある米を使ったおにぎりや釜飯などを食べる事ができる所だったので
ここでトマトと青南蛮を買い、おにぎりを食べた。
観光案内所も兼ねているらしく、沢山のパンフレットを手に入れる。
蘭越・街の茶屋のHP

更に車を走らせていると「フィッシュアンド名駒」という看板が見えてきた。
さっき立ち寄った蘭越の街の茶屋で割引チケットを手に入れていたし、他にやる事もなかったので行ってみる事にした。

プレハブ小屋みたいな建物で個人的なコレクション展示みたいなやつだったらどうする?
と冗談を言っていたら、やがて見えてきたのは驚く程立派な建物。

d0117900_23312693.jpg
でもどう見てもお客さんいなそう・・・。
「開館中」と貼ってあるにも関わらずほんとにやってるの?!と心配になってしまう雰囲気が漂ってる。

入ってみたら案の定、誰もいなかったし、 経費節減の為か消灯していたので、私達の入場と共に電気がついた。
だから何か薄暗かったのか。
トイレに入ったら、これまた綺麗で凝ったデザインのトイレだった。

展示物は尻別川での釣りに興味がある夫にとってはなかなか楽しめたようだ。
私は1回50円の釣りゲームを楽しむ。
馬鹿な私は割引チケットにあった「模擬釣り体験ができるゲームもある。」みたいなのを読んで
すごいなぁ、そんなのをこの施設用に開発しちゃったんだと感心していたのだけど、
何てことないセガのゲーセンにあるようなゲーム機だった。

その後は蘭越の道の駅とニセコの道の駅に立ち寄り、男爵とメロンとニンニクとししとうともち米を買って帰宅した。
新ジャガの季節になったらまた来よう。



人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2009-08-02 00:00 | ニセコエリア
今日もビアガーデン
今日は夕方からビアガーデンに行った。
夕方の時点で開いている席がなかったので、芝生の上に座って飲む。
次から次へと人がやってくるので芝生の上もやがて人でいっぱいになった。
芝生の上でビールを飲むっていうのもピクニック気分でいいなぁ。


人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2009-08-01 00:00 |  ├大通・札幌駅・すすきの