初めて見るもの、食べるもの、北海道生活は驚きの連続です→札幌生活も6年になりました。北海道の花に魅せられて花追人に変身中。
by fafaccio-Hokkaido
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
タグ
(290)
(280)
(179)
(135)
(105)
(85)
(81)
(80)
(77)
(62)
(36)
(24)
(24)
(21)
(17)
(16)
(7)
(6)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
★札幌市内
 ├近所&自宅での出来事
 ├琴似発寒川
 ├大通・札幌駅・すすきの
 ├円山・藻岩山・大倉山
 ├公園&花の名所
 ├美術館
 ├定山渓・豊平峡
札幌近郊圏(北広島・恵庭)
小樽&仁木&積丹
石狩
千歳・支笏湖・苫小牧・白老
室蘭・登別・洞爺湖
ニセコエリア
空知エリア
富良野&美瑛&旭川&大雪山
増毛・留萌エリア
日高エリア
十勝エリア
道東エリア(釧路・阿寒)
オホーツクエリア
知床エリア
道北(宗谷)エリア
道南
2006フランス
2007チェコ
2009イタリア
2009ニューヨーク
2011ソウル
2011京都
帰省編
*自己紹介


北海道ガーデン
を旅する


札幌・近郊
ぶらりhanaめぐり


北海道生活


鉄道で旅する北海道


*以前のブログ

*海外旅行編

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ




以前の記事
2013年 05月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 10月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:北海道ならでは! ( 290 ) タグの人気記事
ラベンダー日和@町営ラベンダー園&中富良野町営ラベンダー園

一泊二日のガーデン街道ツアーから戻った翌日は、富良野へ行った。

かなり勢力的に行動している私達。
曇り空だとラベンダーはくすんで見えるので、何よりも晴れている日を選びたい、
土日の恐ろしい混雑を避けたい、と考えると今日しかなかった。

札幌駅を7時55分に出発する特急フラノラベンダーエクスプレス1号に乗り、富良野へ。
乗客はそのまま向かいにあるローカル線へとぞろぞろ乗り換え、私達を含め中富良野で降りる。

d0117900_1603365.jpg

今日は湿気がないせいか、二日前に富良野を通った時よりも空が濃い。

d0117900_161251.jpg
中富良野町営ラベンダー園に着き、リフトに乗る。
d0117900_23355916.jpg

d0117900_23314084.jpg

てっぺんからの眺め。
毎年ここに来ないと夏を迎えた気がしない。
時間を気にせず、心ゆくまで肺の奥底までラベンダーの香りを詰め込む。
d0117900_1665189.jpg
d0117900_1610727.jpg

d0117900_16104474.jpg
d0117900_16105831.jpg

一時間程 町営ラベンダー園で過ごした後、歩いてファーム富田へと向かう。
さすがに平日なので、駐車場待ちの長蛇の列はない。

(同僚の話によると土日のバスツアーに参加したら、
18時半に札幌着の予定が22時半になったらしい。
また普通なら10分で着くはずが一時間経っても動かないので
道の途中でお客様を下して、ファーム富田まで歩いてもらったとか・・・。)


d0117900_1611408.jpg
ファーム富田へ到着。
d0117900_16175646.jpg
彩りの畑。



一番端の撮影スポットに
「ここは記念撮影用の場所です。三脚での立ち入りを禁止します。」といった柵が出来ていた。

いいと思う。
ただでさえ観光客で混み合う時期。誰だってせっかく来たのだから
綺麗なここの場所から記念写真を撮りたいと思っていても
何人もの三脚組がずーっと陣取っていて、普通の観光客は強心臓でないとここの場所から写真を撮りづらかった。

中には花の咲いているエリアに三脚の足を突っ込ませ、花を倒そうがお構いなしという人さえいて、苦々しく感じていた。

という訳で、皆、写真を撮れるようになりメデタシ、メデタシ。

d0117900_16324882.jpg
ぽつんと昨年の名残だろうか、ピンクの花が咲いていた。

d0117900_16335813.jpg

d0117900_16352142.jpg
d0117900_16355686.jpg
d0117900_16362786.jpg
d0117900_16364643.jpg
d0117900_1639515.jpg
d0117900_16373392.jpg
d0117900_16375359.jpg
お昼を食べた後、トラディショナルラベンダー畑と上る。

d0117900_16382888.jpg
d0117900_16384283.jpg
d0117900_16402066.jpg
やっぱりビールでしょ。

人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-07-20 00:00 | 富良野&美瑛&旭川&大雪山
旭岳の花畑を歩く@6/30&7/1東神楽キャンプー3
d0117900_021527.jpg


d0117900_022741.jpg

d0117900_0222040.jpg
姿見の池はまだ雪が残っていた。

d0117900_023148.jpg
姿見の池。

d0117900_0233544.jpg
d0117900_0235429.jpg
d0117900_024474.jpg
メアカンキンバイ
d0117900_0241867.jpg
エゾイソツツジ
d0117900_025743.jpg

d0117900_026276.jpg
d0117900_0254821.jpg
d0117900_026163.jpg
d0117900_0281476.jpg
d0117900_027689.jpg
d0117900_0272389.jpg
d0117900_0273983.jpg
d0117900_0275433.jpg
d0117900_0285895.jpg
d0117900_0293657.jpg


人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-06-30 00:03 | 富良野&美瑛&旭川&大雪山
天空の花畑@6/30&7/1東神楽キャンプー2

d0117900_22112055.jpg
d0117900_2211798.jpg

d0117900_22113134.jpg
d0117900_22112750.jpg
d0117900_22111823.jpg

d0117900_22114397.jpg
d0117900_2212508.jpg
d0117900_22135039.jpg


d0117900_2214041.jpg
d0117900_22134620.jpg
d0117900_22135981.jpg
d0117900_22141330.jpg
d0117900_22142327.jpg
d0117900_22143480.jpg
d0117900_22144681.jpg
d0117900_22145762.jpg


人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-06-30 00:02 | 富良野&美瑛&旭川&大雪山
旭岳・天空の花畑へ!@6/30&7/1東神楽キャンプー1

ついにキャンプシーズンが到来した!

暑くもなく、寒くもない良い季節・・・のはずだった。
しかしキャンプ前日、旭川の天気を見ると予想気温32℃!
沖縄と旭川がその日一番暑くなるようだ。
北と南が同じ気温ってどういう事?
さすが北海道でも内陸部にあるだけあるなぁと感心する。

私の当初の目的は旭川の上野ファームと富良野の風のガーデンだった。
32℃の中、ガーデン巡りは辛すぎる。
花だけでなく、私も萎れてしまう。


旭川方面で涼しい所といえば、山に上るしかない。
そんな時、はっと思い出したのが旭岳。
一度は高山植物の時期も見てみたいと思っていたんだっけ。
(秋の紅葉は過去二回見た)

調べてみると、なかなか良さそうな感じだった。

札幌から旭川鷹栖まで高速で走り、下に降りて東川町を通る。
東川の道の駅で、夕食用にミニキュウリとラディッシュ、それに寄せ豆腐を購入。

しばらく走って、旭岳の駐車場へ到着した。
ここからロープウェイに乗って、旭岳の5合目へ向かう。

d0117900_1763557.jpg

d0117900_1764896.jpg
下を見下ろすと、まだエゾノリュウキンカが咲いている所もあった。
裾のほうでは水芭蕉がオバケのように翼を広げていたが、
標高が高くなるにつれ、段々トウモロコシサイズになっていく。


d0117900_1782059.jpg
到着!
姿見駅。

d0117900_179552.jpg
ロープウェイ駅を出ると、そこはまだまだ雪が残っていた。

d0117900_1793276.jpg
つい三ヶ月前には雪にうんざりしていたのに、久しぶりに見ると何だか新鮮だ。
d0117900_17101768.jpg
歩き始めて5分もしないうちに花に出会えて感激する。

d0117900_1711548.jpg
チングルマ

d0117900_1712146.jpg

第一展望台へ到着。
d0117900_17185762.jpg

d0117900_1713177.jpg
エゾイソツツジ

d0117900_17151136.jpg
d0117900_17155066.jpg

d0117900_17152749.jpg

メアカンキンバイ
d0117900_1719575.jpg

キバナシャクナゲ
d0117900_17203130.jpg

エゾノツガザクラ
d0117900_17203855.jpg

d0117900_17241468.jpg
至るところで花畑が広がる。
d0117900_17212177.jpg
標高1600m 気温は20℃前後。
半袖でもOKだった。
d0117900_1741741.jpg

擂鉢池にて逆さ旭岳を望む
d0117900_17424572.jpg
第三展望台は大砲のようなレンズを構えたカメラマンでいっぱいだ。
皆、同じ方角を向いて、パパパパパ・・・・・と高速連写をしている。
何だろうと、皆に習って同じ方角を見ていると、どうやら鳥を写しているらしい。
私も写してみたんだけど、250mmのレンズだとこれが限界だった。

バードウオッチングってすんごい望遠が必要なんだという事が判った。
鳥を見ているより、正直皆様のごっついレンズを見ている方が面白かった。
皆様のレンズの横だと、私の望遠レンズはまるでオモチャのようにしか見えない。


d0117900_17471847.jpg
等倍でこれが限界。
氷河期の生き証人「ギンザンマシコ」との事。

d0117900_17512636.jpg
d0117900_17515363.jpg
イワブクロ

d0117900_17524413.jpg
d0117900_17525845.jpg
d0117900_18454284.jpg


人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-06-30 00:01 | 富良野&美瑛&旭川&大雪山
北海道ガーデンショー・招待作家の庭 十勝千年の森@一泊二日・十勝釣りと花の旅3

二日目の今日こそが、お互いに外せない目的があった。

ミヤベイワナが今時期、解禁されるのだ。
世界で然別湖にしか生息しないというミヤベイワナを釣りに
夫は朝の4時に起きて然別湖へ車で向かった。

いってらっしゃーいと4時半頃、ベッドの中から夫を見送り、再びムニャムニャと眠りに入る。
私は7時半頃に目を覚まし朝食を食べ、チェックアウトをすませ、十勝バスのターミナルへと向かう。

片道500円のシャトルバスに乗り、一時間かけ清水町にある十勝千年の森へ行った。
ここで今年は北海道ガーデニングショーが開催されているのだ。

こともあろうに、酷い雨だ。
朝、起きた時から酷い雨で、行くのはやめて温泉にでも入ろうかと思ったが
何とか奮い立たせて、十勝千年の森まで来た。

傘をさしながら見学スタート!
d0117900_21161816.jpg



石の記憶・中谷耿一郎

d0117900_2015723.jpg
d0117900_20275722.jpg

石畳に沿うように流れる川。
d0117900_2026288.jpg

ここで早くも挫折する。
パンフレットの「雨天の時には傘、長靴をお貸しします。」という一文を思い出したので
受け付けへ戻り、長靴を貸してもらった。
(これが後々、非常に助かる事になる。長靴がなかったら20分で退散しただろう。)


d0117900_203232100.jpg
川のほとりで咲くニリンソウ。
d0117900_20332299.jpg
d0117900_20333495.jpg


d0117900_20334670.jpg
あなたに会いたくて ー楡の木の木陰の庭で・白井温紀

馬を飼う家族を題材とした庭らしい。
今日は何も見えないけれど、晴れていれば借景として日高山脈が望めるらしい。
d0117900_20432283.jpg

d0117900_2041504.jpg
一般的な庭園・ガーデンを想像していると、
え?これがガーデン?と思うかもしれないが
私は、これは十勝でしか作れない庭だと思った。
d0117900_2039253.jpg
d0117900_20401688.jpg
どこまで作られたものか、元々あったものなのか 判らないが、ここの景色が気に入った。


d0117900_20493393.jpg
なんだろう?傘を閉じて先へ進む。
d0117900_2050103.jpg
身土不二 2012 夏 北海道/竹谷仁志

d0117900_20521338.jpg


d0117900_20531291.jpg



d0117900_20575015.jpg
The Crossing/ダン・ピアソン
d0117900_20585723.jpg


d0117900_2105448.jpg

d0117900_2123842.jpg

カメラを出すのも躊躇う程の雨だったが
そのうち、雨も悪くないなと思い始めた。

なんて緑が鮮やかなんだろう。



人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-06-17 00:03 | 十勝エリア
川下公園 ライラックの森
d0117900_231214100.jpg
やっぱりライラックは青空が似合う。
d0117900_2313647.jpg
d0117900_23132022.jpg
d0117900_23133327.jpg
d0117900_23221836.jpg
スプリングパレード

なんてピッタリな名前なんだろうと感心した。
d0117900_23134496.jpg
d0117900_23152249.jpg
d0117900_23194410.jpg
d0117900_23195964.jpg
d0117900_23201772.jpg

d0117900_23205268.jpg
d0117900_23213118.jpg
d0117900_2321494.jpg

d0117900_2323196.jpg
d0117900_23232723.jpg
d0117900_23235189.jpg
d0117900_2324653.jpg
d0117900_23242072.jpg
d0117900_23243137.jpg
d0117900_23244478.jpg
元祖・カメラ小僧。

d0117900_2325972.jpg
香りを堪能しているポーズだそーです。
d0117900_23252449.jpg





人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-05-29 00:01 |  ├公園&花の名所
ラッキーライラック・川下公園ライラックの森

母・滞在六日目。

今日は川下公園のライラックの森へ出かけた。

公園に着いて、母が言う。
「昨日ね、テレビ塔にのぼった時に(恐らくボランティアの)ガイドさんが
『ラッキーライラックと言って、花弁が5枚のがあるんですよ。
普通はね、4枚なんだけど、5枚はなかなか無いんですよ。』
といって、そりゃー大事そうに5枚のライラックの写真を見せてくれたのよ。
ねぇ、5枚の見た事ある?」
「さあ、記憶にないなぁ。」と私。

せっかくだから見つかるといいね、と思う間もなく
「あら!!あったわ!!ほら!」と母が示す先には・・・
d0117900_22555020.jpg

ラッキーライラック。

「昨日のおじさん、とっても貴重なんですよ、
なんて勿体ぶってたけど、本当かしらね?
だって、探さなくたってすぐに見つかったもの、と母。

確かに全く有り難みがない位にすぐ見つかった。
d0117900_2325485.jpg
d0117900_233586.jpg

ふらりと隣の木に移った所、またラッキーライラックが見つかった。

本当に珍しいものなのかなぁ?



人気ブログランキングへ
[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-05-29 00:00 |  ├公園&花の名所
すすきの氷の祭典


d0117900_231715.jpg

旭川から戻ってきた後は、花まる時計台店で夕食。
やはりこの季節はタチ!タチ!タチ!!

d0117900_23181495.jpg

大通では雪まつりが行われているが、それと同時期にすすきのでは氷の祭典が開催中。

d0117900_23191870.jpg



d0117900_23193462.jpg

d0117900_23195144.jpg

d0117900_2320813.jpg

d0117900_23202130.jpg
d0117900_23204145.jpg
d0117900_23205516.jpg













[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-02-07 00:04 |  ├大通・札幌駅・すすきの
ペンギンのお散歩 愉快なジェンツーペンギンたち@旭山動物園

旭山動物園名物・ぺんぎんのお散歩。
二時間半からスタートするので、お散歩コースに行ってみると既に沢山の人が並んでいた。
仕方ないので列の最終尾に行く。
そこは立ち入り禁止のロープが張られていて本当に最後だった。
しかし、かえってそこのポイントが幸いする。

ペンギンの歩行速度が見当もつかないので、いったい私の所にいつになったらやってくるのか?
今、どこらへんにいるのか?と思っていたら、列の様子を見ていた夫がそろそろやってくるよ!との事。
d0117900_1642285.jpg

来た!
でもたった一羽。他のペンギン達はどこ??

d0117900_16444282.jpg

キョロキョロあっちこっち歩いているペンギン。でもお仲間は?
d0117900_16451886.jpg

と思ったら、テケテケテケ〜と私の足元までやってきた!!
私の真横にある立ち入り禁止ロープが目に入ったらしい。
d0117900_16464075.jpg
二羽目登場。
テケテケ〜と小走り中。
d0117900_1647294.jpg
あっという間にまたもや勢い良く私の足元へ。
d0117900_1649368.jpg

「ねぇ、ねぇ何遊んでるの?」
「これ、こうやって引っ張ると面白いんだよ。えい!えい!!」

d0117900_16503285.jpg

ようやくキングペンギンが登場。
こちらは皆、揃って威風堂々。

d0117900_16514835.jpg

そのころ、二羽のジェンツーペンギンたちはといえば・・・
「あ・・突っつきすぎて覆いが取れちゃった!やべ!」

d0117900_16525463.jpg

飼育員さんに諭され、列に戻るよう促されるも・・・・
d0117900_1653287.jpg

逆走。
d0117900_16535279.jpg

Uの字になっているコースで、曲がる部分は観客は立ち入り禁止なので彼らを見送る。

d0117900_1655845.jpg

戻りコースで彼らを待ち構えていると・・・
d0117900_1656331.jpg

ピョン!
またもやコースを外れる。
d0117900_1657244.jpg
飼育員さんに連れ戻され、再びコースへ。
「ちぇっ。つまんないの!」
d0117900_16583221.jpg
「だけど、ボクらは風の吹くまま(雪の降るまま?)気のむくまま歩きたいのさ!」
テケテケ〜。
d0117900_170164.jpg
「そりゃ!! ぴゅー。」
d0117900_1702492.jpg
d0117900_1712911.jpg
「お!何だこりゃ?つついてみるか!」
と幹をツンツン。
私はこの木の真横にいたので、またしても足元で彼らを見る事が出来た。
d0117900_175319.jpg
相変わらず秩序を保ったままのキングペンギンたち。
d0117900_176669.jpg
そんなことはお構いなしに、スタコラ〜。
d0117900_1765663.jpg
「こっちのほうが雪がふかふかだね!」
「だろ?止められないよね!」
d0117900_1782267.jpg
「あ・・・見つかっちゃった。」
d0117900_1784317.jpg
おべんとつけて どこ行くの?
d0117900_179948.jpg
またしても脇道へ。
d0117900_1793287.jpg
「なんだ、これ?」

同じペンギンといえども、種類によってこんなに性質が異なるとは!
ジェンツーペンギンだけのお散歩だったら、きっと収集つかなくなるはず。
見ていて、本当に笑いが止まらなかった。



[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-02-07 00:03 | 富良野&美瑛&旭川&大雪山
さっぽろ雪まつりに行ってきました

夫の母が、雪まつり観光に北海道に来ました。
まさか6回も見る事になるとは思わなかった雪まつりだが
今年こそ最後になるかもしれないので、いるうちに是非と来て貰った。

私の希望で、まずはテレビ塔に上がって上から会場を眺める事にした。
テレビのニュースなどではお馴染みの光景だが、実際に上から眺めた事がなかったので見てみたかった。
地上では40分待ちです!!と係の人が叫んでいたが、地上のエレベーター付近はさほど混んでいなかったので、
どうせ多めに言っているだけだろうと思っていたのだが本当だった。
エレベーターに乗り、地上から二階のお土産のあるフロアへ着いたところ
わさわさと人が大勢いて長い長い列が出来ており、
どうやらそれは展望階へと向かうエレベーター待ちの人達で
40分待ちは本当だという事がわかった。

寒い屋外で待つなら嫌だけど、暑い位暖房の効いた中なので、大人しく列に加わる。
時計は見ていないので判らないけど、長い間待ってようやく展望階へ向かう事が出来た。
d0117900_13212026.jpg
大通公園が一望できた。
一丁目会場はスケートリンクになっている。


d0117900_13173434.jpg

二丁目会場から西方向へ。

d0117900_13372772.jpg


地上に降りて、二丁目会場・氷の広場から見学を始める。

d0117900_13391491.jpg

今回は東北在住の小学生を対象に、メーンの大氷像デザインを公募したそうだ。

約100点の応募作品の中から選ばれた最優秀賞作品「動物たちの夢の城」

d0117900_1355317.jpg

4丁目 大雪像 雪の水族館 ~海からの贈りもの~

d0117900_1433645.jpg

5丁目 大雪像 魔法よ、みんなに届け

いいタイトルだ。
d0117900_148890.jpg

5丁目 大氷像 故宮博物院(台湾)
AKBもどきっぽいグループが・・・。寒いだろうに。
白石(札幌)のライブハウスを拠点にとか言っていて、超ローカル。
ステージ最前列に熱狂的な?ファン?が陣取っていて、
雪まつり観光の人達は遠巻きに眺めている・・・といった感じだった。
d0117900_14155059.jpg

7丁目 大雪像 「タージ・マハル」
d0117900_1420036.jpg
8丁目 大雪像 会津 鶴ヶ城
d0117900_14265425.jpg

過去この8丁目は、岡崎城や犬山城など日本の城が多いのだけど
今年はとりわけ見事に感じた。
d0117900_14295922.jpg
良く作ったな〜と出来映えに感心した市民雪像。
「がんばれ、日本男児!!」ラムちゃん&あたる。
しかし6日、7日と暖気のせいで初音ミクの雪像が倒れ
他にも倒壊の恐れがある雪像を壊すという事になり、この雪像も対象となってしまった。
たった一日で取り壊されたそうです。
この時点ですでにラムちゃんの左腕が破損している。

今年は例年よりも寒くて、さぞや雪像の出来映えも綺麗だろうなと楽しみにしていたけど
なにも、雪まつりの初日と二日目に暖かくならなくても良いのにと思った。

普段ならこの時間は氷点下5℃はあるはずなのだけど、
暖気のせいでプラス2℃!夜なのに!

d0117900_144284.jpg

10丁面 大雪像 ドリーム9 「トリコ×ワンピース」
うーん、ワンピースのキャラクターしか知らない。(キャラクター名は知らない。)



[PR]
by fafaccio-Hokkaido | 2012-02-06 00:01 |  ├大通・札幌駅・すすきの