初めて見るもの、食べるもの、北海道生活は驚きの連続です→札幌生活も6年になりました。北海道の花に魅せられて花追人に変身中。
by fafaccio-Hokkaido
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
タグ
(290)
(280)
(179)
(135)
(105)
(85)
(81)
(80)
(77)
(62)
(36)
(24)
(24)
(21)
(17)
(16)
(7)
(6)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
★札幌市内
 ├近所&自宅での出来事
 ├琴似発寒川
 ├大通・札幌駅・すすきの
 ├円山・藻岩山・大倉山
 ├公園&花の名所
 ├美術館
 ├定山渓・豊平峡
札幌近郊圏(北広島・恵庭)
小樽&仁木&積丹
石狩
千歳・支笏湖・苫小牧・白老
室蘭・登別・洞爺湖
ニセコエリア
空知エリア
富良野&美瑛&旭川&大雪山
増毛・留萌エリア
日高エリア
十勝エリア
道東エリア(釧路・阿寒)
オホーツクエリア
知床エリア
道北(宗谷)エリア
道南
2006フランス
2007チェコ
2009イタリア
2009ニューヨーク
2011ソウル
2011京都
帰省編
*自己紹介


北海道ガーデン
を旅する


札幌・近郊
ぶらりhanaめぐり


北海道生活


鉄道で旅する北海道


*以前のブログ

*海外旅行編

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ




以前の記事
2013年 05月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 10月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧
カラオケでオペラを歌った

夫の会社の子が歌うというゴスペルのコンサートへ行った。
ゴスペルのコンサートを聴くのは初めてだ。

札幌に来た当初、ゴスペルでもやってみようかと思った事はある。面白そうだなと。
ずっとクラシック一筋で歌ってきたが、引っ越しを機会に新しい世界にチャレンジしようかと思っていた。
しかし、何だか気が乗らないまま何も歌わず約5年が過ぎてしまった。

さて初めて聴いたゴスペルだが、正直「いつこの曲は終わるんだろう?」と思う事が多く戸惑った。
終わったかな??と思ったら、また歌が始まりまだ続いていた・・・という事が何度かあった。
あと、聴いている我々よりも確実に歌っている人達のほうが楽しそうに思え、ちょっと羨ましかった。
まぁ、これはヘンデルのメサイアと同じだ。
歌っている私のほうが、チケットを渡されて聴きにきた両親よりも楽しかったはずだ。

ゴスペルは信仰心の発露そのものであるという事を強烈に感じた。
歌がうまいに超した事はないけれど
歌をうまく歌うというのが目的ではないという事だ。
歌がうまくてもそこに神(日本人的な八百万の神ではなく)への絶対的な信仰がなければ
ただのパフォーマンスにすぎない。
神様は信じているけれど キリスト教のいう神を信じていない私はやはりゴスペルは歌えないと思った。

じゃあ、かつてクラシックの宗教曲、ミサ曲(レクイエムなど)をさんざん歌ってきたけど
それはゴスペルを歌うのと何が違うのさ?と自分でも思ったが、よく判らなかった。
ただうまく言えないけど、例えばフォーレのレクイエムやモーツァルトのミサ曲などは
歌詞の代わりにヴォカリーズ(母音で、例えばあ〜♪だけで)で歌ったとしても音楽の美しさは残るが
ゴスペルは歌詞(というんだろうか?祈りの言葉、フレーズ)を歌わないという事はあり得ない気がする。

ステージが終わり、夫と大通近くの「Wine 晴 bistro」で夕食をとる。
私も夫も初めてのお店だが、なかなか雰囲気が良く頼んだ牡蠣のオイル漬けが美味しかった。
そこで終わるかと思ったが「焼き肉が食べたい!!」と夫が言い出したので
そのまま焼き肉やへ行って、今度はジョッキ片手にモクモク肉を焼いて食べる。

私も久しぶりに歌いたい気分がムクムクしていたので
なんと夫と一緒にカラオケに行った!!カラオケ嫌いの二人なのに!!
もちろん夫と行くのは初めてだ。

いまどきの歌手、歌に非常に疎い二人なので、古い歌やら
ドライブの時にさんざん聞いて耳コピで覚えたQueenの歌など適当に歌う。
適当に歌っていた割には、二時間があっという間に過ぎて
もうそろそろおしまいだね、という時に突然、シューベルトのアヴェマリアが始まった。
夫が見つけて適当に入れたものらしい。
ドイツ語の歌詞で歌った事はないけど、気分良く歌う。
アヴェマリアが終わったら、次はオペラ 蝶々夫人の「ある晴れた日に」が始まった。
これも気分良く歌う。
しばらく歌っていないので、もう私の体は声の出し方を忘れてしまったのではないかと思う事があるが、歌えた。
次は何だろ?と思ったら、モーツァルトのフィガロの結婚の「恋とはどんなものかしら」だった。

これなら任せて!!

かつて試験で歌って さんざん先生にしぼられた曲だから全部歌詞も覚えている。
私はすっかりご機嫌になって、恋する青年ケルビーノになりきって歌っていたが
本当に時間が終了して、途中で夫に打ち切られた。
独断リサイタル状態を途中で打ち切られたもんだから、最後までせめて歌いたかった!!
もうちょっと延長しようよ!と訴えたが「もう二時過ぎてるよ・・・」との事。
仕方ないので、涙をのんで帰宅した。
カラオケにまさかオペラがあるとは知らなかったな〜。

























人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2011-12-17 01:32 |  ├近所&自宅での出来事