初めて見るもの、食べるもの、北海道生活は驚きの連続です→札幌生活も6年になりました。北海道の花に魅せられて花追人に変身中。
by fafaccio-Hokkaido
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
タグ
(290)
(280)
(179)
(135)
(105)
(85)
(81)
(80)
(77)
(62)
(36)
(24)
(24)
(21)
(17)
(16)
(7)
(6)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
★札幌市内
 ├近所&自宅での出来事
 ├琴似発寒川
 ├大通・札幌駅・すすきの
 ├円山・藻岩山・大倉山
 ├公園&花の名所
 ├美術館
 ├定山渓・豊平峡
札幌近郊圏(北広島・恵庭)
小樽&仁木&積丹
石狩
千歳・支笏湖・苫小牧・白老
室蘭・登別・洞爺湖
ニセコエリア
空知エリア
富良野&美瑛&旭川&大雪山
増毛・留萌エリア
日高エリア
十勝エリア
道東エリア(釧路・阿寒)
オホーツクエリア
知床エリア
道北(宗谷)エリア
道南
2006フランス
2007チェコ
2009イタリア
2009ニューヨーク
2011ソウル
2011京都
帰省編
*自己紹介


北海道ガーデン
を旅する


札幌・近郊
ぶらりhanaめぐり


北海道生活


鉄道で旅する北海道


*以前のブログ

*海外旅行編

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ




以前の記事
2013年 05月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 10月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:ドライブ ( 179 ) タグの人気記事
日本一変わっている花園 滝上町・陽殖園 @オホーツクキャンプ1
一度行ってみたかった滝上町にある陽殖園へ行ってきた。

高橋武市さんという園主が、約55年以上かけて作り出した花園である。
7万5千平方メートルという広大な敷地に約800種類という花々が咲くのだが
この全てをたった一人で作り上げた。
スコップと鍬と一輪車を使って、道を拓き、花の苗を植え
5つの池を作り上げ、山まで作ったというのだから驚きだ。

d0117900_23174070.jpg
これが入り口。

私は車から降りて、園内へ、夫は渚滑(ショコツ)川へ釣りへ向かう。

入り口に座っていた高橋さんから簡単な説明を聞きベルトを手渡される。
それには熊よけの鈴(ソとレの高さで鳴る鈴だった)が二つ付いており、
私の歩調に合わせて、レ〜ソ〜♪ レ〜ソ〜♪と歌い上げてくれる。


d0117900_22263754.jpg

両側に続くフロックスの花 
d0117900_22462447.jpg
緩やかな坂になっており、フロックスが延々続く。
d0117900_22464099.jpg
d0117900_22465393.jpg
d0117900_224789.jpg
d0117900_22471111.jpg
d0117900_22491265.jpg
d0117900_2249070.jpg
d0117900_22504156.jpg
アーチでお出迎え。
d0117900_22514927.jpg
d0117900_22521288.jpg
d0117900_22522284.jpg
d0117900_22523420.jpg
d0117900_22531727.jpg
入り口で渡された地図を参考に歩く。
園内の道は約5km程度あるそうだ。
d0117900_22545212.jpg
結構入り組んでいるので、どうやって歩いたらくまなく、効率的に歩けるだろうか?と最初は思っていたが、
あ、あっちに赤い花がある〜なんて具合にフラフラ花に吸い寄せられて歩いていると
先ほどまで歩いていた場所へ気付いたら戻ってしまったりしていて
なんだかんだで、殆どの道を歩く事ができた。
d0117900_2259985.jpg

約6mある高さの山。
これも高橋さんがせっせと一輪車で土を運んで作った手づくりの山だ。

地図にはエリカ山とあり、GW頃、一面エリカの花で覆われるそうだ。
d0117900_2335719.jpg

d0117900_234687.jpg
d0117900_2342415.jpg

ベルガモット(タイマツ草・モナルダ)がまだ見頃の場所があった。

7月下旬は園内の至るところでこの花が咲くらしく、
最初の予定ではその時期に来るはずだった。
しかし、天気のせいで順延となり、結局8月も半ばの来園となってしまったので
もう、見る事は出来ないだろうな・・・と諦めていたので、
この赤が遠くから見えた時にはとても嬉しかった。



d0117900_2316637.jpg
d0117900_23161753.jpg
d0117900_2316307.jpg
d0117900_23164544.jpg

d0117900_23242672.jpg
d0117900_23244274.jpg
d0117900_23245967.jpg
どこを歩いても花が咲いている。
d0117900_23252411.jpg
d0117900_2326928.jpg
d0117900_2326914.jpg
d0117900_23262525.jpg
d0117900_23292944.jpg
d0117900_23294915.jpg
d0117900_23305915.jpg
d0117900_2332396.jpg
d0117900_23321671.jpg
d0117900_233228100.jpg
d0117900_23325143.jpg
d0117900_23342735.jpg
d0117900_23344590.jpg
d0117900_2335174.jpg
d0117900_23351541.jpg
d0117900_23394952.jpg
d0117900_23353544.jpg
d0117900_23361377.jpg
d0117900_23365740.jpg
d0117900_23371398.jpg
d0117900_2337715.jpg
d0117900_23374999.jpg
d0117900_2340188.jpg
d0117900_23403394.jpg
d0117900_23405041.jpg
d0117900_2341432.jpg
d0117900_2341850.jpg
d0117900_234146100.jpg
d0117900_2342266.jpg
d0117900_23422445.jpg
d0117900_23431952.jpg


二時間ほど歩いて入り口へと戻る。
「これに感想を書いてね〜。」とスケッチブックを差し出されたので
名前と日付と思いつくまま感想を書いた後、パラパラと捲って他の人の感想を見る。

「念願かなってようやく来れました!」という感想があちこちに見られるが、それらの大半が道外からの方だ。
「○○が綺麗でした!」という○○は、その時期、その時期で書かれている花の名前が変わる。
7月下旬はモナルダ、6月半ば〜下旬はルピナスといった具合だ。
ふと思いついた質問を投げかける。
「GW頃は、やっぱりエゾエンゴサクにカタクリも咲くんですか?」
「エンゴサクは咲くけど、カタクリは咲かないんだよ。
大雪山のあっち側の旭川とかは咲くよね。
こっちは大雪を越した東でしょ、滝上はカタクリはもともと無い地域なの。
その時期はうちは水仙とエリカが見頃だね。」


「うちはね、開園期間中は何かしらの花が咲いているんだよ。
だから○○が見たい!と思って来るよりも、
今日は何が咲いているかな?と思って来たほうがいいね。
それに、一週間、二週間も経てば、ガラッと咲いている花、景色も変わって見えるよ。」
「じゃあ、毎月初旬、中旬、下旬と来ればベストですね!」
「そうだね、それがいいねぇ。」
「じゃ、来年は 『夫は渚滑川で釣りへ!私はここへ!』で来ます!!」



本当に来年は、せっせと来たい。


人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-08-18 00:01 | オホーツクエリア
直売所巡りとノーザンホースパークのK's Garden

ノーザンホースパークのK's Gardenへ行くついでに
近郊の直売所めぐりをしてきた。

まずはトイレに寄りがてら恵庭の道の駅へ。
道の駅に併設されている直売所には近郊で採れた野菜が数々並んでいるが
今の旬は、なんといってもトウキビだ。
買おうか迷ったが次に向かう松浦農園が本命なので、何も買わずに後にする。

お次は東千歳にある松浦農園へ向かう。
「子ウサギいるかなぁ。」
「もう今日こそ、貰ってくれば?」と夫。

松浦農園へ着くと、やはりここでもトウキビが売られている。
とりたててトウキビが好きではない私は、最初買うつもりもなかったのだが
差し出された試食用の生トウモロコシの輪切りを食べて、その余りの甘さに驚いた。
生食用の品種ではない、通常の味来なのだが、ジュワーっと甘い汁が噛む度に溢れてくる。
「トウキビは 生が一番本当の美味しさが判るんだわ。」と農園の方。

余りの美味しさに、5本買い求めた。
(更に3本おまけしてくれたので計8本になった)
その他、シシトウやナス、ズッキーニなどを買う。

その後、長沼の直売所へ行き、ここでも沢山野菜を買い込んだ後ノーザンホースパークへ。


毎年7月後半のラベンダーを最後として、花巡りを終えてしまうけれど、
8月だって花は咲いているはずだ。
しかし、6月、7月の花の数々は想像できるけど、
8月の花はヒマワリ、ダリア位しか想像がつかない。
どういう花が咲いているのだろうか?
花はちゃんとあるんだろうか?と期待半分で行ってみた。

d0117900_1542524.jpg



d0117900_15453461.jpg


d0117900_15455131.jpg

d0117900_15463267.jpg
d0117900_15462128.jpg
d0117900_15464375.jpg
d0117900_15462460.jpg
d0117900_15463472.jpg
d0117900_15465117.jpg
d0117900_1548845.jpg
d0117900_1548222.jpg
d0117900_15483722.jpg
d0117900_1549285.jpg
d0117900_15491586.jpg
d0117900_15491277.jpg
d0117900_155105.jpg
d0117900_15513229.jpg
d0117900_15514348.jpg
d0117900_15515424.jpg
d0117900_15524515.jpg
d0117900_15525617.jpg
d0117900_15531090.jpg
d0117900_1553239.jpg




人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-08-14 15:05 | 千歳・支笏湖・苫小牧・白老
雲丹を食べに積丹へ!
7月22日 母六日目。
今日は、積丹へ雲丹丼を食べに行った。
d0117900_22493531.jpg

みさきへ着いたのは10時半頃。
残念ながら限定50食のエゾバフン雲丹丼は終了していたので、ムラサキウニ丼を注文する。

d0117900_22544165.jpg
食後は、神威岬へ向かった。

d0117900_239873.jpg
生憎のお天気で、積丹ブルーが冴えない色となっている。
d0117900_23111826.jpg
しかし何より残念だったのは、岬の先端に至る遊歩道が途中で通行止めになっていた事だ。
遊歩道に入って10分も経たないうちに、立ち入り禁止の柵が現れたので驚いた。
昨年の台風による土砂崩れの影響らしい。

d0117900_23194281.jpg
お次は美国漁港へ。
ここで水中展望船・ニュー積丹号に乗る。

ギャーギャー喚くカモメを従えて入港するニュー積丹号。

d0117900_23213528.jpg
日曜日という事もあり乗客が多いので、半分の乗客は甲板へ、もう半分は水中展望室へと案内される。
私達は、水中展望室組だ。
出発する前に港を上から覗いてみる時には、魚の影は見えなかったが
水中から眺めてビックリ!大量の魚達が泳いでいるではないか!
恐らくウグイと思われる。30cmくらいもあるウグイ達。
d0117900_232921.jpg
出発!
d0117900_23294410.jpg
ウニ!
d0117900_23331172.jpg
ウニ!!

d0117900_23344412.jpg
ウニ!!!

さすがは積丹。見渡す限りのウニ畑だ。
もちろん雲丹だけではなく、エゾメバルなどの魚達が泳いでいるのも見える。
d0117900_2355229.jpg

やがて水中展望組は甲板組と交代し、我々は甲板へとあがる。
d0117900_2363852.jpg
陽も出始め、海面がみるみるうちに鮮やかなブルーへと変わる。
d0117900_2375156.jpg

d0117900_238688.jpg
d0117900_239068.jpg
帰りは 食パンの耳が山のように入った容器が幾つか手渡され、カモメへの餌やりタイムが始まった。

カモメもちゃんと心得たもので、餌やりタイムが開始すると同時に大量のカモメ達がどこからともなく現れた。


d0117900_23121885.jpg


d0117900_23131197.jpg
ギャーギャーつんざくような雄叫びと共に、船の周りをバサバサと取り囲むカモメ達。
ふと港を見ると、我が夫が目前にいるではないか。
(座禅を組んでる訳ではありません)
おーい!!と呼びかけてみたけど、カモメの喚き声に掻き消されてしまい・・・

d0117900_23193818.jpg


d0117900_23211147.jpg
久しぶりに余市の南保留太郎商店へと立ち寄る。
以前よりも店内が広くなっていた。

d0117900_23225184.jpg
お目当てのヘラ蟹の薫製。
以前は人気のあまり予約しないと手に入らない時期があったので
今日もどうせ手に入らないだろうと思っていたのだが
念のために冷蔵庫を覗いてみたところ、なんと在庫があった。
d0117900_2325341.jpg


d0117900_23253743.jpg

以前来た時に購入したグラスを、もう一度買いたいと母が言うので
余市のニッカウィスキーの売店へ立ち寄った。



人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-07-22 22:32 | 小樽&仁木&積丹
森の中の宝物・イコロの森ガーデン

苫小牧にあるイコロの森へ行って来た。

以前から興味はあったのだけど、HPを見てもいまいちどういう所なのか判らない事と
余り花も咲いていないような地味なイメージがあって、なかなか足が向かなかったのだが
さすがにこの時期なら、何らかの花は咲いているだろうと思い、夫に連れて行ってもらう事にした。

本当にこの先にガーデンがあるのか?と不安になるような木立の道をずーっと進んだ奥にイコロの森はあった。

イコロとはアイヌ語で宝物という意味だ。

d0117900_22175158.jpg

ナチュラルガーデン。
イコロの森、というだけあって、森の中にあるガーデンでの中でも
ここがこの地に一番しっくり馴染んでいるように思う。



d0117900_22244055.jpg
d0117900_2227454.jpg

d0117900_22275927.jpg
d0117900_22284293.jpg
これはロックガーデン。

d0117900_2228582.jpg
ここは再びナチュラルガーデン(のはず)

d0117900_22301643.jpg
札幌は抜けるような青空だったのだが、ここイコロの森に近づくにつれ雲が空を覆い始めた。
札幌よりもイコロの森のほうが3、4℃近く気温が低く、涼しい。

d0117900_22314135.jpg


d0117900_223349.jpg

ふかふかの手入れが行き届いた美しい芝の両側には全長90mものボーダーガーデンが続く。

d0117900_22342179.jpg
d0117900_2234348.jpg
d0117900_22344750.jpg
d0117900_2234587.jpg
d0117900_2235816.jpg
d0117900_22355351.jpg
ローズガーデン。
d0117900_22361634.jpg
d0117900_22371579.jpg
花がら摘み。
d0117900_22382493.jpg

d0117900_22383859.jpg
d0117900_22385610.jpg
d0117900_2239124.jpg
d0117900_2240288.jpg
d0117900_22404335.jpg
d0117900_22405435.jpg
d0117900_2241887.jpg
d0117900_22412456.jpg
ホワイトガーデン。
d0117900_22414499.jpg
d0117900_2242111.jpg




人気ブログランキングへ

蛙です 苦手な人は注意!
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-07-15 00:01 | 千歳・支笏湖・苫小牧・白老
富良野・風のガーデン@6/30&7/1東神楽キャンプー7
d0117900_23213983.jpg

d0117900_23164326.jpg
d0117900_23163070.jpg
d0117900_2316175.jpg
d0117900_2316717.jpg
d0117900_23155627.jpg
d0117900_2315447.jpg
d0117900_23174510.jpg
d0117900_23173014.jpg
d0117900_2318187.jpg
d0117900_23182785.jpg
d0117900_23184211.jpg
d0117900_23185665.jpg

d0117900_23191368.jpg
d0117900_23192818.jpg
d0117900_23194532.jpg
d0117900_23195626.jpg
d0117900_23201368.jpg



人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-07-01 00:14 | 富良野&美瑛&旭川&大雪山
ミラーボーダーガーデン&マザーズガーデン@6/30&7/1東神楽キャンプー6

d0117900_22425591.jpg
ミラーボーダーガーデン

d0117900_22365550.jpg

d0117900_2247869.jpg

花がのびのびと咲き誇るマザーズガーデン。

d0117900_22472374.jpg

d0117900_22485920.jpg
涼しげなエゾクガイソウ
d0117900_22534875.jpg
d0117900_2374618.jpg
d0117900_22543026.jpg

d0117900_225236.jpg
d0117900_2333810.jpg
d0117900_22552931.jpg
d0117900_22554154.jpg
d0117900_22592998.jpg


人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-07-01 00:06 | 富良野&美瑛&旭川&大雪山
上野ファーム サークルボーダー@6/30&7/1東神楽キャンプー5
今年も上野ファームへ行ってきた。
10時半を回った時点で既に暑い。今日の旭川も30℃を超えるだろう。

そんな中、私はやや厚手の長袖Tシャツを着ている。
日焼け防止の為ではない。
二日目の洋服として半袖Tシャツを持ってくる予定だったのに、間違えて長袖を持ってきてしまったのだ。
この長袖Tシャツ、肌寒い時にはそのモフモフとした厚みが外気との空気を遮断してくれて着心地が良いが
今日はモフモフどころかモワモワして全身から湯気が出てるんじゃなかろうか。
まぁ、その厚みのお陰で滝のように流れる汗を存分に吸い取ってくれるとポジティブに考える事も出来る。


しかし、陽射しが容赦なく照りつける中、母へメールを送る。
「暑いわ・・・薔薇が満開で綺麗だよ。」脈絡もあったもんじゃない。

母から返事が来る。「たくさん写真撮っておいて。」
という訳で、一眼レンズの液晶画面を顔判子の如く汗で溶けたファンデで汚しながら撮ってきた。

d0117900_21115857.jpg
パープルウォークからサークルボーダーへ。

d0117900_21124341.jpg

d0117900_2113335.jpg
d0117900_21132525.jpg
サークルボーダーの青〜紫部分。
デルフィニウムを見て「ラベンダーだ!」と言っている人がいた。
デルフィニウムにとっても、ラベンダーにとっても、気の毒な間違いだったので
「違いますよ。」とその人に伝えたかったのだけど、勿論言えなかった。


デルフィニウムはどうしてこんなに綺麗な色なんだろう。
私が庭を作ったら濃淡さまざまなデルフィニウムの林を作りたい。
芸がないと言われてもいい。
びっしりデルフィニウムが生えている所が見たい。
椀子蕎麦の如く、もういいと言う程。

d0117900_21165190.jpg


d0117900_2117207.jpg
d0117900_21173974.jpg

d0117900_21221857.jpg
d0117900_2122303.jpg

d0117900_21232085.jpg
d0117900_21232934.jpg

陽射しはものすごく強いけど、日陰に入るとすーっと汗がひく。
パープルウォークの入り口の木陰は風の通り道らしく、涼しく心地良い。
リラックスチェアが幾つかあって、そこでくつろぐ人、うとうとする人 様々だ。

暑いのは陽射しの届く範囲だけで、
そこから逃れると天国かと思う程、爽やかな北国の夏はここでも健在だった。


人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-07-01 00:05 | 富良野&美瑛&旭川&大雪山
ひがしかぐらキャンプ場&忠別川@6/30&7/1東神楽キャンプー4

旭岳の駐車場から麓へ降りる途中にある旭岳源水へ立ち寄り 
車に積んでおいたポリタンクに水を満たした。


そしてそのまま、ひがしかぐらキャンプ場へと向かい受け付けをすませた。
ひとり200円。
歩いてすぐ近くの所にある「森のゆ 花神楽」のチケットを二枚購入。二人で1000円。

キャンプ場回りには店が何もないので、東川の中心部にあるスーパーへ向かう。
セイコーマートでスパークリングワインを買い
ホクレンスーパーで骨付きソーセージだの、カルビ肉だのあれこれ買う。
ビールは旭岳の売店で買った旭岳麦酒があるので買わなかった。
d0117900_2151694.jpg


今日はとりわけ日中暑かったせいか、17時過ぎても肌寒くならなかった。
17時過ぎても半袖で過ごせるなんて!

d0117900_2151173.jpg

私達の移動式別荘@東神楽町

20時半頃、温泉へと向かう。
さすがに日が暮れると半袖では肌寒い。


d0117900_21513491.jpg

せせらぎ公園
d0117900_21514611.jpg

パークゴルフ場とキャンプ場を分けて流れる忠別川。
昨夜、雨音に聞こえたのはこのせせらぎの音だった。

d0117900_2152011.jpg
お手洗いも綺麗だし、温泉も歩いてすぐの所にあって快適なキャンプ場だった。

d0117900_21523427.jpg


d0117900_21525028.jpg
8時にキャンプ場を後にし、車で10分位の所にある忠別川へと向かう。
ウェダーに身を包んだ釣り人が既に竿を降っている。
夫もウェダーに着替え、釣りをする。
私は車に残って、持って来た小説を読んで過ごす。

一時間くらいして夫が戻って来た。
何も釣れなかった様子だ。
「俺の長靴が後ろにあるから それを履くと川に入れるよ。」との事。
巨大長靴なので、私はスニーカーを履いてそのまま長靴を履いてちょうど良い位だった。

5cm程度と極めて浅い所だが、傾斜を流れ落ちてすぐのせいか水の勢いは強く、
足元を取られそうになるのには驚いた。
たった5cm程度の水深なのに。

d0117900_2214926.jpg
キガラシ畑。

d0117900_2221328.jpg

とある人家の庭先にて。

d0117900_2224586.jpg

なんだか美味しそうな看板だったので立ち寄って、お味噌と塩麹と浅漬けの素を買った。

d0117900_2233665.jpg
東川の道の駅で買った寄せ豆腐が美味しかったので、お店に立ち寄り、再び豆腐を購入。

d0117900_2235160.jpg


d0117900_2251557.jpg
なんでシロクマなんだろーか?
旭山動物園が近いからだろーか?
確かに白いけど。



人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-07-01 00:01 | 富良野&美瑛&旭川&大雪山
旭岳の花畑を歩く@6/30&7/1東神楽キャンプー3
d0117900_021527.jpg


d0117900_022741.jpg

d0117900_0222040.jpg
姿見の池はまだ雪が残っていた。

d0117900_023148.jpg
姿見の池。

d0117900_0233544.jpg
d0117900_0235429.jpg
d0117900_024474.jpg
メアカンキンバイ
d0117900_0241867.jpg
エゾイソツツジ
d0117900_025743.jpg

d0117900_026276.jpg
d0117900_0254821.jpg
d0117900_026163.jpg
d0117900_0281476.jpg
d0117900_027689.jpg
d0117900_0272389.jpg
d0117900_0273983.jpg
d0117900_0275433.jpg
d0117900_0285895.jpg
d0117900_0293657.jpg


人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-06-30 00:03 | 富良野&美瑛&旭川&大雪山
天空の花畑@6/30&7/1東神楽キャンプー2

d0117900_22112055.jpg
d0117900_2211798.jpg

d0117900_22113134.jpg
d0117900_22112750.jpg
d0117900_22111823.jpg

d0117900_22114397.jpg
d0117900_2212508.jpg
d0117900_22135039.jpg


d0117900_2214041.jpg
d0117900_22134620.jpg
d0117900_22135981.jpg
d0117900_22141330.jpg
d0117900_22142327.jpg
d0117900_22143480.jpg
d0117900_22144681.jpg
d0117900_22145762.jpg


人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-06-30 00:02 | 富良野&美瑛&旭川&大雪山