初めて見るもの、食べるもの、北海道生活は驚きの連続です→札幌生活も6年になりました。北海道の花に魅せられて花追人に変身中。
by fafaccio-Hokkaido
タグ
(290)
(280)
(179)
(135)
(105)
(85)
(81)
(80)
(77)
(62)
(36)
(24)
(24)
(21)
(17)
(16)
(7)
(6)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
★札幌市内
 ├近所&自宅での出来事
 ├琴似発寒川
 ├大通・札幌駅・すすきの
 ├円山・藻岩山・大倉山
 ├公園&花の名所
 ├美術館
 ├定山渓・豊平峡
札幌近郊圏(北広島・恵庭)
小樽&仁木&積丹
石狩
千歳・支笏湖・苫小牧・白老
室蘭・登別・洞爺湖
ニセコエリア
空知エリア
富良野&美瑛&旭川&大雪山
増毛・留萌エリア
日高エリア
十勝エリア
道東エリア(釧路・阿寒)
オホーツクエリア
知床エリア
道北(宗谷)エリア
道南
2006フランス
2007チェコ
2009イタリア
2009ニューヨーク
2011ソウル
2011京都
帰省編
*自己紹介


北海道ガーデン
を旅する


札幌・近郊
ぶらりhanaめぐり


北海道生活


鉄道で旅する北海道


*以前のブログ

*海外旅行編

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ




以前の記事
2013年 05月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 10月
検索
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧
家の財布を忘れたので焼き鳥を食べにいった。
家の財布を忘れたので焼き鳥を食べにいった。

なんのことやら。

事の起こりはこうだ。
仕事帰り、地元駅のスーパーで夕食の買い物をし、レジで会計の時、財布を忘れた事に気づいた。
財布を忘れたといっても家計用の財布を忘れただけで、自分の財布はちゃんとあったから
レジで慌てる事もなく、澄ました顔をして自分のお財布で会計を済ませる事が出来た。

しかし、それよりも重大な事に気づいた。
家の鍵がない・・・。いつも家計用の財布に自宅の鍵を入れて持ち歩いているから
家の財布を忘れたという事は、鍵がないので家に入れないという事だ。

夫に電話をすると、あと仕事が終わるまで一時間はかかるとの事。
手には、山のような食料品。生姜焼き用の豚肉、人参、小松菜、味噌etc etc。
この荷物を抱えてどうしようかと途方に暮れる。
自宅の駐輪所にある私の自転車のカゴへ、これら置きに戻ろうかと思ったが
多分、肉などが凍ってしまうと思われたので、やめた。
発寒南には、時間を潰せるファミレスも、ファーストフードの店も、カフェもないので
(正確に言えばある事はあるが。)
地下鉄に再び乗り、隣の琴似駅へ向かい、モスバーガーでポテトを食べて時間を潰す。
図書館で借りてきたばかりの本を道連れに。

しばらくすると、夫から仕事を切り上げたという連絡が入り合流する。
このまま帰ってご飯を作っても良かったが、正直面倒になってしまったので
買い物袋を夫に押し付けて、二人で串鳥に焼き鳥を食べに行った。
残念な事に、私の胃はポテトとクラムチャウダーで満たされてしまっていたので
意気込んで注文した割には、食べる事ができず、幾つか夫に食べてもらう。

食べ終わって外に出ると、切れるような寒さだった。
タクシーに乗る?と夫は言ったが、
急に節約、節約!と思い、ケチって歩いて帰る事にしたのが間違いだった。
夫の剥き出しの耳は千切れそうに痛くなるわ、
足のつま先も感覚がなくなってくるわ、で後悔した。

発寒琴似川の橋のうえを通ったが、川は凍って一面の雪の原っぱになっていた。
上から覗き込むと、雪原の一角から暗い穴がぽっかり空いていて
眠っていると思っていた川がどうどうと音を立てながら蠢いているのが見えた。
ちょっと怖かった。





















人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-01-10 23:41 |  ├近所&自宅での出来事