初めて見るもの、食べるもの、北海道生活は驚きの連続です→札幌生活も6年になりました。北海道の花に魅せられて花追人に変身中。
by fafaccio-Hokkaido
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ
(290)
(280)
(179)
(135)
(105)
(85)
(81)
(80)
(77)
(62)
(36)
(24)
(24)
(21)
(17)
(16)
(7)
(6)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
★札幌市内
 ├近所&自宅での出来事
 ├琴似発寒川
 ├大通・札幌駅・すすきの
 ├円山・藻岩山・大倉山
 ├公園&花の名所
 ├美術館
 ├定山渓・豊平峡
札幌近郊圏(北広島・恵庭)
小樽&仁木&積丹
石狩
千歳・支笏湖・苫小牧・白老
室蘭・登別・洞爺湖
ニセコエリア
空知エリア
富良野&美瑛&旭川&大雪山
増毛・留萌エリア
日高エリア
十勝エリア
道東エリア(釧路・阿寒)
オホーツクエリア
知床エリア
道北(宗谷)エリア
道南
2006フランス
2007チェコ
2009イタリア
2009ニューヨーク
2011ソウル
2011京都
帰省編
*自己紹介


北海道ガーデン
を旅する


札幌・近郊
ぶらりhanaめぐり


北海道生活


鉄道で旅する北海道


*以前のブログ

*海外旅行編

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ




以前の記事
2013年 05月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 10月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧
旭岳の花畑を歩く@6/30&7/1東神楽キャンプー3
d0117900_021527.jpg


d0117900_022741.jpg

d0117900_0222040.jpg
姿見の池はまだ雪が残っていた。

d0117900_023148.jpg
姿見の池。

d0117900_0233544.jpg
d0117900_0235429.jpg
d0117900_024474.jpg
メアカンキンバイ
d0117900_0241867.jpg
エゾイソツツジ
d0117900_025743.jpg

d0117900_026276.jpg
d0117900_0254821.jpg
d0117900_026163.jpg
d0117900_0281476.jpg
d0117900_027689.jpg
d0117900_0272389.jpg
d0117900_0273983.jpg
d0117900_0275433.jpg
d0117900_0285895.jpg
d0117900_0293657.jpg


人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-06-30 00:03 | 富良野&美瑛&旭川&大雪山
天空の花畑@6/30&7/1東神楽キャンプー2

d0117900_22112055.jpg
d0117900_2211798.jpg

d0117900_22113134.jpg
d0117900_22112750.jpg
d0117900_22111823.jpg

d0117900_22114397.jpg
d0117900_2212508.jpg
d0117900_22135039.jpg


d0117900_2214041.jpg
d0117900_22134620.jpg
d0117900_22135981.jpg
d0117900_22141330.jpg
d0117900_22142327.jpg
d0117900_22143480.jpg
d0117900_22144681.jpg
d0117900_22145762.jpg


人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-06-30 00:02 | 富良野&美瑛&旭川&大雪山
旭岳・天空の花畑へ!@6/30&7/1東神楽キャンプー1

ついにキャンプシーズンが到来した!

暑くもなく、寒くもない良い季節・・・のはずだった。
しかしキャンプ前日、旭川の天気を見ると予想気温32℃!
沖縄と旭川がその日一番暑くなるようだ。
北と南が同じ気温ってどういう事?
さすが北海道でも内陸部にあるだけあるなぁと感心する。

私の当初の目的は旭川の上野ファームと富良野の風のガーデンだった。
32℃の中、ガーデン巡りは辛すぎる。
花だけでなく、私も萎れてしまう。


旭川方面で涼しい所といえば、山に上るしかない。
そんな時、はっと思い出したのが旭岳。
一度は高山植物の時期も見てみたいと思っていたんだっけ。
(秋の紅葉は過去二回見た)

調べてみると、なかなか良さそうな感じだった。

札幌から旭川鷹栖まで高速で走り、下に降りて東川町を通る。
東川の道の駅で、夕食用にミニキュウリとラディッシュ、それに寄せ豆腐を購入。

しばらく走って、旭岳の駐車場へ到着した。
ここからロープウェイに乗って、旭岳の5合目へ向かう。

d0117900_1763557.jpg

d0117900_1764896.jpg
下を見下ろすと、まだエゾノリュウキンカが咲いている所もあった。
裾のほうでは水芭蕉がオバケのように翼を広げていたが、
標高が高くなるにつれ、段々トウモロコシサイズになっていく。


d0117900_1782059.jpg
到着!
姿見駅。

d0117900_179552.jpg
ロープウェイ駅を出ると、そこはまだまだ雪が残っていた。

d0117900_1793276.jpg
つい三ヶ月前には雪にうんざりしていたのに、久しぶりに見ると何だか新鮮だ。
d0117900_17101768.jpg
歩き始めて5分もしないうちに花に出会えて感激する。

d0117900_1711548.jpg
チングルマ

d0117900_1712146.jpg

第一展望台へ到着。
d0117900_17185762.jpg

d0117900_1713177.jpg
エゾイソツツジ

d0117900_17151136.jpg
d0117900_17155066.jpg

d0117900_17152749.jpg

メアカンキンバイ
d0117900_1719575.jpg

キバナシャクナゲ
d0117900_17203130.jpg

エゾノツガザクラ
d0117900_17203855.jpg

d0117900_17241468.jpg
至るところで花畑が広がる。
d0117900_17212177.jpg
標高1600m 気温は20℃前後。
半袖でもOKだった。
d0117900_1741741.jpg

擂鉢池にて逆さ旭岳を望む
d0117900_17424572.jpg
第三展望台は大砲のようなレンズを構えたカメラマンでいっぱいだ。
皆、同じ方角を向いて、パパパパパ・・・・・と高速連写をしている。
何だろうと、皆に習って同じ方角を見ていると、どうやら鳥を写しているらしい。
私も写してみたんだけど、250mmのレンズだとこれが限界だった。

バードウオッチングってすんごい望遠が必要なんだという事が判った。
鳥を見ているより、正直皆様のごっついレンズを見ている方が面白かった。
皆様のレンズの横だと、私の望遠レンズはまるでオモチャのようにしか見えない。


d0117900_17471847.jpg
等倍でこれが限界。
氷河期の生き証人「ギンザンマシコ」との事。

d0117900_17512636.jpg
d0117900_17515363.jpg
イワブクロ

d0117900_17524413.jpg
d0117900_17525845.jpg
d0117900_18454284.jpg


人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-06-30 00:01 | 富良野&美瑛&旭川&大雪山
花のテラス@滝野すずらん

d0117900_1356296.jpg
d0117900_13561270.jpg
キングサリ
もうちょっと早ければキングサリのアーチだったのかな。

d0117900_13543264.jpg
d0117900_13544550.jpg
アルケミラモリスの黄緑がきれい。
d0117900_13594054.jpg
ベロニカ オーストリアカ
ブルーフォンテーン

実に綺麗な青。
d0117900_13592020.jpg
d0117900_1355560.jpg
d0117900_1355159.jpg
エウフォルピア ポリクロマ
d0117900_1422633.jpg

ゲラニウム
ジョンソンズブルー



人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-06-24 13:53 |  ├公園&花の名所
ルピナス@滝野すずらん
d0117900_952521.jpg

d0117900_971181.jpg

d0117900_9101555.jpg
d0117900_912054.jpg

d0117900_8444477.jpg


人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-06-24 02:29 |  ├公園&花の名所
シベリアアヤメ@滝野すずらん

d0117900_861450.jpg

d0117900_862638.jpg

d0117900_864778.jpg
d0117900_882382.jpg
d0117900_883851.jpg


人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-06-24 01:04 |  ├公園&花の名所
ヒマラヤの青いケシ@滝野すずらん


d0117900_2242613.jpg

d0117900_2244120.jpg
メコノプシス・グランディス

人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-06-24 00:06 |  ├公園&花の名所
花人の隠れ家@滝野すずらん

d0117900_21545134.jpg

花人の隠れ家のエントランス。
d0117900_2156147.jpg
花人の隠れ家とは、花好きの主人がひっそりと愛情込めて庭づくりに精を出す…、
といった雰囲気をイメージして作られたガーデンらしいけど
ひっそりと・・・というよりも、ポピーにクレマチス
花に興味のない人でさえ立ち止まってしまう美しさ。
d0117900_21561897.jpg
d0117900_2205270.jpg
d0117900_21574990.jpg

d0117900_224629.jpg
ポレモニウム エゾエンセ

パープルレイン ストレイン
d0117900_2242760.jpg
イングリッシュブルーベル


人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-06-24 00:02 |  ├公園&花の名所
収穫の谷@滝野すずらん
滝野すずらん公園へ行った。
d0117900_22172337.jpg

まず向かったのは収穫の谷だ。
宿根アマへと直行する。
この花は午後にははかなく散ってしまうらしいのだ。

d0117900_22241496.jpg

d0117900_22244676.jpg
キカラシ
d0117900_22254052.jpg


人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-06-24 00:01 |  ├公園&花の名所
十勝千年の森
d0117900_2205726.jpg

アースガーデンとその向こうは展望台を兼ねた丘。
天気が良かったら、さぞかし眺めが良いだろう・・・。
あの丘の上に上るべきか。
しかし、雨の中、丘どころかアースガーデンを歩いている人は誰もいない。

d0117900_2225610.jpg
カムイのサークル。

d0117900_2231827.jpg
私は覚悟を決めた。
あと三時間どうにかして時間を過ごさなくてはいけないのだ。

歩き始めたはいいけど 斜面から滝のように流れてくる雨水。
そしてミミズが至る所に這い出てきているので、それを避けながら歩く。
大きなミミズばかりが目についたので、それを避ければいいと思っていたが
よーく見ると、芝生くらいの細さの細ミミズがいるじゃないか!
どうなってるんだ!
そんな細い糸のようなミミズも避けるべく、ゆーっくりゆっくりチビチビと歩く。

d0117900_22263224.jpg

てっぺんへ到着。

何とポケットで携帯が鳴っている。
驚いて取り出すと発信元は夫だった
ガーデン内はずっと圏外だったが、ここは恐らく電波をキャッチできるのだろう。

夫はもう然別湖を後にして、帯広へ向かっているらしい。
然別湖は合羽も役立たない程の酷い雨でずぶ濡れになり、寒さの余り引き上げたとの事。

これから、二時間どうやって過ごそうかと悩んでいた私にとって、夫からの電話は天の声だった。
ガーデン内にとどまっていたら携帯(ウィルコムなので正確にはPHS)は繋がらず、夫と連絡はつかなかった。
たまたまこの時間、このてっぺんにいたから夫と連絡が取れたのだ。
夫には迎えにきてもらう事にした。

d0117900_22421643.jpg

d0117900_22423031.jpg


人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-06-17 22:00 | 十勝エリア