初めて見るもの、食べるもの、北海道生活は驚きの連続です→札幌生活も6年になりました。北海道の花に魅せられて花追人に変身中。
by fafaccio-Hokkaido
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
タグ
(290)
(280)
(179)
(135)
(105)
(85)
(81)
(80)
(77)
(62)
(36)
(24)
(24)
(21)
(17)
(16)
(7)
(6)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
★札幌市内
 ├近所&自宅での出来事
 ├琴似発寒川
 ├大通・札幌駅・すすきの
 ├円山・藻岩山・大倉山
 ├公園&花の名所
 ├美術館
 ├定山渓・豊平峡
札幌近郊圏(北広島・恵庭)
小樽&仁木&積丹
石狩
千歳・支笏湖・苫小牧・白老
室蘭・登別・洞爺湖
ニセコエリア
空知エリア
富良野&美瑛&旭川&大雪山
増毛・留萌エリア
日高エリア
十勝エリア
道東エリア(釧路・阿寒)
オホーツクエリア
知床エリア
道北(宗谷)エリア
道南
2006フランス
2007チェコ
2009イタリア
2009ニューヨーク
2011ソウル
2011京都
帰省編
*自己紹介


北海道ガーデン
を旅する


札幌・近郊
ぶらりhanaめぐり


北海道生活


鉄道で旅する北海道


*以前のブログ

*海外旅行編

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ




以前の記事
2013年 05月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 10月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:北海道ならではの食べ物 ( 80 ) タグの人気記事
大通公園オータムフェスト 北海道の旬めぐり三日間−10
d0117900_11102524.jpg
d0117900_1110463.jpg











人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2011-09-25 00:10 |  ├大通・札幌駅・すすきの
札幌市中央卸売市場「消費拡大フェア2011」 北海道の旬めぐり三日間−8
普段立ち入る事のできない札幌中央卸売市場が年に一回公開されるというので行ってみる事にした。
友人はもちろん、私自身も興味津々。
d0117900_18525292.jpg
すごく混んでいた。
つみれ汁とイクラ丼が各1000食限定でふるまわれるというので
朝ご飯はそれでいいね〜なんて言い合っていたのだが
8時オープンで会場に着いたのは15分過ぎ。
既に駐車場はいっぱいに近く、イクラ達は跡形もなかった・・・。
完全に出遅れた。
d0117900_18532847.jpg
d0117900_18531670.jpg
d0117900_1853422.jpg





d0117900_185349100.jpg

d0117900_2218032.jpg
解体ショー待ちのマグロ。
d0117900_22182056.jpg
マグロの骨って太いんだね〜!
d0117900_22183354.jpg


三階の食堂で朝ご飯を食べる。
ここがまぁ注文から出てくるまでとにかく時間がかかった。
ウニ丼や海鮮丼やカレーにラーメンといった品なんだけど
どうしちゃったんだろうか??という位、待った。。。。
私は勇気を出してハスカップ入りのおにぎりを買って食べる。
ゼリーやジャムなどの甘いイメージがあるハスカップとおにぎりがどう融合するのか?
ちょっとドキドキしたが、ハスカップは塩漬けにされたもので梅干しのような感じだった。

その後、我が家へ、保冷剤を取りに帰った後、
札幌のスーパーを見たいと言うので、ローカルなスーパー「北海市場」へご案内。
売っている魚が全く関東とは異なる事に感心していた。
もう一つ、ジョイにも立ち寄り、南蛮の三升漬けや富良野カレーなどを友人は買い求めていた。
普段使用しているスーパーだが、いつも決まった品を探して、棚に直行しているせいか
そんな北海道限定のローカル商品があれこれある事に全く気づかなかった。



人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2011-09-25 00:08 | ★札幌市内
笹竹あれこれ

先日、同僚に笹竹が好きだ。という話をしたところ
「小樽の実家では毎年、笹竹を採りに行く」と言うではないか。
わぁ、いいなぁ、私も採ってみたいけど、素人だから見当もつかなくてねぇと言うと、
なら、今度、一緒に実家に行って採りにいこうよ、その代わり、長靴を履いてハードだよ、と言う。
長靴なんて雪のシーズンは毎日履いているんだもの、
行きたい、是非お父さんに話をしてみて とお願いをしておいた。

でも熊に会わない?と聞いたら 小樽に熊なんかいないよ!と言う。
札幌の西区にだって熊は出るんだよ、西区のHPにだって出没情報があるんだからと言うと
小樽で出たって話なんか聞いた事ないよ との事。
帰宅して小樽のHPを見たら、確かに熊出没情報コーナーは無かったが
私個人の見解としてはイチイチ載せていたらキリがないんじゃないだろうか?
だから載せないんじゃないだろうか?と思ったのだがどうだろう。
帰宅した夫に「私 今度、笹竹採りに連れていってもらうんだ♪」と報告したら
案の定「熊に会うんじゃないの・・・・?大丈夫なの・・・??」と顔が曇っていた。

その後数週間が経ち、そう言えばあの話はどうなった?と聞いてみたところ
平日仕事をしている私達と、平日朝早くから山に入るお父さんと全く予定が合わないのだと言う。
そりゃそうだねぇ、と納得をした。仕方ない。


その後 琴似の共栄市場で一山480円の笹竹を買った。
アルミホイルに包んで、ガス台の魚を焼くところに突っ込んで焼いて皮を剥いて食べた。
数は数えていないけれど、20本以上はあったと思う。
だから一人10本以上、美味しい美味しいと食べた。

しかしその夜遅く、何だか微妙に胸が焼けるというか気分が悪くなった。
夫は全く平然としているが 私一人、何だかホンワリと気持ち悪い。
仕方ないので平常通りに床についたが、翌朝になるとこれまた微妙にお腹の左側がしっくりこない。
出勤をして笹竹採りのお父さんがいる例の同僚に、笹竹って食べ過ぎると良くないのかなぁと聞いた。
何本食べた?と聞かれたので 10本以上と言うと、ちょっと驚いていたが 同僚もはっきりした事は判らなかった。
その晩、同僚からメールが届いた。
「うちのお母さんに聞いてみたら、そりゃー食べ過ぎだわ!!って驚いてたよ。
アクがあるから食べ過ぎは良くないし 一人数本で充分! って言ってた。」との事。

その同僚曰く、笹竹はお味噌汁にするのが一番好きだ と言うので
数日後、共栄市場で懲りずにまた笹竹を買ってきて、お味噌汁にしてみた。
皮を剥いてゆがいて、薄くスライスしてお味噌汁に放してみたら確かに美味しかった。
ついでに 何本もの笹竹が残ったので、炊込みご飯も作ってみた。
昆布と醤油と味醂と砂糖と水に 生のまま薄くスライスした笹竹を大量に乗せて
余っていた椎茸も薄くスライスして炊き込みご飯にしてみたら 絶品だった。
これは我が家の春のレパートリーに加える事にしよう。

さて、今日はその同僚からメールが来た。
「実家にて笹竹てんこもり。叔父が持ってきて、これから皮むきです。
100本はあると思う…。」

同僚の実家Y家では、私は「笹竹を食べ過ぎた子」と呼ばれているらしく
「笹竹を食べ過ぎた子」で話が通じるらしい。
お会いした事はないが、実際お会いした際には、自己紹介しなくてもすみそうだ。
きっと 今日で叔父さんとも話が通じる事になったに違いない。
d0117900_22514543.jpg

添付されてきた写真。
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2011-06-10 22:57 |  ├近所&自宅での出来事
せたなの海を楽しむ 5/15 その3
d0117900_22225672.jpg
d0117900_2223556.jpg
日本海沿いにある直売所。
d0117900_22233580.jpg
d0117900_2225228.jpg
遅いお昼を食べる事にしました。
今頃イクラって気もしたけど、久しぶりで美味しかった。
d0117900_22234435.jpg
ここも札幌近郊の海(日本海)と同じように鰊でかつては賑わったのだろう。
d0117900_22242760.jpg
三本杉岩。
d0117900_2227628.jpg
d0117900_22271754.jpg
積丹と同じような景色だった。
d0117900_2227511.jpg
瀬棚港で釣りをしたいという夫につきあう。
風が吹いててすんごく寒い!!
冬用のアウター着てきたのだけど、中がペラペラの綿のブラウスのせいかスースー寒くて仕方ない。
車に置きっ放しにしていたウィンドブレーカーを更に着てようやく落ち着いた。
d0117900_22301389.jpg
釣りの本には良港とあったけれど、夫は勿論、周りも全く釣れている様子はなかった。
一時間程度で、夫が寒さに音をあげて帰る事にした。

帰りは、行きとは違ったルート(日本海沿いを北上し岩内〜仁木ルート)で帰るつもりだったけど
海沿いのクネクネ道を走るよりも、行きと同じ高速の方が運転しやすく結果的に早いかもと思い直し
再び日本海から太平洋側へと通り抜け、噴火湾沿いで帰った。

それほど花に興味がないのに、片道四時間かけて水仙を見に連れてきてくれて夫よ、ありがとう。

人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2011-05-15 22:21 | 道南
浜からの直送便
宅配便で受け取った時に、戸惑う位、大きな荷物が届きました。
d0117900_22444552.jpg
d0117900_22454878.jpg
寿都町の漁業組合のHPから注文した新巻き鮭付きセット。
新巻き鮭大きいなぁ〜。
冷凍庫の引き出しのモノを一度全部だして
鮭を斜めにしないと入りらなかった。
送料込で2980円でした。
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2010-11-27 22:37 |  ├近所&自宅での出来事
ウニ丼食べに、増毛のすが宗へ
毎年、6月のウニ解禁を迎えると、ウニ丼を食べに出かけるのだけど、今年は未だに行っていない事に気づいた。

あと10日もすれば、シーズンが終わってしまう。
ウッカリ食べ逃すところだった。

毎年、積丹のみさきに行くのが常だが
一昨年 行った増毛(マシケ)のすが宗がご飯が美味しいのでそちらへ行く。
d0117900_0172999.jpg
なかなかのドライブ日和だ。
d0117900_0175892.jpg
いつも素通りしてしまうのだが、今回初めて雄冬岬の展望台へ登ってみた。
wikipediaによると「かつて札幌側からの往来が不可能で、増毛側からも冬季通行不能であった。
ここへの交通は事実上一日一往復していた増毛~雄冬間の定期航路しか実質的な交通手段がなく
かつこの定期航路も時化で休航が珍しくなかった。
そのため雄冬集落は長い間「陸の孤島」と呼ばれ北海道を代表する秘境の一つであった。」
との事。道路が開通したのも1980年代らしい。
素朴な疑問だが、どうやってこの陸の孤島と言われる地へ、人々はやって来たのだろう。
d0117900_023389.jpg
だって、岬のすぐ背後にはこのような険しい山々(いかにも熊がいそうだ)で
海側だって、山肌がそのまま海辺へと流れ込むような断崖の連なりだっただろうに
どうやってやって来たんだろう?
d0117900_0305918.jpg
さて、増毛のすが宗へ到着。
私は迷う事なくウニ丼を注文する。
本日はバフンウニではなくムラサキウニと呼ばれる白ウニしかないとの事だった。
確かにバフンウニのほうが濃厚なのだけど、白ウニでも充分に甘く美味しかった。

ここのウニ丼はウニとご飯が別々でやって来るので、そのまま食べるも良し、ご飯に乗せるも良し。
d0117900_0364758.jpg
夫は、ウニ丼にするべきか、海鮮丼にするべきか、それが問題だ・・・!
と悶々とした挙句、海鮮丼にする。これはこれでアリですね。
d0117900_0381693.jpg

そしてお鮨も注文。

すが宗さんは、酢の加減がとても絶妙でご飯がとても美味しい。
ただのご飯でウニ丼なら、この時期どこでも食べる事が出来るのだけど、
すが宗さんのこのご飯でウニ丼を食べたくてやって来たので、今年も満足、満足。
d0117900_0432020.jpg
店内に気になる張り紙を発見。
にしん漬けってどんなの??一樽5キロってどんな量??

とっても気になったので伺うと、鰊と札幌大球キャベツ
(信じられない程巨大なキャベツ 写真はコチラ  衝撃映像も有ります。
と米麹などで漬けるそうだ。
5kgを二人で食べきれるのか不安だったので、それぞれの実家へお裾分けしたらどうだろう?と聞いたが
残念ながらお勧めしないとの事だった。

何故なら発酵食品なので、道内なら冬の屋外で樽ごと保存してもらえれば(少々凍る位の寒さが良いそうな)
良い具合に発酵が進み、豊かな味の変化が楽しめるが、道外の場合、暖か過ぎる上に、一度取り出すと
それは発酵が進むというよりも単なる劣化になってしまい、味が格段に落ちるらしい。

ううむ・・・食べた事のない食べ物に5000円はアリか?!と思ったけど、
何せ すが宗さんの作るものに間違いはないと思ったので予約しちゃった!
この冬が楽しみじゃ。
とりあえず、この樽を守る為に道内に在住していたいもんだ。
万が一、転勤となってもこの樽を食べ終わった後にして頂きたい。
d0117900_113116.jpg
すが宗で食事を終え、お隣にあった燻製やさんへフラフラ〜と。
分厚い烏賊の一夜干しと秋刀魚の一夜干しを夕食用に購入を決めたところ こちら試食どうぞ〜と帆立の燻製を勧められる。
試食したってそうは簡単に買わないよ、と思ったはずなのに、口に入れモゴモゴした途端、二袋お買い上げを決めた。
それは帆立の燻製。
飴玉のようにいつまでも口の中で楽しんでいたいと思わせる美味しさで、人への御使い物にも良いなぁと思った。
HPはコチラ。燻製屋すが野商店
お店の人もとても感じが良く、このまま長居したら全部買い占めそうな気がしたので、お暇する。
(早速、晩に秋刀魚の一夜干しを食べたけれど、これまた美味しかった。)

d0117900_1145692.jpg
今日は日本酒の国稀(くにまれ)には立ち寄らず、お酒はお酒でもシードルを販売している増毛フルーツワイナリーへ行く。

私の中で増毛といえば、国稀、ウニ、甘エビ、(特にボタンエビは日本一だそうな)など海産物のイメージが強いけれど、
さくらんぼ、林檎など果実栽培も盛んで、あちこちにサクランボ狩り(シーズン終了したが)など果物狩をアピールする看板を見かける。
d0117900_1223977.jpg
甘口、中口、辛口と三種類あり、それぞれ試飲が可能。
運転手の夫に代わり、私がしかと味見をさせて頂いた結果、バランスの取れた中口と、すっきり辛口を買う。
買わなかった甘口は飲みやすくて、まるで林檎ジュースのようにゴクゴクと飲めてしまう危険なお酒だ。
d0117900_126965.jpg

札幌に戻る途中、いつも素通りする白糸の滝なんだけど、初めて車を停めてじっくりと見てみた。
この滝壺から10cm先はそのまま日本海。

増毛シードルに秋刀魚一夜干しにと色々お土産を買い込んだが、本日のとどめは石狩の農産物直売所。
かぼちゃ3つだの、枝豆が大きなザル山盛りだの、売っている単位がちと多い。
二人暮らしじゃ、この量は持て余す・・・と遠巻きに見ていたが、おじさんの口車に乗せられて(?)
結局、かぼちゃ3つ(500円)、 とうきび10本(500円)、枝豆大ザル山盛りを買った。
カボチャは丸ごとで常温で置いておけば余分な水分が少しずつ抜けて甘くなる と言ってたけど本当かなぁ。
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2010-08-21 00:00 | 増毛・留萌エリア
札幌近郊・直売所めぐりドライブ
遠出はしたくないけれど、余りにも良いお天気なので近場へドライブする事にした。
d0117900_20565440.jpg
東千歳ICで降りてしばらくのところにあった直売所へ立ち寄る。
d0117900_2058774.jpg
旬のネマガリダケが売っていたので購入。当別で朝獲ってきたものらしい。
これまた旬のアスパラと長さ80cm近くもある大根葉が三本で100円だったので購入。
結構おまけをしてくれてホクホク。
d0117900_2103238.jpg
ウサギ小屋もあって自由に餌(キャベツ)を上げる事が出来るもんだから、ウサギとひとしきり遊ぶ。
かなり楽しくて長時間ウサギ小屋に張り付いていたら、おばさんに「子うさぎ持ってく?」と言われ、ちょっと心ゆらいだ。
d0117900_2125917.jpg
こちらの直売所はかなりお安かった。
白菜ひとたま100円、小松菜立派なのが100円、葉っぱ付の蕪、じゃがいも、とあれこれ買い込む。
野菜の値段が高騰していたのは過去の話だっけ??と思った位、安かった。
d0117900_215463.jpg
お次は追分のチーズ工房へ立ち寄り、カマンベールチーズを購入。
d0117900_2154339.jpg
続いて、早来のチーズ工房へ。
こちらのスモークカマンベールが好きで、札幌市内でも手に入るけど、せっかくなので現地で購入したい。


でも結局買ったのはモッツァレラとスモークモッツァレラ。
そしてカマンベールチーズソフトクリームとカマンベールチーズ入りコロッケを持ち帰る。
d0117900_2191829.jpg
d0117900_2193592.jpg
前方に信じられないものが目に飛び込んできた。
d0117900_2110987.jpg
野良犬ならぬ野良馬か!?
d0117900_21105127.jpg
繋がれているとはいえ、すごすぎます。



人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2010-05-22 21:55 | 札幌近郊圏(北広島・恵庭)
六花亭 今月のおやつやさん
六花亭の今月のおやつやさんです。
d0117900_23443766.jpg
「心弾む春色エクレア」
d0117900_23464256.jpg
手前から、抹茶、マンゴー、ベリー、メープル。
一箱500円。結構食べごたえがありました。
もちろん美味しかった〜!


人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2010-05-07 23:42 |  ├近所&自宅での出来事
雄武漁協 毛がに祭り オホーツクの旅 その5
雨にも負けず
雪にも負けず
蟹食う人に
私はなりたい。


朝から雨だった。しかもどんどん酷くなる。 息も真っ白でいつ雪に変わってもおかしくない。
「まさか雨天中止じゃないよね・・・。」と心配そうな夫。

紋別の道の駅でスタンプを押した後は、北上して紋別から40分程度のところにある雄武町を目指す。
(雄武と書いて、オウムと読みます。)

d0117900_21285852.jpg
この時期のオホーツク産の毛蟹は、海明け毛蟹と呼ばれる。
冬の間、オホーツク海は流氷で閉ざされるが、
その流氷がもたらした豊富なプランクトンをたっぷり食べて毛蟹は育つのだ。
そして、流氷が去った後、いよいよ毛蟹漁が解禁となる。
札幌のスーパーでもオホーツク産の毛蟹が並び始めるといよいよ春だなぁと感じて嬉しくなる。

雄武(おうむ)の毛蟹、といえばオホーツク産の毛蟹として有名だ。
夏は噴火湾、冬は十勝沖と毛蟹は各地で獲れるけれど、
私の中ではこの時期のオホーツク産毛蟹が一番だ。


着いたのはちょうど10時。祭りも10時スタートだ。
d0117900_2129379.jpg
会場は雄武の道の駅の前だ。
既に人でいっぱい、車もいっぱい。
駐車場は既に満車だが、整備員も特におらず、路駐だらけだ。
臨時駐車場もないらしく、どうしようもない。

開始早々、毛ガニが沢山入ったビニール袋を下げて帰る人もいて、出遅れたか!?と不安になる。
d0117900_2133384.jpg
行列の先に待っているのは山盛りの毛ガニ。

でも同じ毛ガニの列でも沢山の人が並んでいる列とそうでもない列がある。
その違いを不思議に思って、売り子のおじさんに聞いたら沢山の行列が出来ている毛ガニは茹立て毛ガニなんだって。
そしてそれに比べると余り並んでいない方の毛ガニは昨日茹でた冷蔵品なんだそうな。
d0117900_22543465.jpg
え?茹立て? じゃー、絶対そっちだね!と長い行列の後ろにつく。
どんな釜で茹でているのか観察しに行ったけど、湯気が凄くて何も見えず・・・
(茹でる際、巨大な木の蓋をしているのもあって何も見えず)
d0117900_2257944.jpg
さすが茹立て!熱々です。

毛ガニいっぱい1000円。自宅用に4ハイ購入した。
d0117900_22593844.jpg
こちらのモクモクはなんだい?
d0117900_2301833.jpg
うわ〜、蟹だらけの毛蟹汁だ。
d0117900_2314154.jpg
毛蟹だけじゃなくて、ズワイにタラバも入ってる。
毛蟹汁じゃなくて、三大蟹汁と呼ばせていただこう。
これは美味しいに違いないっ!
d0117900_2334342.jpg
三大蟹汁(1杯500円)を購入。
蟹の隙間に汁があるといった具合で美味しい事ったらありゃしない。
蟹は出がらし状態かと思ったら、ちゃんと旨味が残っていて、みんな無言で蟹と格闘中。

お天気が悪く、雨もかなり降っているので落ち着いて食べる事が出来なかったのが残念。
でも汁に入っていた蟹は綺麗に食べ尽くしたよ。
かなり食べ甲斐がありました。
d0117900_23103821.jpg
この毛蟹はどうするの?
d0117900_23112283.jpg
なんと「毛蟹の釣り堀体験」
小学3年生以下限定というのが実に残念。
私も毛蟹を釣ってみたかった!!




人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2010-04-25 00:01 | オホーツクエリア
オホーツクの味覚・ 紋別・味処 あづま オホーツクの旅その4
16時頃に興部(おこっぺ)のノースプレインファームで食べたせいか
20時近くになってもちっともお腹が空かなかった。

でもせっかく来たのに何も食べないで寝るのもつまらないので
前夜調べておいた味処あづまで軽く飲む事にした。
d0117900_2237411.jpg
紋別産のしじみを使った酒蒸し。
大粒しじみで味がぎゅっと詰まっていて美味しかった。
d0117900_223841100.jpg
ツブ貝とホッキ貝の刺し身を頼んだところ、盛り合わせにしましょうか?
と提案してくれたので盛り合わせにしてもらった。

真ん中のは、旬のニシンの刺し身。
鰊の刺し身は甘くて(でもくどくない)北海道に来て初めて食べたけど、今では好きな刺し身の一つになった。
その他、赤ガレイやホッケ、カツオのタタキなどどれも美味しかった〜。
カツオ以外(多分)は全部、紋別産だと思う。
d0117900_22447100.jpg
いつでも食ってくれ!とばかりに毛ガニ君達が待機しておりますが・・・
もう上の二品でお腹がいっぱいに・・・
毛ガニ雑炊や毛ガニの刺し身など、気になるものが沢山あったのに・・・

以前、遊びに来た友人が「北海道は三食じゃ足りないよ!もっと食べれる胃が欲しい。」とぼやいていたけれど
今日はまさにそんな胃が欲しい、と思った一日だった。
d0117900_22465831.jpg


人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2010-04-24 22:30 | オホーツクエリア