初めて見るもの、食べるもの、北海道生活は驚きの連続です→札幌生活も6年になりました。北海道の花に魅せられて花追人に変身中。
by fafaccio-Hokkaido
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
タグ
(290)
(280)
(179)
(135)
(105)
(85)
(81)
(80)
(77)
(62)
(36)
(24)
(24)
(21)
(17)
(16)
(7)
(6)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
★札幌市内
 ├近所&自宅での出来事
 ├琴似発寒川
 ├大通・札幌駅・すすきの
 ├円山・藻岩山・大倉山
 ├公園&花の名所
 ├美術館
 ├定山渓・豊平峡
札幌近郊圏(北広島・恵庭)
小樽&仁木&積丹
石狩
千歳・支笏湖・苫小牧・白老
室蘭・登別・洞爺湖
ニセコエリア
空知エリア
富良野&美瑛&旭川&大雪山
増毛・留萌エリア
日高エリア
十勝エリア
道東エリア(釧路・阿寒)
オホーツクエリア
知床エリア
道北(宗谷)エリア
道南
2006フランス
2007チェコ
2009イタリア
2009ニューヨーク
2011ソウル
2011京都
帰省編
*自己紹介


北海道ガーデン
を旅する


札幌・近郊
ぶらりhanaめぐり


北海道生活


鉄道で旅する北海道


*以前のブログ

*海外旅行編

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ




以前の記事
2013年 05月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 10月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧
いまだ雪が降りました
もうすぐ5月になろうっていうのに・・・
札幌には雪が降った。


[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2010-04-28 11:59 |  ├近所&自宅での出来事
オホーツクからの帰り道に遭遇したもの・オホーツクの旅その6
夫の友人から「毛蟹を送って欲しい。」と頼まれていた。
どうせなら雄武(オウム)から直送してあげたかったのに、友人は三日間家を空けるので
茹立て毛蟹の類いはNGで、冷凍毛蟹が良いと言う。

むむむ・・冷凍?!毛蟹は沢山あるけど、旬だからこそ冷凍品なんてどこにも見当たらないのだ。

雄武の漁業組合直売所で四日後に到着指定出来ないか聞いたら、
出来るけど、今日のお祭り価格ではなく、通常価格となってしまうと言う。
(店員さんは後日発送に何故か消極的だった。)

じゃ、更に北上して同じく毛蟹で有名処の枝幸(エサシ)はどうかな、
せっかくだから行ってみる?!とノリで向かう事にした
d0117900_10444465.jpg
しかし、雨・・・。
天気が良ければ楽しいドライブルートなんだろうが、変化のない道が延々と続く。
さっきはノリで枝幸へ!なんて盛り上がったけど、良く地図を見たら雄武から枝幸は50km以上もあるではないか。

良く考えたらさー、枝幸だって毛蟹の旬なんだから冷凍品なんてないよ
隣町だから近いと思ったけど、かなり遠いし、雨だし、やめよう!
と、途中で枝幸行きを断念する。
d0117900_10552759.jpg
北上をやめ、内陸部へと通じる60号線へ入る。
途中から雨が雪へと変わり、辺り一面真っ白の冬景色へと逆戻り。
まだ冬タイヤのままで良かった〜。
d0117900_10563317.jpg
なんかいる!
d0117900_1056507.jpg
鹿だ!どいて〜。
d0117900_1057886.jpg
行きでも鹿がかなりの近距離で横切った事があって、ヒヤッとしたけれど
今回も近づくまでなかなかどかなかったので、ヒヤヒヤしたよ。
d0117900_1125198.jpg
鹿がいっぱい。
d0117900_113208.jpg
d0117900_1152762.jpg
道路脇には廃屋や辛うじて原型をとどめているサイロが点在していた。
明らかに誰も住んでいないとわかるものから、
もしかしたら誰かまだいるのではないか?と思わせるような家まで様々だ。

誰もいないねぇ〜なんて言い合ってたところ、柵が張り巡らされた牧場らしきものが見えた。
あ、あそこはまだ人がいるみたい、牧場だよ。ほら、馬がいる!なんて指さしたんだけど、
近づいたら・・鹿だった。 まさにウマシカですね。。。

d0117900_11154790.jpg
ようやくここは廃村なんだ、と気づいた。
d0117900_1118672.jpg


朽ち果てた集落が続く道を延々走った末、内陸部の町、下川町へと出た時には人気があってほっとした。


名寄(なよろ)を通って、士別を通った時に夫が「お昼にジンギスカンでも食べていく?」と言った。
行きの際にもこの町を通ったが、羊が町のシンボルらしく、至る所で羊が描かれている。
「サフォークランド士別」という看板もあちこちで見る。

幻のサフォーク肉とも言われている・・・。そのサフォーク肉をせっかくだから食べていこう!と私もノリノリになる。

どこで食べれるんだろう??観光案内所があればいいんだけど・・と言いながらキョロキョロしていると
例の「サフォークランド士別」という看板が目に入った。
ねぇ、サフォークランドへ行けばレストランとかあるんじゃない?

d0117900_11182119.jpg
サフォークランドの看板に従って左折したんだけど、サフォークランドどころか行き止まり・・・。
そして、この雪山の量に驚く。
札幌も路肩へ除雪された雪山が出来るけど、こんな凄まじい山にはならない・・・
街路樹が埋まってます・・・

そしてここで、サフォークランド士別なるものは観光施設などではなく、
士別のイメージ名称なんだとようやく気づいた・・・。

気づいた時には士別の端にいて、サフォーク肉でジンギスカンは諦める事にした。
d0117900_11383836.jpg
夫が、今の看板見た?!と笑い出した。
良く見なかったというと、わざわざUターンしてこの看板へと戻ってくれた。

玉入れの町、わっさむ・全日本玉入れ選手権。
その下がふるってる。

運転はスローに、
玉入れはスピーディーに。


わはははは!!
d0117900_11422930.jpg
運転は慎重に、
玉入れは大胆に。



いやーウケた!ゲラゲラ笑っちゃった。
良い町だなー和寒。(これでわっさむ と読みます)
和寒といえば越冬キャベツの発祥地として知っていたけど、新たな一面を知ったぞ。

d0117900_11531021.jpg
d0117900_11532089.jpg
帰宅して早速、毛蟹をニはい食べました。

帰宅後、私がぐーぐー寝ている間に、毛蟹をほぐしてくれた優しい夫に感謝!
(700kmに渡る運転もありがとう!)



人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2010-04-25 10:31 | オホーツクエリア
雄武漁協 毛がに祭り オホーツクの旅 その5
雨にも負けず
雪にも負けず
蟹食う人に
私はなりたい。


朝から雨だった。しかもどんどん酷くなる。 息も真っ白でいつ雪に変わってもおかしくない。
「まさか雨天中止じゃないよね・・・。」と心配そうな夫。

紋別の道の駅でスタンプを押した後は、北上して紋別から40分程度のところにある雄武町を目指す。
(雄武と書いて、オウムと読みます。)

d0117900_21285852.jpg
この時期のオホーツク産の毛蟹は、海明け毛蟹と呼ばれる。
冬の間、オホーツク海は流氷で閉ざされるが、
その流氷がもたらした豊富なプランクトンをたっぷり食べて毛蟹は育つのだ。
そして、流氷が去った後、いよいよ毛蟹漁が解禁となる。
札幌のスーパーでもオホーツク産の毛蟹が並び始めるといよいよ春だなぁと感じて嬉しくなる。

雄武(おうむ)の毛蟹、といえばオホーツク産の毛蟹として有名だ。
夏は噴火湾、冬は十勝沖と毛蟹は各地で獲れるけれど、
私の中ではこの時期のオホーツク産毛蟹が一番だ。


着いたのはちょうど10時。祭りも10時スタートだ。
d0117900_2129379.jpg
会場は雄武の道の駅の前だ。
既に人でいっぱい、車もいっぱい。
駐車場は既に満車だが、整備員も特におらず、路駐だらけだ。
臨時駐車場もないらしく、どうしようもない。

開始早々、毛ガニが沢山入ったビニール袋を下げて帰る人もいて、出遅れたか!?と不安になる。
d0117900_2133384.jpg
行列の先に待っているのは山盛りの毛ガニ。

でも同じ毛ガニの列でも沢山の人が並んでいる列とそうでもない列がある。
その違いを不思議に思って、売り子のおじさんに聞いたら沢山の行列が出来ている毛ガニは茹立て毛ガニなんだって。
そしてそれに比べると余り並んでいない方の毛ガニは昨日茹でた冷蔵品なんだそうな。
d0117900_22543465.jpg
え?茹立て? じゃー、絶対そっちだね!と長い行列の後ろにつく。
どんな釜で茹でているのか観察しに行ったけど、湯気が凄くて何も見えず・・・
(茹でる際、巨大な木の蓋をしているのもあって何も見えず)
d0117900_2257944.jpg
さすが茹立て!熱々です。

毛ガニいっぱい1000円。自宅用に4ハイ購入した。
d0117900_22593844.jpg
こちらのモクモクはなんだい?
d0117900_2301833.jpg
うわ〜、蟹だらけの毛蟹汁だ。
d0117900_2314154.jpg
毛蟹だけじゃなくて、ズワイにタラバも入ってる。
毛蟹汁じゃなくて、三大蟹汁と呼ばせていただこう。
これは美味しいに違いないっ!
d0117900_2334342.jpg
三大蟹汁(1杯500円)を購入。
蟹の隙間に汁があるといった具合で美味しい事ったらありゃしない。
蟹は出がらし状態かと思ったら、ちゃんと旨味が残っていて、みんな無言で蟹と格闘中。

お天気が悪く、雨もかなり降っているので落ち着いて食べる事が出来なかったのが残念。
でも汁に入っていた蟹は綺麗に食べ尽くしたよ。
かなり食べ甲斐がありました。
d0117900_23103821.jpg
この毛蟹はどうするの?
d0117900_23112283.jpg
なんと「毛蟹の釣り堀体験」
小学3年生以下限定というのが実に残念。
私も毛蟹を釣ってみたかった!!




人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2010-04-25 00:01 | オホーツクエリア
オホーツクの味覚・ 紋別・味処 あづま オホーツクの旅その4
16時頃に興部(おこっぺ)のノースプレインファームで食べたせいか
20時近くになってもちっともお腹が空かなかった。

でもせっかく来たのに何も食べないで寝るのもつまらないので
前夜調べておいた味処あづまで軽く飲む事にした。
d0117900_2237411.jpg
紋別産のしじみを使った酒蒸し。
大粒しじみで味がぎゅっと詰まっていて美味しかった。
d0117900_223841100.jpg
ツブ貝とホッキ貝の刺し身を頼んだところ、盛り合わせにしましょうか?
と提案してくれたので盛り合わせにしてもらった。

真ん中のは、旬のニシンの刺し身。
鰊の刺し身は甘くて(でもくどくない)北海道に来て初めて食べたけど、今では好きな刺し身の一つになった。
その他、赤ガレイやホッケ、カツオのタタキなどどれも美味しかった〜。
カツオ以外(多分)は全部、紋別産だと思う。
d0117900_22447100.jpg
いつでも食ってくれ!とばかりに毛ガニ君達が待機しておりますが・・・
もう上の二品でお腹がいっぱいに・・・
毛ガニ雑炊や毛ガニの刺し身など、気になるものが沢山あったのに・・・

以前、遊びに来た友人が「北海道は三食じゃ足りないよ!もっと食べれる胃が欲しい。」とぼやいていたけれど
今日はまさにそんな胃が欲しい、と思った一日だった。
d0117900_22465831.jpg


人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2010-04-24 22:30 | オホーツクエリア
オホーツク海!!!! オホーツクの旅その3
ノースプレインファームのある興部町は、酪農が盛んだという事を知っていたので
てっきり内陸部にある町なのかと思ったら、オホーツク海にも面しており漁業も盛んらしい。

ノースプレインファームでグリルを食べながら、
「こうやって肉も乳製品も楽しめるし、ちょっと港町へ行けば魚も楽しめるっていうのが北海道の良い所だよねぇ。」
と感心しあっていたのだけど、まさに興部町はその二つを体現している町だった。

ノースプレインファームから海へは最低でも30分近くはかかるだろうと思っていたのに
実際は5km程ですぐ海に面しており、道の突き当たりに海が見えた時には
まさかあれがオホーツク海だとは信じられない思いだった。
d0117900_2064213.jpg
オホーツク海を見るのは初めてではなく、2007年5月26日&27日の上湧別チューリップ&滝の上の芝桜&船長の家宿泊の時と
2007年9月22日の能取湖サンゴ草バスツアー以来で三度目なのだけど
やっぱり「オホーツク」という響きは私をかなり興奮させる。
だって地名に「ー」が入ってる所って他にある?!
d0117900_2012230.jpg
d0117900_2012111.jpg
駐車場付の撮影スポットがあったので停めてもらいました。

冬にはここにも流氷が押し寄せていたんだろうか。
d0117900_20131139.jpg
d0117900_20144255.jpg
紋別のプリンスホテルの部屋からもオホーツク海が見えた。
d0117900_20152354.jpg
一泊二人で計5000円ちょっとと格安プランだったので部屋は狭かったけれど
天然温泉に露天風呂まであって、かなりお得感があった。


人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2010-04-24 00:03 | オホーツクエリア
富田ファーム&ノースプレインファーム@興部・ オホーツクの旅その2
先月テレビで知った興部のノースプレインファームのレストランでお昼を食べたかったので
国道40号線から国道239線を通り興部へと向かう。
興部と書いて、オコッペと読みます。まず読めないよね。

その途中、 雑誌で見た富田ファームの前を通りがかったので立ち寄る。
d0117900_22583021.jpg
d0117900_0243321.jpg
お店の方との話もはずみ、お目当てのセミハードタイプの「富夢(とむ)」だけでなく、
ウォッシュタイプの「おこっぺの大地」と「山のチーズ」、そしてミルクジャムのキャラメル味も購入。
セミハードタイプの富夢は熟成の若い4ヶ月程度のものから、18ヶ月程度のものもあり
熟成が進むにつれお値段も高くなっていく。
何も知らない私は、4ヶ月程度のものを買って自宅冷蔵庫で寝かせたら熟成タイプになるんじゃないのかしら・・・
と思っていたが、それを見抜くように、店員さんが
「年月の経った熟成チーズは熟練の職人さんが磨いているんですよ。」
とおっしゃったので、18ヶ月のものを購入した。
本当は土日限定のフレッシュモッツァレラも気になったけど、明日の帰宅までは無理だと思い諦める。
d0117900_040329.jpg
西興部の富田ファームを後にし、更に田舎道を進むんだところにノースプレインファームはあった。
d0117900_0531497.jpg
d0117900_0545446.jpg
今日のオススメメニューであるグリルを注文。
まず最初にサラダが出てきた。
d0117900_0563396.jpg
そしてこれがグリル。
ソーセージにハンバーグに豚のグリル。 夫もこれを注文。
同じ品を注文する事はまず無いのだけど、夫も私もこれを食べたかったので各自で堪能する。


しかし 自宅でバナナを食べて、車中で握ってきたおむすびを数個食べ、
更に昨日買ったリコッタチーズのケーキのホールを半分食べ、名寄(なよろ)の道の駅でシュークリームを食べ
先程の富田ファームでおまけで頂いた牛乳を飲み、とずっと食べていたせいか、
実はお腹が余り空いていなかったのだけど
くどくない美味しいお肉だったので食べきる事が出来た。
だけど二人とも限界に近いほどお腹がぱんぱんで苦しい〜・・・。

夫は牛乳(飲み放題)を注文したもんだから、更に限界だったみたい。
飲み放題といっても、最初からピッチャーに入ってきてかなり飲みごたえがあって追加は無理だったわ・・・
一口飲ませて貰ったけど、生クリームのように濃厚で甘くて、この牛乳から作られる乳製品なら間違いない!って感じだった。
d0117900_174455.jpg
ファーム内を散策してみました。
d0117900_182910.jpg
d0117900_111437.jpg
鼻息が、ばふぅ〜ばふぅ〜と凄かった。(怒ってるわけじゃなく、実に穏やかなんだけど)
d0117900_1111633.jpg
なんだ、変なやつがきたぞ!

d0117900_1152439.jpg

人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2010-04-24 00:01 | オホーツクエリア
海明け毛蟹を求めてオホーツクへ
オホーツク海に面した雄武(おうむ)町で、25日に毛がに祭りが開催される、と知ったのは もう24日になろうかという時だった。

「面白そうだから行ってみる?」と言う夫の言葉に耳を疑う。
え?雄武町って知ってる?オホーツクにあるんだよ?!

片道350km、往復700kmの行程だが夫の意志は変わらないようなので、
その計画のった!とばかりに私も乗り気になる。

しかし、日帰りではキツイので、慌てて宿を探す事になった。
当日夜の予約だが紋別のプリンスホテルを予約する事が出来た。

そして迎えた24日の朝、オホーツク方面へと出発進行!

d0117900_2271136.jpg
北海道の人って余り高速に乗ってお出かけしないのかなぁと心配になる程、空いている道央道。

札幌近郊はほぼ雪が見当たらない状態だったのに、何だかここは両脇もまだ雪が残っているなぁと思ったら
道央道の最高地で標高305メートルとの標識が出ていた。
d0117900_22163273.jpg
日本最北のサービスエリア・砂川SAで休憩し
日本最北の料金所で降りる。
d0117900_22205358.jpg
途中で見かけた可愛らしい校舎。
d0117900_22233044.jpg
何度も鹿を見かけた。
突然、目の前を鹿が横切る事もあって、びっくり!

人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2010-04-24 00:00 | オホーツクエリア
札幌近郊ドライブ@当別町・ハレルヤ農産
これは4月4日の記事です。

日曜日の午後、夫が「どっか出かける?」と行ってくれた。

特に、ここに行きたい!という場所は無かったけど 、
今夜飲むワインを、酒屋やスーパーではなくて、 ワイナリーへ行って買い求めるなんてのは、
なかなか素敵じゃないかと思いつき急遽、三笠方面へと向かう事にした。

その途中、雑誌か何かで知って行ってみたかったソーセージ工房がある事を思い出した。
ハレルヤ農産といって当別町にあり、お昼ご飯を併設のレストランで食べる事にした。

d0117900_20414056.jpg
d0117900_20422671.jpg
札幌市内よりも雪がまだまだ残っている。
d0117900_2047555.jpg
二階にあるレストランは天井も高くて広々した印象。
d0117900_2048325.jpg
ランチの前菜として出されたハム類の盛り合わせ。
おいし〜。
d0117900_20494092.jpg
10種類の野菜(と言ってたような・・・)が入ったミネストローネ。
d0117900_20502084.jpg
メインのハンバーグ。

元々出発した時間が遅い事もあり、ワイナリーの閉店時間にギリギリ間に合うかという状況になってしまった。
どうしてもワイナリーに行きたいという訳でもないので、ワイナリーは次回にする事にする。
帰りは石狩を通って帰る事にした。
d0117900_20513956.jpg
あちこちに生えていたフキノトウ。


人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2010-04-04 20:43 | 札幌近郊圏(北広島・恵庭)