初めて見るもの、食べるもの、北海道生活は驚きの連続です→札幌生活も6年になりました。北海道の花に魅せられて花追人に変身中。
by fafaccio-Hokkaido
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
タグ
(290)
(280)
(179)
(135)
(105)
(85)
(81)
(80)
(77)
(62)
(36)
(24)
(24)
(21)
(17)
(16)
(7)
(6)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
★札幌市内
 ├近所&自宅での出来事
 ├琴似発寒川
 ├大通・札幌駅・すすきの
 ├円山・藻岩山・大倉山
 ├公園&花の名所
 ├美術館
 ├定山渓・豊平峡
札幌近郊圏(北広島・恵庭)
小樽&仁木&積丹
石狩
千歳・支笏湖・苫小牧・白老
室蘭・登別・洞爺湖
ニセコエリア
空知エリア
富良野&美瑛&旭川&大雪山
増毛・留萌エリア
日高エリア
十勝エリア
道東エリア(釧路・阿寒)
オホーツクエリア
知床エリア
道北(宗谷)エリア
道南
2006フランス
2007チェコ
2009イタリア
2009ニューヨーク
2011ソウル
2011京都
帰省編
*自己紹介


北海道ガーデン
を旅する


札幌・近郊
ぶらりhanaめぐり


北海道生活


鉄道で旅する北海道


*以前のブログ

*海外旅行編

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ




以前の記事
2013年 05月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 10月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧
恵庭 みるくのアトリエ
長沼〜東千歳近郊へドライブしてきました。
同僚からオススメされていた恵庭のみるくのアトリエへ行ってきました!
d0117900_21161778.jpg
外見は結構そっけない。
d0117900_21171087.jpg
景色もご馳走?!
素敵なテラス席に座る。
d0117900_21185643.jpg
牧場内にあるレストランでここのウリはモッツァレラチーズ。
もちろん自家製チーズです。

マルゲリータを食べたけど、ほんのりミルクの甘味のするチーズが本当に美味しかった〜
d0117900_211839.jpg
プロシュットとルッコラのピザ。
こちらも美味しかった〜。

d0117900_2122252.jpg
テラス席でくつろぐ猫、推定たろーちゃん。
席にあった「チーズが出来るまで」という写真入りの説明シートの中に
搾りたての牛乳は太郎ちゃんにもお裾分け・・・とあった。
多分この子の事だと思われる。
いいねーあんた〜 本物の味を知る猫か?
d0117900_21252597.jpg
食べた後はドライブ。
d0117900_21263348.jpg
東千歳の松浦農園に行く。
ここには野菜を買いに来ているのか、ウサギと戯れに来ているのか自分でも良く判らない。
今回も車を降りて、野菜をちらっとチェックしただけで真っすぐウサギの所へ。
夫が「またウサギあげるよ と言われたら今回こそ貰って帰るでしょ?」と言う。
今まで過去 二回おばさんに言われて、断ってきたが 今回、さすがに言われたら・・・どうしよう。
しかし、今回は勧められずホッとした。
ここではブロッコリー3つで200円、初物のニンニクを2個、ズッキーニを3つ買う。
あれこれオマケ付き。
時間が遅かったせいもあり、アスパラなどは売りきれていた。

その後、近くの農園いずみへ行く。
ここもほぼ売りきれ状態だったが、ルッコラ、水菜、などほぼ買い占める勢いで買った。
またベランダ菜園用にバジルと(このバジルの他に 私がソウルへ行っている間に、夫がホーマックで
バジルの苗を二つ、種からまいたバジル、と既に二つもバジルプランターがある・・・)
オレガノとタイムを二苗ずつ買う。完全無農薬の苗との事。

d0117900_21384855.jpg
何だかここは美瑛?と思ってしまうような景色が広がっていました。
d0117900_21394972.jpg
d0117900_21395972.jpg
d0117900_21401097.jpg
d0117900_2141189.jpg
d0117900_2142158.jpg



人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2011-06-26 21:15 | 千歳・支笏湖・苫小牧・白老
大通12丁目のバラ園
いよいよバラの季節になりました。
d0117900_20223636.jpg
d0117900_2081831.jpg
d0117900_2093098.jpg
d0117900_2010484.jpg
d0117900_20105979.jpg
d0117900_20113471.jpg
d0117900_20132211.jpg
d0117900_20144274.jpg
d0117900_20145267.jpg
d0117900_201553.jpg
d0117900_20185968.jpg
d0117900_20202246.jpg

[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2011-06-26 20:06 |  ├大通・札幌駅・すすきの
小樽貴賓館 旧青山別邸の牡丹
小樽・祝津にある旧青山別邸に行った。

当時、にしん大尽と呼ばれた青山政吉が建てた別荘で
政吉の娘である政恵が、当時日本一の地主と言われた山形県酒田市の本間家邸宅以上の物をと望み
また父、政吉も美意識が高く一流好みだった為に贅の限りを尽して建てられたとの事だ。
d0117900_2147326.jpg
北海道では珍しい瓦屋根。
北海道には瓦職人はいないので、瓦職人は勿論の事、他の職人達も皆 本州から呼び寄せたとの事。
d0117900_2150722.jpg
庭には政恵が一番好きだったという花 牡丹が咲いている。
d0117900_21505072.jpg
ここは北海道?
d0117900_21561171.jpg
d0117900_21562664.jpg
d0117900_21565849.jpg
d0117900_2157876.jpg
d0117900_21572159.jpg
d0117900_21573926.jpg
d0117900_2157483.jpg
d0117900_21583113.jpg
d0117900_2214661.jpg
d0117900_2231735.jpg
牡丹の次には芍薬が大きな蕾をつけて待っている。

d0117900_12505487.jpg

人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2011-06-19 21:40 | 小樽&仁木&積丹
ソウルに行ってきました
妹と母と三人でソウルに行ってきました。
旅行記は後ほど・・・
d0117900_213759.jpg


人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2011-06-16 21:34 | 2011ソウル
笹竹あれこれ

先日、同僚に笹竹が好きだ。という話をしたところ
「小樽の実家では毎年、笹竹を採りに行く」と言うではないか。
わぁ、いいなぁ、私も採ってみたいけど、素人だから見当もつかなくてねぇと言うと、
なら、今度、一緒に実家に行って採りにいこうよ、その代わり、長靴を履いてハードだよ、と言う。
長靴なんて雪のシーズンは毎日履いているんだもの、
行きたい、是非お父さんに話をしてみて とお願いをしておいた。

でも熊に会わない?と聞いたら 小樽に熊なんかいないよ!と言う。
札幌の西区にだって熊は出るんだよ、西区のHPにだって出没情報があるんだからと言うと
小樽で出たって話なんか聞いた事ないよ との事。
帰宅して小樽のHPを見たら、確かに熊出没情報コーナーは無かったが
私個人の見解としてはイチイチ載せていたらキリがないんじゃないだろうか?
だから載せないんじゃないだろうか?と思ったのだがどうだろう。
帰宅した夫に「私 今度、笹竹採りに連れていってもらうんだ♪」と報告したら
案の定「熊に会うんじゃないの・・・・?大丈夫なの・・・??」と顔が曇っていた。

その後数週間が経ち、そう言えばあの話はどうなった?と聞いてみたところ
平日仕事をしている私達と、平日朝早くから山に入るお父さんと全く予定が合わないのだと言う。
そりゃそうだねぇ、と納得をした。仕方ない。


その後 琴似の共栄市場で一山480円の笹竹を買った。
アルミホイルに包んで、ガス台の魚を焼くところに突っ込んで焼いて皮を剥いて食べた。
数は数えていないけれど、20本以上はあったと思う。
だから一人10本以上、美味しい美味しいと食べた。

しかしその夜遅く、何だか微妙に胸が焼けるというか気分が悪くなった。
夫は全く平然としているが 私一人、何だかホンワリと気持ち悪い。
仕方ないので平常通りに床についたが、翌朝になるとこれまた微妙にお腹の左側がしっくりこない。
出勤をして笹竹採りのお父さんがいる例の同僚に、笹竹って食べ過ぎると良くないのかなぁと聞いた。
何本食べた?と聞かれたので 10本以上と言うと、ちょっと驚いていたが 同僚もはっきりした事は判らなかった。
その晩、同僚からメールが届いた。
「うちのお母さんに聞いてみたら、そりゃー食べ過ぎだわ!!って驚いてたよ。
アクがあるから食べ過ぎは良くないし 一人数本で充分! って言ってた。」との事。

その同僚曰く、笹竹はお味噌汁にするのが一番好きだ と言うので
数日後、共栄市場で懲りずにまた笹竹を買ってきて、お味噌汁にしてみた。
皮を剥いてゆがいて、薄くスライスしてお味噌汁に放してみたら確かに美味しかった。
ついでに 何本もの笹竹が残ったので、炊込みご飯も作ってみた。
昆布と醤油と味醂と砂糖と水に 生のまま薄くスライスした笹竹を大量に乗せて
余っていた椎茸も薄くスライスして炊き込みご飯にしてみたら 絶品だった。
これは我が家の春のレパートリーに加える事にしよう。

さて、今日はその同僚からメールが来た。
「実家にて笹竹てんこもり。叔父が持ってきて、これから皮むきです。
100本はあると思う…。」

同僚の実家Y家では、私は「笹竹を食べ過ぎた子」と呼ばれているらしく
「笹竹を食べ過ぎた子」で話が通じるらしい。
お会いした事はないが、実際お会いした際には、自己紹介しなくてもすみそうだ。
きっと 今日で叔父さんとも話が通じる事になったに違いない。
d0117900_22514543.jpg

添付されてきた写真。
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2011-06-10 22:57 |  ├近所&自宅での出来事
地上に虹が現れた @札幌・滝野すずらん公園 25万球のチューリップ
前日 上湧別でチューリップを満喫したのに、またまたチューリップを見に出かける事にした。
目的地は札幌市内の滝野すずらん公園だ。
毎年 春のチューリップが有名だけど、更に今年はパワーアップしたらしい。
その数、過去最大の25万球ものチューリップが見頃を迎えたらしいのだ。
これはやはり、見に行かなくちゃね。

TV、新聞でも見頃を迎えたというニュースに取り上げられていたらしく、
そのせいか真駒内駅から滝野すずらん公園まで大渋滞だった。
通常30分程度で着く路線バスも、一時間近くもかかった。
d0117900_234953.jpg

はぁ〜やっと着いた・・・と皆、やや疲れ気味に園内に入るが 入った途端、誰もが思わず歓声をあげてしまう。
 
d0117900_2349889.jpg
すごい、これはすごい!
d0117900_238510.jpg
d0117900_238309.jpg
d0117900_2392752.jpg
d0117900_23113289.jpg
d0117900_23453944.jpg
d0117900_2313940.jpg
d0117900_23133061.jpg
d0117900_23145580.jpg
d0117900_2316146.jpg
d0117900_23161954.jpg
d0117900_23172690.jpg
冬はスキーのゲレンデとして使われている斜面。
下の方にもチューリップが咲いているのでそちらへ移動。
d0117900_23174488.jpg
下から斜面を見上げてみました。
d0117900_23243926.jpg
こっちもスゴイですね。
d0117900_23261379.jpg
d0117900_23263557.jpg
d0117900_23274997.jpg
d0117900_232863.jpg
d0117900_23283410.jpg
d0117900_23293819.jpg
d0117900_23295765.jpg
また上のエリアへ戻りました。
d0117900_233031100.jpg
d0117900_2332065.jpg
d0117900_23323262.jpg
d0117900_23344360.jpg
チューリップの一本、一本に春が灯っていました。



人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2011-06-05 22:56 |  ├公園&花の名所
どの花見てもきれいだな♪ オホーツク・上湧別のチューリップ公園 sanpo
第二の目的地、上湧別(かみゆうべつ)のチューリップ公園へと到着。
あいにくポツポツと雨が降っている。
d0117900_20522341.jpg
d0117900_20523670.jpg
d0117900_2131669.jpg
広い園内は360度チューリップ。
d0117900_214143.jpg
d0117900_2142587.jpg
d0117900_2143857.jpg
d0117900_2145140.jpg
d0117900_215117.jpg
d0117900_2155285.jpg
上湧別のチューリップといえば、青空の元で咲くポスターを見慣れていたせいか
この雨空にはちょっとガッカリしたけれど、しっとりとした風情のチューリップも悪くない。
d0117900_21581660.jpg
d0117900_21583930.jpg
d0117900_2158594.jpg
d0117900_21591384.jpg
d0117900_2201888.jpg
JAZZ という名前のチューリップ。
d0117900_2212087.jpg
d0117900_2215255.jpg
「私この黒と後ろのピンクというこれが一番好きだわ。」とOさん。
確かにOさんのイメージにピッタリ。
d0117900_22352098.jpg
私はコレ。
このピンクともオレンジとも言えないような色が好き。
こういう色のチーク欲しいな。
d0117900_2274514.jpg
d0117900_2285146.jpg
d0117900_22958.jpg
d0117900_2292186.jpg
d0117900_229409.jpg
d0117900_22104032.jpg
d0117900_2210546.jpg
風車の上の展望台に登ってみました。
上の白とピンクの組み合わせのチューリップはなんとウサギでした。
下で見ていた時は全然気づかなかったなぁ。
d0117900_22143973.jpg
d0117900_22161649.jpg
後ろに見える建物は「上湧別町ふるさと館JRY」
この地は屯田兵によって開かれた土地だそう。

このチューリップ公園、上湧別の歴史を調べてみたところ
昭和32年に町内の54戸の農家がチューリップ耕作組合を結成し
「チューリップで夢を見よう!」を合言葉に やがて生産量、輸出量共に全道一になったそうだ。
しかしオランダの球根が世界市場で価格値下げするに伴い、上湧別の球根の輸出が困難を極め衰退していく。
チューリップへの愛着を捨てきれなかった農家が細々と庭の片隅で育て続けていたが
後世に残したいという思いから上湧別町老人クラブ連合会の方々がこのチューリップ公園で育てていたところ
国道沿いという立地もあり、春を迎えるごとに自然と人が集まるようになったそうだ。
これをきっかけに本格的に整備し、拡張したのが今のチューリップ公園との事だ。
何故、上湧別はチューリップ?と思っていたが、かつて町を支えていた重要な農作物だったのだ。
d0117900_22163262.jpg
そして今は、道内各地の人々を惹きつけてやまない春のスポットとなっている。

人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2011-06-04 23:41 | オホーツクエリア
日本一の面積 滝上の芝桜@日帰りバスツアーに参加しました 1 sanpo
Oさんを誘って、日帰りのバスツアーに参加してきた。
滝上の芝桜&上湧別のチューリップ 4980円のツアーで
往復約500km超の距離を日帰りで行くのだから驚きだ。

札幌から道央道で滝川を通る途中、毎年恒例の菜の花畑が点在しているのが見える。
春先の気温が低かった為に、菜の花も例年よりも開花が遅く 、今頃満開らしい。
曇りの中でも目を射ぬくような黄色の菜の花畑があちこちに見える。

札幌から滝上まで高速を降りて 山中を通るが未だに雪が残っている所もあり
ようやくフキノトウが生えてきたような、春を迎えたばかりの所すらある。

二回の休憩を挟み、走る事4時間、ようやく滝上に到着した。
d0117900_2255131.jpg
芝桜の面積日本一を誇る滝上の芝桜。
d0117900_22552269.jpg
d0117900_22581447.jpg
d0117900_22582276.jpg
d0117900_22583191.jpg
d0117900_2258462.jpg
d0117900_2259438.jpg
d0117900_2301228.jpg
d0117900_2302366.jpg
d0117900_231936.jpg
d0117900_2312055.jpg
d0117900_2312930.jpg
d0117900_23215100.jpg
d0117900_2322520.jpg
d0117900_2323491.jpg
d0117900_2324594.jpg
芝桜は通常花弁が5枚だが、6枚のを発見!
4枚や7枚のもあるらしい。
二人で顔を近づけるようにしてしばし熱心に探したが、見つからなかった。
Oさんは 余りに顔を近づけすぎて 芝桜の芳香にむせかえる始末。
d0117900_2335227.jpg
d0117900_234648.jpg
d0117900_2341711.jpg
歩いても歩いても芝桜だった。
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2011-06-04 23:08 | オホーツクエリア