初めて見るもの、食べるもの、北海道生活は驚きの連続です→札幌生活も6年になりました。北海道の花に魅せられて花追人に変身中。
by fafaccio-Hokkaido
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
タグ
(290)
(280)
(179)
(135)
(105)
(85)
(81)
(80)
(77)
(62)
(36)
(24)
(24)
(21)
(17)
(16)
(7)
(6)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
★札幌市内
 ├近所&自宅での出来事
 ├琴似発寒川
 ├大通・札幌駅・すすきの
 ├円山・藻岩山・大倉山
 ├公園&花の名所
 ├美術館
 ├定山渓・豊平峡
札幌近郊圏(北広島・恵庭)
小樽&仁木&積丹
石狩
千歳・支笏湖・苫小牧・白老
室蘭・登別・洞爺湖
ニセコエリア
空知エリア
富良野&美瑛&旭川&大雪山
増毛・留萌エリア
日高エリア
十勝エリア
道東エリア(釧路・阿寒)
オホーツクエリア
知床エリア
道北(宗谷)エリア
道南
2006フランス
2007チェコ
2009イタリア
2009ニューヨーク
2011ソウル
2011京都
帰省編
*自己紹介


北海道ガーデン
を旅する


札幌・近郊
ぶらりhanaめぐり


北海道生活


鉄道で旅する北海道


*以前のブログ

*海外旅行編

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ




以前の記事
2013年 05月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 10月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧
雲丹を食べに積丹へ!
7月22日 母六日目。
今日は、積丹へ雲丹丼を食べに行った。
d0117900_22493531.jpg

みさきへ着いたのは10時半頃。
残念ながら限定50食のエゾバフン雲丹丼は終了していたので、ムラサキウニ丼を注文する。

d0117900_22544165.jpg
食後は、神威岬へ向かった。

d0117900_239873.jpg
生憎のお天気で、積丹ブルーが冴えない色となっている。
d0117900_23111826.jpg
しかし何より残念だったのは、岬の先端に至る遊歩道が途中で通行止めになっていた事だ。
遊歩道に入って10分も経たないうちに、立ち入り禁止の柵が現れたので驚いた。
昨年の台風による土砂崩れの影響らしい。

d0117900_23194281.jpg
お次は美国漁港へ。
ここで水中展望船・ニュー積丹号に乗る。

ギャーギャー喚くカモメを従えて入港するニュー積丹号。

d0117900_23213528.jpg
日曜日という事もあり乗客が多いので、半分の乗客は甲板へ、もう半分は水中展望室へと案内される。
私達は、水中展望室組だ。
出発する前に港を上から覗いてみる時には、魚の影は見えなかったが
水中から眺めてビックリ!大量の魚達が泳いでいるではないか!
恐らくウグイと思われる。30cmくらいもあるウグイ達。
d0117900_232921.jpg
出発!
d0117900_23294410.jpg
ウニ!
d0117900_23331172.jpg
ウニ!!

d0117900_23344412.jpg
ウニ!!!

さすがは積丹。見渡す限りのウニ畑だ。
もちろん雲丹だけではなく、エゾメバルなどの魚達が泳いでいるのも見える。
d0117900_2355229.jpg

やがて水中展望組は甲板組と交代し、我々は甲板へとあがる。
d0117900_2363852.jpg
陽も出始め、海面がみるみるうちに鮮やかなブルーへと変わる。
d0117900_2375156.jpg

d0117900_238688.jpg
d0117900_239068.jpg
帰りは 食パンの耳が山のように入った容器が幾つか手渡され、カモメへの餌やりタイムが始まった。

カモメもちゃんと心得たもので、餌やりタイムが開始すると同時に大量のカモメ達がどこからともなく現れた。


d0117900_23121885.jpg


d0117900_23131197.jpg
ギャーギャーつんざくような雄叫びと共に、船の周りをバサバサと取り囲むカモメ達。
ふと港を見ると、我が夫が目前にいるではないか。
(座禅を組んでる訳ではありません)
おーい!!と呼びかけてみたけど、カモメの喚き声に掻き消されてしまい・・・

d0117900_23193818.jpg


d0117900_23211147.jpg
久しぶりに余市の南保留太郎商店へと立ち寄る。
以前よりも店内が広くなっていた。

d0117900_23225184.jpg
お目当てのヘラ蟹の薫製。
以前は人気のあまり予約しないと手に入らない時期があったので
今日もどうせ手に入らないだろうと思っていたのだが
念のために冷蔵庫を覗いてみたところ、なんと在庫があった。
d0117900_2325341.jpg


d0117900_23253743.jpg

以前来た時に購入したグラスを、もう一度買いたいと母が言うので
余市のニッカウィスキーの売店へ立ち寄った。



人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-07-22 22:32 | 小樽&仁木&積丹
八紘学園・花菖蒲園

母、五日目。

18日から十勝一泊二日へ
20日(昨日)は、富良野へ日帰りとなかなか精力的に行動しているが
さすがに疲れがたまってきたので、今日は朝寝坊をする事にした。

昼過ぎに札幌、福住にある八紘学園へ出かける。
例年7月上旬に、花菖蒲園が一般公開されるのだが、
今年は会期が残り二日となっており もう見頃も過ぎているかもしれない・・と思いながら出かけてみる。

花菖蒲園の手前にある直売所に立ち寄り、立派なブロッコリー(130円)と
ルッコラ(100円)を買い求めソフトクリームを食べる。
学園内で生産している牛乳を使ったソフトクリームは濃厚なのだけど、
後味がさっぱりしてとても美味しいので、是非、母に食べさせたかったのだ。
母も一口食べた途端、目を丸くしながら、絶賛していた。

d0117900_23371577.jpg



d0117900_23373299.jpg

思ったよりも花が残っていた。
d0117900_23404336.jpg
d0117900_23405981.jpg
石狩川という名前の八紘学園で作られた品種だそう。

d0117900_23412099.jpg
d0117900_23421987.jpg

d0117900_23425315.jpg

d0117900_23434245.jpg
d0117900_23444362.jpg
d0117900_23445885.jpg
菖蒲だけではなく、生徒さん達が育てている様々な花が楽しめる。

d0117900_2346414.jpg
d0117900_2347075.jpg
d0117900_2348527.jpg
d0117900_23483350.jpg
d0117900_23491733.jpg
d0117900_23495549.jpg
d0117900_2351395.jpg
d0117900_23512451.jpg
d0117900_23513638.jpg
d0117900_23515618.jpg
d0117900_23521010.jpg
d0117900_23522991.jpg
d0117900_23524462.jpg


人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-07-21 23:02 |  ├公園&花の名所
ツインクルバス美瑛 拓真館コースに乗って

美瑛ではJRが運行していているツインクルバス美瑛号に乗って、美瑛の観光ポイント巡りをする。
d0117900_124231100.jpg


d0117900_12424483.jpg
新栄の丘。
ここは下車せず車窓から。

d0117900_12452589.jpg

d0117900_1245253.jpg
拓真館で下車観光をする。
d0117900_1247010.jpg
d0117900_12473576.jpg
拓真館では20分程度時間が与えられた。

d0117900_12483141.jpg
再びバスに乗り、次は四季彩の丘を目指す。
d0117900_12492531.jpg
四季彩の丘。
JRのHPでは 約15分滞在と記載されており
15分じゃせわしなくて、満足に見れないなぁと思っていたのだが
実際は40分近く滞在時間があった。
d0117900_1251034.jpg
ここで母に最大の悲劇が訪れる。

ルピナス、ルピナス言っていた母。
例年、北海道では6月に咲くので、90%ルピナスは見れないと思っていた。
(過去、四季彩の丘のルピナスが満開だった時も6月だった。→2008/6/23

しかし!!
どういう事だろうか?7月下旬だというのにルピナスが満開ではないか!!

母は、この出会いに狂喜乱舞し、カメラを構え写真を撮り始めようとしたのだが、
運悪く、母の相棒は息絶えてしまった・・・・
なんとこのタイミングで電池切れとなる。


d0117900_12595881.jpg
仕方ないので、私が母のカメラ代わりになってルピナスを撮る事にした。
d0117900_1305855.jpg

d0117900_1314415.jpg
d0117900_1324932.jpg
d0117900_13263767.jpg
d0117900_1331249.jpg
d0117900_1332792.jpg


再びツインクルバス号に乗り込んだ後は、終点の美瑛駅まで戻る。
その後は旭川行きのノロッコ号→札幌行きの特急スーパーカムイに乗り 札幌へ帰った。


人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-07-20 12:36 | 富良野&美瑛&旭川&大雪山
ノロッコ号に乗って

ファーム富田を後にし、ラベンダー畑駅へと向かう。
駅に向かう道の両側にはメロン栽培用のビニールハウスが立ち並び
子供の頭ほどの大きさのメロンが収穫の時を待っている。


d0117900_22424921.jpg


d0117900_2243141.jpg
d0117900_224341100.jpg
d0117900_22435695.jpg



人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-07-20 00:01 | 富良野&美瑛&旭川&大雪山
ラベンダー日和@町営ラベンダー園&中富良野町営ラベンダー園

一泊二日のガーデン街道ツアーから戻った翌日は、富良野へ行った。

かなり勢力的に行動している私達。
曇り空だとラベンダーはくすんで見えるので、何よりも晴れている日を選びたい、
土日の恐ろしい混雑を避けたい、と考えると今日しかなかった。

札幌駅を7時55分に出発する特急フラノラベンダーエクスプレス1号に乗り、富良野へ。
乗客はそのまま向かいにあるローカル線へとぞろぞろ乗り換え、私達を含め中富良野で降りる。

d0117900_1603365.jpg

今日は湿気がないせいか、二日前に富良野を通った時よりも空が濃い。

d0117900_161251.jpg
中富良野町営ラベンダー園に着き、リフトに乗る。
d0117900_23355916.jpg

d0117900_23314084.jpg

てっぺんからの眺め。
毎年ここに来ないと夏を迎えた気がしない。
時間を気にせず、心ゆくまで肺の奥底までラベンダーの香りを詰め込む。
d0117900_1665189.jpg
d0117900_1610727.jpg

d0117900_16104474.jpg
d0117900_16105831.jpg

一時間程 町営ラベンダー園で過ごした後、歩いてファーム富田へと向かう。
さすがに平日なので、駐車場待ちの長蛇の列はない。

(同僚の話によると土日のバスツアーに参加したら、
18時半に札幌着の予定が22時半になったらしい。
また普通なら10分で着くはずが一時間経っても動かないので
道の途中でお客様を下して、ファーム富田まで歩いてもらったとか・・・。)


d0117900_1611408.jpg
ファーム富田へ到着。
d0117900_16175646.jpg
彩りの畑。



一番端の撮影スポットに
「ここは記念撮影用の場所です。三脚での立ち入りを禁止します。」といった柵が出来ていた。

いいと思う。
ただでさえ観光客で混み合う時期。誰だってせっかく来たのだから
綺麗なここの場所から記念写真を撮りたいと思っていても
何人もの三脚組がずーっと陣取っていて、普通の観光客は強心臓でないとここの場所から写真を撮りづらかった。

中には花の咲いているエリアに三脚の足を突っ込ませ、花を倒そうがお構いなしという人さえいて、苦々しく感じていた。

という訳で、皆、写真を撮れるようになりメデタシ、メデタシ。

d0117900_16324882.jpg
ぽつんと昨年の名残だろうか、ピンクの花が咲いていた。

d0117900_16335813.jpg

d0117900_16352142.jpg
d0117900_16355686.jpg
d0117900_16362786.jpg
d0117900_16364643.jpg
d0117900_1639515.jpg
d0117900_16373392.jpg
d0117900_16375359.jpg
お昼を食べた後、トラディショナルラベンダー畑と上る。

d0117900_16382888.jpg
d0117900_16384283.jpg
d0117900_16402066.jpg
やっぱりビールでしょ。

人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-07-20 00:00 | 富良野&美瑛&旭川&大雪山
百花繚乱 紫竹ガーデン@ゆったりのんびり北海道ガーデン街道2日間
真鍋庭園の次はバスで40分程離れた紫竹ガーデンを目指す。
d0117900_1353491.jpg

トウモロコシ、秋蒔き小麦、家畜飼料用のトウモロコシ、
ビート、名産である長芋、じゃがいもの白い花・・・
所々色を変えながら絨毯のように畑が広がる。


d0117900_151634.jpg
紫竹ガーデンへ到着。
ここでもガイドさん付きで案内してくれるとの事だが、先ほどの真鍋庭園とは異なりマイクは使わないとの事。
45人にものグループについていく事は大変だし、写真を自由に撮りたいし
マイクなしではガイドさんの声も満足に聞こえないだろうと判断し、ここでは自由行動にする。

誰もいないボーダーガーデンへ真っすぐ向かう。
前回訪れたのは今年の5月19日と 5月25日。
その頃はチューリップ一色で、ここボーダーガーデンも咲いている花はわずかだった。
(5/19の記事)


d0117900_1574810.jpg
d0117900_15879.jpg

d0117900_1582214.jpg
d0117900_1583213.jpg
d0117900_1584394.jpg
d0117900_244092.jpg
d0117900_1594160.jpg
d0117900_1595079.jpg
d0117900_20178.jpg
母大忙し!

d0117900_213478.jpg
母は 以前からルピナス、ルピナスと言っていて
「ルピナスは北海道だと6月だから、まず見られないと思うよ。」とは言っておいたのだが
辛うじて完全に豆化していないルピナスが残っていた。
d0117900_234716.jpg
d0117900_24281.jpg

d0117900_252375.jpg
d0117900_252714.jpg
d0117900_254130.jpg
d0117900_255511.jpg
d0117900_26566.jpg
d0117900_261773.jpg
d0117900_282518.jpg
d0117900_283661.jpg
d0117900_285165.jpg
d0117900_29275.jpg

d0117900_291954.jpg
d0117900_293356.jpg
d0117900_294581.jpg
d0117900_210018.jpg
d0117900_2101980.jpg
d0117900_2104235.jpg
d0117900_210286.jpg
d0117900_2104092.jpg
d0117900_2105762.jpg


ガーデン巡りをしてつくづく感じるのが「一回行っただけで終わりではない。」という事だ。

春、夏といったシーズンごとで、全く違う趣を見せてくれるガーデン。
シーズンどころか、毎日何かの花が咲き変わり少しずつ景色を変えているのだ。
こういう庭を毎日、散策出来たらいいなぁと思う。
毎日、何らかの喜びを見つける事が出来るだろう。


d0117900_2172740.jpg

このガーデンを作り上げた紫竹おばあちゃんこと紫竹昭葉さん。
バスの集合時間まであと10分という時にお会いする事が出来た。

写真をお願いしたら、あっちへ行きましょう、あっちが綺麗だからと奥へと進んで行く。
本当にチャーミングでお花のような方だ。
まるで花の妖精みたい。

d0117900_221636.jpg

「あなたたちも撮ってあげるから、ほらあそこに立つと綺麗だから、あっちへ。」と言われカメラを手渡し説明する母。

d0117900_2211728.jpg


d0117900_2214141.jpg
撮って頂いた写真。

「親子さん?いい娘さんねぇ、あなた幾つ?
え?じゃぁもうお嫁いってるわね?なんだつまらない。」
と言いながら、これ持っていきなさいと生えていた草を手折って差し出してくれた。
「ほら、いい香りがするでしょう。」

本当はもっとゆっくりお話していたかったけど、
いよいよバスの時間が差し迫っていたので、後ろ髪を引かれるような思いで後にした。

バスの中で頂いた草の一枚を揉んでみると、何とも言えない爽やかな香りが漂った。



人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-07-19 01:33 | 十勝エリア
真鍋庭園@ゆったりのんびり北海道ガーデン街道2日間
翌朝はバスで20分ほどの真鍋庭園へ。

d0117900_1933430.jpg
ガイドさんの解説付きでぞろぞろ歩く。
最初はふんふん熱心に聞いていたものの、ついつい写真を撮ったりしていると、歩調が遅れがちに・・・。
d0117900_19334932.jpg
d0117900_19344217.jpg

d0117900_19353451.jpg
d0117900_19355142.jpg
d0117900_2004117.jpg
d0117900_1936147.jpg
d0117900_1936182.jpg
d0117900_19364912.jpg
d0117900_193721.jpg
d0117900_19371520.jpg
人の頭ほどある巨大なアナベル
倒れないよう茎の部分が強いとか、品種改良した・・とか言ってた気がする。

d0117900_19385193.jpg
d0117900_19394144.jpg
d0117900_19394112.jpg
d0117900_19433330.jpg
d0117900_1943456.jpg
d0117900_19475931.jpg
えりもしゃくなげ

石楠花は近所でも6月くらいになると沢山咲いているので
特別何の感慨も抱かず、どこにでも咲く花だと思っていたのだが
母が「石楠花〜!」と嬉しそうに言うので「石楠花ならどこでも咲いてるよ。」と言ったところ
どうやらそれは冷涼な札幌だからだそうで、関東の地では、なかなか栽培が難しいのだそうだ。
関東では涼しい山に行かないと見られないと言うが、本当だろうか?
d0117900_19545948.jpg

d0117900_19534119.jpg
d0117900_19551526.jpg



d0117900_19562831.jpg
約一時間で園内を一周し終わった。
出発までかなり時間があるので
ゆっくりお土産を買ったり、ぶらぶらしたりする。

エントランス付近の可愛いオブジェ。
d0117900_19564267.jpg
d0117900_1956564.jpg

d0117900_1957467.jpg
エゾリス。
園内を散策途中「エゾリス見られるかと思ったのに、どこにもいないわね〜・・・。」と言っていた母は大喜び。
d0117900_19575438.jpg
d0117900_1958324.jpg
d0117900_19591986.jpg
d0117900_19593716.jpg
d0117900_1959486.jpg



人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-07-19 00:00 | 十勝エリア
季節の移ろい・風のガーデン@ゆったりのんびり北海道ガーデン街道2日間
バスは新富良野プリンスへ到着し、それぞれ風のガーデンへと移動する。
d0117900_20201179.jpg


d0117900_20202249.jpg
d0117900_20203418.jpg
d0117900_20205636.jpg
d0117900_2020475.jpg

d0117900_2021980.jpg
d0117900_20221595.jpg
d0117900_20212123.jpg
d0117900_2022618.jpg
d0117900_20223125.jpg
d0117900_20224264.jpg
d0117900_20225644.jpg

d0117900_20231248.jpg
d0117900_2023272.jpg

d0117900_2024468.jpg
d0117900_2024165.jpg
d0117900_20242941.jpg
d0117900_20244241.jpg

100分という滞在時間があったので、ニングルテラスも散策できた。

d0117900_20252476.jpg
狩勝峠からのぞむ十勝平野。

南富良野町からサホロ、新得町と十勝管内に入る。
新得町でかつて私が歩いた道(新得そばの里 2008/7/30その3)をバスが通ったので
「私、ここを前歩いたんだよ。」と母に言ったら、
「え?この道を?誰も歩いていないじゃない!」と呆れるやら驚くやらだった。

確かに改めて車窓から眺めると、歩道すらない場所だった。
しかし四年前なのか〜。
時が経つのは早いもんだ。


d0117900_20252863.jpg
今夜の宿は「十勝川温泉 - 十勝川 国際ホテル筒井」
国際ホテル??
良く言えば懐かしい感じのする、悪く言えば老朽化が否めない 昭和の宿だった。

しかし温泉はとても良かった。
こんなに私も汗臭くなるんだ・・・と愕然となった程(それはなかなかショックな出来事だった)
汗を吸い込んだ洋服をようやく脱ぎ、
夕食の前にひと風呂あび、母と背中を流し合い、本当に生き返る思いだった。


d0117900_20283221.jpg


人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-07-18 00:18 |  ├公園&花の名所
盛夏・上野ファーム@ゆったりのんびり北海道ガーデン街道2日間

母が7月17日からやってきた。
早速、その晩、夫を含め三人で札幌駅近くの居酒屋で杯をかわす。
20時半過ぎにお店に着いて飲み始めたのだけど、気付いたら終電がない!!
既に24時を回っていた・・・。初日からこの様だ。

翌日は札幌駅北口、鐘の広場へ集合する。
今日からクラブツーリズムの「ゆったりのんびり北海道ガーデン街道2日間」に参加するのだ。
夫は仕事なので札幌で留守番だ。

江別ICから高速に乗り、砂川でトイレ休憩を取りそのままバスは旭川へ。
最初の目的地である上野ファームへと到着する。
ここでは70分間の滞在時間がある。

外の気温はぐんぐんあがって30℃近くあり暑い。
前回7月1日に来た時も30℃近くあって閉口したが、
その時は風があったので木陰に入ればとても涼しかったのだけど
今日は風もないので日陰に入ってもなかなか汗がひかない。

皆、陽射しの元へ出てカメラを撮ってはすぐ木陰へ非難してしまう。
私達も頑張ってはみるものの、ついつい木陰へ足が向かってしまう。


母なんて 北海道=涼しいとばかりに思ってきたから、この暑さがこたえるようだ。
もともと暑さを覚悟していたら「あら、思ったより暑くないわね、木陰は涼しいし。」と思えたに違いないが
涼しいとばかり思ってきたのに、この暑さは裏切られたとばかり盛大に汗を流す。


d0117900_20571551.jpg


d0117900_2053636.jpg

d0117900_20535116.jpg
d0117900_20541418.jpg
d0117900_2054261.jpg

d0117900_20551124.jpg
d0117900_20553640.jpg
d0117900_20561452.jpg


d0117900_20572736.jpg

d0117900_20574389.jpg

d0117900_2058339.jpg
d0117900_2143241.jpg
d0117900_2121547.jpg
d0117900_2059031.jpg
木陰で生き返る〜。

d0117900_2164198.jpg
d0117900_2152789.jpg
d0117900_2173397.jpg
d0117900_217518.jpg
d0117900_218533.jpg


ソフトクリームも口にし始めた直後から、私達の汗の如く雫となって滴り落ちる始末。

母は売店で上野さんの本を買い、更にご本人にサインを頂く事が出来てとても喜んでいた。


バスはそのまま花人街道を通って、富良野の風のガーデンへと向かう。
行く途中にぜるぶの丘の花畑が、やがてかんのファームのラベンダー畑の脇をバスは走り、その度、車内から歓声があがる。

d0117900_21184455.jpg
ファーム富田を遠くにのぞむ。



人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-07-18 00:01 | 富良野&美瑛&旭川&大雪山
森の中の宝物・イコロの森ガーデン

苫小牧にあるイコロの森へ行って来た。

以前から興味はあったのだけど、HPを見てもいまいちどういう所なのか判らない事と
余り花も咲いていないような地味なイメージがあって、なかなか足が向かなかったのだが
さすがにこの時期なら、何らかの花は咲いているだろうと思い、夫に連れて行ってもらう事にした。

本当にこの先にガーデンがあるのか?と不安になるような木立の道をずーっと進んだ奥にイコロの森はあった。

イコロとはアイヌ語で宝物という意味だ。

d0117900_22175158.jpg

ナチュラルガーデン。
イコロの森、というだけあって、森の中にあるガーデンでの中でも
ここがこの地に一番しっくり馴染んでいるように思う。



d0117900_22244055.jpg
d0117900_2227454.jpg

d0117900_22275927.jpg
d0117900_22284293.jpg
これはロックガーデン。

d0117900_2228582.jpg
ここは再びナチュラルガーデン(のはず)

d0117900_22301643.jpg
札幌は抜けるような青空だったのだが、ここイコロの森に近づくにつれ雲が空を覆い始めた。
札幌よりもイコロの森のほうが3、4℃近く気温が低く、涼しい。

d0117900_22314135.jpg


d0117900_223349.jpg

ふかふかの手入れが行き届いた美しい芝の両側には全長90mものボーダーガーデンが続く。

d0117900_22342179.jpg
d0117900_2234348.jpg
d0117900_22344750.jpg
d0117900_2234587.jpg
d0117900_2235816.jpg
d0117900_22355351.jpg
ローズガーデン。
d0117900_22361634.jpg
d0117900_22371579.jpg
花がら摘み。
d0117900_22382493.jpg

d0117900_22383859.jpg
d0117900_22385610.jpg
d0117900_2239124.jpg
d0117900_2240288.jpg
d0117900_22404335.jpg
d0117900_22405435.jpg
d0117900_2241887.jpg
d0117900_22412456.jpg
ホワイトガーデン。
d0117900_22414499.jpg
d0117900_2242111.jpg




人気ブログランキングへ

蛙です 苦手な人は注意!
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-07-15 00:01 | 千歳・支笏湖・苫小牧・白老